野間口徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
のまぐち とおる
野間口 徹
生年月日 1973年10月11日(42歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県北九州市[1]
身長 172 cm[1]
血液型 AB型[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
配偶者 既婚
事務所 ダックスープ[2]
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
弁護士 灰島秀樹
SP 警視庁警備部警護課第四係
戦力外捜査官
映画
ゼロの焦点
SP THE MOTION PICTURE
サラリーマンNEO 劇場版(笑)
バラエティ番組
サラリーマンNEO

野間口 徹(のまぐち とおる[1]1973年10月11日[1] - )は、日本俳優

ダックスープ所属[2]福岡県出身[1]

略歴[編集]

1994年信州大学(農学部[3])在学中に演劇活動を開始[4]1999年、嶋村太一、竹井亮介とともにコントユニット「親族代表」を結成し、年に1 - 2回の公演を行っている[4][5]

特技は水泳[1]。妻子あり。三児の父。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティー番組ほか[編集]

(2013年10月26日、NHK-BSプレミアム) ※コント:被害妄想/(2013年12月21日、NHK-BSプレミアム) ※コント:プレゼント/(2014年4月26日・8月9日・2016年4月9日、NHK-BSプレミアム) ※コント:妄想少女 大場/(2015年4月18日、NHK-BSプレミアム) ※ミニドラマ:可愛くてすいません

映画[編集]

舞台[編集]

  • RAHMENS PRESENTS GOLDEN BALLS LIVE(2005年)
  • 親族代表 THE LIVE「3」(2006年)
  • 親族代表「小(りっしんべん)」(2006年)
  • ピチチ5「おさびしもの」(2006年)
  • ピチチ5「反撃バップ!!(改造)」(2007年)
  • 演劇ぶっく社20周年記念公演「レミゼラブ・ル」(2007年)
  • トム・プロジェクトプロデュース「狐狸狐狸ばなし」〈再演〉(2007年)
  • 親族代表THE LIVE「(発電所)」(2008年)
  • シス・カンパニー公演「瞼の母」(2008年)
  • 親族代表祭「脱線01」(2008年)
  • 「ちっちゃなエイヨルフ」(2009年)
  • 「ネジと紙幣」based on 女殺油地獄(2009年)
  • 親族代表 THE LIVE「渋々」(2009年)
  • DuckSoup produce 2010「透明感のある人間」(2010年)
  • OOPARTS Vol.1「CUT」(2010年)
  • 4 four(2012年)
  • ピチチ5「はぐれさらばが"じゃあね"といった」(2013年)
  • 親族代表 THE LIVE「第三次性徴期」(2013年)
  • KARA・MAP「グッドバイ」(2015年)

Vシネマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

広告[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 野間口徹のプロフィール”. オリコン芸能人事典. オリコンDD. 2013年3月30日閲覧。
  2. ^ a b スタープロフィール|野間口 徹”. Web版TVスター名鑑. 東京ニュース通信社. 2014年2月4日閲覧。
  3. ^ 目立たず、長く、平均点…野間口徹”. 読売新聞2014年12月15日夕刊. 2014年1月7日閲覧。
  4. ^ a b 野間口 徹 -Toru Nomaguchi-”. ダックスープ. 2013年3月30日閲覧。
  5. ^ 野間口 徹 インタビュー【私のターニングポイント】”. 演劇ライフ. 2009年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月3日閲覧。
  6. ^ フジテレビの無料動画サイト「見参楽(みさんが!)」でも配信された。“優香が“中古車役”にチャレンジ! 車と人のファンタジックラブストーリー”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2011年10月18日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2011/111018-s055.html 2013年3月30日閲覧。 
  7. ^ “松下奈緒が“相棒”古田新太に「振り回されたい!」”. ウォーカープラス. (2015年2月10日). http://news.walkerplus.com/article/55188/ 2015年2月10 日閲覧。 
  8. ^ バカリズム脚本のドラマ4夜連続、渋滞に巻き込まれる原田泰造の運命は”. お笑いナタリー (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  9. ^ バカリズム脚本4夜連続ドラマに柏木由紀・市原隼人・山本耕史・川口春奈ら出演”. マイナビニュース (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  10. ^ 「お迎えデス。」門脇麦が福士蒼汰を思う幽霊に!?”. ニュースウォーカー (2016年3月8日). 2016年3月10日閲覧。
  11. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月16日閲覧。 
  12. ^ “岡田准一主演「海賊とよばれた男」 妻役に綾瀬はるか”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/28/kiji/K20151128011590980.html 2015年11月28日閲覧。 

外部リンク[編集]