武田奈也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif 武田 奈也
Nana TAKEDA
Figure skating pictogram.svg
Nana Takeda Podium 2007 NHK Trophy.jpg
2007年GPNHK杯の表彰台に立つ武田奈也
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (1988-12-21) 1988年12月21日(28歳)
出生地: 東京都
身長: 167 cm
元コーチ: 岡島功治[1]
横谷花絵[1]
元振付師: 佐藤紀子[2]
トム・ディクソン
阿部奈々美
所属クラブ: 早稲田大学
引退: 2011年[3]
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 154.83 2007 GPNHK杯
ショートプログラム: 55.06 2007 GPNHK杯
フリースケーティング: 99.77 2007 GPNHK杯

武田 奈也(たけだ なな、1988年12月21日[4] - )は、日本の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。2006年全日本ジュニア選手権優勝、2007年NHK杯3位。

人物[編集]

東京都出身。日本橋女学館中学校日本橋女学館高等学校卒業[5]。2007年4月から早稲田大学スポーツ科学部に入学、2011年3月、同大学を卒業。大学の同級生には福原愛(のちに大学を中退)や竹下百合子がいて、よくメールのやり取りをしていたという[6]

経歴[編集]

1994年世界フィギュアスケート選手権で優勝した佐藤有香を見て憧れ、5歳のときにスケートを始めた[7]。1999-2000シーズンの全日本ノービス選手権Bクラスで優勝。2002-2003シーズンよりISUジュニアグランプリ (JGP) に参戦。2004-2005シーズンにはJGPハルビンで初優勝し、JGPファイナルに進出した。2006-2007シーズンもJGPファイナルに駒を進め、全日本ジュニア選手権では初優勝を果たした。

2007-2008シーズンよりシニアに上がり、ISUグランプリシリーズに参戦した。NHK杯では3位となった。だが、かねてより痛めていた足首の状態が悪化し、2008-2009シーズンのカップオブロシアを辞退。ユニバーシアードでは2位になるも、足首の状態がさらに悪化し、表彰台から遠ざかっていた。

2011年10月16日、早稲田大学の稲門祭での中野友加里とのトークショーで引退を発表した。

現在は明治神宮アイススケート場を拠点にコーチ兼振り付け師として活動している。

技術・演技[編集]

長身を生かしたダイナミックな演技を持ち味とする[8]ループトウループを得意とする一方、ルッツ[9]フリップサルコウは不得意である。3回転-3回転のコンビネーションジャンプは、トウループ-トウループやサルコウ-ループなど、何種類かで練習している[6][9]ビールマンスピンも得意とする[10]

主な戦績[編集]

大会/年 00-01 01-02 02-03 03-04 04-05 05-06 06-07 07-08 08-09 09-10 10-11
全日本選手権 10 9 7 6 6 9 棄権
GPNHK杯 3
GPスケートカナダ 6 9
フィンランディア杯 13
ユニバーシアード 2
世界Jr.選手権 4 9
全日本Jr.選手権 13 9 8 5 7 2 1
JGPファイナル 8 5
JGP台湾杯 2
JGPハルギタ杯 2 1
JGPクロアチア杯 2
JGPタリン杯 4
JGPハルビン 1
JGPソフィア杯 6
JGPスケートスロバキア 17

詳細[編集]

2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年12月24日-27日 第79回全日本フィギュアスケート選手権長野 20
42.82
棄権 -


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年12月26日-27日 第78回全日本フィギュアスケート選手権門真 12
54.54
7
104.27
9
158.81
2009年10月8日-11日 2009年フィンランディア杯ヴァンター 13
41.79
14
71.74
13
113.53


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年2月18日-28日 第24回ユニバーシアード冬季競技大会ハルビン 2
53.20
2
99.71
2
152.91
2008年12月25日-27日 第77回全日本フィギュアスケート選手権長野 4
57.82
5
106.91
6
164.73
2008年10月31日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダオタワ 8
45.14
9
83.79
9
128.93


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年12月26日-28日 第76回全日本フィギュアスケート選手権大阪 9
49.34
4
108.63
6
157.97
2007年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯仙台 5
55.06
3
99.77
3
154.83
2007年11月1日-4日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケベックシティ 6
52.02
6
96.03
6
148.05


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2007年2月26日-3月4日 2007年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オーベルストドルフ - 15
41.76
7
84.67
9
126.43
2006年12月27日-29日 第75回全日本フィギュアスケート選手権名古屋 - 9
51.78
7
101.12
7
152.90
2006年12月7日-10日 2006/2007 ISUジュニアグランプリファイナルソフィア - 8
38.93
4
86.51
5
125.44
2006年11月25日-26日 第75回全日本フィギュアスケートジュニア選手権広島 - 1
48.66
2
88.42
1
137.08
2006年10月10日-14日 ISUジュニアグランプリ 台湾杯台北 - 4
41.77
2
84.32
2
126.09
2006年9月21日-24日 ISUジュニアグランプリ ハルギタ杯ミエルクレア=チュク - 2
41.64
1
78.25
1
119.89


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月6日-12日 2006年世界ジュニアフィギュアスケート選手権リュブリャナ 2
94.90
16
38.94
3
90.15
4
129.09
2005年12月23日-25日 第74回全日本フィギュアスケート選手権東京 - 10
50.50
8
99.26
9
149.76
2005年12月10日-11日 第74回全日本フィギュアスケートジュニア選手権長野 - 2
48.38
1
95.50
2
143.88
2005年10月6日-9日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ - 3
46.09
1
88.79
2
134.88
2005年9月14日-17日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン - 7
40.29
3
89.19
4
129.48


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年12月2日-5日 2004/2005 ISUジュニアグランプリファイナルヘルシンキ 9
38.70
6
78.28
8
116.98
2004年11月20日-21日 第73回全日本フィギュアスケートジュニア選手権横浜 13
37.37
6
82.60
7
119.97
2004年10月12日-17日 ISUジュニアグランプリ ハルギタ杯ミエルクレア=チュク 5
41.22
2
80.76
2
121.98
2004年9月16日-19日 ISUジュニアグランプリ ハルビンハルビン 1
49.35
2
85.38
1
134.73


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年3月10日-13日 2004年ムラドストトロフィー ジュニアクラス(ザグレブ 2 1 1
2003年12月25日-26日 第72回全日本フィギュアスケート選手権長野 10 10 10
2003年11月22日-23日 第72回全日本フィギュアスケートジュニア選手権京都 5 5 5
2003年9月11日-13日 ISUジュニアグランプリ ソフィア杯ソフィア 2 7 6


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2002年11月23日-24日 第71回全日本フィギュアスケートジュニア選手権(名古屋 10 7 8
2002年10月3日-6日 ISUジュニアグランプリ スケートスロバキアブラチスラヴァ 17 16 17


2001-2002 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2001年11月23日-24日 第70回全日本フィギュアスケートジュニア選手権(東京 12 8 9

プログラム[編集]

シーズン SP FS EX
2009-2010 エル・クンバンチェロ
作曲:ラファエル・エルナンデス
振付:阿部奈々美
アランフェス協奏曲
作曲:ホアキン・ロドリーゴ
シングル・レディース
歌:ビヨンセ
2008-2009[11][12][13] タンゲーラ[14]
作曲:マリアーノ・モーレス
振付:阿部奈々美[15]
アーティストリー・イン・リズム
作曲:スタン・ケントン
振付:トム・ディクソン
白鳥の湖
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:阿部奈々美[15]
ハイスクール・ミュージカル
振付:宮本賢二
エレジー[16]
振付:宮本賢二
2007-2008[17][18] タンゲーラ
作曲:マリアーノ・モーレス
振付:阿部奈々美[15]
秋によせて
作曲:ラウル・ディ・ブラシオ
振付:阿部奈々美[15]
エイント・ノー・アザー・マン
ボーカル:クリスティーナ・アギレラ
振付:阿部奈々美[15]
2006-2007[19] ミッドナイトガーデン
by ボンド
ジェラシー
作曲:ヤコブ・ゲーゼ
タンゴ・デ・ロス・エクシラドス
演奏:ヴァネッサ・メイ
振付:阿部奈々美[20]
今夜熱く燃えて
エブリバディ・ダンス・ナウ!
作曲:カイリー・ミノーグ
2005-2006[4] ミッドナイトガーデン
by ボンド
振付:阿部奈々美[20]
秋によせて
作曲:ラウル・ディ・ブラシオ
アイ・ゴッチュー
作曲:ルーペ・フィアスコ
2004-2005 リベルタンゴ
作曲:アストル・ピアソラ
ラストエンペラー[21][22]
作曲:坂本龍一
振付:佐藤紀子
シカゴ
作曲:ジョン・カンダー

脚注[編集]

  1. ^ a b 『フィギュアスケート日本女子ファンブック2009』扶桑社、2008年12月、p.48
  2. ^ 上坂美穂編『オール・アバウトフィギュアスケート』ぴあ(ぴあワンダーランドSpecial)、2005年11月、p.23
  3. ^ 武田が引退=フィギュア女子時事通信、2011/11/12
  4. ^ a b 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.23
  5. ^ 『ファンブック2009』p.48
  6. ^ a b 『日本女子フィギュアスケートキャラクターブック 2008-2009』マガジンハウス、2008年10月、p.32
  7. ^ ナナスマイル 飛躍誓う 武田奈也(フィギュアスケート)
  8. ^ 18歳武田 魅力なな色『読売オンライン』2007年12月7日更新
  9. ^ a b 『ファンブック2009』p.45
  10. ^ 斎藤貴子編『フィギュアスケート07-08シーズンフラッシュバック』実業之日本社、2008年3月、p.37
  11. ^ 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009女子シングル読本』ダイエックス出版出版、2008年9月、pp.35-36
  12. ^ 『日本女子フィギュアスケートキャラクターブック 2008-2009』p.31
  13. ^ 『ファンブック2009』p.91
  14. ^ 全日本選手権から前シーズンのプログラムに戻した。
  15. ^ a b c d e 「フィギュアスケート振付師ファイル」『フィギュアスケートDays vol.8』ダイエックス出版、2009年2月、pp.76-77
  16. ^ 「賢二と喋ろうよ! 第7回 武田奈也」『フィギュアスケートDays vol.9』ダイエックス出版、2009年4月、pp.40-45
  17. ^ 『2008-2009女子シングル読本』p.37
  18. ^ 『ファンブック2009』p.47
  19. ^ 境田優「2006全日本フィギュアスケート選手権レポート」『フィギュアスケートDays vol.2』DAI-X出版、2007年3月、pp.36-47
  20. ^ a b 青嶋ひろの「振付師に聞く 第4回 阿部奈々美」『フィギュアスケートDays vol.3』DAI-X出版、2007年5月、p.66-69
  21. ^ 『ファンブック2009』p.86
  22. ^ 『Cutting Edge 2008 日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック』DAI-X出版、2007年12月、p.81

外部リンク[編集]