野間口徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
のまぐち とおる
野間口 徹
生年月日 (1973-10-11) 1973年10月11日(44歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県北九州市[1]
身長 172 cm[2]
血液型 AB型[2]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
配偶者 既婚[3]
事務所 ダックスープ[4]
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
弁護士 灰島秀樹
SP 警視庁警備部警護課第四係
戦力外捜査官
映画
ゼロの焦点
SP THE MOTION PICTURE
サラリーマンNEO 劇場版(笑)
バラエティ番組
サラリーマンNEO

野間口 徹(のまぐち とおる[2]1973年10月11日[2] - )は、日本俳優

ダックスープ所属[4]福岡県出身[2]

略歴[編集]

将来は教師になろうかと漠然と考えていたが、信州大学農学部在学中に演劇サークルで芝居も会話も上手い先輩に出会ったことで演劇活動を開始[4][1]1999年、嶋村太一、竹井亮介とともにコントユニット「親族代表」を結成し、年に1 - 2回の公演を行う[4][5]。舞台での活動を続けながらも30歳までにメディアの仕事が入らなければ辞めようと考えていたが、29歳でCMの仕事が入り始め、2007年のフジテレビ系のテレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』にレギュラー出演してからは次々と仕事が入るようになった[1]

脇役としての出演が多く、「一度は顔を見たことがあるのに名前は出てこない俳優」と言われることもあるが、本人は主役よりバイプレーヤーの方が性に合っており[6]、主役を輝かせる立場で演技をする脇役にこそ生きがいを感じると話している[7]

特技は水泳[2]。既婚で3児の父[3]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティー番組ほか[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • RAHMENS PRESENTS GOLDEN BALLS LIVE(2005年)
  • 親族代表 THE LIVE「3」(2006年)
  • 親族代表「小(りっしんべん)」(2006年)
  • ピチチ5「おさびしもの」(2006年)
  • ピチチ5「反撃バップ!!(改造)」(2007年)
  • 演劇ぶっく社20周年記念公演「レミゼラブ・ル」(2007年)
  • トム・プロジェクトプロデュース「狐狸狐狸ばなし」〈再演〉(2007年)
  • 親族代表THE LIVE「(発電所)」(2008年)
  • シス・カンパニー公演「瞼の母」(2008年)
  • 親族代表祭「脱線01」(2008年)
  • ちっちゃなエイヨルフ(2009年)
  • 「ネジと紙幣」based on 女殺油地獄(2009年)
  • 親族代表 THE LIVE「渋々」(2009年)
  • DuckSoup produce 2010「透明感のある人間」(2010年)
  • Takayuki Suzui Project OOPARTS Vol.1『CUT』(2010年)
  • 4 four(2012年)
  • ピチチ5「はぐれさらばが"じゃあね"といった」(2013年)
  • 親族代表 THE LIVE「第三次性徴期」(2013年)
  • KARA・MAP「グッドバイ」(2015年)
  • KAAT×PARCOプロデュース「オーランドー」(2017年)[20]

Vシネマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フジテレビの無料動画サイト「見参楽(みさんが!)」でも配信された[8]
  2. ^ BS朝日では「時代劇スペシャル」として、テレビ朝日では「日曜ワイド・ドラマスペシャル」として、それぞれ放送したもしくは放送する予定。

出典[編集]

  1. ^ a b c 野間口徹 (2014年12月23日). 目立たず、長く、平均点…野間口徹. インタビュアー:原田和幸. YOMIURI ONLINE.. オリジナルの2015年1月7日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20150107005853/http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20141216-OYT8T50248.html 2017年2月23日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f 野間口 徹のプロフィール”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年12月5日閲覧。
  3. ^ a b 桃色つるべ〜お次の方どうぞ〜 ドラマCRISISで話題沸騰!俳優野間口徹の仰天人生…サプライズも”. gooテレビ番組. goo (2017年5月6日). 2017年12月5日閲覧。
  4. ^ a b c d 野間口 徹 -Toru Nomaguchi-”. ダックスープ. 2017年7月5日閲覧。
  5. ^ 野間口 徹 インタビュー【私のターニングポイント】”. 演劇ライフ. 2009年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月3日閲覧。
  6. ^ a b 野間口徹 (2017年6月12日). 注目の“一生脇役俳優”野間口徹が語る思い出の脇役とは. (インタビュー). 女性自身.. https://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/interview/29272 2017年10月30日閲覧。 
  7. ^ a b c 野間口徹 (2016年12月11日). 野間口徹、脇役こそが生きがい!主役輝けば「映らなくてもいい」. インタビュアー:坂田正樹. シネマトゥデイ.. https://www.cinematoday.jp/news/N0088211 2017年10月30日閲覧。 
  8. ^ 優香が“中古車役”にチャレンジ! 車と人のファンタジックラブストーリー”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2011年10月18日). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。
  9. ^ 松下奈緒が“相棒”古田新太に「振り回されたい!」”. ウォーカープラス (2015年2月10日). 2015年2月10日閲覧。
  10. ^ “『相棒15』バイプレイヤー・野間口徹が快楽殺人犯を怪演”. ORICON NEWS. (2017年2月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2086287/full/ 2017年2月23日閲覧。 
  11. ^ バカリズム脚本のドラマ4夜連続、渋滞に巻き込まれる原田泰造の運命は”. お笑いナタリー (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  12. ^ バカリズム脚本4夜連続ドラマに柏木由紀・市原隼人・山本耕史・川口春奈ら出演”. マイナビニュース (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  13. ^ 「お迎えデス。」門脇麦が福士蒼汰を思う幽霊に!?”. ニュースウォーカー (2016年3月8日). 2016年3月10日閲覧。
  14. ^ 野間口徹、衝撃の本格女装姿! 麻生久美子絶賛のかわいさに”. マイナビニュース (2017年6月23日). 2017年7月5日閲覧。
  15. ^ 北村匠海&眞島秀和が同性カップル、真飛聖&野間口徹が秘密を抱えた夫婦に”. Muscat. フジテレビ (2017年11月22日). 2017年11月28日閲覧。
  16. ^ キャスト, 映画「シン・ゴジラ」公式サイト, http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月16日閲覧。 
  17. ^ “岡田准一主演「海賊とよばれた男」 妻役に綾瀬はるか”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/28/kiji/K20151128011590980.html 2015年11月28日閲覧。 
  18. ^ Hey! Say! JUMP知念侑李「坂道のアポロン」追加キャスト発表にファン歓喜”. モデルプレス (2017年10月20日). 2017年10月30日閲覧。
  19. ^ 安田顕&野間口徹、吉永小百合主演『北の桜守』に出演”. cinemacafe.net (2018年11月10日). 2017年11月28日閲覧。
  20. ^ 小芝風花×戸次重幸×池田鉄洋×野間口徹 (2017年9月22日). KAAT×パルコ プロデュース公演『オーランドー』小芝風花×戸次重幸×池田鉄洋×野間口徹 座談会. (インタビュー). ローチケ演劇宣言!.. http://engekisengen.com/stage/shuzai/orlando-zadankai/ 2017年11月28日閲覧。 

外部リンク[編集]