この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

羽村英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はむら えい
羽村 英
本名 同じ
生年月日 (1973-06-11) 1973年6月11日(44歳)
出生地 アルゼンチン
身長 178cm
血液型 A型
ジャンル 俳優(テレビドラマ映画舞台ビデオ
活動期間 1993年 -
活動内容 Feather Village Family
主な作品
五星戦隊ダイレンジャー

羽村 英(はむら えい、1973年6月11日 - )はアルゼンチン出身の俳優である。身長178cm、体重75kg。丹波道場出身。趣味はツーリングドライブ映画鑑賞パソコン。特技は空手、バイクアクション。

略歴

1993年に『五星戦隊ダイレンジャー』でテンマレンジャー/天重星・将児役でデビュー。将児はボクシングチャンピオンを目指す元不良少年という設定だったが、演じた羽村自身も学生時代は暴走族不良でもあり、そのキャラが生かされての起用となった。

共演した和田圭市と同様にダイレンジャーに愛着を持ち、特撮関連のイベントのトークショウに和田や能見達也と出演したこともある。雑誌『東映ヒーローMAX』Vol.6(辰巳出版、2003年7月刊行)に掲載された『ダイレンジャー』出演者7人の座談会時にも登場して当時の思い出を語った。

『ダイレンジャー』の小笠原猛監督については「親父」と呼んで慕い「キレやすい性格で、愛情表現が裏に出る人」と愛情を込め評している。

女優 乙羽信子の遺作となった映画「午後の遺言状」が舞台化されたときには「ホテル」や「Gメン75」で知られる映画監督・演出家 瀬川昌治に見出され「西岡大五郎役」で出演、またのちに同舞台演出をした映画監督新藤兼人に抜擢され映画「生きたい」にも出演を果たしている。

2009年には鈴木美潮主催340スズキpresents個人祭に自身の名前を冠した「羽村祭」に出演、久しぶりのダイレンのイベントにてファンを熱狂させた。 またその個人祭に出演したのが起爆剤となり2010年には鈴木美潮主催の340プレゼンツ「五星祭」が開かれ出演、ダイレンジャーにて共演した和田圭市、土屋圭輔と共に3時間半のイベントを盛り上げた。

現在は自身の演劇チームなどを結成するなど、舞台を中心に活躍している。また、舞台においては名を変え、演出、脚本の執筆もしている。

2011年から放送された『海賊戦隊ゴーカイジャー』ではダイレンジャーをテーマにした第33話の撮影を土屋圭輔と見学した縁で、最終話に土屋と共にゲスト出演。最終話では羽村自身が作ったテンマレンジャーキーが小道具として使用された。

2013年6月13日には、自身のプロデュースする特撮Cafe&Bar「蒼星の天馬」を東京都内にオープンし[1]、プレオープンには『五星戦隊ダイレンジャー』のメンバーが全員集合した[2]。また、『高速戦隊ターボレンジャー』レッドターボ/炎力役の佐藤健太[3]、『鳥人戦隊ジェットマン』ブラックコンドル/結城凱役の若松俊秀[4]、『特捜戦隊デカレンジャー』デカマスター/ドギー・クルーガー(声)役の稲田徹[5]、土屋圭輔の双子の兄土屋大輔[6]スーツアクター中川素州[7]など特撮界の知人、関係者が一堂に会した。

出演

テレビ

CM

  • エッソ石油
  • クロスタニン[クロスタニン健康茶 Gメン編]

映画

  • 劇場版 五星戦隊ダイレンジャー(1993年4月17日公開) - テンマレンジャー/天重星・将児役
  • Give Me a Shake レディースMAX (1997年3月15日公開) - 三隅 勇介役
  • 生きたい(1999年1月15日公開) - ウシ役
  • 伝説のやくざ ボンノ(2002年9月21日公開) - 刑事役
  • 新・極道三国志 首都攻防篇(2003年10月公開) - 市村功役
  • 修羅のみち - 池上五郎役
  • 令嬢姉妹飼育(2013年8月14日公開) - 梶原太役

ビデオ

  • 「ツッパリハイスクール2」
  • 「新 第三の極道 其の一 其の二」佐野 剛 役
  • 「マル走改造自動車教習所 1・2」鳴海 剛 役
  • 「喧嘩愚連隊」飛沫大 役
  • BE-BOP-HIGHSCHOOL 血染めの学ラン・殉愛篇」西 役
  • 「喧嘩の花道2・3」 伊集院 司 役
  • 「喧嘩の花道4・5] 金城 こうじ 役
  • 「野望の軍団 1〜4」 山崎 勝 役
  • 「CRギンパラ・モンスター・源さん/最後の攻略」 森田 道男 役
  • 「新ヤンママトラッカー」 平 雄太 役
  • 「明日を殴れ!無頼リング」
  • 「紅蓮 1・2」 田島 役
  • 「錬金の帝王1・2」繁田 憲三 役
  • 「首領の女 1・2」 結城 役
  • 青森抗争
  • 「実録 柳川組 〜大阪戦争百人切り〜」 松原 役
  • 「荒ぶる獅子 外伝」 検事 役
  • 「カポネ」 赤星 役
  • 「マル暴組織犯罪対策部捜査四課 通称 マルボー 1」 小池栄作 役
  • 「マル暴組織犯罪対策部捜査四課 通称 マルボー 2〜5」
  • 「修羅場の漢達」 小暮博隆 役
  • 「アイノシルシ」 鈴野俊二 役
  • 「ビジネスマン必勝講座 ヤクザに学ぶ交渉術」(2007年) G組組員 役
  • 「修羅の妻たち 〜鉄砲玉の女〜」(2008年) 柴田 役
  • 「修羅の妻たち 〜射殺者の妻、その愛〜」(2008年) トミオ 役
  • 「虜」
  • 「事件〜罠にはまる女たち〜」(2011年)  吉田 役
  • 「極道龍二」 (2011年)
  • 「ブラック バイオレンス」
  • 「008 コードネームゴンゴンパル」

イベント

  • 340 Presents「羽村祭」(2009年10月1日 新宿ロフトプラスワン)
  • 340 Presents「五星祭」(2010年3月13日 新宿ロフトプラスワン) 
  • 340 Presents「反逆祭 〜下克上〜」(2010年10月23日 新宿ロフトプラスワン)
  • 英と圭輔と圭市の超熱満漢全席!(2011年3月20日 新宿ロフトプラスワン)
  • 340 Presents「反逆祭2」(2011年10月22日 新宿ロフトプラスワン)
  • 俺とあいつの満漢全席2〜真昼の反省会〜(2011年11月19日 新宿ロフトプラスワン)
  • E-Night 〜BDEVE〜(2012年 6月10日 ネイキッドロフト)
  • クリスカ麒麟Bar(2012年7月18日 クリスタルスカイ)
  • 激熱!満漢全席3(2012年9月16日 阿佐ヶ谷ロフトA)
  • E-Night the 2nd 〜真夏の納涼スペシャル〜(2012年 9月16日 阿佐ヶ谷ロフトA)
  • 最強替え歌Night(2013年2月15日 クリスタルスカイ)
  • E-Night the 3rd 〜Sukoshi Eroi X'mas〜(2012年12月24日 阿佐ヶ谷ロフトA)
  • 340 Presents 「反逆祭3」(2013年2月23日 新宿ロフトプラスワン)
  • E-Night the 4th 〜Encounter Night〜(2013年3月19日 阿佐ヶ谷ロフトA)
  • E-Night the 5th 〜BDEVE〜(2013年6月8日 阿佐ヶ谷ロフトA)
  • 「横浜見聞伝スター☆ジャン」FAN FUN FESTIVAL Vol.01(2013年12月15日 横浜市旭区民文化ホール サンハート)
  • E-Night the 6th(2013年12月24日 阿佐ヶ谷ロフトA)
  • E-Night the 7th(2014 6月9日 阿佐ヶ谷ロフトA)
  • 340 Presents「反逆祭4」(2014年10月25日 新宿ロフトプラスワン)
  • E-Night the ∞ infinity(2014年12月22日 阿佐ヶ谷ロフトA)
  • とある阿佐ヶ谷ロフトのカラオケで羽村英がストレス発散(2015年7月21日 阿佐ヶ谷ロフトA)
  • FIVE NIGHT Special 〜祝 25周年〜(2015年9月21日 阿佐ヶ谷ロフトA)
  • E-Night the 9th(2015年12月14日 阿佐ヶ谷ロフトA)
  • レジェンドヒーロー90's チームレジェンドヒーローin石巻(2016年4月24日 石ノ森萬画館)
  • E-Night the 10th 〜Independence Day〜(2016年7月5日 阿佐ヶ谷ロフトA)
  • 340 Presents「反逆祭5〜40 作だぁ?〜」(2016年10月22日 新宿ロフトプラスワン)

舞台

  • 「ブラック・コメディー」(1992年8月 武蔵野芸術劇場) -ブリンズリー役
  • 「大霊界 死んだらどうなる」(1994年11月 東京芸術劇場中ホール) -県役
  • 「午後の遺言状」(1997年2月,3月,1999年3月〜5月) -西岡大五郎役
  • 「恋するヘルニア」(2001年 アイピット目白) -主演
  • Blaze Companyプロデュース「Treasure」(2004年7月 高円寺明石スタジオ) -アムロ役
  • Blaze Companyプロデュース「Treasure」(2004年10月 志木市民会館PALCITY) -アムロ役
  • 「Here to Stay!!」(2004年12月 新宿スペース107) -主演 陽村恋役
  • 演劇集団ふれる〜じゅ公演「硝子の標的」(2005年6月30日〜7月3日 新宿スペース107) -松木俊彦 刑事課長役
  • 「青春四谷怪談」(2005年12月 アイピット目白) -コウジ役
  • 「Take it easy」(2006年3月 新宿スペース107) -主演 陽村恋役
  • スカーフェイス公演「FRAGMENT」 (2006年3月15〜19日 シアターV赤坂) -松木俊彦役
  • FVF公演「つないだ明日へ」(2006年10月19日〜22日 大塚 萬スタジオ) -ボルト役
  • 演劇集団ふれる〜じゅ公演「Ein Arzt」(2006年12月20日〜24日 シアターV赤坂) -藤原大我役
  • 「SHINING」(2007年5月 新宿スペース107) -主演 陽村恋役
  • FVF本演 「A BANK ROBBERY CAPRICCIO 〜銀行強盗狂想曲〜」(2008年3月27日〜30日 シアターグリーン) -大和役 
  • FVF公演 Vol.6「メランコリーインザミラー」(2008年11月28日〜30日 ウエストエンドスタジオ) -主演 ケンジ役 
  • 劇団クラゲ荘第6回公演「デスペラードを知ってるか」(2009年7月23日〜8月2日 中野ザ・ポケット) -峰 久雄役
  • FVF公演「煙突掃除と虹色の煙」(2010年6月9日〜13日 ウエストエンドスタジオ) -主演 フーゴ役
  • 演劇集団ふれる〜じゅ公演「Branch Forth 〜from-BLUES TONE〜」(2010年12月9日〜12日 下北沢 東演パラータ) -イザキカズマ役
  • FVF公演「鏡の中の憂鬱」(2011年4月13日〜17日 中野ザ・ポケット) -主演 ケンジ役
  • カプセル兵団 男ばかりの会話劇第2弾!「ダークナイトライジング」(2013年2月 2014年2月13日〜18日 ワーサルシアター八幡山劇場)
  • カプセル兵団 男ばかりの会話劇第3弾!「アベジャーズVer2014」(2013年9月 2014年9月10日〜15日(東京)ワーサルシアター八幡山劇場 / 2014年9月19日〜21日(大阪)STAGE+PLUS)
  • カプセル兵団「GHOST SEED 〜It's Wonderful World〜」(2014年2月26日〜3月1日 シアターグリーン) -イカルガ役
  • 演劇ユニットゑんドコロ第壱回公演「おんまさん」(2014年7月1日〜7月6日 シアターグリーン)
  • 劇団BRATS 第6回公演「西遊記ゑん戯2 〜EVOLUTION〜」(2014年12月3日〜7日 笹塚ファクトリー)
  • 劇団BRATS 第7回公演「熱血!不良総選挙」(2015年3月12日〜15日 すみだパークスタジオ倉)
  • 劇団BRATS 第8回公演「椿説 おくのほそ道」(2015年12月22日〜27日 すみだパークスタジオ倉)
  • カプセル兵団「超鋼祈願ササヅカイン3 〜戦いの果てに〜」(2016年2月4日〜14日) -ヴェーダ役
  • 下尾ひろあきプロデュース公演「ABYSS 〜鏡の中の深淵〜」(2016年4月7日〜10日 高田馬場ラビネスト) -演出
  • 演劇企画ユニット 劇団山本屋 5号「Super natural Blue 〜別の言葉で何と言うの〜」(2016年9月22日〜27日 あうるすぽっと) -ガズル役
  • 劇団BRATS第10回記念公演 第1弾「戦闘改造学園Z」(2016年12月1日〜4日 すみだパークスタジオ倉)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 「蒼星の天馬」オフィシャルブログ [1]
  2. ^ 「羽村英オフィシャルTwitter」より[2]
  3. ^ 「佐藤健太オフィシャルTwitter」より[3]
  4. ^ 「羽村英オフィシャルTwitter」より[4]
  5. ^ 「稲田徹オフィシャルTwitter」より[5]
  6. ^ 「土屋大輔オフィシャルTwitter」より[6]
  7. ^ 中川素州オフィシャルブログ「大連20年目のキセキ・・・」(2013年6月15日閲覧)[7]

外部リンク