海賊とよばれた男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海賊とよばれた男
著者 百田尚樹
発行日 2012年7月11日
発行元 講談社
ジャンル 歴史小説経済小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六変型
ページ数 上巻384頁、下巻368頁
公式サイト bookclub.kodansha.co.jp
コード ISBN 978-4062175647(上)
ISBN 978-4062175654(下)
ISBN 978-4062778299(上)(A6
ISBN 978-4062778305(下)(A6)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

海賊とよばれた男』(かいぞくとよばれたおとこ)は、百田尚樹による歴史経済小説である。

出光興産創業者の出光佐三をモデルとした主人公・国岡鐡造の一生と、出光興産をモデルにした国岡商店が大企業にまで成長する過程が描かれている。

第10回本屋大賞受賞作品[1]2016年12月現在、上下巻累計で420万部突破のベストセラーとなっている[2]

2016年12月10日映画化作品が全国公開された。

あらすじ[編集]

1945年(昭和20年)8月15日。世界中を敵に回した、日本の戦争は終わった。東京をはじめとした主要都市は徹底的に爆撃されて瓦礫の山となり、海外資産のすべてを失って莫大な賠償金が課せられようとしていた。これから日本はどうなっていくのだろうかと、全員が途方に暮れて失意に包まれているとき、毅然と店員を集めて話す男がいた。国岡商店の国岡鐡造店主である。

わずかに残った店員を前に、鐡造は「愚痴をやめよ、愚痴は泣きごとである。亡国の声である」「日本には三千年の歴史がある。戦争に負けたからと言って、大国民の誇りを失ってはならない。すべてを失おうとも、日本人がいるかぎり、この国は必ずや再び立ち上がる日が来る」と訓示を述べた。だが、失望から立ち直り武者震いする店員たちに、売るべき商品「石油」がそもそもないという現実が襲いかかる。「店主、このままでは、国岡商店は潰れます。涙を呑んで人員整理を」という進言に、鐡造は「馘首はならん!」と解雇を断固拒否する。戦後、住処も食糧事情もままならない情勢下で、日本の復興に向かって闘う男たちの物語が始まった。

登場人物[編集]

主人公とその家族[編集]

  • 国岡鐵造 - 国岡商店の創業者にして主人公。モデルは出光興産創業者の出光佐三。類い稀な先見の明を持ち、人間尊重の信念を貫き、あらゆる苦境に耐えて国岡商店を経営する。店員達を家族として扱い、全面的に信頼している。座右の銘は「黄金の奴隷たる勿れ」であり、他にも「士魂商才」「人間尊重」などの言葉をよく用いる。
  • 国岡徳三郎 - 父。モデルは出光藤六。鐡造に人としての生き方を教えた人物。経営していた店が潰れ、国岡商店の創業メンバーの一人となる。
  • 国岡稲子 - 母。モデルは出光千代
  • 国岡万亀男 - 兄。鐵造より三つ年上。初の海外進出である大連支店の支店長となる。
  • 国岡ミツ - 姉。鐵造より二つ年上。名前のみ登場。
  • 国岡タエ - 妹。名前のみ登場。
  • 国岡達吉 - 弟。モデルは新出光創業者の出光弘。(小説中にも新出光は「新国岡」という社名で登場する)
  • 国岡貞夫 - 弟。名前のみ登場。
  • 国岡孝義 - 弟。名前のみ登場。
  • 国岡正明 - 末弟。鐵造より十五年下。モデルは出光計助出光興産二代目社長。満鉄に入社し、戦後国岡商店に入店、鐡造を支える。
  • 国岡ユキ - 前妻。旧姓:春日。鐵造を愛していたがやむを得ない事情で自ら別れを切り出す。その後は再婚せず、働きながら密かに国岡商店の発展を見守り続けていた。
  • 国岡多津子 - 後妻。旧姓:山内。鐵造との間に一男四女を儲ける。
  • 国岡昭一 - 国岡鐵造の息子。モデルは出光昭介出光興産五代目社長。

重太郎とその家族[編集]

  • 日田重太郎 - 国岡鐵造の恩人。義弟の家で出会った高商時代の鐡造の考えに興味を持ち、重一の家庭教師を任せる。その後自らの家を売って会社設立の為の資金を「返済不要」の条件で援助した。
  • 日田八重 - 日田重太郎の妻。戦後に亡くなり、国岡商店の発展を見ることは叶わなかった。
  • 日田重一 - 重太郎の長男。鐡造を家庭教師に付けられる。
  • 日田重助 - 重太郎の次男。

国岡商店の関係者[編集]

  • 東雲忠司 - 国岡商店の店員。モデルは石田正賓出光興産三代目社長。(後、経団連副会長)
  • 武知甲太郎 - 国岡商店の店員。GHQから依頼を受け、石油業界にしがらみがなく、かつ石油産業に詳しい者を探していた際、鐡造に出会い、その人柄に惚れ込んで国岡商店に入店する。元陸軍中野学校教官で、情報戦のプロとして国岡を支える。モデルは手島治雄出光興産専務。
  • 甲賀治作 - 国岡商店の店員。抜群の記憶力で国岡を支え、戦争で焼けた店員の名簿を記憶だけを頼りに復元した。
  • 柏井耕一 - 国岡商店の店員。物覚えが悪く才気が無いが、人一倍の努力で国岡を支える。
  • 宇佐美幸吉 - 国岡商店の店員。武知の右腕。
  • 小松保男 - 国岡商店の店員。
  • 藤本壮平 - 国岡商店の店員。元海軍大佐。モデルは長井弘介。ラジオ修理事業を鐡造に持ち掛ける。
  • 重森俊雄 - 国岡商店の店員。浅瀬に作られた徳山油槽所におけるシーバース建設という難工事に挑戦する。

GHQ関係者[編集]

  • ジョン・F・アイソ - 日系2世のGHQ法務局少佐(実名のまま登場)。公職追放に抗議しに来た鐡造と対峙する。
  • アレックス・ミラー - GHQ法務局少佐。武知に石油産業にしがらみがなく、かつ石油産業に詳しい者を探すよう依頼し、鐡造の代理で来た東雲と会談する。
  • ソニー・レドモンド - GHQ法務局大尉。ミラーの部下。

その他[編集]

  • 人見孝 - 商工省石油課長。業界団体の嫌がらせで国岡商店に石油が入らなくなる所をはねのける。後、電気事業連合会副会長。(実名のまま登場)
  • 鳥川卓巳 - 国内最大手の石油会社「日邦石油」(モデルは日本石油)社長。国策企業である石油配給統制会社の社長として石油流通を統制し、国岡商店を潰しにかかる。
  • モルテザ・ホスロブシャヒ - アメリカ国籍を持つイラン人のビジネスマン。国岡商店にイランの石油購入を提案する。
  • ハシビイ - イランの議会ナンバー2の権力者。石油産業に詳しく、石油の購入条件を巡って国岡商店と交渉する。
  • エリック・デ・ベッカー - アングロイラニアン社の弁護士。日章丸の積み荷の仮処分を求めて国岡商店と争う。
  • 白石庸次郎 - 大手水産会社「山神組」(のちの日本水産)の社員。水産講習所(現東京水産大学)出身。
  • 玉置敬三 - 通商産業省の官僚。後、東京芝浦電気会長。(実名のまま登場)
  • 新田辰夫 - 日章丸の船長。(実名のまま登場)ベテランの船乗りであり、見事にイランの石油を持ち帰る。
  • カラン - バンク・オブ・アメリカ(BOA)副社長。徳山製油所建設のため一千万ドルの融資を行う。
  • バートレット - ガルフ石油の重役。国岡商店との提携を承認する。
  • 池田勇人 - 通商産業大臣。後に首相となる。(実名のまま登場)
  • 三木武夫 - 通商産業大臣。後に首相となる。(実名のまま登場)
  • 柳井恒夫 - 国際弁護士として法律面で鐵造を支える元外務官僚。(小説では触れられていないが、外務省条約局長などを歴任している。実名のまま登場)
  • 宮部 - 上海の零式艦上戦闘機の航空兵。

書誌情報[編集]

オーディオドラマ[編集]

2014年にオーディオドラマ化され、同年1月1日よりオーディオブック配信サービスの「FeBe」でオンライン配信がスタートした。ナレーションはニッポン放送アナウンサーの上柳昌彦。また、同局開局60周年記念特番として、同じく上柳のナビゲーションでそのダイジェスト版が同年1月1日・1月2日の2夜連続で放送された[3]

キャスト(オーディオドラマ)[編集]

スタッフ(オーディオドラマ)[編集]

  • 製作 - オトバンク / ニッポン放送
  • 音楽 - サウンドプロダクション吟
  • メインテーマ作曲 - HIRO.K

漫画[編集]

須本壮一の作画で、『イブニング』(講談社)において2014年6号から[4]2017年1号まで連載された[5]。単行本は全10巻[5]

  1. 2014年6月23日第1刷発行(同日発売)、ISBN 978-4-06-354521-0
  2. 2014年9月22日第1刷発行(同日発売)、ISBN 978-4-06-354542-5
  3. 2015年1月23日第1刷発行(同日発売)、ISBN 978-4-06-354553-1
  4. 2015年5月22日第1刷発行(同日発売)、ISBN 978-4-06-354570-8
  5. 2015年8月21日第1刷発行(同日発売)、ISBN 978-4-06-354585-2
  6. 2015年12月22日第1刷発行(同日発売)、ISBN 978-4-06-354602-6
  7. 2016年4月22日第1刷発行(同日発売)、ISBN 978-4-06-354617-0
  8. 2016年9月23日第1刷発行(同日発売)、ISBN 978-4-06-354635-4
  9. 2016年11月22日第1刷発行(同日発売)、ISBN 978-4-06-354645-3
  10. 2016年12月22日第1刷発行(同日発売)、ISBN 978-4-06-354648-4

映画[編集]

海賊とよばれた男
監督 山崎貴
脚本 山崎貴
原作 百田尚樹「海賊とよばれた男」
製作 阿部秀司
中山良夫
古川公平
市川南
藤島ジュリーK.
薮下維也
加太孝明
製作総指揮 阿部秀司
門屋大輔
出演者 岡田准一
吉岡秀隆
染谷将太
鈴木亮平
野間口徹
ピエール瀧
綾瀬はるか
小林薫
光石研
堤真一
近藤正臣
國村隼
黒木華
須田邦裕
小林隆
音楽 佐藤直紀
撮影 柴崎幸三
編集 宮島竜治
制作会社 ROBOT
製作会社 「海賊とよばれた男」製作委員会
配給 日本の旗 東宝
公開 日本の旗 2016年12月10日
上映時間 145分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 23.7億円[6]
テンプレートを表示

2016年12月10日に公開された。監督は山崎貴、主演は岡田准一。映画化にあたり、2014年年間邦画興行収入ランキング第1位に輝いた『永遠の0』の製作チームが再集結した[7]。脚本・監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』『STAND BY ME ドラえもん』『永遠の0』を手掛けた山崎貴、主人公・国岡鐵造役は『永遠の0』の主人公役で第38回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した岡田准一が務め[7]、劇中で20代から90代までを演じた[8]

監督の山崎は本作を映画化しようと決めたきっかけについて、「終戦直後のあの時代、皆が下を向いていたときに、とんでもないことをしでかした男達が居たということへの驚きが原動力。その背景を探求したくなった。」と述べている[9]。本作におけるVFXのカット数は、『ALWAYS 三丁目の夕日』の3倍に及んでいる[10]

公開までの経緯[編集]

2015年11月4日に、2016年冬に映画化されることが発表された[9][11]。11月28日には東宝スタジオにて製作報告会見が行われ、追加キャストが発表された[12]

2016年3月10日にキャスト陣の劇中ビジュアルが公開され、公開日が12月10日となることが発表された[13]。7月28日に公式サイトにて特報映像が公開され[14]、9月17日には公式サイトにて予告編映像が公開された[15]。11月14日、東京国際フォーラムにて完成記念イベントと舞台挨拶が行われた。舞台挨拶へは主演の岡田や監督の山崎をはじめ、吉岡秀隆染谷将太鈴木亮平野間口徹ピエール瀧綾瀬はるか堤真一國村隼小林薫がレッドカーペットに登壇した[16]

キャスト(映画)[編集]

ほか

スタッフ(映画)[編集]

音楽(映画)[編集]

劇中歌

『 海賊とよばれた男 』 オリジナル・サウンドトラック
佐藤直紀サウンドトラック
リリース
ジャンル
  • Soundtrack
  • Music
時間
レーベル ソニー・ミュージックマーケティング
テンプレートを表示
『 海賊とよばれた男 』 オリジナル・サウンドトラック
全作曲: 佐藤直紀
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「海賊とよばれた男 ~Main Title~」   佐藤直紀
2. 「門司の海」   佐藤直紀
3. 「記念日」   佐藤直紀
4. 「融資」   佐藤直紀
5. 「輸入再開へ」   佐藤直紀
6. 「GHQ」   佐藤直紀
7. 「満州」   佐藤直紀
8. 「巨影」   佐藤直紀
9. 「南方石油政策」   佐藤直紀
10. 「長谷部の死」   佐藤直紀
11. 「交渉」   佐藤直紀
12. 「覚悟」   佐藤直紀
13. 「アバダン」   佐藤直紀
14. 「スンダ海峡」   佐藤直紀
15. 「ユキ」   佐藤直紀
16. 「国岡商店社歌」   佐藤直紀
17. 「海賊とよばれた男 ~End Title~」   佐藤直紀
合計時間:

コラボレーション(映画)[編集]

映画版で国岡鐡造役を演じる岡田准一がイメージキャラクター「超ひらパー兄さん」を務める大阪府枚方市遊園地ひらかたパーク」では、映画版の公開を記念したコラボレーション企画として、既存のフリーフォールを利用したアトラクション「国岡ライド」を2016年11月12日から2017年1月15日までの期間限定で開設した。ポスターも映画版のパロディとなっており、国岡が超ひらパー兄さんに、「海賊とよばれた男」の部分が「結局やらされた男」にそれぞれ変えられている[19][20]

受賞[編集]

  • 第40回日本アカデミー賞[21]
    • 優秀主演男優賞:岡田准一
    • 優秀撮影賞:柴崎幸三
    • 優秀照明賞:上田なりゆき
    • 優秀音楽賞:佐藤直紀
    • 優秀録音賞:藤本賢一
    • 優秀編集賞:宮島竜治

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原作の新田辰夫に相当する。
  2. ^ 原作の日田重太郎に相当する。

出典[編集]

  1. ^ “本屋大賞:百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」が受賞”. MANTANWEB. (2013年4月9日). http://mantan-web.jp/2013/04/09/20130409dog00m200043000c.html 2014年1月2日閲覧。 
  2. ^ 12月10日(土)監督・山崎 貴×主演・岡田准一 映画『海賊とよばれた男』公開”. R25. 2016年12月9日閲覧。
  3. ^ 『海賊とよばれた男』がオーディオドラマ化 元日から2夜連続でラジオ特番放送も”. 新刊JPニュース (2014年1月1日). 2014年1月2日閲覧。
  4. ^ 「海賊とよばれた男」コミカライズ連載、イブニングで始動”. コミックナタリー (2014年2月25日). 2017年1月7日閲覧。
  5. ^ a b 島耕作が憧れた唯一の男・中沢喜一の読切がイブニングに、山賊ダイアリー新章も”. コミックナタリー (2016年12月13日). 2017年1月7日閲覧。
  6. ^ 2017年 上半期作品別興行収入(10億円以上)
  7. ^ a b “『永遠の0』の感動再び! V6・岡田准一主演『海賊とよばれた男』本編映像初解禁”. music.jpニュース. (2016年7月28日). http://music-book.jp/video/news/news/121886 2016年12月9日閲覧。 
  8. ^ 岡田准一が映画「海賊とよばれた男」で見せた俳優根性「大声出して声を潰して」”. ライブドアニュース. 2016年12月9日閲覧。
  9. ^ a b “岡田准一×山崎貴×百田尚樹が再び集結、「海賊とよばれた男」実写化”. 映画ナタリー. (2015年11月6日). http://natalie.mu/eiga/news/165050 
  10. ^ 山崎貴監督、難局越えるパワー 映画「海賊とよばれた男」12・10公開”. 中日スポーツ. 2016年12月9日閲覧。
  11. ^ 岡田准一が主演で「海賊とよばれた男」の映画化決定”. 日刊スポーツ. 2016年12月9日閲覧。
  12. ^ “岡田准一、染谷将太ら“山崎組アベンジャーズ”集結、「海賊とよばれた男」記者会見”. 映画ナタリー. (2015年11月28日). http://natalie.mu/eiga/news/167450 2016年12月9日閲覧。 
  13. ^ “岡田准一主演「海賊とよばれた男」劇中ビジュアル一挙公開!”. 映画.com. (2016年3月10日). http://eiga.com/news/20160310/17/ 2016年12月9日閲覧。 
  14. ^ “岡田准一×山崎貴「海賊とよばれた男」特報公開、染谷将太や綾瀬はるかの姿も”. 映画ナタリー. (2016年7月28日). http://natalie.mu/eiga/news/196147 2016年12月9日閲覧。 
  15. ^ “岡田准一が60代の“店主”に!山崎貴監督「海賊とよばれた男」予告編”. 映画ナタリー. (2016年9月17日). http://natalie.mu/eiga/news/202190 2016年12月9日閲覧。 
  16. ^ “「海賊とよばれた男」60代姿の岡田准一、鈴木亮平へ「お年玉ちょうだい」”. 映画ナタリー. (2016年11月14日). http://natalie.mu/eiga/news/209282 2016年12月9日閲覧。 
  17. ^ a b 岡田准一、山崎貴監督と“最強タッグ”再び!「海賊とよばれた男」映画化に主演”. 映画.com (2015年11月5日). 2015年11月5日閲覧。
  18. ^ “岡田准一主演「海賊とよばれた男」 妻役に綾瀬はるか”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年11月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/28/kiji/K20151128011590980.html 2015年11月28日閲覧。 
  19. ^ 海賊とよばれた男 ひらかたパーク(インターネットアーカイブ2016年11月23日分キャッシュ)
  20. ^ 岡田准一「海賊とよばれた男」×ひらパーのコラボ企画実施、パロディポスターも - 映画ナタリー
  21. ^ 第40回日本アカデミー賞優秀賞一覧”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2017年1月18日閲覧。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]