コンテンツにスキップ

水谷果穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みずたに かほ
水谷 果穂
生年月日 (1997-11-03) 1997年11月3日(26歳)
出身地 日本の旗 日本 静岡県浜松市
身長 163 cm
職業 女優歌手
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2013年 -
配偶者 一般男性(2024年 - )[1]
事務所 研音
公式サイト 水谷果穂オフィシャルサイト
主な作品
映画
先輩と彼女
『バレンタインナイトメア』
honey
映画 イチケイのカラス
テレビドラマ
地獄先生ぬ〜べ〜
ブラックペアン』シリーズ
なつぞら
イチケイのカラス』シリーズ
VIVANT
ウルトラマンアーク
テンプレートを表示

水谷 果穂(みずたに かほ、1997年(平成9年)11月3日 - )は、日本女優歌手静岡県[2]浜松市[3]出身。研音所属。既婚。

略歴[編集]

2012年の春に、本人に知らせず祖母が応募したオーディションに合格して芸能事務所の研音に所属する。月に一度毎にレッスンを受け、オーディションに合格して2013年4月に学校法人大原学園のテレビCM「飛びたい気持ち」篇に出演する[2][4]、7月にテレビドラマ『リアル脱出ゲーム 密室美少女』(テレビ東京)に出演[5][6] する。2015年7月から『夢の通り道』(日本テレビ)にナビゲーターとしてレギュラー出演[7] する。18歳の誕生日となる2015年11月3日に実家など浜松で撮影したファースト写真集『水谷果穂』(ワニブックス)を発売[8][9] する。2015年10月公開の『先輩と彼女』で映画に初出演し、2016年1月公開の『バレンタインナイトメア』で映画で初主演する[10]

浜松から東京まで片道1時間半かけて新幹線で通いつつ芸能活動と学業を両立していたが[11]、2016年3月に静岡県立浜松湖東高等学校を卒業[12][13] したのち、芸能活動に専念する[14]

2017年7月12日に主演短編映画『明日、アリゼの浜辺で』の主題歌「青い涙」で歌手デビュー[15] し、8月11日に初のワンマンライブ「Let's Get Going」を開催[16] する。

2018年2月17日に大阪城ホールで開催された音楽イベント「LIVE SDD 2018」に出演[17] し、3月31日から『Going!Sports&News』(日本テレビ)にお天気キャスターとして土曜日に出演する[18]。9月に足の手術を受けるため一時休養し[19]、11月に復帰した[20]

2019年11月に「Ray web」を中心に活動する『Ray』(主婦の友社)の新ユニット「Raygirl」のメンバーになる[21]。11月に浜松市の魅力を国内外に広く宣伝・PRする親善大使「浜松市やらまいか大使」に就任した[3][22]

2021年7月11日放送の『禍話』(朝日放送テレビ)で、地上波ドラマ初主演[23]

2024年4月22日、学生時代の友人である一般男性との結婚を自身の公式サイトにて発表した[1]

人物[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

役名が太字のものは、主演作品。

配信ドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

  • 痛快TV スカッとジャパン(フジテレビ)
    • 胸キュンスカッと おばあちゃんの5千円札(2015年7月20日) - 中村美穂 役
    • 世直しジュディ(2015年10月26日) - 北原友美 役
    • 胸キュンスカッと 君の音色が聴きたくて(2016年2月1日) - 瑠衣 役
    • クリスマス胸キュンスカッと 揚げパンは初恋の味(2016年12月19日) - 島田瞳 役
    • 胸キュンスカッと 恋の借り物競争(2017年6月12日) - 心美 役
  • ここにタイトルを入力(フジテレビ)
    • 足りない世界で愛を描く。(2022年5月3日) - 主人公・アサクラ 役

その他のテレビ番組[編集]

  • 夢の通り道(2015年7月5日 - 2018年9月16日・11月18日 - 2021年9月26日、日本テレビ) - ナビゲーター[64][65]
  • Going!Sports&News(2018年3月31日 - 、日本テレビ) - お天気キャスター(土曜版担当)[18]

ラジオ[編集]

  • 水谷果穂のBLUE TEARS(2017年4月1日 - 9月30日、FM FUJI[66]
  • 水谷果穂 19歳のレシピ → 水谷果穂 20歳のレシピ[注 1](2017年6月20日 - 2018年6月26日、FM OH![67]
  • 水谷果穂 19歳の夏休み(2017年8月7日 - 8月28日、CROSS FM[68]
  • Actors -life & music-(2024年6月29日、JFN)※6月第5週を担当[69]

映画[編集]

CM[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • 水谷果穂(2015年11月3日、ワニブックス、撮影:長野博文)ISBN 978-4-8470-4798-5[14][83]
  • 1819(2017年1月22日、ワニブックス、撮影:長野博文)ISBN 978-4-8470-4893-7[84]
  • Anniversary(2017年11月3日、ワニブックス、撮影:長野博文)ISBN 978-4-8470-4969-9[85]

カレンダー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 開始当初は『水谷果穂 19歳のレシピ』だったが、誕生日を迎え、タイトルが変更された。

出典[編集]

  1. ^ a b “水谷果穂、学生時代の友人との結婚を発表「より一層精進してまいります」”. サンスポ (産経デジタル). (2024年4月22日). https://www.sanspo.com/article/20240422-MTOKHRN5XVFMHC7MDL222RF43Y/ 2024年4月22日閲覧。 
  2. ^ a b c 西中賢治 (2015年11月25日). “FRESH ACTRESS INTERVIEW 水谷果穂”. HUSTLE PRESS. 2016年1月12日閲覧。
  3. ^ a b 浜松市やらまいか大使が決定!』(プレスリリース)浜松市、2019年11月5日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000049248.html2021年9月3日閲覧 
  4. ^ 高倉文紀 (2013年7月19日). “【注目の新人】水谷果穂インタビュー 話題必至のドラマ「リアル脱出ゲーム 密室美少女」のチハヤ役! 存在感のある“主演”女優を目指す15歳☆”. Audition & Debut. ダブルハピネスインターナショナル. 2016年1月12日閲覧。
  5. ^ “新人女優・水谷果穂、ドラマ初出演は「新鮮で楽しい」”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年7月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2026559/full/ 2016年1月12日閲覧。 
  6. ^ “女優デビューの水谷果穂、初々しさ満点”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2013年7月13日). https://www.daily.co.jp/gossip/2013/07/13/0006154900.shtml 2016年1月12日閲覧。 
  7. ^ 水谷果穂 日本テレビ『夢の通り道』7月5日(日)21:54の放送回からナビゲーターとして出演!”. 研音 (2015年7月4日). 2016年1月12日閲覧。
  8. ^ “新進女優・水谷果穂が水着初披露「素の果穂が満載」”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年10月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2060624/full/ 2016年1月12日閲覧。 
  9. ^ 吉州正行 (2015年10月23日). “今週の彼女 水谷果穂”. R25. 2016年1月12日閲覧。
  10. ^ “水谷果穂で人気ホラーゲーム実写化「ハラハラドキドキを楽しんで」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2015年12月24日). https://www.sanspo.com/article/20151224-XMBKYODJHRMYRE2NHDDJEBJRXY/ 2016年1月12日閲覧。 
  11. ^ a b 星野浩司 (2016年2月8日). “【ブレイク予報】水谷果穂 朝ドラ、結婚、復活・夢盛りだくさん18歳”. スポーツ報知 (報知新聞社). https://web.archive.org/web/20160210051320/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160207-OHT1T50194.html 2016年4月15日閲覧。 
  12. ^ こえ恋”. 湖東高校大同窓会ブログ (2016年6月16日). 2017年8月20日閲覧。
  13. ^ 水谷果穂 (2016年3月2日). “卒業”. 水谷果穂オフィシャルブログ「みずたにいろ」. 2016年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月3日閲覧。
  14. ^ a b “水谷果穂1st写真集は「1兆点!」憧れは綾瀬はるか”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2015年11月3日). https://thetv.jp/news/detail/67463/ 2016年4月15日閲覧。 
  15. ^ a b c “女優・水谷果穂“天国に一番近い島”で歌手との“二刀流”宣言!夢は「朝ドラで歌う女の子」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年4月25日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170424-OHT1T50279.html 2017年4月25日閲覧。 
  16. ^ “水谷果穂 初ワンマンに「気分がいい」 目標は松たか子”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年8月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/11/kiji/20170811s00041000229000c.html 2017年8月12日閲覧。 
  17. ^ LIVE SDD 2018”. SDD~STOP! DRUNK DRIVING PROJECT 飲酒運転防止プロジェクト. 2018年6月27日閲覧。
  18. ^ a b “水谷果穂&トラウデン直美が『Going!』お天気キャスター就任”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2108513/full/ 2018年3月30日閲覧。 
  19. ^ “水谷果穂、足の手術で一時休止へ「どうか心配なさらずに!」”. MusicVoice (株式会社アイ・シー・アイ). (2018年9月3日). https://www.musicvoice.jp/news/102192/ 2020年6月3日閲覧。 
  20. ^ 水谷果穂 (2018年11月2日). “「皆さま、ご心配をおかけしました。 明日の日本テレビ「Going! Sports&News」への出演より復帰いたします! 手術も無事に成功し、元気に過ごしております。 休養中にも、たくさんの温かいメッセージをいただいて安心して治療に専念することができました。…」”. Instagram. 2020年6月3日閲覧。
  21. ^ a b 【水谷果穂】Raygirlのメンバー遂に解禁! 話題作に出演する女優が登場♡”. Ray Web. 主婦の友社 (2019年11月3日). 2020年5月24日閲覧。
  22. ^ 古里・浜松を首都圏へ発信 やらまいか大使人委嘱式 都内”. 浜松市 (2019年11月5日). 2020年12月24日閲覧。
  23. ^ a b "水谷果穂:ホラー作「禍話」で地上波ドラマ初主演 撮影中に「不思議な体験」 入野自由も出演". まんたんウェブ. 2021年7月2日. 2021年7月12日閲覧
  24. ^ a b 案内人”. 夢の通り道. 日本テレビ. 2016年4月15日閲覧。
  25. ^ 月9出演中の水谷果穂の素顔は? 「全力!脱力タイムズ」初登場”. 産経ニュース (2021年6月3日). 2021年6月4日閲覧。
  26. ^ a b c 高倉文紀 (2013年7月19日). “【注目の新人】水谷果穂インタビュー 話題必至のドラマ「リアル脱出ゲーム 密室美少女」のチハヤ役! 存在感のある“主演”女優を目指す15歳☆”. Audition & Debut. ダブルハピネスインターナショナル. p. 2. 2016年1月12日閲覧。
  27. ^ 星野浩司 (2016年2月8日). “【ブレイク予報】水谷果穂 朝ドラ、結婚、復活・夢盛りだくさん18歳”. スポーツ報知 (報知新聞社). https://web.archive.org/web/20160210051320/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160207-OHT1T50194.html 2016年4月15日閲覧。 
  28. ^ 西中賢治 (2015年11月25日). “FRESH ACTRESS INTERVIEW 水谷果穂”. HUSTLE PRESS. 2016年1月12日閲覧。
  29. ^ “Fresh Actress! 水谷果穂「お芝居をすることが大好き もっともっとうまくなりたい!」”. TVfanWeb (共同通信社): p. 2. (2014年12月8日). http://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/981682/2 2016年1月12日閲覧。 
  30. ^ 水谷果穂が『凪のお暇』の役作りを大友花恋に相談した理由とは?『クラスメイトは大友花恋!』”. レコメン!. 文化放送 (2019年9月12日). 2021年7月29日閲覧。
  31. ^ 新人女優・水谷果穂、ドラマ初出演は「新鮮で楽しい」”. オリコンスタイル (2013年7月12日). 2013年10月1日閲覧。
  32. ^ 女優デビューの水谷果穂、初々しさ満点”. ディリースポーツ (2013年7月13日). 2013年10月1日閲覧。
  33. ^ フジテレビ、新ドラマ枠のキャスト&作品を発表”. モデルプレス (2013年9月23日). 2013年10月1日閲覧。
  34. ^ 関ジャニ∞丸山主演「地獄先生ぬ〜べ〜」 優香、佐野ひなこ、松井愛莉ら新キャスト発表”. モデルプレス (2014年9月5日). 2014年9月6日閲覧。
  35. ^ “スーパー公務員”唐沢寿明が限界集落を救う TBS新ドラマ『ナポレオンの村』に主演”. ORICON (2015年5月25日). 2015年5月25日閲覧。
  36. ^ “ドラマ「こえ恋」会長役を竜星涼、紙袋男子・松原くんの声を櫻井孝宏”. コミックナタリー. (2016年6月6日). https://natalie.mu/comic/news/189826 2016年6月6日閲覧。 
  37. ^ 第39話「対立!父と娘!」”. 仮面ライダーゴースト. 東映. 2016年7月3日閲覧。
  38. ^ a b 水谷果穂、阿部寛の娘役で初のNHKドラマ 『とと姉ちゃん』にも出演決定”. ORICON STYLE (2016年9月23日). 2016年9月23日閲覧。
  39. ^ “阿部寛×香川照之『スニッファー』スペシャルドラマで復活”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2099483/full/ 2018年3月30日閲覧。 
  40. ^ “竹野内豊主演のドラマ「ミッドナイト・ジャーナル」に小日向文世、松重豊ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年2月20日). https://natalie.mu/eiga/news/270197 2018年3月1日閲覧。 
  41. ^ “水谷果穂 看護師姿のオフショット披露…フォロワーから「マジ天使」と称賛”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年3月26日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/26/0011105368.shtml 2018年3月30日閲覧。 
  42. ^ 二宮和也「ブラックペアン2」シーズン1からの続投キャスト解禁 新キャラクターも発表”. モデルプレス. ネットネイティブ (2024年5月26日). 2024年5月26日閲覧。
  43. ^ “若手演技派・井之脇海が「ぎぼむす」に出演!脚本に感嘆「小さな奇跡」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年8月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/14/kiji/20180813s00041000394000c.html 2018年8月14日閲覧。 
  44. ^ “メゾン・ド・ポリス:第6話 小日向文世は“伝説の刑事”だった? 娘役に水谷果穂 高畑充希、前代未聞の捜査に…”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年2月15日). https://mantan-web.jp/article/20190214dog00m200068000c.html 2019年2月15日閲覧。 
  45. ^ “黒木華主演「凪のお暇」に市川実日子、吉田羊らが出演決定!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年6月21日). https://thetv.jp/news/detail/194358/ 2019年6月21日閲覧。 
  46. ^ 中村梅雀&桜井ユキ&水谷果穂、月9レギュラー出演決定「見れば必ず引き込まれる作品」”. ORICON NEWS (2021年3月2日). 2021年3月2日閲覧。
  47. ^ a b “竹野内豊主演『イチケイのカラス』SPドラマ来年1・14放送 山崎育三郎出演のスピンオフドラマも”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年12月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2260062/full/ 2022年12月10日閲覧。 
  48. ^ "最恐ネットラジオ『禍話』水谷果穂主演でドラマ化 入野自由も出演". ORICON NEWS. oricon ME. 2021年7月2日. 2021年7月12日閲覧
  49. ^ “森田望智が堤真一の年下上司役に!柳家喬太郎、東京03飯塚、水谷果穂、小椋梨央も出演”. TVLIFE web (ワン・パブリッシング). (2021年12月9日). https://www.tvlife.jp/drama/435738 2021年12月9日閲覧。 
  50. ^ アナタの悩みを名画が解決!? ドラマチック美術館”. 日本放送協会. 2022年3月26日閲覧。
  51. ^ "水谷果穂、フジ『ナンバMG5』でヤンキー役に初挑戦 新境地に挑む「くくりに捉われずに表現したい」". ORICON NEWS. oricon ME. 2022年4月8日. 2022年4月8日閲覧
  52. ^ “24歳水谷果穂「ナンバ MG5」で初のヤンキー役「15歳という設定! 大丈夫かな?」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年4月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202204080000518.html 2022年4月10日閲覧。 
  53. ^ “久間田琳加主演『青春シンデレラ』、共演に本田響矢、水谷果穂、箭内夢菜ら”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2022年9月28日). https://www.crank-in.net/news/114919/1 2022年9月28日閲覧。 
  54. ^ a b 年末年始の“新感覚恋愛ドラマ”に追加キャスト!水谷果穂、中村里帆&高田里穂が出演決定”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2022年12月19日). 2022年12月26日閲覧。
  55. ^ “菅生新樹が初主演! ドラマ『凋落ゲーム』2.7スタート 共演に水谷果穂、内藤秀一郎、那須ほほみ”. クランクイン! (ブロードメディア株式会社). (2023年1月24日). https://www.crank-in.net/news/121405/1 2023年8月23日閲覧。 
  56. ^ “日曜劇場『VIVANT』新キャスト18人発表 ストーリー“非公表”の異色作”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年7月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2285308/full/ 2023年7月1日閲覧。 
  57. ^ 日曜劇場『VIVANT』登場人物”. 日曜劇場『VIVANT』公式サイト. TBSテレビ (2023年8月13日). 2023年8月13日閲覧。
  58. ^ “原因は自分にある。が“沼オトコ”演じる、チルいシチュエーションドラマ放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年8月12日). https://natalie.mu/eiga/news/536595 2023年8月12日閲覧。 
  59. ^ 【水ドラ25】沼オトコと沼落ちオンナのmidnight call 〜寝不足の原因は自分にある。〜”. テレビ東京 (2023年8月12日). 2023年8月12日閲覧。
  60. ^ 水谷果穂が「ウルトラマンアーク」出演、お姉さん的存在のメカ担当”. 映画ナタリー. ナターシャ (2023年8月12日). 2023年8月12日閲覧。
  61. ^ アナザーストーリー”. 臨床犯罪学者 火村英生の推理. 日本テレビ. 2018年3月30日閲覧。
  62. ^ “「なまいきざかり。」実写ショートムービー、水谷果穂&井阪郁巳がマンガを再現”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年2月20日). https://natalie.mu/comic/news/270216 2018年3月30日閲覧。 
  63. ^ 『ブラックペアン』続編のサイドストーリー放送決定! 今野浩喜が地上波連ドラ初主演”. マイナビニュース. マイナビ (2024年6月26日). 2024年6月26日閲覧。
  64. ^ 夢の通り道”. 日本テレビ. 2015年11月3日閲覧。
  65. ^ “日テレ「夢の通り道」終了へ ディズニーの魅力伝えて15年...広報「役目を果たせた」”. J-CASTニュース (株式会社ジェイ・キャスト). (2021年9月22日). https://www.j-cast.com/2021/09/22420847.html 2021年9月23日閲覧。 
  66. ^ 水谷果穂オフィシャルサイト|INFORMATION”. 研音. 2017年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月30日閲覧。
  67. ^ 新ラジオ番組✨”. 水谷果穂オフィシャルブログ「みずたにいろ」 (2017年6月20日). 2017年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月3日閲覧。
  68. ^ 水谷果穂 19歳の夏休み”. cross fm. 2017年12月3日閲覧。
  69. ^ @Actors_jfn (2024年6月12日). "【6月5週目のDJは、水谷果穂さん】…". X(旧Twitter)より2024年6月29日閲覧
  70. ^ ““トッキュウジャー”志尊淳主演で人気漫画『先輩と彼女』実写映画化”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年4月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2049814/full/ 2015年11月3日閲覧。 
  71. ^ 「先輩と彼女」2015年秋映画化決定!”. 「先輩と彼女」製作委員会. 2015年11月3日閲覧。
  72. ^ “水谷果穂が映画初主演 フリーホラーゲーム『バレンタインナイトメア』が実写化”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年12月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2064315/full/ 2015年12月24日閲覧。 
  73. ^ “葵わかな初主演映画「ホラーの天使」沖縄映画祭で上映、矢倉楓子と藤田みりあも出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年3月25日). https://natalie.mu/eiga/news/180934 2018年3月1日閲覧。 
  74. ^ “佐野岳が「honey」でMr.KING平野紫耀と共演、水谷果穂や浅川梨奈も出演”. 映画ナタリー. (2017年7月4日). https://natalie.mu/eiga/news/239312 2017年7月4日閲覧。 
  75. ^ 水谷果穂 (2017年5月17日). “解禁になりました✨ 2017年全国公開 映画「セントウ・レコード SideA」主演です”. Instagram. 2018年3月30日閲覧。
  76. ^ “欅坂46小林由依ら追加キャスト発表 北村匠海・小松菜奈・吉沢亮ら出演映画「さくら」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年6月3日). https://mdpr.jp/cinema/detail/2090317 2020年6月3日閲覧。 
  77. ^ “「映画 イチケイのカラス」予告公開、柄本時生や西野七瀬ら追加キャスト発表”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年10月20日). https://natalie.mu/eiga/news/498191 2022年10月20日閲覧。 
  78. ^ a b 水谷 果穂 KEN-ON Group Official Website”. 株式会社 研音. 2015年11月3日閲覧。
  79. ^ 「ワンダ 金の微糖」新CM・「屋上」編、4月16日オンエア!水谷果穂、金髪で ビートたけしの娘役を熱演!”. ACTRESS PRESS (2016年4月16日). 2018年3月1日閲覧。
  80. ^ “水谷果穂、アニメ『若おかみは小学生!』主題歌「歌うことでパワーをもらえる」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年4月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2108853/full/ 2018年4月3日閲覧。 
  81. ^ “「Going!」お天気キャスターの水谷果穂、新曲「君のステージへ」が6・27にシングル発売決定”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年5月9日). https://hochi.news/articles/20180509-OHT1T50049.html 2018年5月9日閲覧。 
  82. ^ “水谷果穂、ファースト・アルバム『深呼吸』8月28日発売”. TOWER RECORDS ONLINE. (2019年6月20日). https://tower.jp/article/feature_item/2019/06/20/0708 2019年9月1日閲覧。 
  83. ^ “水谷果穂、セクシーショットに挑戦「恥ずかしかった」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年11月3日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151103-OHT1T50079.html 2015年11月3日閲覧。 
  84. ^ “水谷果穂、少女から大人への成長を表現 写真集で黒ビキニや泡風呂カットに挑戦”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年12月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2082972/full/ 2016年12月14日閲覧。 
  85. ^ “水谷果穂“ハタチ記念”写真集は1年間撮影の意欲作 オトナへ変わる瞬間を凝縮”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2099113/full/ 2017年10月19日閲覧。 
  86. ^ “水谷果穂、自身初のカレンダー「1年間ずっと使ってもらえる」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年12月21日). https://www.sanspo.com/article/20191221-4FQR5NHXFNPLXLASOKM3QDAXVM/ 2019年12月21日閲覧。 
  87. ^ 水谷果穂 (2021年2月5日). “2021.04-2022.03 カレンダー発売します!🐄 今回は卓上カレンダーです。 全て私服で撮影したよ! 写真選び会議に私も参加させてもらって 今作っている最中です! いいグッズができるように頑張るので、 みなさんチェックしてね☺️”. Instagram. 2021年7月29日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]