村田充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
むらた みつ
村田 充
生年月日 (1977-08-18) 1977年8月18日(43歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府
身長 187 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 2000年 - 2017年
2019年 -
配偶者 神田沙也加(2017年 - 2019年)
事務所 オリオンズベルト
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

村田 充(むらた みつ、1977年8月18日[1][2] - )は、日本俳優[2]大阪府出身[1][2]。身長187cm[1][2]。血液型はA型[2]。所属事務所はオリオンズベルト[1]。元妻は歌手女優神田沙也加

人物・来歴[編集]

  • 2000年、 CX月9二千年の恋』でデビュー。
  • 2005年、『仮面ライダー響鬼』に童子役ほかでレギュラー出演。
  • 2007年、土曜ミッドナイトドラマティッシュ。』にヒロインに偏執する義兄役で出演。
  • 2008年、『仮面ライダーキバ』でビショップ / スワローテイルファンガイアを演じ、3年ぶりに仮面ライダーシリーズに出演した。
  • 漫画『ONE PIECE』を好んでおり、オタクを自称するほどのファンである。一番愛しているキャラクターはトニートニー・チョッパー
  • MITSUU(ミツゥー)という名での音楽活動も行っている。
  • 2017年4月26日、歌手・女優の神田沙也加との結婚を双方のSNSを通じて公表。
  • 同年10月2日より活動休止。
  • 2019年6月7日、朗読劇『私の頭の中の消しゴム 11th Letter』に妻の神田沙也加とともに出演し、休止後初の役者活動となる[3][4]
  • 同年12月4日、神田沙也加と離婚していたことを双方のブログで報告。話し合いの末の円満離婚で、離婚後に同居している期間もあったという[5]
  • 2020年活動再開。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

太字は主役・メインキャラクター。

  • Oi-SCALEプロデュース「ヒミズ」(2004年5月28日 - 30日、LAFORET MUSEUM 原宿) - 主演・住田 役
  • Oi-SCALE本公演「僕がブルーハーツとダウンタウンを好きになった理由。。」(2007年1月9日 - 18日、下北沢駅前劇場) - 主演
  • Oi-SCALE第13回本公演「ロールシャッハ」(2007年8月16日 - 19日、シアタートラム) - 主演
  • Oi-SCALE本公演「模様の様な汚れ」(下北沢駅前劇場) - 主演
  • ナノスクエア企画「フラミンゴの夢」(2008年10月30日 - 11月3日、アサヒアートスクエア) - 主演
  • LIVEDOGプロデュースvol.2「DOG'S」(2009年2月26日 - 3月8日、笹塚ファクトリー) - 主演・ブルース 役
  • ルドビコ★vol.4「Little Alice - 少年アリスの時間割 - 」(2009年4月29日 - 5月5日、新宿スペース・ゼロ) - 主演・ナイト 役 ※W主演
  • GRIPPERプロデュース「二丁目のグッドバイ」(2010年5月18日 - 23日、中野ザ・ポケット) - 主演
  • FREE(S)プロデュース公演「SHINSENGUMI」(2010年7月6日 - 12日、笹塚ファクトリー) - 原田左之助 役
  • ナノスクエア企画 朗読劇「モスリラ」(2010年7月16日 - 19日、SESSION HOUSE)
  • 世界のどこにでもある、場所(2010年8月4日 - 11日、下北沢駅前劇場) - 大野翔太 役
  • Smile Earth Project「コミックス☆GOGO」(2012年8月17日 - 26日、俳優座劇場) - 森田・タモリ・イイトモ 役
  • 弱虫ペダル - 御堂筋翔 役
  • 殺人鬼フジコの衝動 - パパラッチ 役
    • 初演(2013年4月17日 - 21日、俳優座劇場)
    • 再演(2015年4月15日 - 19日、全労済ホール/スペースゼロ)
  • FREE(S) STAGE×12 vol.4 「幽國の英雄」(2013年7月17日 - 21日、赤坂GENKI劇場) - 主演・ゴウ 役
  • ハンサム落語 第二章(2013年8月13日 - 18日、赤坂REDシアター)
  • FREE(S) STAGE×12 vol.12(2014年4月9日 - 13日、小劇場B1) - ゴウ 役
  • 最遊記歌劇伝 -God Child-(2014年5月2日 - 7日、全労済ホール/スペース・ゼロ) - 銀閣 役
  • SHATNER of WONDER #1「ロボ・ロボ」(2014年8月29日 - 9月1日、サンシャイン劇場) - ナビゲーター104 役
  • 水木プロデュースVol.17「レイジーミッドナイト」 (2014年11月15日 - 30日、東京・福岡公演) - 沢渡恭平 役
  • 魚のいない水槽(2014年12月11日 - 15日、サンモールスタジオ) - 主演・渡辺俊介 役
  • 本格文學朗読演劇 極上文學 「走れメロス」(2014年12月27日・28日、大阪ビジネスパーク円形ホール) - セリヌンティウス 役
  • FREE(S)「あいまいな空間」(2015年1月9日 - 12日、シアター711) - ユージ 役
  • DOG’S(2015年5月9日 - 17日、笹塚ファクトリー) - 主演
  • 大正浪漫探偵譚(2015年6月9日 - 14日、中野ザ・ポケット) - 主演・東堂解 役
  • 舞台「東京喰種トーキョーグール」(2015年7月2日 - 8日、AiiA 2.5 Theater Tokyo / 2015年7月18日 - 20日、京都劇場) - ウタ 役
  • SHATNER of WONDER #2 「小林少年とピストル」(2015年8月12日 - 16日、CBGKシブゲキ!!) - 滝川純一郎 役
  • MESSIAH メサイア -鋼ノ章-」(2015年9月2日 - 13日、東京:シアターGロッソ / 9月19日 - 21日、神戸:新神戸オリエンタル劇場) - ペルシャ 役
  • 本格文學朗読演劇 極上文學「高瀬舟. 山椒大夫」(2015年10月9日 - 18日、東京:CBGKシブゲキ!! / 2015年10月24日・25日、大阪:大阪ビジネスパーク円形ホール) - 喜助、山椒大夫 役
  • 水木プロデュース「蘇州夜曲」(2015年11月20日 - 29日、紀伊國屋サザンシアター)
  • SHATNER of WONDER #3「ロボ・ロボ」(2016年1月16日 - 24日、 天王洲 銀河劇場) - ナビゲーター104 役
  • のぶニャがの野望 幸村と五輪の剣 (2016年2月3日 - 7日、全労済ホール/スペース・ゼロ)
  • ダンガンロンパ THE STAGE 2016(2016年6月16日 - 26日、東京:Zeppブルーシアター六本木 / 2016年7月1日・2日、名古屋:東海市芸術劇場 / 2016年7月7日・10日、大阪:サンケイホールブリーゼ / 2016年7月14日 - 16日、神奈川:関内ホール 大ホール) - 大和田紋土 役
  • おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜(2016年9月29日 - 12月4日、大阪:シアター・ドラマシティ / 10月13日 - 23日、東京:Zeppブルーシアター六本木) - イヤミ 役[6]
  • 本格文學朗読演劇 極上文學「人間椅子/魔術師」(2016年11月30日 - 12月3日、東京:全労済ホール/スペース・ゼロ / 12月23日 - 25日、大阪:近鉄アート館) - 椅子職人 役
  • 舞台「真・三國無双」 (2017年2月11日 - 2月19日、全労済ホール/スペース・ゼロ )- 孫堅
  • SHATNER of WONDER #5「破壊ランナー」(2017年4月21日 - 4月30日、Zeppブルーシアター六本木) - リコ・スカイウイング 役
  • 舞台「黒薔薇アリス」(2017年5月20日、Zeppブルーシアター六本木) - 日替わりゲスト出演
  • 舞台「東京喰種トーキョーグール」〜或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録〜(2017年 6月29日 - 7月4日、東京:シアター1010 / 2017年7月8日 - 9日、大阪:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ) - ウタ役
  • 舞台「MESSIAH メサイア-悠久乃刻-」(2017年8月31日− 9月10日、東京:天王洲 銀河劇場/2017年9月22日 − 9月24日、大阪:サンケイホールブリーゼ)− ハングドマン役
  • Oi-SCALE本公演「囚人」(2017年9月27日−10月2日、下北沢駅前劇場)−主演
  • 朗読劇「私の頭の中の消しゴム 11th Letter」(2019年6月5日、6月7日、よみうり大手町ホール)− 神田沙也加・村田 充
  • Oi-SCALE 本公演「THE LAST DAY & THE NEXT DAY」〜終わりの日。それと、翌日。の物語〜(2019年12月18日−23日、下北沢 駅前劇場)− 友情出演
  • リーディングドラマ「シスター」(2020年4月16日、新宿角座)−桑原裕子・村田 充
  • ナイスコンプレックスプロデュース#5 舞台「12人の怒れる男」(2020年7月23日−8月2日、東京:新宿シアターモリエール / 2020年8月14日−8月16日、大阪:ABCホール)− 6号役(東京)、11号役(大阪)
  • 「Fate/Grand Order THE STAGE -冠位時間神殿ソロモン- 」(2020年10月18日、TACHIKAWA STAGE GARDEN / 2020年10月24日 - 30日、東京国際フォーラム ホール) - レフ・ライノール 役[7]
  • 舞台「賭博黙示録カイジ」(2020年12月4日−6日、京都:京都劇場 / 2020年12月10日−13日、東京:ヒューリックホール東京)− 兵藤和尊 役
  • 怪盗探偵 山猫 the stage」(2021年1月21日 - 31日、ヒューリックホール東京) - 森田 役

舞台演出[編集]

  • LIVEDOGプロデュース「DOG'S」(2017年3月23日‐4月2日、池袋・シアターグリーンBIGTREE)
  • LIVEDOGプロデュース「DOG'S」(2021年2月19日‐2月28日、中目黒キンケロ・シアター

テレビ番組[編集]

ウェブ番組[編集]

  • 古坂大魔王のカツアゲ(2015年9月29日、アメーバスタジオ)

ゲーム[編集]

作品[編集]

写真集[編集]

  • A flat surface(2006年12月25日、スタジオワープ)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 村田充”. オリオンズベルト. 2017年4月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e 村田充”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年4月26日閲覧。
  3. ^ “神田沙也加×村田充「朗読劇」出演へ ファン「夫婦だ!」「素敵」と歓喜”. ORICON NEWS. (2019年4月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2133254/full/ 2019年12月4日閲覧。 
  4. ^ “神田沙也加、共演の夫・村田充とのツーショットに「ラブラブすぎ!」”. J-CASTニュース. (2019年5月28日). https://www.j-cast.com/2019/05/28358547.html 2019年12月4日閲覧。 
  5. ^ “神田沙也加と村田充が離婚を報告”. ORICON NEWS. (2019年12月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2150190/full/ 2019年12月4日閲覧。 
  6. ^ CAST&STAFF”. 舞台「おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜」公式サイト. 2017年4月26日閲覧。
  7. ^ 【FGO】終章の舞台『冠位時間神殿ソロモン』が2020年10月に上演決定。イメージイラストやキャスト、スタッフ情報が解禁”. ファミ通.com (2020年8月28日). 2020年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]