クールシュヴェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯45度24分54秒 東経6度38分02秒 / 北緯45.41500度 東経6.63389度 / 45.41500; 6.63389

クールシュベル1850のスキー場

クールシュヴェルCourchevel)は、フランス南東部にあるサヴォワ県アルプス山中に開かれた、リゾート地区である。スキーをはじめとするウィンタースポーツが盛んな高級リゾートとして知られている。

地理[編集]

クールシュヴェル1550

タロンテーズ谷 (Tarentaise Valleyに位置するクールシュヴェルは、行政上はサヴォワ県サン=ボン=タロンテーズ (fr:Saint-Bon-Tarentaiseの一部である。周辺のメリベル (Meribel、ヴァルトランス (Val Thorensと合わせ、トロワ・ヴァレー (Les Trois Valléesと呼ばれる世界最大級の広大なリゾートエリアを形成している。

クールシュヴェルは、いくつかの集落を結び付けた呼称である。すなわち、「クールシュヴェル1300」(本来の名は Le Praz)、「クールシュヴェル1550」、「クールシュヴェル1650」(Moriond)、「クールシュヴェル1850」である。集落につけられた数字は、標高を表している。もっとも、「クールシュヴェル1850」の最高地点は1747mである。このほか、クールシュヴェルの谷には、Latania などの地区が含まれる。


Saulire山(2700m)からの眺め

アルペンスキーヤーにとって、クールシュヴェル山腹の峡谷は最高難易度(黒ランク)の「black runs」として知られている。また、クールシュヴェルは、米国ユタ州のスキーリゾート地・パークシティと姉妹協定を結んでいる。これにちなみ、クールシュヴェルには、高難易度(赤ランク)の「パークシティ」というアルペンスキーコースがある。また、クールシュヴェルには、トロワ・ヴァレー全域のスキーインストラクターたちの大きな拠点がある。

クールシュヴェルは、フランスを代表する高級ウィンターリゾートとして知られている。2000年代半ばからは、ロシアの富裕層の姿も目立つようになった。

また、同じタロンテーズ谷には、クールシュヴェルを含んだトロワ・ヴァレーのほかに、ParadiskiEspace Killy といった大規模なリゾートがある。このため、クールシュヴェル/トロワ・ヴァレーのリフトの週間チケットは、ほかの2地区で一日チケットとして利用するという選択もできる。かつてはこれら3地区を連結するという計画もあったが、ヴァノワーズ国立公園 (Vanoise National Parkが指定されたことにより開発は中止された。

歴史[編集]

第二次世界大戦中の1942年ヴィシー政権下で都市設計者の Laurent Chappis によって検討されたのが、この地にリゾートを設けようとする最初の計画である。戦争が終わると、Chappis はただちに計画を実現するために奔走した。わけてもクールシュベルの中心地区である「クールシュヴェル1850」は、既存の村落を軸に発展させたのではなく、まったく新たに建設されたフランスで最初のリゾートであり、重要な位置を占めている。

1992年アルベールビルオリンピックに際して、Le Praz はスキージャンプの会場となった(その後、安全のためにジャンプ台は撤去されている)。また、La Tania はこのオリンピックに際して開発が行われた地区である。

交通[編集]

空港[編集]

地区にあるクールシュヴェル飛行場は、短く急傾斜持つ極端な形状の滑走路を持っていることで知られており、世界でも着陸が難しい空港の一つとされる。ヒストリーチャンネルにおいて、「世界で最も危険な空港」第7位に選ばれている[1]

個人用飛行機で訪れる客のために、大きなプライベートエリアを持っている。

脚注[編集]

  1. ^ ヒストリーチャンネル「MOST EXTREME AIRPORTS」

外部リンク[編集]