伊藤秀裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いとう ひでひろ
伊藤 秀裕
生年月日 (1948-02-29) 1948年2月29日(72歳)
出生地 日本の旗 日本 秋田県秋田市
職業 映画監督脚本家プロデューサー演出家
ジャンル 映画テレビ映画舞台
活動期間 1979年 - 現在
公式サイト 株式会社エクセレントフィルムズ
主な作品
映画
『団地妻 肉欲の陶酔』
『男たちのかいた絵』
ピカレスク 人間失格
おみおくり
テレビドラマ
『女医レイカ』
テンプレートを表示

伊藤 秀裕(いとう ひでひろ、1948年2月29日 - )は、日本の映画監督脚本家プロデューサー演出家である[1]。株式会社エクセレントフィルムズ代表取締役[2]

経歴[編集]

1948年(昭和23年)2月29日、秋田県秋田市に生まれる。秋田県立秋田高等学校東京教育大学を卒業後、電通東芝企画製作室を経て、1973年、日活入社。助監督として、神代辰巳西村昭五郎らにつく。1979年、『団地妻 肉欲の陶酔』で監督昇進。1982年、フリーとなる。1984年、株式会社ビッグバン設立し、プロデューサーとなる。[1]平成3年には株式会社エクセレントフィルムズを設立し、三池崇史渡辺武らの監督作品を発表している。

作品[編集]

映画[編集]

監督[編集]

  • 団地妻 肉欲の陶酔(1979年)
  • 若妻官能クラブ 絶頂遊戯(1980年)
  • 明日を見つめて(1980年) - 法務省人種援護映画
  • 団鬼六 女秘書縄調教(1981年)
  • 団鬼六 女美容師縄飼育(1981年) - 脚本も
  • 猟色(1983年) - 脚本も
  • 白衣物語 淫す!(1984年)
  • (襲)処女タレント(1984年) - 脚本も
  • 男たちのかいた絵(1996年)  - 脚本も[2]
  • 柘榴館(1997年) - 脚本も
  • ドルフィンスルー(1997年)[2]
  • 透視する女(1999年) - プロデュースも
  • 極悪(2000年)[2]
  • ピカレスク 人間失格(2002年)
  • 2/2(2005年) - 脚本も
  • 想文~おもひぶみ~(2006年)[2]
  • チャイ・コイ(2013年)[2]
  • 全員、片想い(2016年) - 脚本も
  • 棒の哀しみ(2016年) - 神代辰巳監督の同名映画のリメイク[2]
  • おみおくり(2018年) - 脚本も

プロデュース[編集]

脚本のみ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

監督[編集]

  • 学校怪談(1998年)[2]
  • 暴き屋(1999年)[2]

プロデュース[編集]

  • 戦争に行こうよ!(1993年)[3]
  • ボディガード牙(1994年)

テレビドラマ[編集]

監督[編集]

  • 大江戸捜査網(1982年)
  • 知りすぎた女(1987年)
  • 女医レイカ(1997年) - 脚本も[2]

プロデュース[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『日本映画・テレビ監督全集』(キネマ旬報社)p.40
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 株式会社エクセレントフィルムズ(公式HP)
  3. ^ 戦争へ行こうよ!!(日本映画データベース)戦争へ行こうよ!!(allcinema)はともにタイトルが間違い

関連項目[編集]

外部リンク[編集]