ラファエル・エルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はエルナンデス第二姓(母方の)はマリンです。
ラファエル・エルナンデス
Rafael Hernández
RafaelHD.jpg
基本情報
出生名 ラファエル・エルナンデス・マリン
Rafael Hernández Marín
生誕 1892年10月24日
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコアグアディヤ英語版
死没 (1965-12-11) 1965年12月11日(73歳没)
プエルトリコの旗 プエルトリコサンフアン
ジャンル ラテン音楽ワラチャラメント
職業 作曲家

ラファエル・エルナンデス・マリン西: Rafael Hernández Marín1892年10月24日 - 1965年12月11日)は、プエルトリコ作曲家。日本においては、エルナンデスの作曲した『エル・クンバンチェロ』 (El Cumbanchero)が高校野球の応援曲の定番曲の一つとなっている[1][2]

生涯[編集]

1892年10月24日にプエルトリコアグアディヤ英語版の貧しい家庭に生まれる。幼い頃に葉巻きたばこの作り方を教えられ、細やかながら生活の糧としていた。長じるにあたって音楽への興味を抱き、12歳の時に両親に頼んでサンフアンの音楽学校で学ぶことになる。14歳の時にはサンファンに住居を移し、市立オーケストラに参加して演奏するようになった。結婚し、1913年には最初の子供アントニオを授かっている。

アメリカ合衆国第一次世界大戦に参戦した1917年、エルナンデスはノースカロライナ州でミュージシャンとして働いていた。ジェームス・リーズ・ヨーロッパ英語版は、エルナンデスと弟をはじめとするプエルトリコ人16人の計18人を雇い、アメリカ陸軍第369歩兵連隊英語版へ軍楽隊として入隊させ、ヨーロッパでの演奏行を行わせた。この功績から、エルナンデスはフランスの戦功章クロア・ド・ゲール英語版を授けられる。

第一次世界大戦終戦後、除隊したエルナンデスは1920年代になってニューヨーク市に居を構え、トリオ・ボリンカーノ(Trio Borincano)を結成する。トリオ・ボリンカーノには同じプエルトリコ出身の作曲家ペドロ・フローレス英語版も加わった。

代表曲[編集]

  • ラメント・ボリンカーノ (Lamento Borincano) - 1930年
  • アレリのつぼみ (Capullito de Alhelí) - 1931年
  • シレンシオ英語版 (Silencio) - 1932年
  • エル・クンバンチェロ (El Cumbanchero) - 1943年
  • プレシオーサ英語版 (Preciosa) - 1948年

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]