本郷理華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif 本郷 理華
Rika HONGO
Figure skating pictogram.svg
2014 Grand Prix of Figure Skating Final Rika Hongo IMG 2379.JPG
2014年GPファイナルSP
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (1996-09-06) 1996年9月6日(21歳)
出生地: 宮城県仙台市
身長: 166 cm
体重: 52 kg[1]
コーチ: 長久保裕
成瀬葉里子
川梅みほ
振付師: シェイ=リーン・ボーン
鈴木明子
宮本賢二
元振付師: 川梅みほ
本郷裕子
所属クラブ: 邦和スポーツランド
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 199.15 2016 世界選手権
ショートプログラム: 69.89 2016 世界選手権
フリースケーティング: 129.97 2015 GP中国杯
 
獲得メダル
フィギュアスケート
四大陸選手権
2015 ソウル 女子シングル
2016 台北 女子シングル

本郷 理華(ほんごう りか、英語: Rika Hongo, 1996年9月6日 - )は、日本女性フィギュアスケート選手(女子シングル)。

2014年GPロステレコム杯優勝、2014年全日本選手権2位、2015、2016年四大陸選手権3位、2015年世界フィギュアスケート選手権6位 2014年GPファイナル6位、2013全日本ジュニア選手権優勝、2017冬季アジア札幌大会4位、ほか。

人物[編集]

宮城県仙台市出身で、名古屋市立中川小学校名古屋市立港明中学校愛知みずほ大学瑞穂高等学校を経て、中京大学スポーツ科学部競技スポーツ科学科に在学中である。

父はイギリス人[2]で、母の本郷裕子はフィギュアスケートのコーチを務める[3]。血液型はO型で、荒川静香を憧憬している。

経歴[編集]

幼少期[編集]

2001年からスケートを始めた[4]荒川静香らがホームリンクとしていた「コナミスポーツクラブ泉・スケートリンク[† 1]」を練習拠点としていたが、2004年12月25日に同リンクが閉鎖されると、仙台市勝山スケーティングクラブなどで練習を続けた[† 2]

仙台市立岩切小学校3年[5]時の2005-06シーズンは5つの大会で優勝した[4]2006年3月27日に仙台市で開催された荒川静香のトリノ五輪フィギュアスケート女子シングル金メダル凱旋パレードで、オープンカーに荒川と同乗した[4][6]。4月5日に愛知県名古屋市のリンクに転勤する長久保裕コーチを慕い、中村愛音らジュニア世代の有望選手と共に、9歳、3級[4][† 3]で、名古屋へ移住した。

ジュニア時代[編集]

名古屋市立港明中学校[5]2年時の2010-11シーズンは、全日本ジュニア選手権に出場して19位となる。2012-13シーズンからISUジュニアグランプリシリーズに参戦してJGPクールシュヴェルで2位になり、同年の全日本ジュニア選手権は宮原知子加藤利緒菜に続いて3位で、前年より順位を伸ばした。全日本選手権は初出場で5位[7]で、初出場した2013年世界ジュニア選手権は9位であった。

愛知みずほ大学瑞穂高等学校[5]2年時の2013-14シーズンは、JGPミンスクで3位に入賞し、全日本ジュニア選手権で初優勝した[8]全日本選手権で6位に入賞し、2年連続で出場した世界ジュニア選手権は8位に入賞し、シニア国際大会のトリグラフトロフィーに初めて出場して優勝した。

シニア以降[編集]

GPファイナル初出場・全日本選手権2位

瑞穂高3年時の2014-15シーズンは、初戦のアジアフィギュア杯を優勝してCSフィンランディア杯で3位に入賞し、グランプリシリーズに参戦してスケートカナダで5位、ロステレコム杯で初優勝した。NHK杯終了時点はGPファイナル出場を逃して補欠1番手だったが、NHK杯優勝のアメリカ代表のグレイシー・ゴールドが左足疲労骨折の負傷で出場を辞退したため、本郷が繰り上げでグランプリファイナル出場権を得て、6位[9]であった。全日本選手権SPは首位だがFSで順位を落とし、優勝の宮原知子に次ぎ総合2位で銀メダルを初めて得た。初出場したシニアのISUチャンピオンシップス四大陸選手権は3位で、世界選手権は自己ベストを更新して6位に入賞した。2015年4月に中京大学スポーツ科学部競技スポーツ科学科へ入学[10]した。

中京大学1年時の2015-16シーズンは、初戦のCSフィンランディア杯で自己ベストを更新して優勝し、中国杯で自己ベストをさらに更新して銀メダルを得て、続くロステレコム杯は5位、全日本選手権は4位となるが、2位の樋口新葉がシニアの年齢規定を満たしていないため四大陸選手権世界選手権の代表に内定し、四大陸選手権は2年連続で総合3位、世界選手権はSPで自己ベストを更新して7位、総合も自己ベストを更新して8位となる。

中京大学2年時の2016-17シーズンは、骨挫傷による調整不足[11]などが影響して、ジャンプを度々失敗して低迷した。スケートカナダは6位で中国杯は5位、全日本選手権はSPで2位、FSは前半のミスを取り戻すべく後半でリカバリーを見せるなど健闘するも6位で総合5位に留まる。その後エースの宮原が疲労骨折による欠場で、四大陸選手権世界選手権へ急遽繰り上げ出場するが[12]、四大陸選手権は10位、世界選手権は16位と、共に自己ワーストとなった[13]

2017-2018シーズン、初戦となったISUチャレンジャーシリーズオンドレイネペラトロフィーで2位。

技術・演技[編集]

アクセルを除く5種類のトリプルジャンプを跳ぶことができる。コンビネーションは、3回転トゥーループ-3回転トゥーループ、2回転半アクセル-3回転トゥーループを成功させたほか、2013-14シーズンより3回転フリップ-3回転トゥーループ、2回転半アクセル-1回転ループ-3回転サルコウを取り入れている。ジャンプを得意とする反面、スピンはしばしばレベルを取りこぼすことがある。

2015年世界選手権で、ショートプログラム、フリーともにすべてのスピンとステップでレベル4を獲得した。

ルッツの踏み切りでエラー判定を受けることが多かったが、2015-2016年シーズンには、3回転ルッツ-2回転トゥーループのコンビネーションを2015年フィンランディア杯で決めるなど、エッジの矯正に成功している[14]

2016-2017シーズンより3回転ループの精度を欠くことが多くなり、不調の一因ともなった。

主な戦績[編集]

International Skating Union.svgマークが付いている大会はISU公認の国際大会。

大会/年 2010-11 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18

International Skating Union.svg 世界選手権

6 8 16

International Skating Union.svg 四大陸選手権

3 3 10
全日本選手権 5 6 2 4 5

International Skating Union.svg GPファイナル

6

International Skating Union.svg GP中国杯

2 5

International Skating Union.svg GPスケートカナダ

5 6 TBD

International Skating Union.svg GPNHK杯

TBD

International Skating Union.svg GPロステレコム杯

1 5
CSオータムクラシック 4
CSオンドレイネペラ杯 2
CSフィンランディア杯 3 1
プランタン杯 1
アジアフィギュア杯 1
トリグラフ杯 1
冬季アジア大会 4

International Skating Union.svg 世界Jr.選手権

9 8
全日本Jr.選手権 19 3 1

International Skating Union.svg JGPミンスク

3

International Skating Union.svg JGPメキシコ杯

4

International Skating Union.svg JGPクールシュヴェル

2

International Skating Union.svg JGPクロアチア杯

5

詳細[編集]

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年9月21日-23日 ISUチャレンジャーシリーズ オンドレイネペラメモリアルブラチスラヴァ 2
66.49
2
123.49
2
189.98


2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年3月27日-4月2日 2017年世界フィギュアスケート選手権ヘルシンキ 12
62.55
18
107.28
16
169.83
2017年3月10日-12日 2017年プランタン杯コッケルシュエール 1
59.27
1
103.29
1
162.56
2017年2月23日-25日 2017年冬季アジア大会札幌 2
60.98
4
100.39
4
161.37
2017年2月14日-19日 2017年四大陸フィギュアスケート選手権江陵 9
59.16
13
108.26
10
167.42
2016年12月22日-25日 第85回全日本フィギュアスケート選手権門真 2
69.20
6
125.08
5
194.28
2016年11月18日-20日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 6
63.63
6
118.12
5
181.75
2016年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 4
66.57
8
105.44
6
171.19
2016年9月29日-10月1日 ISUチャレンジャーシリーズ オータムクラシックピエールフォン 4
60.33
4
110.01
4
170.34


2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年4月22日-24日 2016年コーセー・チームチャレンジカップスポケーン 9
60.43
7
122.15
[15]
2016年3月26日-4月3日 2016年世界フィギュアスケート選手権ボストン 7
69.89
8
129.26
8
199.15
2016年2月16日-21日 2016年四大陸フィギュアスケート選手権台北 4
64.27
5
117.51
3
181.78
2015年12月24日-27日 第84回全日本フィギュアスケート選手権札幌 2
68.39
4
124.89
4
193.28
2015年11月20日-22日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 6
63.45
5
115.67
5
179.12
2015年11月6日-8日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 2
65.79
1
129.97
2
195.76
2015年10月9日-11日 ISUチャレンジャーシリーズ フィンランディア杯エスポー 1
65.75
1
121.70
1
187.45


2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年3月23日-29日 2015年世界フィギュアスケート選手権上海 5
62.17
5
122.41
6
184.58
2015年2月9日-15日 2015年四大陸フィギュアスケート選手権ソウル 3
61.28
3
116.16
3
177.44
2014年12月25日-28日 第83回全日本フィギュアスケート選手権長野 1
66.70
2
121.93
2
188.63
2014年12月11日-14日 2014/2015 ISUグランプリファイナルバルセロナ 5
61.10
5
115.03
6
176.13
2014年11月14日-16日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 2
59.85
1
118.15
1
178.00
2014年10月31日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケロウナ 5
59.10
5
112.37
5
171.47
2014年10月9日-12日 ISUチャレンジャーシリーズ フィンランディア杯エスポー 3
52.11
3
101.60
3
153.71
2014年8月6日-10日 2014年アジアフィギュア杯台北 1
57.91
2
110.98
1
168.89


2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年4月2日-6日 2014年トリグラフトロフィーイェセニツェ 1
57.71
1
95.61
1
153.32
2014年3月10日-16日 2014年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 11
51.47
7
106.41
8
157.88
2013年12月20日-23日 第82回全日本フィギュアスケート選手権さいたま 7
59.25
6
117.06
6
176.31
2013年11月22日-24日 第82回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 3
52.84
1
110.28
1
163.12
2013年9月25日-29日 ISUジュニアグランプリ ミンスクミンスク 5
50.10
5
94.87
3
144.97
2013年9月4日-8日 ISUジュニアグランプリ メキシコ杯メキシコシティ 6
48.09
3
98.93
4
147.02


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年2月25日-3月3日 2013年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミラノ 7
52.15
10
90.47
9
142.62
2012年12月20日-24日 第81回全日本フィギュアスケート選手権札幌 6
56.61
4
115.82
5
172.43
2012年11月16日-18日 第81回全日本フィギュアスケートジュニア選手権西東京 3
55.47
3
103.87
3
159.34
2012年10月3日-7日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 6
45.93
4
95.04
5
140.97
2012年8月22日-26日 ISUジュニアグランプリ クールシュヴェルクールシュヴェル 3
53.16
2
96.22
2
149.38


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年11月26日-28日 第79回全日本フィギュアスケートジュニア選手権ひたちなか 22
39.40
19
74.70
19
114.10


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2017-2018 カルミナ・ブラーナ
作曲:カール・オルフ
振付:シェイ=リーン・ボーン
映画『フリーダ』より
作曲:エリオット・ゴールデンサール
振付:シェイ=リーン・ボーン
ブラックピンクメドレー
振付: ミーシャ・ジー
2016-2017 リバーダンス』より Reel Around The Sun
作曲:ビル・ウェラン
振付:宮本賢二

映画『アラビアのロレンス』より
作曲 :モーリス・ジャール
振付:鈴木明子
The Sky and the Dawn and the Sun
by ケルティック・ウーマン
2015-2016 インカンテーションシルク・ドゥ・ソレイユキダム』より)
作曲:ブノワ・ジュトラ
振付:鈴木明子
『リバーダンス』より Reel Around The Sun
作曲:ビル・ウェラン
振付:宮本賢二
レッツ・ゲット・ラウド
ボーカル:ジェニファー・ロペス
振付:宮本賢二
2014-2015 バレエ『海賊』より
作曲:アドルフ・アダン
振付:宮本賢二
カルメン
作曲:ジョルジュ・ビゼー
振付:宮本賢二
ドン・キホーテ
作曲:レオン・ミンクス
振付:宮本賢二

スリラー
ボーカル:マイケル・ジャクソン
振付:本郷理華
2013-2014 ドン・キホーテ
作曲:レオン・ミンクス
振付:宮本賢二
ミス・サイゴン
作曲:クロード=ミシェル・シェーンベルク
振付:宮本賢二
夜桜お七
ボーカル:坂本冬美
2012-2013 サムソンとデリラ
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:川梅みほ、本郷裕子
白鳥の湖
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:川梅みほ、本郷裕子
パーティ・ロック・アンセム
by LMFAO

主な出演[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1998年(平成10年)長野五輪フィギュアスケート競技に出場した日本代表7名中、当時東北高等学校(仙台市)在学中の田村岳斗本田武史・荒川静香・荒井万里絵の計4名が、同リンクで長久保裕コーチに師事した。
  2. ^ 閉鎖された「コナミスポーツクラブ泉・スケートリンク」は、2007年(平成19年)3月22日に「アイスリンク仙台」として営業を再開した。
  3. ^ 都築章一郎コーチに師事していた羽生結弦(本郷の2学年上)は仙台に残り、勝山スケーティングクラブなどで練習を続けた。東北福祉大学(仙台市)在学中の鈴木明子は、大学卒業後の2007年(平成19年)4月から長久保コーチのいる邦和スポーツランド(名古屋市)に本格的に拠点を移した。

出典[編集]

  1. ^ 2017 札幌冬季アジア大会公式HPの選手情報より
  2. ^ 2位の18歳、本郷 「まだ足りない」 ジャンプ回転不足(産経新聞 2014年12月28日)
  3. ^ 2012年12月23日放送のフジテレビ「全日本フィギュアスケート選手権2012」より
  4. ^ a b c d 特集「9歳の挑戦! 仙台から来たフィギュア少女」中京テレビ 2006年4月)
  5. ^ a b c 本郷理華「優勝しちゃった。本当に?」日刊スポーツ 2014年11月16日)
  6. ^ フィギュア本郷選手、9歳の憧れ飛躍の糧河北新報 2014年11月17日)
  7. ^ 本郷理華選手、全日本フィギュア5位に輝く!(愛知みずほ大学瑞穂高等学校 2012年12月28日)
  8. ^ 田中刑事と本郷理華が初優勝 フィギュア全日本ジュニア朝日新聞 2013年11月24日)
  9. ^ 【フィギュア】本郷にGPファイナル出場権 ゴールドが左足疲労骨折 スポーツ報知 2014年12月5日閲覧
  10. ^ “中京大入学式 本郷選手笑顔”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年4月2日). http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20150401-OYTNT50246.html 2015年4月2日閲覧。 
  11. ^ 冬季アジア大会 フィギュア、本郷4位「情けない」
  12. ^ フィギュア宮原知子が世界選手権欠場 五輪3枠取りに暗雲
  13. ^ 【フィギュア世界選手権】三原舞依が自己ベスト更新し5位
  14. ^ Finlandia Trophy2015 Ladies FS Scores
  15. ^ 男女シングルSP団体1位、総合団体3位
  16. ^ “フィギュア・本郷理華がシャンプーのCMに初出演、美しい黒髪で魅了”. ORICON STYLE. (2016年10月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2079382/full/ 2016年10月4日閲覧。 

外部リンク[編集]