信達谷圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しんだちや けい
信達谷 圭
本名 同じ
生年月日 (1968-02-16) 1968年2月16日(51歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
民族 日本人
身長 173cm
血液型 O型
ジャンル 俳優映画テレビドラマ舞台
活動期間 1988年 - 1998年
主な作品
テレビドラマ
春日局
地球戦隊ファイブマン

信達谷 圭(しんだちや けい、1968年2月16日[1] - )は、日本の元俳優、実業家。アティックエージェンシーに所属していた[1]

東京都出身[1]明星高等学校卒。身長173cm。体重60kg[1]。特技は剣道(四級)[1]

略歴[編集]

  • 1989年の『春日局』で俳優デビュー。翌年の『地球戦隊ファイブマン』の星川健 / ファイブブルー役で知名度をあげる。劇中では次男を演じたが実際は三男を演じた小林良平より2歳(満年齢としては3歳)年下。
  • 鈴木美潮が主催するイベントに参加している。2006年2月に主演した青祭において「近年は俳優としての活動はしていない」と答えており、現在は大岡山にあるショットバー『7's BAR』の経営が本業となっている。また、かつてはインド・ネパール料理店『シッタルーダ』と共に、バイク専門店「Dolu-R」の経営も行っていた。2007年5月の「信達谷祭」ではメインで出演した。
  • 萩原佐代子が料理店『シッタルーダ』に来店したことがあり、交流を深め合っている[2]
  • 2007年の東映ヒーローMAX[要文献特定詳細情報]で、藤敏也成嶋涼と共にインタビューに答えた。
  • 最初、『ファイブマン』で自分だけが本当の兄弟ではないという設定を聞かされており、5人の中でちょっと違うイメージで演じていたら、その設定が劇中で描かれなかったと明かしている[3]
  • 高速戦隊ターボレンジャー』の主人公、炎力 / レッドターボを演じた佐藤健太とは高校の同級生で、『ファイブマン』のオーディションで東映東京撮影所を訪れた際に『ターボレンジャー』の撮影終盤であった佐藤と偶然であっている[4]。佐藤は時間を見つけては『シッタルーダ』や『7's BAR』に来店することがある。
  • 子供の頃は『秘密戦隊ゴレンジャー』でアオレンジャーを演じた宮内洋のファンであり『仮面ライダーV3』、『快傑ズバット』も好きだったとのこと。宮内との共演は『超力戦隊オーレンジャー』で実現した。
  • 2014年9月には、舞台『男ばかりの会話劇「アベンジャーズ Var2014」』にて久し振りの俳優業としてゲスト出演を果たす。
  • 2015年3月21日・22日、フィリピンのパサイ市で、JEFusionが主催した「HENSHINCON(変身コン)」と言うイベントに、『光戦隊マスクマン』の海津亮介と共に、スペシャルゲストとして参加した[5][6]
  • 2016年3月27日、フィリピンのパンパンガ州にて、ガン患者支援チャリティイベント「TOKUSPIRITS」に、『光戦隊マスクマン』の海津亮介、『超電子バイオマン』の牧野美千子、『高速戦隊ターボレンジャー』の佐藤健太と共に参加し、『地球戦隊ファイブマン』のOP・EDテーマを披露した[7]
  • その後、海津とニヤニヤブラザーズを結成[8]。その後、スーパー戦隊シリーズOGである牧野・たなかえり宮澤寿梨を加えたニヤニヤブラザーズ&シスターズとしてライブ活動を行っている[8]
  • 2017年8月12日・13日、フィリピンのマンダルヨン市にて、ファン交流イベント「Otaku Expo Reload 2017 x TOKUSPIRITS」で、『光戦隊マスクマン』の海津亮介、『超電子バイオマン』の牧野美千子、『高速戦隊ターボレンジャー』の佐藤健太、『鳥人戦隊ジェットマン』の若松俊秀、『五星戦隊ダイレンジャー』の羽村英と共にゲスト演出をし、それぞれのオープニング主題歌を歌唱した。[9]

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本タレント名鑑'94』 VIPタイムズ社、1994年、183頁。
  2. ^ 萩原佐代子公式ブログ:信達谷圭さんの写真も同じ方にいただきました。 - livedoor Blog(ブログ)
  3. ^ ショッカーO野の秘密基地へようこそ!! 第98回(ゲスト:信達谷圭さん)”. ねこのしっぽぷろじぇくと ねこぷ! (2015年12月1日). 2016年4月25日閲覧。
  4. ^ 超世紀全戦隊大全集 1993, p. 189, 「戦隊シリーズ キャストインタビュー 佐藤健太」.
  5. ^ 7's BAR:マニラより愛を込めて……ご報告②
  6. ^ http://aileenbtadeo.livejournal.com/1124.html# HENSHINCON: An Amazing Trip Down Nostalgia Lane
  7. ^ http://ameblo.jp/cocoa2617 牧野美千子の公式ブログ
  8. ^ a b 構成・取材 藤渡和聡「イベントレポート」、『宇宙船』vol.155(WINTER 2017.冬)、ホビージャパン2016年12月29日、 140頁、 ISBN 978-4-7986-1360-4
  9. ^ 2017-08-12 Otaku Expo Reload

参考文献[編集]

外部リンク[編集]