緊急取調室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
緊急取調室
Emergency Interrogation Room
ジャンル 刑事ドラマ
脚本 井上由美子
福島治子(S3)
香坂隆史(S3)
演出 常廣丈太(テレビ朝日)
本橋圭太アズバーズ
山本大輔(S3)
出演者 天海祐希
田中哲司
速水もこみち
鈴木浩介
大倉孝二(SP - S3)
塚地武雅(S3 - )
でんでん
大杉漣(S1 - S2)
小日向文世
製作
プロデューサー 三輪祐見子(テレビ朝日 / S1)
都築歩(テレビ朝日 / S2 - )
浦井孝行(国際放映 / S1)
櫻井美恵子(国際放映 / S1)
松野千鶴子(アズバーズ / SP - )
神馬由季(アズバーズ / SP - S2)
残間理央(テレビ朝日 / S4)
制作 テレビ朝日
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
FIRST SEASON
出演者草刈正雄
篠井英介(S3第1話)
エンディングJUJUDoor
放送期間2014年1月9日 - 3月13日
放送時間木曜 21:00 - 21:54
放送枠木曜ドラマ
放送分54分
回数9
公式サイト
ドラマスペシャル
出演者松下由樹
斉藤由貴
放送期間2015年9月27日
放送時間日曜 21:00 - 23:10
放送枠日曜エンターテインメント
放送分130分
回数1
公式サイト
SECOND SEASON
出演者三上市朗
エンディングAI
「最後は必ず正義が勝つ」
放送期間2017年4月20日 - 6月15日
放送時間木曜 21:00 - 21:54
放送枠木曜ドラマ
放送分54分
回数9
公式サイト
3rd SEASON
エンディング家入レオ
Prime Numbers
放送期間2019年4月11日 - 6月20日
放送時間木曜 21:00 - 21:54
放送枠木曜ドラマ
放送分54分
回数10
公式サイト
4th SEASON
出演者池田成志
工藤阿須加
大谷亮平
エンディング緑黄色社会
LITMUS
放送期間2021年7月8日 - 9月16日
放送時間木曜 21:00 - 21:54
放送枠木曜ドラマ
放送分54分
回数9
公式サイト

特記事項:
【S1】初回は15分拡大(21:00 - 22:09)。
【日曜エンタ】20:58 - 21:00に『今夜のドラマスペシャル』も別途放送。
【S2】初回・最終回は15分拡大(21:00 - 22:09)。
【S3】初回・第9話・最終回は15分拡大(21:00 - 22:09)。5月23日は『白い巨塔』第2夜放送(21:00 - 22:24)のため休止。
【S4】初回は15分拡大(21:00 - 22:09)。9月2日は『2022FIFAワールドカップ カタール アジア地区最終予選』のため、放送時刻変更(21:15 - 22:09)。第8話・最終話は10分拡大(21:00 - 22:04)。
テンプレートを表示

緊急取調室』(きんきゅうとりしらべしつ、英称:Emergency Interrogation Room)は、2014年からテレビ朝日系「木曜ドラマ」枠で断続的に放送されている日本の刑事ドラマシリーズである。主演は天海祐希[1]

本項での「S1」はFIRST SEASON、「S2」はSECOND SEASON、「S3」は3rd SEASON、「S4」は4th SEASON、「SP」はドラマスペシャル、を表す。

失敗の全責任を負わされた刑事・真壁有希子が、左遷先の「警視庁捜査一課 緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)で一癖も二癖もある犯人たちと対決する刑事ドラマである[2]。S1の第1話から第5話までの話は真壁中心だったが、S1第6話以降からは他のメンバーがメインの話も登場する。基本的に一話完結だが並行して真壁の夫・殉職の謎にも迫る。S2からは取調べとその対象との駆け引きや心理戦が中心の原則一話完結のストーリーとなった[注 1]

2014年1月9日から3月13日にS1、2015年9月27日にドラマスペシャルが「日曜エンタ」枠で放送された[3]

2017年4月20日から6月15日にS2[4]2019年4月11日から6月20日にS3が[5]2020年5月31日に2015年放送のドラマスペシャルが「日曜プライム」枠にて「特別編」として再放送された[6]2021年7月8日から9月16日にS4が放送された[7]。 また、S3のみ201910月1日から「配信オリジナル版」がAmazon Prime Video、テレ朝動画等で配信されている[8]

あらすじ[編集]

密室である取調室で度々起こる過剰な取調べと自白強要問題に対処すべく警視庁は取調室に監視カメラを設置。その中で決して自白しない、供述が二転三転する訳アリの容疑者を落とすべく取調べ専門のチームが結成され容疑者から真実を暴こうと奮戦する。

登場人物[編集]

★(キントリに聴取された被疑者・目撃者・参考人)

※ 年齢はS1時点。

緊急事案対応取調班(通称・キントリ)[編集]

真壁有希子(まかべ ゆきこ)〈45[9]
演 - 天海祐希[10][ep 1][ep 2]
経歴:国立警察署強行犯係[ep 1]
特殊犯捜査係(SIT)主任[11](S1第1話)
緊急事案対応取調班(S1第1話 - )
刑事。階級は警部補。SIT在籍時に関わった事件で犯人を説得している最中に、相馬が独断的に犯人を狙撃してしまう騒動の責任を負い、犯人への交渉役をしてきた経験を買われ、梶山により現職へ抜擢される。刑事と婚姻関係にあったが、8年前に殉職により死別してしまう。
S2以降、事件解決後には捜査記録のファイルにタイトルをつけている[注 2]
取り調べに入る前など、気合いを入れる時には自らの両頬を叩く。「面白くなってきたじゃない」が口癖である。
梶山勝利(かじやま かつとし)〈46[12]
演 - 田中哲司
管理官。階級は警視。警察組織の階級主義や、縄張り争いのしがらみに苦慮する一方、出世も目論む中間管理職。冷徹な判断力と要領の良さで出世を重ねてきた。決断力で部下を引っ張る男。
かつての戦友という理由で真壁をキントリに連れてきた。
S2からは事件の特性を鑑み、誰を取調の担当をさせるのかを決定する役目も担う。
S2の時点より妻と離婚協議中[ep 3]で、S3第5話時点で離婚が成立。学生時代は山岳部に所属していた[ep 4]
事案をキントリに持ってきた際に「皆さん、出番です」というのがお決まりである。
菱本進(ひしもと すすむ)〈56[13]
演 - でんでん[14][15][16]
刑事。階級は警部補。マル暴出身。短気で素行が悪く口も悪い。真壁を「おばはん」呼ばわりしているが、「菱やん」と呼ばれており、ボケとツッコミのような間柄となっている。愛称は「菱さん」。宮城県出身[ep 4]。腰痛の気がある模様。
主に小石川と組んで「おだてと脅し」を使い分けて犯人を落とす。
過去にモンタージュ捜査に参加した経験があり、犯人の似顔絵作成に長けている[ep 5]。拳銃の腕前も優秀。
小石川春夫(こいしかわ はるお)〈55[17]
演 - 小日向文世[14][15][16]
経歴:警視庁捜査第二課(10年前)[ep 6]
→ 緊急事案対応取調班(S1 - )
刑事。階級は警部。同僚にはドライに接し、私生活では息子がいたが仕事にかまけてるあまり、会話を全くせず何も知らないまま事故で亡くなった[ep 7]。皮肉を言うが、真壁の実力は認めている。キントリ一の頭脳派。愛称は「春さん」。
菱本と組んで「飴と鞭」で犯人を落とす戦法が得意。
被疑者には柔らかく接するが、その間にも鋭い人間観察を行っている。

元緊急事案対応取調班のメンバー[編集]

中田善次郎(なかた ぜんじろう)〈57[18]
演 - 大杉漣[14][15][16](S1 - S2 / S3第2話〈写真〉・第7話〈回想〉 / S4第1話・第7話〈写真〉)
経歴:緊急事案対応取調班(S1 - S2)
→ 退職(S3)
刑事。階級は警部。少年課出身。愛称は「(ホトケの)善さん」。穏やかで物腰も柔らかい。19歳年下の妻がいる[ep 8]。学生時代は父親の事情で高校へ通うことができず定時制学校を卒業している[ep 9]
犯人には誠実に対応して「情に訴えて落とす」。が、S1第6話でかつて少年課で純朴な少年だったがすっかりひねくれてしまった北原健には激怒した。
真壁には異動当初から好意的に接していた。
演者の大杉の死去に伴い、S3では退職した設定となっている[19]。S3第1話の終盤で大杉を偲ぶテロップが出された。
玉垣松夫(たまがき まつお)
演 - 塚地武雅[20](S3 - )
経歴:警視庁捜査支援分析センター
→ 緊急事案対応取調班(S3)
→ 警視庁サイバー犯罪対策室(S4)
刑事。階級は警部補。画像解析のエキスパート。愛称は「タマちゃん」。
中田とは警視庁の将棋部で親しくしており、彼の退職に伴い欠員が出たキントリに異動する。S4時点では再び異動しているものの、キントリには暇なとき顔を出しており、そのスキルを買われて事件に関する情報収集も任されている。

警視庁刑事部捜査第一課一係[編集]

渡辺鉄次(わたなべ てつじ)〈30[21]
演 - 速水もこみち[22]
一係主任。階級は巡査部長。監物と合わせて「モツナベ」と呼ばれる[23]。恐怖心や駆け引きの機微というものを持たない怪力男。上司である監物の命令ならば、どんなことでも従順に従う。
捜査第一課に異動してきた山上の教育係になる[ep 10]
監物大二郎(けんもつ だいじろう)〈41[24]
演 - 鈴木浩介[22]
経歴:警視庁刑事部捜査第一課一係(S1 - S4第6話)
→ 警視庁溜池警察署刑事課(S4最終話)
一係長。階級は警部。熱い正義感を持つ反面プライドが高く、すぐ物に当たる度量の小さい男。爪を噛む癖がある。自分たちが検挙した犯人を横取りしていくキントリに対して敵意を抱いており、その実力は認めているものの相変わらず「俺たちはパシリじゃねぇ」が口癖である。
諸星和彦を確保する際に警告なしで発砲したことで異動処分を受け、キントリの面々に渡辺のことを託して去ったが[ep 7]、事件に関する情報提供のため再び真壁たちの前に姿を見せる[ep 11]
山上善春(やまがみ よしはる)
演 - 工藤阿須加[25](S4)
経歴:警視庁警備部航空機警乗警察官(S4第1話 - 第6話)
→ 警視庁刑事部捜査第一課一係(S4第7話 - )
階級は巡査部長。中田の息子だが、幼少期に両親が離婚しているため母方の姓を名乗っており、真壁にも中田との関係をキントリのメンバーに口外しないよう念を押している。人情派で知られていた父と違い警察組織に忠実。
捜査第一課に異動になる[ep 10]

他の一係刑事[編集]

竹山
演 - RIKIYA(S1第1話 - 第6話・最終話)
松本
演 - 桜井聖[26](S1第1話 - 第6話・最終話 / S3第4話 / S4第1話・第3話・第6話 - 第8話)[注 3]
梅沢
演 - 佐藤裕(S1第1話 - 第6話・最終話)
井中一貴
演 - 川井つと[27](S2第1話・第2話・第5話・第8話・最終話)
新月
演 - 青柳尊哉[28](S2第1話・第2話・第5話・第8話・最終話)

警視庁[編集]

郷原政直(ごうはら まさなお)〈54[29]
演 - 草刈正雄(S1) ★[ep 2]
警視庁刑事部 部長。階級は警視監。キントリを創設した張本人であり真壁やキントリを信頼しているように見えたが、警備部情報漏洩事件の張本人でS1最終話で逮捕される。
磐城和久(いわき かずひさ)
演 - 大倉孝二(SP1 - S3)
警視庁刑事部 部長。階級は警視監。郷原の後任。国民からの信頼が出世への基本と考え、キントリの常軌を逸した落とし方に頭を悩ますが手柄もあげるためには利用せざるを得ないとも理解している。梶山のことをライバル視しており、離婚調停の事実を知った際には嬉しそうな表情を見せるなど何かにつけて嫌味な態度をとっているが、S3で彼が行方不明になった際には捜索隊に対して必ず見つけ出すよう指示し、部下として大切に思っている一面も見せた。
相馬一成(そうま かずなり)〈52[30]
演 - 篠井英介[31](S1 / S3第1話)
経歴:警視庁刑事部捜査一課長(S1)
→ 警視庁副総監[32](S3第1話)
階級:警視正 → 警視監
S1である不正を働き失脚したかに見えたが、警視庁の副総監に出世しS3で再登場する。しかし部下の菊池参事官が保身のために誤認逮捕した犯人を射殺した事件の隠蔽を図ろうとしたことが判明し再び失脚する。
沢渡巌(さわたり いわお)
演 - 三上市朗(S2)
警視庁刑事部捜査一課長。階級は警視正。相馬の後任。キントリを疎ましく思っている。「文京区女子高生ストーカー殺人放火事件」では応援として捜査本部におり容疑者であった峰岸健太に恫喝まがいの取り調べを行い結果自殺させてしまう。それから5年後その事件が絡む拳銃強奪事件で犯人から銃撃されてしまう。
北斗偉(ほくと たける)
演 - 池田成志[25](S4)
警視庁刑事部 部長。公安部出身。
磐城の後任。出世欲の強い男尊女卑主義者で、キントリひいては真壁を毛嫌いしている。かなり思い込みが激しく、十分な証言・証拠が揃っていない状況で犯人を決めつけたりするなど警官としての能力は欠けている。
国土交通副大臣の宮越とは何らかの繋がりを持っており、彼が搭乗する飛行機をハイジャックした大國塔子をキントリが取り調べる条件として「真壁に辞表を書かせること」を提示したり、大國の取り調べに真壁が同席した途端にキントリの部室に駆け込んで庁内視聴の回線を切るよう梶山に命令するなどの妨害を行っていた。その後も宮越の指示でキントリを監視している。

真壁家[編集]

真壁匡(まかべ ただし)〈享年38[33]
演 - 眞島秀和(S1 - S2 / S3第1話・第6話〈写真〉)
有希子の夫。元警視庁警備部の捜査員。梶山の同期。8年前、警備部情報漏洩事件の捜査に関わっている中で、非番の日に通り魔に襲われ殺害される。
真壁奈央〈16[34]
演 - 杉咲花[35](S1 - SP1)
有希子と匡の娘。都立明青高等学校の生徒。S3第5話時点では大学進学の関係で巣立ち。
真壁則行〈7[36]
演 - 秋間将汰[37](S1 - SP1)(赤ちゃん:丹羽陽翔[38]〈S3第1話・ノンクレジット〉)
有希子と匡の息子。父親の死亡時はまだ幼かったため、真実を知らされていなかった。S3第5話時点で全寮制の学校に進学しているとのこと。

居酒屋「しんじ」[編集]

かやの〈23[39]
演 - 中村静香[40]
S1では妊娠中で終盤で子供を出産。
しんじ〈28[41]
演 - 生島勇輝
上記2名は夫婦で居酒屋「しんじ」を営んでいる。かつては鼻つまみもののワルだったが中田の熱心な説得で更生した縁でキントリのメンバーは常連客。

その他[編集]

宮越肇
演 - 大谷亮平[42](S4)(小学生:石田偉琉[43]〈S4最終話〉) ★[ep 11]
国土交通副大臣。汚職疑惑を持たれている。
大國塔子にハイジャックされた飛行機に乗り合わせる。

ゲスト[編集]

FIRST SEASON / ドラマスペシャル / SECOND SEASON / 3rd SEASON / 4th SEASON

複数話・単話登場の場合は演者名の横の括弧()内に表記。

FIRST SEASON(2014年)[編集]

第1話「名前のない男」
  • 寺尾光一(冤罪被害者・城東大学 理工学部応用化学科 元准教授) - 高嶋政伸[44]
  • 藤代保(世田谷中央警察署弦巻交番 爆破事件重要参考人・弁護士) - 遠山俊也
  • 佐々木拓斗(バス人質立てこもり犯) - 佐藤祐基[45]
  • 篠田孝光(世田谷中央警察署弦巻交番 爆破事件被害者・巡査) - 野村修一
  • 田上利一(世田谷中央警察署弦巻交番 爆破事件被害者・巡査部長) - 小川あつし[46]
  • 竹内理絵(世田谷中央警察署弦巻交番 爆破事件関係者) - 舞優[47]
  • 竹内(理絵の母) - 森下まひろ
  • 寺尾(寺尾の母・3か月前死亡) - 勝倉けい子
  • 丹羽あゆみ(2年前の城東大学学生ストーカー被害者・城東大学 理工学部応用化学科 元学生) - 相馬毬花
第2話「しゃべらない男」
第3話「嘘まみれの女」
  • 佐原利香(俊夫の妻) - 安達祐実[51]
  • 佐原和子(俊夫の母) - 田島令子
  • 佐原俊夫(経済産業省 経済国家政策局 局長) - 神尾佑[52]
  • 佐原大地(利香と俊夫の息子・慶優学院大学附属さかえ幼稚園 園児) - 田中奏生[53]
  • 木村淳子(経済産業省 経済国家政策局 職員・佐原の部下) - 藤本静
第4話「挑発する男」
第5話「3人のうるさい女」
第6話「ゲームの神と呼ばれた男」
第7話「真実を告げる男」
  • 真田正巳(死刑囚・元ジャーナリスト) - 浅野和之(S1第8話) ★
  • 嘉納肇(中華料理「仁蘭」店主・元刑事で小石川春夫の元部下) - 堀部圭亮(S1第8話)
  • 時任恵子(向井の妻・真田の幼馴染) - 伊藤裕子
  • 重盛秀雄(東京地方裁判所 裁判長) - 宇納佑[59]
  • 向井雄一(パチンコ店員・真田に殺害された被害者) - 鈴木雄二
  • 時任拓真(恵子の息子) - 神先朔也[60]
  • 羽山敏行(暴力団「清龍組」元構成員・真田に殺害された被害者) - 沖山翔也[61](ノンクレジット)
第8話「逃げる女」、最終話「マル裸の女」

ドラマスペシャル(2015年)[編集]

「女ともだち」

SECOND SEASON(2017年)[編集]

第1話「傘をさす女」
  • 白河民子(未亡人・マンション「リバーサイド柴崎北町」109号室の入居者) - 三田佳子[72](劇団研究生時代:倉田悠貴) ★
  • 小牧修介(宅配便「豊風運輸」快速便の配達員) - 石田卓也
  • 綾野文香(「リバーサイド柴崎北町」210号室の入居者・主婦) - 馬渕英里何
  • 白河藤一郎(民子の亡夫・画家) - 池ノ内孝
  • 綾野舞(文香の娘・5歳) - 川島夕空[73]
  • 綾野勇人(文香の息子・3歳) - 鳥越壮真[74]
第2話「靴下をはかせる男」
第3話「オウムを飼う二人」
  • 小泉マユミ(正隆の妻・オウム「ピーコ」の飼い主) - 酒井美紀[79]
  • 小泉正隆(フォンタナ建築事務所 社長) - 入江雅人[79]
  • 日高律子(フォンタナ建築事務所 社長秘書) - 入山法子
  • 石原辰信(小泉夫妻の知人・オウム「ピーコ」の13年前の飼い主) - 横田栄司
  • 藤田敏樹(上島探偵社 探偵) - 玉置孝匡
  • 上島和義(上島探偵社 社長) - 河野洋一郎
  • 目黒(鑑識官) - 酒井康行[80](S2第8話)
  • ピーコ(オウム) - 渡辺明乃(声の出演)
第4話「ふたりの愛」
  • 沢本愛(明凌学院高等学校 3年2組 担任・古文教諭) - 矢田亜希子[81](中学時代:杉山優奈[82]) ★
  • 春日愛(俊介と萌の母・泰介の妻) - 森尾由美[83]
  • 春日俊介(明凌学院高等学校 3年2組 生徒) - 平岡拓真
  • 林まりか(明凌学院高等学校 3年2組 生徒・俊介と同じ塾) - 梅村結衣[84]
  • 長谷部翔(明凌学院高等学校 3年2組 生徒・俊介の小学校からの同級生) - 伊藤あさひ
  • 橋本文美(明凌学院高等学校 3年2組 生徒・俊介の後ろの席) - 大出菜々子
  • 森山和人(明凌学院高等学校 3年2組 生徒・クラス委員) - 田川隼嗣
  • 沢本千代(愛の母・20年前 内縁の夫を殺害し収監後に病死) - 比佐廉[85]
  • 春日泰介(俊介と萌の父・弁護士) - 小井土一章
  • 春日萌(俊介の妹・中学生) - 滝川姫奈
第5話「記憶をなくした男」
  • 水越辰也(旅行会社「トラベルコレクト」営業企画部 社員) - 塚本高史[86]
  • 福永絵梨(旅行会社「トラベルコレクト」新入社員) - 入山杏奈[86]
  • 鴨下(水越の学生ボランティアの友人) - 木村龍[87]
  • 田代 紀久夫(旅行会社「トラベルコレクト」社長) - 希志真ロイ[88]
  • 山村(旅行会社「トラベルコレクト」社員・水越の上司) - 児島功一[89]
  • 滝口勲(湘南プレミアムマリーナ 支配人) - 稲健二
第6話「騙された女」
  • 茂手木恭子(ネイルサロン「シャトーメモワール」オーナー兼店長) - 鶴田真由[90]
  • 大谷雅美(リーブス銀行 営業第一部法人第一課 行員・茂手木恭子の客・2017年5月 投身自殺) - 阿南敦子
  • 近藤和子(専業主婦・茂手木恭子の客・2011年5月 投身自殺) - 村松恭子
  • 白井茜(ホステス・茂手木恭子の客・2014年5月 投身自殺) - 東加奈子[91]
  • 大谷繁子(雅美の母) - 久保田民絵
  • 根本浩二(不動産屋) - 今里真
  • 近藤行年(和子の夫・歯科医) - 世古陽丸[92]
  • 瑞恵(クラブのママ) - 中村高華
  • 木村ひとみ(大手美容サロンの店長) - 水希友香[93]
  • 末永明(大手美容サロンのチーフ・7年前失踪) - 古澤蓮
第7話「女の敵は女」
  • 佐々木かずえ(通販会社「アップフォン」お客様課 パート従業員) - 田中美奈子
  • 磯部聡子(通販会社「アップフォン」お客様課 パート従業員) - 阿知波悟美
  • 森本愛美(通販会社「アップフォン」お客様課 パート従業員) - 西原亜希
  • 立花理香(通販会社「アップフォン」お客様課 課長) - 上野なつひ
  • 野々村真一(通販会社「アップフォン」顧客部長) - 久ヶ沢徹
  • 立花徹(理香の夫) - 森山栄治
  • 小関侑代(通販会社「アップフォン」お客様課 パート従業員) - 工藤時子[94]
  • 佐藤香織(通販会社「アップフォン」お客様課 パート従業員) - 佐藤智美[95]
  • 井上(通販会社「アップフォン」お客様課 パート従業員) - 井上あかね
  • 森本(愛美の夫・無職) - 長部努
第8話「喪服を着る男」、最終話「父ふたり」
  • 久保寺圭(みどりの父・警察官から拳銃を強奪した2人組のひとり) - 鶴見辰吾[96]
  • 峰岸允彦(健太の父・久保寺の共犯者・真壁匡に瓜二つの男) - 眞島秀和[96]
  • 滝沢史子(アベリア法律事務所 弁護士) - 渡辺真起子
  • 神木進次郎(スコット&ノーラン法律事務所 弁護士・久保寺家の元家庭教師) - 水上剣星
  • 峰岸健太(5年前の「文京区女子高生ストーカー殺人放火事件」被疑者 → 留置場で自殺) - 寺坂尚呂己[97]
  • 久保寺みどり(健太が好意を寄せていた高校の同級生・5年前 自宅を放火され酸欠死) - 矢野優花[98]
  • 久保寺早苗(みどり母・久保寺の妻・5年前 自宅を放火され酸欠死) - 藤倉みのり[99]
  • 本郷(警視庁文京警察署 強行犯係 刑事) - 千葉雅子(第8話のみ)
  • 池田肇(八王子中央警察署 旭町東交番 巡査長・峰岸に拳銃を強奪される) - 清水優(第8話のみ)
  • 小宮(八王子中央警察署 旭町東交番 巡査) - 水間ロン(第8話のみ)

3rd SEASON(2019年)[編集]

第1話「私が撃ちました」
第2話「私が勝ちました」
第3話「私が騙しました」
  • 平井かすみ(デイトレーダー・加納隆三の後妻) - 仙道敦子[101]
  • 門倉俊也(介護付き有料老人ホーム「グランコートケア」チーフヘルパー) - 永岡佑
  • 宝城理沙(偽カリスマデイトレーダー) - 筧美和子[101]
  • 平井佳恵(介護付き有料老人ホーム「グランコートケア」入居者・かすみの母) - 一柳みる
  • 関口雅子(加納隆三の娘) - 歌川椎子
  • 上田修(介護付き有料老人ホーム「グランコートケア」ホーム長) - 岩本淳[102]
第4話「私が誘拐しました」
第5話「私が隠しました」
第6話「私が守りました」
第7話「私が試しました」
  • 伴佐知恵(宝石販売会社「BANBAN」社長) - 大久保佳代子[116]
  • 若杉純(宝石販売会社「BANBAN」販売員・佐知恵の婚約者) - 稲葉友[117]
  • 坂本彰夫(スポーツジム「ウェルネスボディスタジオ新宿」スポーツトレーナー・佐知恵の元夫) - 尾崎右宗[118]
  • 勝沼静香(スポーツジム「ウェルネスボディスタジオ新宿」会員) - 小池由[119]
第8話「私が作りました」
  • 木崎勝則(ネット広告会社「アヘッドプラスエージェンシー」アーカイブ室長) - 橋本じゅん[120]
  • 梅田信吾(ネット広告会社「アヘッドプラスエージェンシー」人事部) - 三宅弘城[120]
  • 橋下拓海(ネット広告会社「アヘッドプラスエージェンシー」営業部) - 入江甚儀[120]
  • 宇佐美友香(ネット広告会社「アヘッドプラスエージェンシー」社長) - 霧島れいか[120]
  • 新井美加(ネット広告会社「アヘッドプラスエージェンシー」社長秘書) - 鉢嶺杏奈[121]
  • 石井雄太(ジャストソリューションズ 社長・梅田の大学時代の友人) - 宮本大誠
  • ユリナ(アイドル) - 安田愛里[122]
  • 皆川真由(ネット広告会社「アヘッドプラスエージェンシー」営業部) - 羽瀬川なぎ[123]
第9話「私が救いました」、最終話「私がやりました」
  • 染谷巌(尾鷹中学校 元校長) - 吉田鋼太郎[124]
  • 北山未亜(高校の同級生3人に毒を飲ませて殺害した被疑者・関東創世大学 中退) - 吉川愛[125](S3第1話[注 5]) ★
  • 藤井卓生(城北医科大学医学部 1年生) - 坂東龍汰[124]
  • 染谷絹江(染谷の妻・3年前死亡) - 水木薫
  • 向井はるか(染谷の教え子・3年前死亡) - 今村美乃[126]
  • 田山修二(城北医科大学医学部 1年生) - 松田将希[127]
  • 藤井充(京南大学医学部の先生・卓生の父) - 吉満寛人[128](第9話のみ)
  • 藤井鏡子(藤井の妻・卓生の母) - 渡辺杉枝(第9話のみ)
  • 北山聡子(未亜の母) - 辻しのぶ(第9話のみ)

4th SEASON(2021年)[編集]

第1話「女神の帰還」、第2話「偽りの女神」
第3話「勇者の嘘」
第4話「瀕死の容疑者」
第5話「容疑者はロボット」
第6話「怪物の逃走」
第7話「魔女の預言」
第8話「仲間たちの反乱」
  • 上原あゆみ(ネット通販事業「キャリバリー 物流センター」アルバイト) - 宮澤エマ[159]
  • 野田加代(ネット通販事業「キャリバリー 物流センター」アルバイト) - 中原果南
  • 伴成杉枝(ネット通販事業「キャリバリー 物流センター」アルバイト) - 宍戸美和公
  • 本橋久子(ネット通販事業「キャリバリー 物流センター」アルバイト) - 小林きな子
  • 曽根沙織(ネット通販事業「キャリバリー 物流センター」アルバイト) - 水口早香[160]
  • 桜田剛(ネット通販事業「キャリバリー 物流センター」主任) - 須田邦裕[159]
  • 倉田(警視庁組織犯罪対策部の刑事) - 永倉大輔
最終話「真実への行進」
  • 羽屋田空見子[注 8](羽屋田法律事務所 弁護士・大國塔子の国選弁護人) - 大塚寧々[159](S4第8話)(高校生:狩野海音[161]
  • 須田太郎(宮越肇国土交通副大臣の第一秘書) - 尾上寛之 ★(S4第8話)
  • 小池明大(警視庁九段警察署 警部補) - 坂田聡
  • 増本(宮越肇国土交通副大臣の秘書) - 小松健太[162]

用語[編集]

※ストーリー内にたびたび登場する施設・会社・組織・部署などを記す。

緊急事案対応取調班(通称・キントリ)
郷原政直が警視庁捜査一課に新しく設置した部署。名目上は『取り調べ専門チーム』で実際は人員整理のための閑職・窓際部署である。取調べ案件が来るまで常に待機し何もなければ定時退庁している模様[ep 12]。S2、S3では「キントリ」の人員再編成が検討され、中田の退職と入れ替わりに玉垣が加入した以外にメンバーの変更は行われなかったものの、S4では設置の目的であった取調べ可視化の推進が進み、その役目を終えたと判断されたことから班の解散が告知され、予定通り解散した。以後「キントリ」と同様の部署が設置されるかは未定[ep 11]菱本小石川には早期退職が検討されている。

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 井上由美子、福島治子(S3)、香坂隆史(S3)
  • シリーズ原案 - 井上由美子(S3にて井上以外が脚本を担当しているときのみクレジット)
  • ポストクレジット脚本 - 井上由美子(S3配信オリジナル版。ポストクレジットがない回および、井上本人が本編の脚本を担当している回にはクレジットなし)
  • 音楽 - 林ゆうき
  • 演出 - 常廣丈太(テレビ朝日)、本橋圭太(アズバーズ、S1 - S3)、山本大輔(アズバーズ、S3)、樹下直美(アズバーズ、S4)
  • ポストクレジット演出 - 常廣丈太(S3配信オリジナル版。ポストクレジットがない回および、常廣本人が本編の演出をしている回にはクレジットなし)
  • 主題歌
  • 演出補 - 浅見真史
  • タイトルバック - 坪ノ内晃
  • 選曲 - 石井和之
  • 擬闘 - 栗原直樹(WGK)
  • スタント - 五味良介、森永竜矢
  • ガンエフェクト - 早川光
  • 操演 - 羽鳥博幸
  • 警察監修 - 倉科孝靖
  • 医療指導 - 町塚聖子
  • ゼネラルプロデューサー - 黒田徹也(テレビ朝日 / S1 - SP)、三輪祐見子[注 9](テレビ朝日)
  • プロデューサー
    • テレビ朝日 - 都築歩(S2 - )、残間理央(S4)
    • 国際放映 - 浦井孝行(S1)、櫻井美恵子(S1)
    • アズバーズ - 松野千鶴子(SP - )、神馬由季(SP - S2)
  • プロデューサー補 - 新井富美子、椛澤節子、西村ひさえ
  • 制作協力 - 国際放映(S1)、アズバーズ(SP - )
  • 制作著作 - テレビ朝日

放送日程[編集]

FIRST SEASON[編集]

  • 2014年1月9日[167] - 3月13日、全9話。
  • 第1話は15分拡大(21時 - 22時9分)。
  • 第8話と最終話は二話構成。
  • 1月30日は『いきなり!黄金伝説。3時間スペシャル』(19時 - 21時48分)のため、休止。
各話 放送日 サブタイトル ラテ欄[168] 演出 視聴率[169]
第1話 2014年1月09日 名前のない男 人質1300万人…42時間以内に
丸裸にするのは“名前のない男”
常廣丈太 12.5%
第2話 1月16日 しゃべらない男 “全くしゃべらない男”の本当の理由!! 本橋圭太 13.4%
第3話 1月23日 嘘まみれの女 最強の容疑者登場!! “嘘まみれの女” 常廣丈太 16.1%
第4話 2月06日 挑発する男 “挑発する男”と“忠誠を誓う男”鉄壁のアリバイ 本橋圭太 11.2%
第5話 2月13日 3人のうるさい女 目撃者は、“3人のうるさい女”!! 常廣丈太 12.5%
第6話 2月20日 ゲームの神と呼ばれた男 対決!! “神と呼ばれた男”驚愕の結末!! 本橋圭太 11.7%
第7話 2月27日 真実を告げる男 “1つだけ嘘をつく死刑囚”衝撃の告白 常廣丈太 11.9%
第8話 3月06日 逃げる女 ついに禁断の取調べ“丸裸で逃げる女” 本橋圭太 12.6%
最終話 3月13日 マル裸の女 最終対決!! “夫殺しの犯人”を今夜丸裸にします 常廣丈太 13.9%
平均視聴率 12.9%[170](視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

ドラマスペシャル[編集]

放送日 タイトル 演出 視聴率
2015年9月27日 ドラマスペシャル 緊急取調室〜女ともだち〜 常廣丈太 14.6%[174]
2020年5月31日 ドラマスペシャル 緊急取調室 特別編 常廣丈太 12.0%[175]
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

SECOND SEASON[編集]

  • 2017年4月20日[176] - 6月15日、全9話。
  • 第1話、最終話は15分拡大(21時 - 22時9分)。
  • 第8話、最終話は二話構成。
各話 放送日 サブタイトル[177] ファイル名 担当 ラテ欄[168] 演出 視聴率[178]
第1話 2017年4月20日 傘をさす女 ミセスレインの初恋 真壁・中田 最強のチーム完全復活!!
77歳孤独な女の哀しい告白
私、人を殺しました
常廣丈太 17.9%
第2話 4月27日 靴下をはかせる男 15年目の出発[注 10] 真壁・小石川 殺人医師に空白の9分間!!
立てこもった正義の警官
14.2%
第3話 5月04日 オウムを飼う二人 オウムは見た 真壁・小石川 オウムは見た!! 夫と妻に裏の顔
正体不明の真犯人!?
本橋圭太 12.4%
第4話 5月11日 ふたりの愛 ふたりの愛 真壁・中田 目撃者は29人…授業中の殺人!?
正反対なふたりの愛
第5話 5月18日 記憶をなくした男 ブラックジョーク 真壁・小石川 殺人の記憶がない…
嘘まみれの血だらけヒーロー!?
常廣丈太 13.2%
第6話 5月25日 騙された女 騙された女 真壁・菱本 チーム分裂!? 次々と自殺者が…
魔性の女の黒い笑顔
本橋圭太 14.3%
第7話 6月01日 女の敵は女 - 真壁・小石川 嘘だらけ3人の女…
完璧なアリバイと最後の事件!!
13.1%
第8話 6月08日 喪服を着る男 - - 最後の事件…有希子撃たれる!!
完全黙秘の男の正体
常廣丈太 13.8%
最終話 6月15日 父ふたり 父ふたり 真壁・小石川
真壁・中田
最終対決!!
亡き夫が銃撃犯!? 命がけの復讐
私がマル裸にしてみせる!!
14.4%
平均視聴率 13.9%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

3rd SEASON[編集]

  • 2019年4月11日 - 6月20日、全10話。
  • 第1話、第9話、最終話は15分拡大(21時 - 22時9分)。
  • 5月23日は『白い巨塔』第2夜放送(21時 - 22時24分)のため休止。
  • 配信オリジナル版ではエンドクレジットが独自のものになっている他、第3話、第4話、第5話、第8話には新規撮影シーンが追加されている[179]
各話 放送日 サブタイトル[180] ファイル名 ラテ欄[168] 脚本 演出 視聴率[181]
第1話 2019年4月11日 私が撃ちました 完璧な人生 最強のチーム完全復活!!
疑惑の銃弾!! 2分56秒の謎
私が撃ちました…!!
井上由美子 常廣丈太 15.2%
第2話 4月18日 私が勝ちました 勝負の行方 生放送で殺人!? 前代未聞!!
女流棋士を同時取調べ!!
13.4%
第3話 4月25日 私が騙しました 大事なもの 5億稼ぐ地味な女の笑顔と嘘!!
お金より大切なもの
福島治子 本橋圭太 12.3%
第4話 5月02日 私が誘拐しました 家族愛 完全黙秘姉弟…
タイムリミット30時間!!
絆を引き裂く危険な賭け
香坂隆史 常廣丈太 12.6%
第5話 5月09日 私が隠しました スープを煮る女 最強主婦VS最悪な嫁!!
家族の秘密を出張取り調べ!!
井上由美子 本橋圭太 13.7%
第6話 5月16日 私が守りました 優しい嘘 被疑者はウサギ!?
保育園に潜入責任感が強すぎる女
香坂隆史 12.3%
第7話 5月30日 私が試しました 愛を試す女 24歳年下婚約者と獄中結婚…!?
愛を信じる女の意地とプライド!!
井上由美子 常廣丈太 12.9%
第8話 6月06日 私が作りました 男の居場所 解散危機居場所のない3人の男
圧迫取調べで大炎上
福島治子 山本大輔 12.8%
第9話 6月13日 私が救いました - 最終決戦 大雨が引き裂いた運命
手をついて頭下げろ!!
史上最も激しい密室
井上由美子 常廣丈太 12.9%
最終話 6月20日 私がやりました 最後の仕事[注 11] 完結!!疑惑の元校長が大激白
隠された衝撃の動機…
マル裸にしてみせる
13.6%
平均視聴率 13.1%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

4th SEASON[編集]

  • 2021年7月8日 - 9月15日、全9話。
  • 「サブタイトル = ファイル名」になっている[注 12]
  • 第1話・第8話・最終話は10分拡大(21時 - 22時4分)。
  • 第1話・第2話は二話構成。
  • 7月29日は『東京オリンピック バドミントン 男子シングルス1回戦 / 女子ダブルス準々決勝』のため休止。
  • 8月5日はドラマスペシャル『警視庁ひきこもり係』のため休止。
  • 9月2日は『2022FIFAワールドカップ カタール アジア地区最終予選』のため、放送時刻変更(21時15分 - 22時9分)。
各話 放送日 サブタイトル[182] ラテ欄[168] 演出 視聴率[183]
第1話 2021年7月8日 女神の帰還 最強のチーム完全復活!!
50年隠れていたハイジャック犯と緊迫の4時間
常廣丈太 14.7%
第2話 7月15日 偽りの女神 今夜決着
制限時間60分の心理戦VS蘇った伝説の女神
13.4%
第3話 7月22日 勇者の嘘 最強対決
超一流VS成り上がり…リングの嘘を暴け!!
9.1%
第4話 8月12日 瀕死の容疑者 解散迫るVS死刑を望む容疑者!?
絶対に死なせない!!
樹下直美 10.1%
第5話 8月19日 容疑者はロボット ロボットを丸裸に!?
遠隔殺人に空白の24時間の謎
12.0%
第6話 8月26日 怪物の逃走 VS息子を誘拐した母親!!
決死の逃亡を声だけで救え
常廣丈太 10.9%
第7話 9月02日 魔女の預言 最終章 大嘘つきか…本物か?
霊能力者と頭脳戦!!
樹下直美 12.4%
第8話 9月09日 仲間たちの反乱 あと15日VS嘘まみれの女たち…
仲間の衝撃逮捕!! 真実へのカウントダウン
常廣丈太 12.4%
最終話 9月16日 真実への行進 解散!! キントリ最後の7日間
VS日本の命運を握る男 マル裸にしてみせる
13.8%
平均視聴率 12.1%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

関連商品[編集]

  • 『緊急取調室』 DVD-BOX、JAN 4571390737358 / Blu-ray BOX、JAN 4571390737419TCエンタテインメント、2014年8月8日発売。
  • 『緊急取調室 SECOND SEASON』 DVD-BOX、JAN 4562474188395、TCエンタテインメント、2017年10月4日発売。
    • SECOND SEASONとドラマスペシャル緊急取調室2015を収録[184]
  • 『緊急取調室 3rd SEASON』 DVD-BOX、JAN 4562474206471、TCエンタテインメント、2019年10月4日発売。
  • 『緊急取調室 4th SEASON』DVD-BOX、TCエンタテインメント、2021年12月24日発売。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 例えばS2第8話と最終話のように一部のストーリーには二話連続で展開するものもある。
  2. ^ タイトルを記入するシーンがなかったS2第7話を除く。
  3. ^ ノンクレジットで他の回にも出演している。[要出典]
  4. ^ a b 自宅での聴取。
  5. ^ 番組の冒頭に1シーンのみ出演。
  6. ^ 字幕は「斉藤」になっている。
  7. ^ 電話での聴取。
  8. ^ 読みは「はやた くみこ」。
  9. ^ S1はプロデューサー。SPからゼネラルプロデューサー。
  10. ^ 「15年目の審判」の審判を二重線で消し、出発となっている。
  11. ^ 最初は「最後の事件」と書いたラベルを用意していたが、書き直した。
  12. ^ 前後編の前編である第1話を除く。

出典[編集]

  1. ^ 天海祐希:20センチばっさり!10年ぶりショートカット姿を初披露”. まんたんウェブ (2013年10月29日). 2014年1月10日閲覧。
  2. ^ 天海祐希を泣かせたのは誰!?”. ORICON STYLE (2013年12月24日). 2016年9月2日閲覧。
  3. ^ 1年半ぶり「キントリ」復活!今度の相手は“Wゆき””. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2015年8月18日). 2021年5月10日閲覧。
  4. ^ 天海祐希主演「緊急取調室」が4月より第2シーズンへ!”. CinemaCafé.net. イード (2017年2月10日). 2021年5月10日閲覧。
  5. ^ 天海祐希、2年ぶり『緊急取調室』 大杉漣さんへの思いも語る”. ORICON NEWS. oricon ME (2019年3月6日). 2021年5月10日閲覧。
  6. ^ a b ドラマスペシャル 緊急取調室 特別編”. テレビ朝日. 2020年5月31日閲覧。
  7. ^ 天海祐希「緊急取調室」第4シーズン決定!田中哲司、でんでん、小日向文世ら続投”. シネマトゥデイ. シネマトゥデイ (2021年5月10日). 2021年5月10日閲覧。
  8. ^ ドラマ『緊急取調室』の配信オリジナル版が登場!Amazon Prime Video・テレ朝動画で配信”. テレ朝POST. テレ朝POST (2019年9月30日). 2021年10月5日閲覧。
  9. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  10. ^ 天海祐希 (2017年4月16日). 天海祐希、ストレスは寝て解消!? 「1週間でも家に引きこもっていられる」. インタビュアー:今泉. ORICON NEWS.. http://www.oricon.co.jp/special/49910/ 2017年4月20日閲覧。 
  11. ^ 天海祐希、黒髪バッサリ20センチ 取調官役で連ドラ主演”. ORICON STYLE (2013年10月29日). 2016年9月2日閲覧。
  12. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  13. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  14. ^ a b c 小日向文世大杉漣でんでん (2015年9月21日). 小日向文世×大杉漣×でんでん“緊急座談室”パート1. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/65100/ 2016年9月2日閲覧。 
  15. ^ a b c 小日向文世大杉漣でんでん (2015年9月22日). 小日向文世×大杉漣×でんでん“緊急座談室”パート2. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/65101/ 2016年9月2日閲覧。 
  16. ^ a b c 小日向文世大杉漣でんでん (2015年9月23日). 小日向文世×大杉漣×でんでん“緊急座談室”パート3. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/65102/ 2016年9月2日閲覧。 
  17. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  18. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  19. ^ “塚地武雅、『緊急取調室』新レギュラー “退職”した大杉漣さんの“後任””. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2132126/full/ 2019年3月23日閲覧。 
  20. ^ 塚地武雅 (2019年4月18日). 塚地武雅、相方・鈴木拓の「家庭を“マル裸”にしたい!」〈緊急取調室〉. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/185959/ 2019年9月8日閲覧。 
  21. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  22. ^ a b 速水もこみち,鈴木浩介 (2019年4月25日). 速水もこみち×鈴木浩介対談「普段から“マル裸”でお付き合いしています」〈緊急取調室〉. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/185960/ 2019年9月8日閲覧。 
  23. ^ 天海祐希主演ドラマ、放送前にスピンオフ 主役はもこみち&鈴木浩介”. ORICON STYLE (2014年1月7日). 2016年9月2日閲覧。
  24. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  25. ^ a b “池田成志&工藤阿須加、天海祐希主演『キントリ』シーズン4から加入「すぐに現場が好きに」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年6月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2196257/full/ 2021年7月11日閲覧。 
  26. ^ プロフィール - ギュラ
  27. ^ プロフィール - ドルチ
  28. ^ プロフィール - アルファセレクション(アーカイブ)
  29. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  30. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  31. ^ ドラマ - ミーアンドハーコーポレーション(アーカイブ)
  32. ^ a b c d “浅野温子、『緊急取調室』第1話ゲスト出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2132431/full/ 2019年3月28日閲覧。 
  33. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  34. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  35. ^ プロフィール - 研音(アーカイブ)
  36. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  37. ^ タレント出演情報2014年 19ページ - テアトルアカデミー(アーカイブ)
  38. ^ プロフィール - セントラル(アーカイブ)
  39. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  40. ^ 中村静香 (2017年5月31日). 中村静香も興味津々!? 「取り調べできるとしたら、大杉漣さん!」. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/110694/ 2019年3月5日閲覧。 
  41. ^ S1(キャスト) - テレビ朝日
  42. ^ “大谷亮平、キントリの大敵に 若き国土交通副大臣役で『緊急取調室』第4シーズン出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年6月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2197539/full/ 2021年7月11日閲覧。 
  43. ^ プロフィール - クラージュキッズ
  44. ^ 緊急取調室:高嶋政伸が爆弾魔で天海祐希と芝居対決”. まんたんウェブ (2013年12月24日). 2014年1月10日閲覧。
  45. ^ プロフィール - エヴァーグリーン・エンタテイメント
  46. ^ TV - ミーアンドハーコーポレーション
  47. ^ プロフィール - サンミュージックブレーン
  48. ^ プロフィール - オスカー電子カタログ
  49. ^ プロフィール - シュルーモデルエージェンシー
  50. ^ プロフィール - エヌウィード
  51. ^ 天海祐希と安達祐実の“女のバトル”が奏功!? 「緊急取調室」が最高視聴率を更新!”. ザテレビジョン (2014年1月24日). 2017年4月20日閲覧。
  52. ^ プロフィール - ヒラタオフィス
  53. ^ プロフィール - スペースクラフト(アーカイブ)
  54. ^ プロフィール - 中野笑店
  55. ^ プロフィール - Grue
  56. ^ プロフィール - IAMエージェンシー
  57. ^ プロフィール - NEWSエンターテインメント(アーカイブ)
  58. ^ プロフィール - 研音(アーカイブ)
  59. ^ TV - ミーアンドハーコーポレーション
  60. ^ プロフィール - クラージュ・キッズ(アーカイブ)
  61. ^ プロフィール - ミラーライアー
  62. ^ 天海祐希の髪をザクザク切り落とす 松下由樹の鬼気迫る演技”. ORICON STYLE (2015年9月16日). 2016年9月2日閲覧。
  63. ^ ご報告。 - 井越有彩オフィシャルブログ 2015年8月18日(アーカイブ)
  64. ^ プロフィール - ヒラタオフィス(アーカイブ)
  65. ^ Drama - ボックスコーポレーション
  66. ^ プロフィール - グリーンメディア(アーカイブ)
  67. ^ プロフィール - ヒラタオフィス
  68. ^ プロフィール - 五社プロダクション(アーカイブ)
  69. ^ プロフィール - グリーンメディア(アーカイブ)
  70. ^ 吉野まり - Twitter 2015年9月27日
  71. ^ タレント出演情報2015年 4ページ - テアトルアカデミー(アーカイブ)
  72. ^ “三田佳子、ほぼスッピンで老婆役 天海祐希と初共演”. ORICON NEWS. (2017年3月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2088197/full/ 2017年4月20日閲覧。 
  73. ^ プロフィール - NEWSエンターテインメント(アーカイブ)
  74. ^ プロフィール - セントラル
  75. ^ お知らせ。 - 福士誠治オフィシャルブログ 2017年4月26日
  76. ^ 出演情報 - クラージュ キッズのブログ 2017年4月27日
  77. ^ a b c 「緊急取調室」緊迫のシーンに大反響! 第2話も好調キープ”. ザテレビジョン (2017年4月28日). 2017年8月6日閲覧。
  78. ^ a b 緊急取調室ご視聴ありがとうございました! - 村井美和オフィシャルブログ 2017年4月28日
  79. ^ a b “天海祐希主演『緊急取調室』第3話視聴率12.4% GW中も2桁キープ”. ORICON NEWS. (2017年5月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2090351/full/ 2017年8月6日閲覧。 
  80. ^ ドラマ - 舞夢プロ
  81. ^ 矢田亜希子が天海祐希と11年ぶりの共演で怪しい女性教師に!?”. ザテレビジョン (2017年5月11日). 2017年9月24日閲覧。
  82. ^ プロフィール - ニチエンプロダクション
  83. ^ 【スタッフより】★緊急取調室4話出演★ - 森尾由美オフィシャルブログ 2017年5月4日
  84. ^ 梅村結衣 - Twitter 2017年5月11日
  85. ^ ドタバタと過ぎる幸せ - 比佐廉オフィシャルブログ 2017年5月20日
  86. ^ a b “女優志望の入山杏奈、天海祐希の言葉で意欲アップ 『緊急取調室』出演”. ORICON NEWS. (2017年5月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2090668/full/ 2017年9月24日閲覧。 
  87. ^ プロフィール - クリエイティブ・ガーディアン
  88. ^ プロフィール - クリエイティブ・ガーディアン
  89. ^ プロフィール - SRプロダクション(アーカイブ)
  90. ^ 天海祐希とおじさまたちの隠し動画がSNSで話題に! キントリメンバーがドミノで大はしゃぎ!?”. ザテレビジョン (2017年5月25日). 2017年9月29日閲覧。
  91. ^ プロフィール - ジャパン・ミュージックエンターテインメント(アーカイブ)
  92. ^ プロフィール - 円企画
  93. ^ 今日はキントリ! - 水希友香ブログ 2017年5月25日
  94. ^ プロフィール - 宝井プロジェクト
  95. ^ プロフィール - 宝井プロジェクト
  96. ^ a b “天海祐希、『緊急取調室』笑顔でクランクアップ「毎日楽しかった!」”. ORICON NEWS. (2017年6月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2092429/full/ 2017年10月11日閲覧。 
  97. ^ 寺坂尚呂己 - Instagram
  98. ^ 『緊急取調室』最終回も! - 矢野優花オフィシャルブログ 2017年6月12日
  99. ^ プロフィール - 中野笑店
  100. ^ a b c “緊急取調室:第2話 松井珠理奈がゲスト出演 新進女流棋士役”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年4月18日). https://mantan-web.jp/article/20190417dog00m200068000c.html 2019年4月20日閲覧。 
  101. ^ a b “朝ドラ出演中の仙道敦子、『緊急取調室』被疑者役でゲスト出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2134303/full/ 2019年6月2日閲覧。 
  102. ^ プロフィール - グリーンメディア
  103. ^ “松本まりか、『緊急取調室』怪演さく裂 天海祐希のアドリブにほろっ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2134871/full/ 2019年5月5日閲覧。 
  104. ^ 田牧そら - Instagram
  105. ^ “今井悠貴、『緊急取調室』第4話ゲスト 天海祐希から“腸活”学ぶ”. ORICON NEWS. (2019年4月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2134721/full/ 2019年9月8日閲覧。 
  106. ^ プロフィール - キャロット
  107. ^ 若林薫 - Instagram
  108. ^ a b “国分佐智子、4年ぶりドラマ復帰 『緊急取調室』で嫁姑バトル”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2135099/full/ 2019年5月10日閲覧。 
  109. ^ プロフィール - クラージュキッズ
  110. ^ “倉科カナ、自分史上最強の“ワケあり女子” 『緊急取調室』で熱血保育士役”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2135538/full/ 2019年5月16日閲覧。 
  111. ^ a b 緊急取調室:第6話 倉科カナ、熱血保育士役でゲスト出演”. MANTANWEB (2019年5月16日). 2019年9月8日閲覧。
  112. ^ 落井実結子 テレビ朝日「緊急取調室 3rd SEASON」第6話 出演 - ギュラ・キッズ
  113. ^ 湯川尚樹 - Twitter 2019年5月9日
  114. ^ 5/30本日!緊急取調室3 第6話再放送します14:57〜15:53(関東ローカルのみ) - 相馬有紀実 オフィシャルブログ 2019年5月30日
  115. ^ ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー - Instagram
  116. ^ “大久保佳代子、節制生活して本気芝居 女優への野望抱くも「人生、そんな甘っちょろいもんじゃない」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2136514/full/ 2019年5月31日閲覧。 
  117. ^ 稲葉友 - Twitter 2019年5月26日
  118. ^ 緊急取調室 3rd SEASON - 尾崎右宗 オフィシャルブログ 2019年5月23日
  119. ^ プロフィール - クリエイティブガーディアン
  120. ^ a b c d 〈緊急取調室〉橋本じゅんらが舞台さながらの取り調べ劇を披露!「もっと取り調べられていたかった」”. ザテレビジョン (2019年6月6日). 2019年9月8日閲覧。
  121. ^ プロフィール - オスカー電子カタログ
  122. ^ “ラストアイドル安田愛里、『緊急取調室』第8話出演「ただただうれしい」”. ORICON NEWS. (2019年6月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2136982/full/ 2019年9月8日閲覧。 
  123. ^ 羽瀬川なぎ - Twitter 2019年6月5日
  124. ^ a b “天海祐希×吉田鋼太郎、『緊急取調室』で初共演 お互いをリスペクト”. ORICON NEWS. (2019年6月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2137546/full/ 2019年6月25日閲覧。 
  125. ^ “『緊急取調室』吉川愛、異例の再登場 落とせなかった強烈被疑者、再び”. ORICONN EWS. (2019年6月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2137504/full/ 2019年6月25日閲覧。 
  126. ^ ありがとうございました♀️ - 今村美乃 オフィシャルブログ 2019年6月21日
  127. ^ プロフィール - bamboo
  128. ^ ドラマ - enchante
  129. ^ 『緊急取調室』初回ゲストに桃井かおり 自身史上最多セリフで天海祐希と初共演”. クランクイン!. ブロードメディア (2021年6月15日). 2021年6月15日閲覧。
  130. ^ “天海祐希と桃井かおりの緊張感あふれるハイジャックシーンに「迫力がすごい」”. テレビドガッチ (TVer). https://dogatch.jp/news/ex/99877/detail/ 2021年7月11日閲覧。 
  131. ^ a b “桃井かおり、天海祐希と本番一発勝負で取り調べシーン撮影 感情揺さぶられ“涙腺崩壊寸前””. ORICON NEWS. (2021年7月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2200218/full/ 2021年7月30日閲覧。 
  132. ^ アルファセレクション - Twitter 2021年7月15日
  133. ^ アルファセレクション - Twitter 2021年9月9日
  134. ^ 松田航輝 - Twitter 2021年7月8日
  135. ^ 谷知恵 - Twitter 2021年7月8日
  136. ^ 阿部紗英 - Instagram 2021年7月8日
  137. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画
  138. ^ a b c d 天海祐希、岡山天音とボクシングリングで本気のスパーリング 岡山「天海さんの姿勢&サービス精神に圧倒されました」〈緊急取調室〉”. ザテレビジョン (2021年7月22日). 2021年8月5日閲覧。
  139. ^ 逢沢りな - Twitter 2021年7月21日
  140. ^ 川並淳一 - Twitter 2021年7月20日
  141. ^ a b c 天海祐希54歳の誕生日を“キントリ”メンバーが祝福「何事にも負けず完走しましょう!」〈緊急取調室〉”. ザテレビジョン (2021年8月10日). 2021年8月16日閲覧。
  142. ^ 安土姫華 - Twitter 2021年8月13日
  143. ^ ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー(HIA) - Twitter 2021年8月7日
  144. ^ 小林涼子 テレビ朝日 木曜ドラマ 「緊急取調室 4th SEASON」出演の件 - ステッカー
  145. ^ a b c d 小池徹平、天海祐希との取り調べに興奮「バチバチやれて本当に気持ちよかった」〈緊急取調室〉”. ザテレビジョン (2021年8月12日). 2021年8月25日閲覧。
  146. ^ スペースクラフトジュニア - Twitter 2021年8月6日
  147. ^ “榎木淳弥、ロボットの声で“被疑者”に 天海祐希からの実写オファーに感激「経験を積んで勉強したい!」”. ORICON NEWS. (2021年8月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2203978/full/ 2021年8月25日閲覧。 
  148. ^ 丸山智己 - Twitter 2021年8月24日
  149. ^ "緑黄色社会・長屋晴子、警察官役で『緊急取調室』出演!". テレビ朝日. 25 August 2021. 2021年8月25日閲覧
  150. ^ 清瀬やえこ - Twitter 2021年8月23日
  151. ^ テアトルアカデミー - Twitter 2021年8月24日
  152. ^ 秋吉孝勇 - Twitter 2021年8月26日
  153. ^ 潔進 - Twitter 2021年8月27日
  154. ^ a b c 板谷由夏が人生初の一人二役に挑戦!「どうしよう。私にできるのか?」主演・天海祐希と壮絶な芝居合戦〈緊急取調室〉”. ザテレビジョン (2021年9月2日). 2021年9月5日閲覧。
  155. ^ a b スペースクラフトジュニア【公式】 - Twitter 2021年9月2日
  156. ^ プロフィール - クラージュキッズ
  157. ^ a b 鈴木みな・まりあ - Instagram 2021年9月2日
  158. ^ プロフィール - クラージュキッズ
  159. ^ a b c “キントリ解散”まであと15日 救世主・弁護士役で大塚寧々が天海祐希と12年ぶりの共演「本当に心強かった」〈緊急取調室〉”. ザテレビジョン (2021年9月9日). 2021年9月15日閲覧。
  160. ^ 水口早香 - Twitter 2021年9月6日
  161. ^ HIRATA Beans - Instagram 2021年9月15日
  162. ^ ジャスティスジャパンエンターテイメント - Twitter 2021年9月10日
  163. ^ JUJU 天海祐希主演のテレ朝ドラマ『緊急取調室』の主題歌を担当”. billboard japan (2013年12月17日). 2014年1月10日閲覧。
  164. ^ “AI、天海祐希主演ドラマに主題歌「最後は必ず正義が勝つ」書き下ろし”. 音楽ナタリー. (2017年3月22日). http://natalie.mu/music/news/225535 2017年4月20日閲覧。 
  165. ^ “家入レオ、ユーミンの言葉がヒントに 天海祐希主演ドラマ主題歌”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2131300/full/ 2019年3月30日閲覧。 
  166. ^ “4人組バンド緑黄色社会が天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」で主題歌担当”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. (2021年7月4日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202107030001286_m.html?mode=all 2021年7月13日閲覧。 
  167. ^ 注目ドラマ紹介:「緊急取調室」 天海祐希がショートヘアで刑事に 犯人との密室での攻防描く”. まんたんウェブ (2014年1月8日). 2014年1月10日閲覧。
  168. ^ a b c d 該当各日 『朝日新聞』 テレビ欄。
  169. ^ “天海祐希主演「緊急取調室」最終回は13・9%”. スポニチアネックス. (2014年3月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/03/14/kiji/K20140314007771990.html 2017年1月19日閲覧。 
  170. ^ 「第80回記念スペシャル 発表! ザテレビジョンドラマアカデミー賞」『ザテレビジョン』第20巻19号(2014年5月16日号)、KADOKAWA、2014年5月16日、 10頁。
  171. ^ “取調官”天海祐希が復活!“Wユキ”松下由樹&斉藤由貴と対決へ”. サンケイスポーツ (2015年8月18日). 2015年8月18日閲覧。
  172. ^ 天海祐希「落ち込んでいる時間がもったいない」 ドラマ『緊急取調室』”. ORICON STYLE (2015年9月26日). 2016年9月2日閲覧。
  173. ^ テレ朝POST 『緊急取調室』名作がSP放送!天海祐希、“Wゆき”と女同士の息詰まる攻防戦”. テレビ朝日 (2020年5月31日). 2020年5月31日閲覧。
  174. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2015年10月9日). 2016年9月2日閲覧。
  175. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2020年6月12日). 2021年7月13日閲覧。
  176. ^ “天海祐希、50歳の節目に向け一筆「頑張る。」 会見では共演者を取り調べ?”. ORICON NEWS. (2017年4月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2088861/full/ 2017年4月20日閲覧。 
  177. ^ 緊急取調室(2017)テレビ朝日オンデマンド
  178. ^ “天海祐希主演『緊急取調室』最終話は14.4%”. オリコン. (2017年6月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2092509/full/ 2017年6月16日閲覧。 
  179. ^ クレジットでは「ポストクレジット」と表記
  180. ^ 緊急取調室(2019)テレビ朝日オンデマンド
  181. ^ “天海祐希主演『緊急取調室』最終回は13.6%”. ORICON NEWS. (2019年6月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2138192/full/ 2019年9月8日閲覧。 
  182. ^ 緊急取調室(2021) - テレ朝動画
  183. ^ “天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」 最終回視聴率は13・8%”. スポニチ Sponichi Annex. (2021年9月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/17/kiji/20210916s00041000362000c.html 2021年9月25日閲覧。 
  184. ^ 緊急取調室 SECOND SEASON”. 作品情報. TCエンタテインメント. 2019年5月11日閲覧。

参照話数[編集]

  1. ^ a b S1第8話
  2. ^ a b S1最終話
  3. ^ S2第3話
  4. ^ a b S3第2話
  5. ^ S1第5話
  6. ^ S1第4話
  7. ^ a b S4第6話
  8. ^ S2第1話
  9. ^ S2第4話
  10. ^ a b S4第7話
  11. ^ a b c S4最終話
  12. ^ S2第2話

外部リンク[編集]

テレビ朝日[編集]

動画[編集]

その他[編集]

テレビ朝日 木曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
ドクターX〜外科医・大門未知子〜
(第2期)
(2013年10月17日 - 12月19日)
緊急取調室
(FIRST SEASON)
(2014年1月9日 - 3月13日)
BORDER
警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係

(2014年4月10日 - 6月5日)
就活家族〜きっと、うまくいく〜
(2017年1月12日 - 3月9日)
緊急取調室
(SECOND SEASON)
(2017年4月20日 - 6月15日)
黒革の手帖
武井咲版)
(2017年7月20日 - 9月14日)
ハケン占い師アタル
(2019年1月17日 - 3月14日)
緊急取調室
(3rd SEASON)
(2019年4月11日 - 6月20日)
サイン
-法医学者 柚木貴志の事件-

(2019年7月11日 - 9月12日)
桜の塔
(2021年4月15日 - 6月10日)
緊急取調室
(4th SEASON)
(2021年7月8日 - 9月16日)
ドクターX〜外科医・大門未知子〜
(第7期)
(2021年10月14日 - 12月〈予定〉)