コンテンツにスキップ

片桐竜次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かたぎり りゅうじ
片桐 竜次
本名 羽多野 貢二[1](はたの こうじ)
生年月日 (1947-08-14) 1947年8月14日(76歳)
出生地 日本の旗 日本山口県下関市
民族 日本人
身長 174 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1970年 -
配偶者 あり
事務所 カメリア
主な作品
映画
仁義なき戦い
新仁義なき戦い
狂った野獣
処刑遊戯
相棒
キリマンジャロは遠く
テレビドラマ
大激闘マッドポリス'80
特命刑事
田原坂
勝海舟
地方記者・立花陽介
北アルプス山岳救助隊・紫門一鬼
十手人
相棒
おみやさん
テンプレートを表示

片桐 竜次(かたぎり りゅうじ、1947年8月14日[1] - )は、日本俳優

山口県下関市彦島弟子待町出身[1][2]東映マネージメント(旧 東映俳優センター[1])を経て2022年よりカメリア(個人事務所)所属。身長174cm、体重70kg。血液型O型

来歴・人物[編集]

子どもの頃五才ごろまで江戸時代生れの曽祖母と一緒に住んでいたという[2]。父は大洋漁業で船の設計の仕事をしていたが[2]、片桐が生まれて9日後に労咳(結核)で亡くなり、母が再婚して家を出たため、片桐は家に残ったその曽祖母と祖母に育てられた[2]。子どもの頃から関門海峡に浮かぶ巌流島まで泳いでいったりしていたと言う。1964年東京オリンピックの年に17歳で上京、杉並区に住む[2]。ブラジルへ移民しようと思い、訓練学校のような所へも通っていたが、大阪に住んでいた母が呼びに来て、大阪ガスへ就職して大阪府茨木市に住む[2]。イタリア映画、フランス映画に夢中で映画館に入り浸っていた。東映に入社してからは、毎日のように二日酔いで朝起きられず遅刻して、会社から役が付けてもらえなかったという[2]

1971年映画女番長ブルース 牝蜂の逆襲』で本格デビュー[3]

優れた身体能力の持ち主で、1970年代から80年代にかけての全盛期のアクション系作品では、立ち回りや銃撃戦などのアクションシーンにおいても本領を発揮。

ヤクザ映画・時代劇・刑事ドラマでのヤクザや凶悪犯役などを数多く演じていたが、90年代に入ってからは刑事役等、現代劇の仕事を優先し現在に至る。

趣味は水泳、好きな映画監督はヒッチコック、好きな小説家は松本清張。渡瀬恒彦水谷豊との共演が多い。

同じ下関出身で松田優作とは親友だった[4]恵比寿の家で朝まで飲んだとき松田に「ここは治安がいいよ。上にジャイアント馬場さんが住んでいるから」と言われたという[2]

2016年、俳優生活45周年を記念して、主演映画『キリマンジャロは遠く』が制作された[5][6][8]。2018年には監督デビュー[1]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

本項における「NET」は日本教育テレビ、「ANB」は全国朝日放送で、現在のテレビ朝日の前身にあたる局である[9]

Vシネマ[編集]

  • 狙撃2 THE SHOOTIST(1990年、東映ビデオ
  • カルロス(1991年、東映ビデオ) - 片山
  • 新・第三の極道II(1996年) - 武侠会 清水
  • Another XX ダブルエックス 赤い殺人者(1996年、東映ビデオ)
  • Another XX ダブルエックス マトリの女(1998年、東映ビデオ)
  • 組織暴力 流血の抗争(1999年、東映ビデオ) - 谷本省吾
  • 野望の軍団3(1999年) - 亀田組若頭 黒崎栄伍
  • 強奪(2000年) - 早瀬吾郎
  • 京浜抗争史外伝 最後の組長(2000年、東映ビデオ) - 奥寺光司
  • 日本極道史 龍神三兄弟(2000年)全2作 - 矢野政連合会若頭 矢部五郎
  • 首領への道13(2001年) - 関東連合会坂下連合会会長 坂下錠
  • 実録・日本やくざ烈伝 義戦 昇華篇(2001年)
  • 実録・安藤組外伝 地獄道(2001年) - 刑事
  • 組長射殺〜敵を狩れ〜(2007年) - 鴫野組若頭
  • 実録・西日本暴力地帯 山陰抗争(2007年) - 山浪組系清水組組長 清水重信
  • 極秘潜入捜査官 D.D.T.(2011年) - アンカー人材派遣会社 社長
  • 頂点(てっぺん)(2017年) - 神田組組長 神田剛造
  • CONFLICT 〜最大の抗争〜 外伝 織田征仁(2019年) - 天道会若頭 近藤組組長 近藤正敏
  • キングダム 〜首領になった男〜(2019年) - 島津組組長 徳間弓蔵

CM[編集]

ゲーム[編集]

配信ドラマ[編集]

その他[編集]

監督作品[編集]

映画[編集]

  • ボストンの銃爪[12] (2018年10月20日公開)- 初監督作品

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、57頁。 
  2. ^ a b c d e f g h 一志治夫「新家の履歴書 片桐竜次(俳優)」『週刊文春』2016年11月3日号、文藝春秋、82–85頁。 
  3. ^ テリー伊藤 (2016年11月1日). “この年でも動けるところを見せたい”. 天才テリー伊藤対談. Asagei plus. p. 1. 2017年3月23日閲覧。
  4. ^ 片桐竜次の「JR中央線愛」盟友・松田優作と語り明かした店は…”. 週間FLASH2019年7月16日号 (2019年7月21日). 2020年4月30日閲覧。
  5. ^ “片桐竜次、俳優生活45周年記念作で初主演!柏原寛司監督と“やられの美学”追求”. 映画.com. (2016年7月31日). http://eiga.com/news/20160731/12/ 2016年11月13日閲覧。 
  6. ^ “『相棒』名脇役の片桐竜次、俳優生活45周年で映画初主演「恥ずかしいですけどね」”. ZAKZAK. (2016年10月30日). https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20161030/enn1610301000002-n1.htm 2016年11月13日閲覧。 
  7. ^ 映画秘宝』2016年12月号、洋泉社、76-77頁。 
  8. ^ 杉作J太郎との対談によれば『キリマンジャロは遠く』には片桐や同作の監督柏原寛司が好きなフランス映画のジャン・ギャバンの映画やアラン・ドロン主演『サムライ』、杉作も好きなロバート・アルトマンアメリカ映画ロング・グッドバイ』等の、ハ-ドボイルドな洋画の影響を受けているという[7]
  9. ^ 社史,tv asahi corporation
  10. ^ 土曜ワイド劇場pre seasonに引き続き、レギュラー放送にも出演し両枠において同役でレギュラーを務めている。
  11. ^ テレビドラマ『相棒 season22』公式サイト 出演者”. テレビドラマ『相棒 season22』公式サイト. テレビ朝日. 2023年9月26日閲覧。
  12. ^ 片桐竜次初監督作品 『ボストンの銃爪』”. 横浜 シネマノヴェチェント (2018年10月20日). 2020年4月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]