阿部奈々美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif 阿部奈々美
Nanami ABE
Figure skating pictogram.svg
2011 Rostelecom Cup - Abe.jpg
2011年ロステレコム杯での阿部
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (1972-10-11) 1972年10月11日(44歳)
出生地: 宮城県仙台市
元コーチ: 長久保裕

阿部 奈々美(あべ ななみ、1972年10月11日[1][2] - )は、日本フィギュアスケートコーチ兼振付師[3]三島学園女子高等学校卒、東北学院大学[1]

経歴[編集]

宮城県仙台市出身。3歳からスケートを始める[4]長久保裕の指導を受け[3]、女子シングルの選手として活動した。全日本選手権にはシニア1年目の高校3年時と大学4年時の2度出場している[3]。 大学卒業後の1995年にアマチュアを引退してからはディズニー・オン・アイスに出演[3][5]。ショーの振付師であるサラ・カワハラから強い影響を受けつつ[3]、ツアーのない時期には長久保のアシスタントとして指導や振付を行った[5]

2001年11月にツアーを引退してからは仙台を拠点にコーチ・振付師としての活動を始め[3][5]荒川静香田村岳斗らの振付を担当した。2004年には荒川静香のサブコーチとして同行し渡米、タチアナ・タラソワエフゲニー・プラトフの技術・演技の指導を学ぶ[5]。また、コーチとして羽生結弦を指導し、2010年世界ジュニア選手権優勝や2012年世界選手権銅メダルに導いた。宮城FSC代表もつとめる。

羽生との師弟関係解消後は、高橋大輔の2012-2013シーズンのSPの振付、国別対抗戦でチームJAPANのグループナンバーの振付等を行い、現在は元々の希望だった振付師としての活動を本格的に開始している。2014年にはNHKの「花は咲く~羽生結弦Ver.~」の振り付けを担当し、このメイキング風景を追ったドキュメント番組などにも出演している。

夫の吉田年伸はフィギュアスケートとは無関係の会社員だったが、妻を助けるために独学でスケート靴の調整技術を習得し、教え子の靴の調製を始めた。現在では独立して泉区のアイスリンク仙台隣接地に工房を併設したショップを開業している[6][7]。なお羽生は海外に拠点を移した現在でも小包で送るか帰国時に持ち込んで調整を依頼している[8]

著書[編集]

  • もっと深く「知りたい!」フィギュアスケート(東邦出版、2007年)ISBN 9784809406607

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b エルズルムユニバーシアード競技大会2011 アディッショナルオフィシャル (PDF)公益財団法人日本オリンピック委員会
  2. ^ 第26回ユニバーシアード冬季競技大会 日本代表選手団 名簿 p.28 (PDF)
  3. ^ a b c d e f 青嶋ひろの「振付師に聞く 第4回 阿部奈々美」『フィギュアスケートDays vol.3』DAI-X出版、2007年5月、p.66-69
  4. ^ もっと深く「知りたい!」フィギュアスケート
  5. ^ a b c d 宮城FSC コーチプロフィール
  6. ^ 仙台・泉にフィギュアスケート用品専門店-元プロ選手が夫と開業(仙台経済新聞 2008年7月17日)
  7. ^ NICE
  8. ^ エース支える研ぎの技 フィギュア・羽生選手←仙台の職人・吉田さん(河北新報 2014年2月8日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]