Answer〜警視庁検証捜査官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Answer〜警視庁検証捜査官
ジャンル 刑事ドラマ
脚本 池上純哉
真部千晶
監督 猪原達三
出演者 観月ありさ
田辺誠一
五十嵐隼士
橘慶太
眞島秀和
風見しんご
松重豊
片岡鶴太郎
エンディング 三浦大知Two Hearts
製作
プロデューサー 三輪祐見子(テレビ朝日)
西勇哉(テレビ朝日)
丸山真哉東映
大森敬仁(東映)
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2012年4月18日 - 6月13日
放送時間 水曜 21:00 - 21:54
放送枠 テレビ朝日水曜21時枠刑事ドラマ
放送分 54分
回数 9
テンプレートを表示

Answer〜警視庁検証捜査官』(アンサー〜けいしちょうけんしょうそうさかん)は、2012年4月18日から6月13日まで毎週水曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系の「水曜21時」枠で放送された日本の刑事ドラマ。主演は観月ありさ[1][2]

内部告発」により警視庁検証捜査係へ異動させられた女性キャリア警察官が、文字通りの「検証捜査」を行って事件の隠された答え(Answer)を探りだす作品。原作のないオリジナル作品。

キャッチコピーは「調書にない、答えがある。

あらすじ[編集]

新海は署長時代の内部告発によって、警視庁検証捜査係に異動となる。そこは、現場から上がってくる調書の不備を指摘する事しか行っていなかったが、新海の「調書への違和感」を元にした調査によって「隠された真相」が次々と暴かれる事によって検証係の本来の役割を思い出す。捜査一課とも初期は犬猿の仲だったが、新海の調査によって真相を導き出す実力を認めるようになる。そんな中、新海が身元引受人となっていた人物が逮捕される。新海を疎んでいた警察内部のリークによって絶体絶命の危機に晒され、新海を送り込んだ東出によって再異動を提示された時、検証係と捜査一課の最後の捜査が始まる。

登場人物[編集]

警視庁捜査一課[編集]

検証捜査係[編集]

冤罪などが相次ぎ、失墜した警察の信用を回復するために設置された部署。これまでは調書に誤字脱字などの不備がないかなど事務的な確認作業が主だったが、新海が来た後は捜査に介入するようになった。

新海晶〈35〉
演 - 観月ありさ
管理官 警視(キャリア)。コーヒーが好きなようで、いつも愛飲し、部下にご馳走する時は決まってコーヒーを振る舞っている。あきる野警察署長在任時に起きた誤認逮捕の警視庁謝罪会見公式文章発表後、「捜査に問題があった」という独自の見解を述べたことで「内部告発」と報道され上層部の不興を買う。警察庁長官官房の東出には目をかけられており、捜査一課検証捜査係への異動という形で収められた。最終回では過去に関わったある事件がきっかけで東出から海外異動を命じられるも、事件解決後は異動は取り止めとなり、結局検証捜査係に留まる事となった。
小暮茂雄〈55〉
演 - 片岡鶴太郎
警部補。妻に先立たれて娘と二人暮らし。今までと勝手が違うタイプの上司である新海が赴任したことで戸惑いを見せており、今までは検証捜査にはそこまで乗り気ではなく必要以上に再捜査をする事に消極的だったものの、最終回では自分たちの為に独自で検証捜査を行おうとした新海に対して自身も検証捜査に付き合う事を申し出るなど再捜査の重要性を理解するようになった。
長谷部吉伸〈30〉
演 - 五十嵐隼士D☆DATE
巡査部長。現場経験がない内勤の警察官。若手の唐沢に対抗心を燃やす。新海のやり方に戸惑いつつも、それでも反発しておらず、彼女の命令に従って捜査に動いていたが、徐々に薄井と同様に仕事に対する熱意に目覚め始め、最終回では積極的に仕事に取り組むようになった。
薄井昭三〈50〉
演 - 松重豊
係長 警部。検証捜査係の職責とは調書に誤字脱字の不備がないか調べる部署だと考えており、新海が赴任した後は度々彼女の捜査に同行する事が多くなり、嫌な顔をしつつも渋々従うが、長谷部と共に徐々に仕事に対する熱意に目覚め始め、最終回では捜査を止めるように言う上層部に反発して検証捜査の継続を願い出る。事件解決後は、積極的に仕事に取り組むようになった。

強行犯係[編集]

永友真一〈43〉
演 - 田辺誠一
強行犯係管理官 警視。疑問に思った事件を断りもなく勝手に再捜査する新海に反発するが、結局は新海の意見を聞き入れた上で自らも疑問に思えば再捜査に臨み、最後には新海と共に事件を解決させるなど奇妙な連携を見せており、それを通じて徐々に彼女を認めるようになり、また再捜査の重要性も理解するようにもなった。また、5話ではかつての同期の刑事が被害者となり、真実を知るため自分から被害者が関わった過去の事件の検証捜査を新海に頼み、また上司に反発してまで真実を明らかにするよう説き伏せるなど初めて警察の威信に逆らう行動を見せた。最終回では捜査を止めるように言う上層部から新海を庇い、彼女の検証捜査継続を願い出たばかりか、事件解決後は捜査員全員と共に解決の糸口となった新海を称賛した。
唐沢潤平〈28〉
演 - 橘慶太w-inds.
強行犯係 巡査。新海に好意を抱いているのではと勘繰られる。8話では令状なしに犯人に繋がる証拠を手に入れてしまったため上層部から叱責されてしまう。
幸村勇〈36〉
演 - 眞島秀和
強行犯係 巡査部長。
田中
演 - 建蔵
大賀
演 - 大賀太郎
渡辺
演 - 渡邊修一
須川
演 - 須川和洋
強行犯係 巡査。

他の関係者[編集]

有富功〈49〉
演 - 風見しんご
捜査一課首席管理官 警視。新海の行動や考えを問題視しており、時間を掛けて検証した割には問題無しの案件が多すぎる、無駄を省き迅速に対応するよう新海に命令する。
武邑嗣雄
演 - 田山涼成
捜査第一課課長 警視正。警察のメンツや組織を何よりも重んじており、検証捜査の度に事件に首を突っ込む新海を快く思っていない。

その他[編集]

東出祐介
演 - 遠藤憲一
警察庁長官官房教養担当 主任。新海の能力を認め、時には手を差し伸べるなど基本は彼女に寄り添っているが、一方では新海が警察を引っ掻き回すかのような行動を見せた際は苦言を呈する事もある。現場の古い体質を変えるため新海を検証捜査係に送り込む。また、最終回では過去のある不祥事が発覚したのを機に新海の海外異動を取り決めるが、事件解決後は取り止めにし、検証捜査係に留めた。
橘ひとみ
演 - 西田尚美
東京地方検察庁 検察事務官。事件後の裁判など今後の支障が出ないよう事を急がせる傾向があり、故に検証捜査に時間を掛ける新海を良く思っていないが、反面新海を認めている節もあり、また最終回では異動が決まったと思われた新海に餞別代わりにレトルト食品を渡すなど優しい一面を見せていた。
羽生田真
演 - 野間口徹
警視庁刑事部鑑識課。新海に気があるようで、小暮から鑑識の仕事を頼まれた際は新海との食事を持ちかけられるとすんなり引き受けていた。
小暮遥花
演 - 金井美樹
茂雄の娘。東京中央医科大学附属病院入院患者。最初は入院していたが、2話の時点で退院が決まった。

ゲスト[編集]

第1話「緊急謝罪!! 4万3千人の警察官を敵にした女」
  • 塚田綾乃(塚田の妻・太陽税理事務所事務員) - 高岡早紀
  • 河島敬之(帝国印刷廃虚放火過失致死事件被疑者) - 波岡一喜
  • 柴田雪実(河島の元妻) - 小沢真珠
  • 峰岸龍夫(峰岸不動産社長) - モト冬樹
  • 塚田裕三(帝国印刷廃虚放火過失致死事件被害者) - 並木史朗
  • 柴田蓮(敬之・雪実 の子供) - 中村圭佑
第2話「車椅子は見た!! ゴミ捨て殺人の秘密」
  • 松井洋子(もえぎの家利用者) - 江波杏子[3]
  • 宮澤由紀(もえぎの家介護ヘルパー) - 吉田羊
  • 北野安彦(クラブ愛ホスト) - 本宮泰風
  • 柴崎龍一(クラブ愛店長) - 猪狩賢二
  • 野村日出子(西南町自治会長) - 梅沢昌代
  • 松井絵美子(洋子の娘・ストーカー被害者) - 長谷部瞳
第3話「歌う通り魔!? 消えた赤い傘の謎…!!」
第4話「謎の絞殺痕!? 結婚詐欺を繰り返す女」
第5話「謎の墜落死!? 娘を二度失った母…!!」
  • 深澤隆太郎(フカザワ警備保障社長) - 前田吟
  • 須賀谷俊希(元警視庁刑事部捜査一課警部補) - 神尾佑
  • 深澤卓也(フカザワ警備保障専務) - 山中聡
  • 真田侑子(未玖の母親) - 滝沢涼子
  • 重田和臣(老人ホーム森のそよ風入居者) - 樋浦勉
  • 山岡未玖(板橋杉山台公園女子高生刺殺事件被害者) - 仲村瑠璃亜
  • 若尾武史(板橋杉山台公園女子高生刺殺事件加害者) - 山根和馬
  • 棚橋まゆみ(関東リゾート社員) - 芳賀優里亜
第6話「死者からの爆破予告!? 引き裂かれた母娘の絆」
第7話「疑惑の夫殺し!? 瞬間移動した鞄の謎!! 女流作家の殺人計画」
第8話「葬られた目撃者スキャンダル写真に秘められた殺意!!」
最終話「600通の詫び状に隠された真犯人」

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率[6]
第1話 2012年4月18日 緊急謝罪!! 4万3千人の警察官を敵にした女 池上純哉 猪原達三 11.4%
第2話 2012年4月25日 車椅子は見た!! ゴミ捨て殺人の秘密 田中孝治 長谷川康 12.7%
第3話 2012年5月2日 歌う通り魔!? 消えた赤い傘の謎…!! 真部千晶 猪原達三 9.3%
第4話 2012年5月9日 謎の絞殺痕!? 結婚詐欺を繰り返す女 長谷川康 8.1%
第5話 2012年5月16日 謎の墜落死!? 娘を二度失った母…!! 池上純哉 田村直己 9.1%
第6話 2012年5月23日 死者からの爆破予告!? 引き裂かれた母娘の絆 真部千晶 9.8%
第7話 2012年5月30日 疑惑の夫殺し!? 瞬間移動した鞄の謎!! 女流作家の殺人計画 伊藤洋子 長谷川康 7.7%
第8話 2012年6月6日 葬られた目撃者スキャンダル写真に秘められた殺意!! 田中孝治 猪原達三 8.3%
最終話 2012年6月13日 600通の詫び状に隠された真犯人 池上純哉 8.4%
平均視聴率 9.4%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

脚注[編集]

  1. ^ 観月ありさが21年連続連ドラ主演 『相棒』後番組で刑事役に初挑戦”. ORICON STYLE (2012年3月1日). 2016年1月9日閲覧。
  2. ^ 観月ありさ、初刑事役に「やる気満々です」”. ORICON STYLE (2012年4月16日). 2016年1月9日閲覧。
  3. ^ 観月ありさ、主演刑事ドラマで江波杏子と21年ぶり共演”. ORICON STYLE (2012年4月25日). 2016年1月9日閲覧。
  4. ^ プロフィール - 東宝芸能(アーカイブ)
  5. ^ 三浦大知、観月ありさ主演ドラマ主題歌に決定”. ORICON STYLE (2012年3月22日). 2016年1月9日閲覧。
  6. ^ 全放送回と平均の出典。Answer〜警視庁検証捜査官-スポニチ Sponichi Annex 芸能、2012年6月15日参照。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 水曜21時枠刑事ドラマ
前番組 番組名 次番組
相棒 season10
(2011.10.19 - 2012.3.21)
Answer〜警視庁検証捜査官
(2012.4.18 - 2012.6.13)
警視庁捜査一課9係(season7)
(2012.7.4 - 2012.9.5)