河辺愛菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
河辺 愛菜
Mana KAWABE
Figure skating pictogram.svg
2020-01-11 Women's Single Figure Skating Short Program (2020 Winter Youth Olympics) by Sandro Halank–331.jpg
選手情報
生年月日 (2004-10-31) 2004年10月31日(18歳)
代表国 日本の旗 日本
出生地 愛知県名古屋市
身長 154 cm
血液型 O型
趣味 読書
学歴 名古屋市立汐路中学校
高槻市立第九中学校
京都両洋高等学校
中京大学附属中京高等学校(在学中)
コーチ 樋口美穂子
元コーチ 濱田美栄
田村岳斗
岡本治子
キャシー・リード
長久保裕
成瀬葉里子
川梅みほ
本郷裕子
振付師 キャシー・リード
所属クラブ 中京大中京高校
元所属クラブ 木下アカデミー,関西大学KFSC
練習拠点 愛知県名古屋市,長久手市
元練習拠点 京都府宇治市,大阪府高槻市
週間練習時間 31
開始 2009
世界ランキング 38(2021-2022)
ISUサイト バイオグラフィ
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 205.44 2021 GP NHK杯
ショート 73.88 2021 GP NHK杯
フリー 133.22 2021 GP カナダ杯
大会成績
国内大会 1 2 3
全日本選手権 1
全日本ジュニア選手権 1
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト


河辺 愛菜(かわべ まな、英語: Mana Kawabe, 2004年10月31日[1] - )は、日本フィギュアスケート選手(女子シングル)。 中京大中京高校所属。中京大中京高校在学中。

経歴[編集]

祖父はカワベ市場開発、青木塾の代表、一般財団法人社会保険協会役員理事などの肩書を持つ河辺清司である[2]

5歳からフィギュアスケートを始め、小学生の時から国際大会で優勝していた。テレビ愛知が2018年3月21日に放送した番組「マナのフィギュア日記 ~13歳の選択肢~」では、河辺に密着取材していた[3]。同年春に、父を名古屋に残し、母、弟と3人で関西に転居した。宮原知子本田真凜紀平梨花など数多くの有名選手を指導した名コーチである濱田美栄の指導を受けるためである。濱田の指導のもとで、3回転半ジャンプを身に付けた[4]。2018年2月に開催された全国中学校スケート大会の時点では、所属は名古屋市立汐路中学校となっていた[5]が、翌2019年2月の同大会では、所属は高槻市立第九中学校となっていた[6]。その後は京都両洋高等学校に進学した[7]。2019年全日本フィギュアスケートジュニア選手権で優勝、2020年ローザンヌユースオリンピックで4位と、順調に経歴を積み重ねてきた。

2020-2021シーズン、シニア移行。2020年4月の木下アカデミー発足、濱田コーチのゼネラルマネジャー就任により、関西大学カイザーズフィギュアスケートクラブ(関西大学KFSC)からアカデミー練習生となる。

2021-2022シーズン[編集]

2021年11月のNHK杯では2位。同年12月の全日本フィギュアスケート選手権では3位となった。日本スケート連盟による2022年北京冬季オリンピックの代表選考では国際スケート連盟公認大会での実績が豊富な宮原知子三原舞依などの選手と比較検討された。河辺もトリプルアクセル(3回転半)を跳んだ競技力と、年齢的な将来性などを理由に初のオリンピック代表に選出され、世界選手権の出場も決定したが、選考理由に物議を醸す意見も飛び交った[8]。北京五輪の個人戦は、トリプルアクセルが成功とならずジャンプでもミスが続きSPで62.69点の15位、FPは104.04点で23位、合計は166.73点で23位という結果となった。ロシア勢不在となった世界選手権ではSPでトリプルアクセルを回避し63.68点の12位、FPではトリプルアクセルを入れるも成功とならず118.76点で15位、合計は182.44点で15位という結果だった。

2022年4月21日、拠点を京都から愛知に移し樋口美穂子コーチに師事すること、京都両洋高から中京大中京高へ転校が公表された[9]

技術・演技[編集]

6種類の3回転ジャンプを飛ぶことができる。トリプルアクセルは国内大会の、2019年全日本ジュニアフィギュアスケートで初成功させた。ISU公認大会では、ジュニアグランプリクロアチア大会、ユースオリンピックともに回転不足判定を受け成功には至っていなかったが、2021年NHK杯のショートプログラムにて初成功させた[10]。コンビネーションでは3回転ルッツ-3回転トゥループ、3回転フリップ-3回転トゥループ、2回転アクセル-3回転トゥループなどを成功させている。

主な戦績[編集]

  • International Skating Union.svgマークが付いている大会はISU公認の国際大会
大会/年 2016-17 2019-20 2020-21 2021-22 2022-23
International Skating Union.svg冬季オリンピック 23
International Skating Union.svg世界選手権 15
International Skating Union.svgGP NHK杯 6 2
International Skating Union.svgGPスケートカナダ 9
International Skating Union.svgGPフランス杯 6
International Skating Union.svgGPエスポー[11] 3
International Skating Union.svgCS USクラシック 3
チャレンジカップ TBD
International Skating Union.svg世界Jr.選手権 11
International Skating Union.svgJGPレークプラシッド 5
International Skating Union.svgJGPクロアチア 4
International Skating Union.svgユースオリンピック 4
全日本選手権 13 6 3 9
全日本Jr.選手権 21 1

詳細[編集]

2022-2023 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2023年2月23日-26日 チャレンジカップ 2023ティルブルフ  
 
 
 
TBD
2022年12月21日-25日 第91回全日本フィギュアスケート選手権門真 6
64.51
11
125.93
9
190.44
2022年11月25日-27日 International Skating Union.svgISUグランプリシリーズ エスポーグランプリエスポー 3
67.03
2
130.38
3
197.41
2022年11月4日-6日 International Skating Union.svgISUグランプリシリーズ フランスグランプリアンジェ 3
68.83
8
113.67
6
182.50
2022年9月12日-16日 International Skating Union.svgISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックレークプラシッド 2
62.68
3
117.43
3
180.11
2021-2022 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2022年3月21日-27日 International Skating Union.svg2022年世界フィギュアスケート選手権モンペリエ 12
63.68
15
118.76
15
182.44
2022年2月4日-20日 International Skating Union.svg北京冬季オリンピック北京 15
62.69
23
104.04
23
166.73
2021年12月22日-26日 第90回全日本フィギュアスケート選手権さいたま 3
74.27
3
135.38
3
209.65
2021年11月12日-14日 International Skating Union.svgISUグランプリシリーズ NHK杯東京 2
73.88
4
131.56
2
205.44
2021年10月29日-11月01日 International Skating Union.svgISUグランプリシリーズ スケートカナダバンクーバー 12
53.30
6
133.22
9
186.52
2020-2021 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2020年12月24日-27日 第89回全日本フィギュアスケート選手権長野 8
64.70
5
136.88
6
201.58
2020年11月27日-29日 International Skating Union.svg2020年NHK杯国際フィギュアスケート競技大会門真 6
63.62
6
122.08
6
185.70
2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2020年3月2日-8日 International Skating Union.svg2020年世界ジュニアフィギュアスケート選手権タリン 8
64.47
13
105.15
11
169.62
2020年1月10日-15日 International Skating Union.svg2020年ローザンヌユースオリンピックローザンヌ 4
65.84
3
119.38
4
185.22
2019年12月19日-22日 第88回全日本フィギュアスケート選手権東京 14
56.52
10
112.76
13
169.28
2019年11月15日-17日 第88回全日本フィギュアスケートジュニア選手権横浜 1
64.95
1
128.62
1
193.57
2019年9月25日-28日 International Skating Union.svgISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 7
53.12
4
110.61
4
163.73
2019年8月21日-24日 International Skating Union.svgISUジュニアグランプリ レークプラシッドレークプラシッド 6
53.78
5
109.26
5
163.04

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2022-2023 ビリー・アイリッシュメドレー
When the Party's Over,Bury a Friend,Bad Guy
曲:ビリー・アイリッシュ
振付:樋口美穂子
Drowning
曲:アンヌ・シラ
振付:樋口美穂子
Always Remember Us This Way
Fingers Crossed
曲:ローレン・スペンサー・スミス
2021-2022[12] 四季より「冬」
曲:アントニオ・ヴィヴァルディ
振付:ローリー・ニコル
Miracle
曲: YOSHIKIサラ・ブライトマン
振付:ローリー・ニコル
テレビドラマ「愛の不時着」より
Flower
曲:ユン・ミレ
振付:キャシー・リード
2020-2021 Fire Dance
振付:キャシー・リード
The Edge of Glory
曲:レディー・ガガ
2019-2020 映画『グリンチ』より
You're a Mean One, Mr.Grinch
曲:リンジー・スターリング
サブリナ・カーペンター
振付:キャシー・リード
映画『ブラック・スワン』より
振付:キャシー・リード

脚注[編集]

  1. ^ フィギュアスケート:強化選手河辺 愛菜”. 日本スケート連盟. 2019年12月20日閲覧。
  2. ^ 祝 河辺愛菜さん 北京オリンピック出場決定”. 青木塾ブログ (2021年12月26日). 2021年12月28日閲覧。
  3. ^ マナのフィギュア日記 ~13歳の選択肢~”. テレビ愛知. 2021年12月27日閲覧。
  4. ^ 17歳河辺愛菜「驚き」2位 愛知から関西へ浜田コーチ指導で3回転半成功”. 日刊スポーツ (2021年11月12日). 2021年12月27日閲覧。
  5. ^ 第38回全国中学校スケート大会 2018年02月03日~06日 ビッグハット (長野市若里)”. 日本スケート連盟. 2021年12月28日閲覧。当時の成績は22位だった
  6. ^ 第39回全国中学校スケート大会 2018年02月02日~05日 ビッグハット (長野市若里)”. 日本スケート連盟. 2021年12月28日閲覧。当時の成績は11位だった
  7. ^ 【河辺愛菜の夢】女子フィギュア界・期待の星がクラウドファンディングで描く夢とは?ニッポンを元気に!アスリート応援宣言 Re:スポーツ #2(リンク切れ) 朝日放送スポーツチャンネル 2021年2月2日閲覧。
  8. ^ フィギュア選考理由 女子3枠目は河辺愛菜「五輪へ若い世代必要」一問一答”. 日刊スポーツ (2021年12月27日). 2021年12月28日閲覧。
  9. ^ 河辺愛菜が宇野昌磨ら指導した樋口美穂子コーチに師事、拠点を京都から再び愛知に”. 日刊スポーツ. Nikkan Sports News (2022年4月22日). 2022年4月22日閲覧。
  10. ^ “河辺愛菜トリプルアクセル初成功73・88「うれしい気持ちと驚きで一杯」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2021年11月12日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202111120000750.html 2022年8月21日閲覧。 
  11. ^ “ISU Grand Prix of Figure Skating Series 2022/23”. International Skating Union (ISU). (14-July-2022). https://www.isu.org/figure-skating/news/news-fsk/14171-isu-grand-prix-of-figure-skating-series-2022-23?templateParam=15 2022年7月31日閲覧。 
  12. ^ 河辺愛菜、浅田真央さんとも組んだ世界的振付師と“完全タッグ”北京目指す”. 日刊スポーツ (2021年4月25日). 2021年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]