この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

黒川智花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

くろかわ ともか
黒川 智花
本名 黒川 智子
生年月日 (1989-08-01) 1989年8月1日(29歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 159 cm[1]
血液型 O型
ジャンル 女優
活動期間 2001年 -
配偶者 あり
事務所 研音
公式サイト 黒川智花公式ホームページ
主な作品
テレビドラマ
こころ
3年B組金八先生
雨と夢のあとに
てるてるあした
ブラッディ・マンデイ
映画
8.1
下弦の月〜ラスト・クォーター

黒川 智花(くろかわ ともか、1989年8月1日[2][3][4] - )は、日本女優。本名(旧姓)、黒川 智子(くろかわ ともこ)[1][5]。血液型はO型[4]

東京都出身[3][4][2][1]研音所属[1][3][2]

略歴

2001年、『りぼん』モデルグランプリに選ばれ、読者モデルとして活動。その後、研音のスタッフにスカウトされ、黒川智花の芸名で活動開始。

2002年、4月10日発売の『週刊少年サンデー』19号で初グラビアデビュー後(後に同誌連載の作品『名探偵コナン』のテレビドラマ版の毛利蘭を演じる)、同年に放送されたTBS金曜ドラマ愛なんていらねえよ、夏』でテレビドラマ初出演。2005年、テレビ朝日金曜ナイトドラマ雨と夢のあとに』で連続テレビドラマ初主演、映画『8.1』で映画初主演。2008年、演劇集団キャラメルボックス2008クリスマスツアー『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』で初舞台。

ドラマ、映画、舞台と幅広く出演、活躍している。2011年にはドラマでのゲストや単発番組も含めて7作品に出演しており、舞台では5月に『私の頭の中の消しゴム 3rd letter』において朗読劇に初挑戦、「アルツハイマー病に侵された少女」という難しい役柄を演じた。

2015年3月、2年間交際していた一般男性と結婚した[6]

人物

出演

テレビドラマ

映画

舞台

CM

PV

書籍

写真集

DVD

  • 少女覚醒(2002年、英知出版)
  • sanctuary(2004年、ポニーキャニオン)
  • 15歳の軌跡(2005年、海王社)
  • TOMOCOLOR(2006年、イーネットフロンティア)
  • K - 卒業 黒川智花(2007年、スパイスビジュアル)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2004年、537頁。ISBN 978-4990124229
  2. ^ a b c d 『日本タレント名鑑2017』 VIPタイムズ社、2017年、541頁。ISBN 978-4904674086
  3. ^ a b c 黒川智花”. 研音. 2017年3月6日閲覧。
  4. ^ a b c 黒川智花”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年3月6日閲覧。
  5. ^ りぼん』2001年5月号、集英社2001年[要ページ番号]
  6. ^ “黒川智花、一般男性と結婚!「DOCTORS」撮了後に婚姻届提出”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2015年3月10日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150310/mar15031005060001-n1.html 2017年3月6日閲覧。 
  7. ^ 黒川智花、セクシードレスで美バストあらわ 六本木の元No.1キャバ嬢に”. モデルプレス (2014年10月20日). 2016年11月5日閲覧。
  8. ^ “黒川智花、“純愛体質の女”を熱演! 「一課長(内藤剛志)になら本音を話せそうです!」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年4月19日). https://thetv.jp/news/detail/144193/ 2018年4月19日閲覧。 
  9. ^ “TOKIO松岡昌宏、戸田恵梨香の元婚約者に 杉野遥亮らキャスト発表<大恋愛~僕を忘れる君と>”. モデルプレス. (2018年8月17日). https://mdpr.jp/news/detail/1786235 2018年8月17日閲覧。 
  10. ^ 黒川智花オフィシャルサイト「topics 映画情報」 - 2013年5月15日閲覧。

外部リンク