昭和歌謡大全集 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

昭和歌謡大全集』(しょうわかようだいぜんしゅう)は、村上龍による小説、および2003年11月8日公開の日本映画である。

概要[編集]

原作の小説は、1994年に「週刊プレイボーイ」で連載開始と同時に物議を醸した。 舞台は東京都調布市。昭和の歌謡曲を愛する、6人の冴えない青年と、6人のバツイチ・オバサン集団の殺し合い合戦を描いた作品である。

本作に登場人物であるイシハラとノブエは、村上龍の2005年の小説「半島を出よ」に再登場している。

あらすじ[編集]

イシハラら6人の若者は共通の話題も趣味もなく、なんとなく集まっては深夜にパーティを行い、そこで昭和歌謡曲を歌うのを楽しみにしていた。ある日、仲間の一人・スギオカが路上で女性を殺害する。殺されたのはヤナギモトミドリ。彼女の仲間であるスズキミドリら5人のオバサンたちは同じミドリという名前からミドリ会というグループを作っていた。仲間を殺されたミドリ会は現場に残された遺留品から犯人・スギオカを特定し“復讐”を決行する。後日、スギオカが殺害された現場を見物していたイシハラはスガコという目撃者の女性から事件の一部始終とミドリ会の存在を知らされる。スギオカの復讐を誓う若者たちは怪しげな金物店で拳銃・トカレフを入手。こうして、若者とオバサンたちの壮絶な復讐劇が始まった。

映画[編集]

昭和歌謡大全集
監督 篠原哲雄
脚本 大森寿美男
原作 村上龍
出演者 松田龍平
安藤政信
樋口可南子
岸本加世子
池内博之
音楽 池頼広
撮影 高瀬比呂志
編集 深野俊英
配給 シネカノン
公開 日本の旗 2003年11月8日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト[編集]

ほか

スタッフ[編集]

劇中に登場する歌謡曲[編集]

外部リンク[編集]