ボンド (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボンド
Bond
Bond - Peugeot Metrocentre 2009.jpg
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル クラシック・クロスオーバーシンセポップエレクトロニカ
活動期間 2000年 -
レーベル MCAデッカ・レコード
公式サイト www.bondquartet.com
メンバー
  • タニア・デイヴィス
  • エイオス・カーター
  • エルスペス・ハンソン
  • ゲイ=イー・ウェスターホフ
旧メンバー ヘイリー・エッカー

ボンドbond)は、オーストラリア人とイギリス人の女性4人からなるストリングカルテットアコースティックバンド)。

2001年結成。エレクトリック・ヴァイオリンやサイレント・チェロを使用し、クラシックの名曲などをベースに独自のアレンジを施したスタイルは、クラシック・クロスオーバーと呼ばれる。楽曲のほとんどは打ち込みやサポートメンバーによるバッキングが加えられており、弦楽四重奏は形だけのものとなっている。衣装だけでなく、普通はイスに座って演奏されるチェロを立奏でプレイするなど、ヴィジュアルやパフォーマンスを重視しているのも大きな特徴。

日本ではトヨタ・istCyberdamのCMやプロレスラー佐藤耕平の入場曲、ドラマ『小早川伸木の恋』の挿入歌などで使われた「Viva!」が有名。デビュー曲の「Victory」や「Fuego」もCMやドラマで使われ、「Winter」はソルトレイクシティオリンピックフィギュアスケート男子金メダリストのアレクセイ・ヤグディンが使用したことでも知られている。また、スバル富士重工業)のWRCラリージャパン開催記念のCMで「Shine」が使われている。2年連続で来日コンサートも実現している。

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

  • ヘイリー・エッカー(Haylie Ecker、第1ヴァイオリン、オーストラリア・パース出身)

2008年に脱退。現在は夫と二人の子供と共に香港に在住。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『ボーン』 - Born (2001年)[1]
  • 『シャイン』 - Shine (2002年)
  • 『クラシファイド』 - Classified (2004年)
  • 『プレイ・フォー・スマイル』 - Play (2011年)

コンピレーション・アルバム[編集]

プロモーション・アルバム[編集]

  • Raymond Weil (2001年)
  • Fab Field's Mix (2003年)

サウンドトラック[編集]

シングル[編集]

  • "Victory" (2000年)
  • "Wintersun" (2001年)
  • 『ヴィヴァ! / ウィンターサン』 - "Viva!/Wintersun" (2001年)
  • "Shine" (2002年)
  • "Fuego" (2002年)
  • "Speed" (2002年)
  • 『アトランタ / タイム』 - "Atlanta/Time" (2003年)
  • 『ヴィヴァ! / ヴィクトリー』 - "Viva!/Victory" (2003年) [2]
  • "Explosive/Adagio For Strings" (2004年)
  • "Fly Robin Fly" (2004年)
  • "I can't Wait" (2019年)
  • "Panthera" (2019年)
  • "Zadok The Priestess" (2020年)

DVD[編集]

  • 『ロイヤル・アルバート・ホール・ライヴ』 - Live at the Royal Albert Hall (2001年)
  • 『ボンド★ビデオ・クリップ・コレクション』 - Bond: Video Clip Collection (2003年)

脚注[編集]

  1. ^ 8曲目に収録されている「Alexander the Great」はテレビ朝日そうだったのか!池上彰の学べるニュース』のテーマソング。
  2. ^ 文化放送が放送開始の試験電波で使用することがある

関連項目[編集]

外部リンク[編集]