小野健斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おの けんと
小野 健斗
本名 同じ
生年月日 (1989-08-09) 1989年8月9日(29歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 187cm
血液型 O型
職業 俳優モデル
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 2004年 - 2014年
2015年 -
著名な家族 姉:小野麻亜矢
事務所 JJプロモーション
主な作品
テレビドラマ
怨み屋本舗シリーズ
天装戦隊ゴセイジャー
舞台
ミュージカル・テニスの王子様
ミュージカル 薄桜鬼
Messiah メサイア

小野 健斗(おの けんと、1989年8月9日 - )は、日本俳優モデル

神奈川県横浜市生まれ、東京都育ち。

来歴[編集]

  • 2004年、第17回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に参加。
  • 雑誌『ラブベリー』のモデルを経て、2006年の舞台『ミュージカル・テニスの王子様』の柳蓮二役で俳優デビュー。2008年まで同舞台に出演。
  • 2010年、『天装戦隊ゴセイジャー』にて、ハイド / ゴセイブルー 役で出演。最終選考のオーディションではハイドしか受けさせてもらえなかった。
  • 2012年、肺気胸の発病により朗読劇の極上文學『銀河鉄道の夜』を降板。その後入院し手術を受けて無事退院した。手術後はスキューバーダイビングが二度と出来なくなったと話している。
  • 2014年1月21日、公式ブログにて2014年1月で約8年所属したスターダストプロモーションを1月末で退社し1年間活動を休止すると発表。
  • 2015年2月13日、 メサイア「影青ノ章」から芸能活動復帰すると発表。
  • 2015年5月15日、有限会社レイネットの所属となったことをTwitterとブログで報告する。
  • 2016年10月20日、小野の主演でレイネットが制作に携わっていた舞台「『バルトロメ』〜或るゲームの代償〜」がフライヤーの配布やチケットの先行予約の段階まで行っていたにもかかわらず制作側の諸事情による突如の舞台中止とレイネットの公式サイトやTwitter、出演者達のブログやSNSで発表された。この作品の出演者するはずの1人だった五十嵐啓輔の公式ブログによれば出演者にも急遽中止という連絡だった[1]。11月1日に小野自身も公式ブログでこの件についてコメントし「いつか上演できる事を願い」と記載している[2]
  • 2017年1月8日の公式ブログで2016年12月7日に破産申請が行われたと報じられたレイネットを離れること[3]と俳優活動を続けていくことを公表しスポニチでも取り上げられた[4]
  • 2017年9月16日にTwitterでJJプロモーションへの移籍を発表した。

人物[編集]

  • 芸能界に入ったきっかけは子役時代から活動していた姉の小野麻亜矢の影響で中学2年と中学3年の時にジュノン・スーパーボーイ・コンテストには2度応募しているが落選し、MEN'S NON-NOのオーディションにも応募していたがこちらも最終選考まで行っていたものの落選していた。その後は様々な芸能事務所に履歴書を送りスターダストプロモーションの養成所にオーディションで合格したが、大きな仕事を取ってこないと本契約にならない契約でその時にミュージカル・テニスの王子様のオーディションを受けて合格し本採用となった。小学生の時にスターダストからスカウトされた経験がありこの時は緊張して面接で落ちている。
  • 小学5年生の時に神奈川から東京に家族で引っ越しており、その時に初恋の人がいたが入学先の高校で再会している。両親は代々木で英国式カレー「ヒュッテマンクス」というカレー屋を経営していた[5]
  • 中学3年の時に初めてピアスを開けており10代の頃は左耳の耳たぶと軟骨に1つずつしていたが、ピアスを外している時期もある。
  • 演出家の西森英行による小野の評価は「そんなに簡単に愛想を振りまかないけれど、きちんと人に心を尽くすタイプでこちらの意見に必ず何かを返してくる」という[6]
  • 活動休止中にCFDクリスタルフラワーデザイナーズのフラワーデザイナーとしてのライセンスを取得しており、フラワーデザイナーKENTOという名義で2015年2月に他のフラワーデザイナー達と共にパリでフラワーの勉強もしたことがある。俳優に復帰してからもフラワーデザイナーとしての講習会やフラワーショーのイベントにショーモデルとして時々参加している。
  • モデル出身なこともあり小顔で股下が90cmあり[7]、2次元体型がそのまま再現されていると評されるほどスタイルがよい。大食いだが太らない(むしろ太れない)体質だが姉のブログによると小野は胃下垂で、彼の両親と姉も胃下垂である為に遺伝的なものであると思われる[8]
  • 好きな色は。自分のダーツも青色で統一している[9]
  • 実家では共にオスの犬と猫を飼っている。犬のテンの名前の店長の由来は小野が知っている飲食店の店長に似ていたからだが、そのうち外で呼んでいたテンになった。猫のクゥは小野が学生時代に拾ってきたが、名前の由来は姉によると子猫の時にクゥクゥ鳴くからとか当時チワワのくぅ~ちゃんが流行していた流れから。過去に犬はミリー、猫はシュウとニャーの2匹がいた。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

イベント[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

PV[編集]

WEB[編集]

  • 携帯ドラマ 幼なじみ(魔法のiらんど、2008年6月) - 中野章 役
  • ファッションブランド『Sise』コレクション2009イメージモデル
  • アネキとボクのヘルシークッキング(2008年12月・2009年12月) ※ゲスト
  • BeeTVドラマ 親父の仕事は裏稼業(2012年8月20日配信) - 松田義男 役
  • これからはじめるファイナルファンタジーXIV「学園エオルゼア」(2016年8月21日 - 2017年4月1日、ニコニコ生放送[17]
  • 松田凌×小野健斗のおふたりさん(仮)(2016年11月4日 - 、ニコニコ生放送[18]
  • Brillia PUZZLE ROOM(2017年9月4日配信、YouTube) - 土方龍二 役

書籍[編集]

写真集[編集]

  • nachural(SDP、2007年8月29日発売)ISBN 4903620158 - 滝口幸広高木心平夕輝壽太と自身を含めた4人の写真集[19]
  • Kento Ono(SDP、2008年3月17日発売)
  • LOVE DIVING(学研、2009年2月26日発売) - 映画『ビートロック☆ラブ』公式写真集。
  • 天装戦隊ゴセイジャー写真集 GOTCHA! (ポストメディア編集部、2010年8月27日発売)
  • an object(SDP、2010年11月19日発売)

カレンダー[編集]

  • 「nachural」オリジナル2008年カレンダー(SDP)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ バルトロメ公演中止のお知らせ
  2. ^ 皆様へ
  3. ^ レイネットは2016年12月7日の時点で破産手続開始の決定を受けていた。
  4. ^ 小野健斗、所属事務所を離れて頑張る決意「目標は帝劇に立つ!です」
  5. ^ [1]
  6. ^ TricksterAge Vol.22
  7. ^ 撮影☆19日
  8. ^ http://ameblo.jp/maaya-ono-blog/entry-11963305812.html
  9. ^ ソフトダーツバイブルのvol.54より
  10. ^ 出演キャスト”. ミュージカル『薄桜鬼』~斎藤一篇~. 2017年6月19日閲覧。
  11. ^ “2013/11/23 CLASSICAL NEO FANTAZY SHOW『THE SHINSENGUMI』稽古場レポート”. おけぴネット. (2013年11月23日). http://okepi.net/kangeki/archives/10813 
  12. ^ “「終わりのセラフThe Musical”. ネルケプランニング. http://www.nelke.co.jp/stage/owarino-seraph/ 2015年10月3日閲覧。 
  13. ^ スマホ向けRPG『Fate/Grand Order』舞台キャスト発表”. ORICON NEWS. 2017年5月23日閲覧。
  14. ^ 「真・三國無双」新作は「官渡の戦い」、和田琢磨・田川大樹・白又敦ら登場”. ステージナタリー. 2018年3月9日閲覧。
  15. ^ Inc., Natasha,. “少年社中「MAPS」開幕、3つの嘘で新たな“地図”描く意欲作 - ステージナタリー” (日本語). ステージナタリー. 2018年6月30日閲覧。
  16. ^ 「LADY OUT LAW!」” (日本語). 「LADY OUT LAW!」. 2018年6月27日閲覧。
  17. ^ 放送は月1回が基本だが2016年10月は月2回行われ、2017年2月は放送がなかった。
  18. ^ 月1回の放送、ゲストを呼ぶ時がある。2017年1月は太田基裕、2月は玉城裕規、5月は赤澤燈、10月は鈴木勝吾がゲスト出演。
  19. ^ “滝口幸広 高木心平 夕輝壽太 小野健斗 Special Interview”. マイナビ.ウーマン. (2007年9月14日). http://woman.mynavi.jp/article/070914-001/ 

外部リンク[編集]