村田充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
むらた みつ
村田 充
別名義 MITSUU
生年月日 (1977-08-18) 1977年8月18日(39歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府
身長 187 cm
血液型 A型
職業 俳優ファッションモデル
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 2000年 -
配偶者 神田沙也加2017年 - )
事務所 オリオンズベルト
公式サイト 公式プロフィール

村田 充(むらた みつ、1977年8月18日[1][2] - )は、日本俳優ファッションモデル[2]大阪府出身[1][2]。身長187cm[1][2]。血液型はA型[2]。所属事務所はオリオンズベルト[1]芸名の読みは「みつる」であった時期もあるが、2005年に「みつ」に変更した[要出典]。別名、MITSUU。妻は女優神田沙也加

人物・来歴[編集]

  • 2017年5月13日、自身のLINEブログにて神田沙也加と新婚旅行も兼ねハワイで挙式したことを発表。

MITSUUとしての来歴[編集]

  • 1984年にブレイクダンスと出会い、ストリートダンサーとして活動。後にハウサーとして多くのイベントに出演。※現在は都内にあるダンススタジオで講師を務める。
  • 1996年より東京コレクションをはじめ数々のコレクションや雑誌に出演、モデルとしても活躍。同時にDJとしての活動も本格化させ、ヒップホップを軸としたジャンルレスな選曲で国内を中心に多くのイベントに参加。
  • 2005年には、HIGH and MIGHTY COLORの「PRIDE Remix」の制作を担当し、同年11月には「地球滅亡と僕」、12月「サイゴ」の舞台音楽を制作する。
  • 2007年「JYONGRI/Possession-MITSUU MIX-」を制作、「僕がブルーハーツとダウンタウンを好きになった理由」の舞台音楽を手掛け、リミキサー,コンポーザーとしても活躍中。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

太字は主役・メインキャラクター。

  • 舞台「弱虫ペダル」 - 御堂筋翔 役
    • 箱根学園篇〜眠れる直線鬼〜
      • 2013年1月30日 - 2月6日、紀伊國屋サザンシアター
    • インターハイ篇 The First Result
      • 2013年8月24日 - 9月1日 東京・サンシャイン劇場
      • 2013年9月7日 - 8日、大阪・シアターBRAVA!
    • インターハイ篇 The Second Order
      • 2014年3月13日 - 3月16日 天王洲 銀河劇場
      • 2014年3月20日 - 3月22日 埼玉県熊谷会館
      • 2014年3月26日 - 3月30日 大阪・シアターBRAVA!
    • 箱根学園篇〜野獣覚醒〜
      • 2014年10月23日 - 10月26日、大阪・シアターBRAVA!
      • 2014年10月30日 - 11月3日、東京・六本木ブルーシアター
    • インターハイ篇 The WINNER
      • 2015年3月6日 - 15日、東京・日本青年館大ホール
      • 2015年3月19日 - 22日、大阪・シアターBRAVA!
      • 2015年3月26日 - 29日、福岡・キャナルシティ劇場
    • 弱虫ペダル-総北新生代、始動
      • 2016年3月4日 - 3月6日 東京.TOKYO DOME CITY HALL
      • 2016年3月10日 - 3月13日 福岡.アルモニーサンク 北九州ソレイユホール
      • 2016年3月17日 - 3月21日 大阪.オリックス劇場
      • 2016年3月25日 - 3月27日 神奈川.KAAT神奈川芸術劇
  • Oi-SCALEプロデュース「ヒミズ」(2004年5月28日 - 30日、LAFORET MUSEUM 原宿) - 主演・住田 役
  • Oi-SCALE本公演「僕がブルーハーツとダウンタウンを好きになった理由。。」(2007年1月9日 - 18日、下北沢駅前劇場) - 主演
  • Oi-SCALE第13回本公演「ロールシャッハ」(2007年8月16日 - 19日、シアタートラム) - 主演
  • Oi-SCALE本公演「模様の様な汚れ」(下北沢駅前劇場)主演
  • ナノスクエア企画「フラミンゴの夢」(2008年10月30日 - 11月3日、アサヒアートスクエア) - 主演
  • LIVEDOGプロデュースvol.2「DOG'S」(2009年2月26日 - 3月8日、笹塚ファクトリー) - 主演・ブルース 役
  • ルドビコ★vol.4「Little Alice - 少年アリスの時間割 - 」(2009年4月29日 - 5月5日、新宿スペース・ゼロ) - 主演・ナイト 役 ※W主演
  • GRIPPERプロデュース「二丁目のグッドバイ」(2010年5月18日 - 23日、中野ザ・ポケット) - 主演
  • FREE(S)プロデュース公演「SHINSENGUMI」(2010年7月6日 - 7月12日、笹塚ファクトリー) - 原田左之助 役
  • ナノスクエア企画 朗読劇「モスリラ」(2010年7月16日 - 19日、SESSION HOUSE)
  • 舞台版「世界のどこにでもある、場所」(2010年8月4日 - 11日、下北沢駅前劇場) - 大野翔太 役
  • Smile Earth Project「コミックス☆GOGO」(2012年8月17日 - 26日、俳優座劇場) - 森田・タモリ・イイトモ 役
  • 舞台版「殺人鬼フジコの衝動」(2013年4月17日 - 21日、俳優座劇場) - パパラッチ 役
  • FREE(S) STAGE×12 vol.4 「幽國の英雄」(2013年7月17日 -21日、赤坂GENKI劇場) - 主演・ゴウ役
  • 「ハンサム落語 第二章」(2013年8月13日 -18日、赤坂REDシアター)
  • 「弱虫ペダル」インターハイ篇 The Second Order(2014年3月13日 - 16日、天王洲 銀河劇場他) - 御堂筋翔 役
  • FREE(S) STAGE×12 vol.12(2014年4月9日 -13日、小劇場B1) - ゴウ役
  • 「最遊記歌劇伝-God Child-」(2014年5月2日 - 7日、全労済ホール/スペース・ゼロ) - 銀閣 役
  • シャトナー・オブ・ワンダー #1「ロボ・ロボ」(2014年8月29日 - 9月1日、サンシャイン劇場) - ナビゲーター104 役
  • 水木プロデュースVol.17「レイジーミッドナイト」 (2014年11月15日 - 11月30日、東京・福岡公演) - 沢渡恭平 役
  • 魚のいない水槽(2014年12月11日 - 12月15日、サンモールスタジオ) - 主演・渡辺俊介 役
  • 極上文學「走れメロス」(2014年12月27日 - 12月28日、大阪ビジネスパーク円形ホール) - セリヌンティウス 役
  • FREE(S)「あいまいな空間」(2015年1月9日 - 12日、シアター711) - ユージ 役
  • 舞台版「殺人鬼フジコの衝動」(2015年4月15日 - 19日、全労済ホール/スペースゼロ) - パパラッチ 役
  • 『DOG’S』 (2015年5月9日 - 17日、笹塚ファクトリー) - 主演
  • 大正浪漫探偵譚 (2015年6月9日 - 14日、中野ザ・ポケット) - 主演・東堂解役
  • 舞台 『東京喰種』(2015年7月2日 - 8日、AiiA 2.5 Theater Tokyo/2015年7月18日 - 20日、京都劇場) - ウタ 役
  • 小林少年とピストル(2015年8月12日-16日、CBGKシブゲキ!!) - 滝川純一郎 役
  • Messiah メサイア -鋼ノ章-(2015年9月2日 - 13日、東京・シアターGロッソ、/9月19日 - 21日、神戸・新神戸オリエンタル劇場) - ペルシャ 役
  • 極上文学「高瀬舟.山椒大夫」(2015年10月9日 - 18日、東京・CBGKシブゲキ!!/2015年10月24日 - 25日、大阪・大阪ビジネスパーク円形ホール) - 喜助、山椒大夫 役
  • 水木プロデュース「蘇州夜曲」(2015年11月20日 - 11月29日、紀伊國屋サザンシアター)
  • シャトナー・オブ・ワンダー #3「ロボ・ロボ」(2016年1月16日 - 1月24、 天王洲 銀河劇場) - ナビゲーター104 役
  • 舞台「のぶニャがの野望 幸村と五輪の剣」 (2016年2月3日 - 2月7日、全労済ホール/スペース・ゼロ)
  • 舞台「ダンガンロンパ THE STAGE 2016」 - 大和田紋士 役
    • 2016年6月16日 - 6月26日、東京:Zeppブルーシアター六本木
    • 2016年7月1日 - 7月2日、名古屋:東海市芸術劇場
    • 2016年7月7日 - 7月10日、大阪:サンケイホールブリーゼ
    • 2016年7月14日 - 7月16日、神奈川:関内ホール 大ホール
  • おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜(2016年9月29日 - 10月3日、大阪・シアター・ドラマシティ/10月13日 - 23日、東京・Zeppブルーシアター六本木) - イヤミ 役[6]

生放送[編集]

  • アメーバスタジオ「古坂大魔王のカツアゲ」(2015年9月29日、21:00 - 22:00)

テレビ[編集]

第1回ONE PIECE座談会(2010年10月1日・8日)

雑誌[編集]

  • 「DOG FAN」(誠文堂新光社)
  • フィギュア王」(ワールドフォトプレス)
  • 「HERO VISION New type actor’s hyper visual magazine-VOL.53」(朝日ソノラマ刊)
  • 「別冊spoon.-Vol.53 2Di」(2014年6月30日、プレビジョン)
  • 「ユリイカ-2015年4月臨時増刊号 総特集」(2015年3月23日、青土社)
  • 「TricksterAge-vol.21」(2015年6月2日、徳間書店)
  • 「W VOL.6 加速する!2.5次元ミュージカル&超特急 Wスペシャル」(2015年6月15日、廣済堂出版)
  • 「TricksterAge-Grande Winter」(2015年11月2日、徳間書店)

ゲーム[編集]

  • 仮面ライダー響鬼 - スーパー童子 役(声優として)

写真集[編集]

  • 「A flat surface」(2006年12月25日、スタジオワープ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 村田充”. オリオンズベルト. 2017年4月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 村田充”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年4月26日閲覧。
  3. ^ 神田沙也加 9歳上の俳優・村田充と結婚へ、披露パーティー準備”. Sponichi Annex芸能 (2017年4月26日). 2017年4月26日閲覧。
  4. ^ 関係者各位・ファンの皆様 平素より大変お世話になっております。この度は私事でお騒がせしてしまい申し訳ありません。”. sayakakanda Instagram (2017年4月26日). 2017年4月26日閲覧。
  5. ^ “神田沙也加&村田充結婚パーティーに100人「ちょくちょくキスしてたよ」”. hochi.co.jp (スポーツ報知). (2017年5月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170513-OHT1T50253.html 2017年5月13日閲覧。 
  6. ^ CAST&STAFF”. 舞台「おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜」公式サイト. 2017年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]