伊藤隆行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いとう たかゆき
伊藤 隆行
生誕 (1972-10-24) 1972年10月24日(46歳)[1]
日本の旗 日本東京都世田谷区
出身校 早稲田大学政治経済学部
職業 テレビプロデューサー映画監督
配偶者
子供 一男一女
公式サイト 伊藤隆行 (@itoh_p/) - Twitter

伊藤 隆行(いとう たかゆき、1972年10月24日[1] - )は、テレビ東京制作局制作番組部CPチームに所属する男性チーフプロデューサー・総合プロデューサー。東京都世田谷区出身、花小金井育ち。

人物[編集]

早大学院[2]を経て早稲田大学政治経済学部を卒業[3]。1995年に報道記者志望でテレビ東京に入社するが、バラエティ番組ばかり立ち上げる。目標は「3歳の息子にちゃんと見せられる番組を作ること」[3]

伊藤がプロデューサーとして担当する番組はゴールデン番組ではできない低予算ながら奇抜な企画を提案し、話題をさらっている。お笑い芸人が多く出演する番組を巧みに演出し、笑いの間口を広げていく番組で手腕を発揮する[4]。『モヤモヤさまぁ〜ず2』では時々出演し、さまぁ〜ずに代わってロケを行うこともある。その際の呼び名は「伊藤P」[5]。レギュラー陣に次ぐ人気と知名度を誇っている。携帯の公式サイトでは、プロデューサー日記のコーナーも担当している。

深夜枠で地上波ではあり得ないようなギリギリな挑戦的な番組を数多く制作していることから、ゴールデンタイムを嫌うマイナー系の制作者とみられがちだが、インタビューで「ゴールデンだけを目指すのはおかしいし、ゴールデンを否定するのもおかしい」[6]と語っているように、本人は必ずしも深夜枠にこだわっているわけではない。『モヤモヤさまぁ〜ず2』も2010年にゴールデンに進出する。これはテレビ東京の社長・島田昌幸の勧めで実現したものだが、社長の手紙の書き出しも「テレビ業界が暗黒時代」という暗い書き出しで、テレビ東京社員及び社長が番組のファンという理由であり、社長自身も後にテレビ東京の看板番組になるとは思っておらず、伊藤本人もこの進出を心配していたが、結果的に10周年を無事に迎えた。また、『モヤさま』の後に始まった『シルシルミシルさんデー』だけには負けたくないと番組中にコメントした。

自身が制作する『やりすぎコージー』『モヤモヤさまぁ〜ず2』のDVDを大ヒットさせたが、「なんでもかんでもDVD化して番組を二次利用しようとする流れはすぐ終わると思う」と述べ、バラエティ番組DVD市場の限界を指摘している。また、「“もう1度見る必要性を感じる内容か”“見逃しやすい放送時間であったか”など、すべての要素を考えて、DVD化する番組とそうではない番組をはっきりと分けることが重要」と持論を展開している[7]

会社で1度も話したことのない社員がたくさんおり、距離があるため、会社の後輩は畏怖の念を抱きあまり近寄ってこないと『Quick Japan』誌のインタビューで述べている。しかし伊藤自身は20代の若手社員には新たな企画をどんどん出してテレ東バラエティを盛り上げていって欲しいという希望を抱いている[8]

2010年には映画『お墓に泊まろう!』の監督を務め、映画監督業にも進出した。なお、同映画では河本準一次長課長)が伊藤の役を演じている。


モヤモヤさまぁ〜ず2の年末特番ゴールデンスペシャルで地元・花小金井を特集し、とれ高が足りないためさまぁ〜ずと大江麻理子を都内なのに帰宅させず宿泊することにし、お詫びとして父親が宴会場を予約。両親も登場し宴会に参加した。母親は地元に全く関係の無い手料理を持参、父親はあまりの天然ボケっぷりに三村から「100のボケを持つ男」と呼ばれた。年末特番は結果的に爆死。モヤさまスタッフや出演者にとって花小金井が見事「苦い思い出の街」となった。

モヤモヤさまぁ〜ず2での登場シーンのBGMは「踊る大捜査線」の室井慎次のテーマ。

さまぁ〜ずによく「死に枠」と呼ばれる裏番組が強敵で他の番組の視聴率が取れない時間帯にスペシャルを提案しており、さまぁ〜ずから「俺らだって死にたくないんだから」や「バカじゃない?」と言われていた。案の定スペシャルは爆死している。

ハワイロケに行けない理由をさまぁ〜ずのマネージャー・松本のせいにして、ハワイロケを決行。プライベートでもハワイに行ったが、一切日焼けしておらずさまぁ〜ずから「本当に行ったの?」と言われた。

大江麻理子から「スタッフが行きたいからという理由だけで深夜番組なのにハワイに行った」と明かされている。

「企画制作現場で「もうその企画はある」や「企画に保険はない」という言葉をよく聞くが、探せば「ほらあったじゃん!」って事がある。」「バラエティ番組は「非日常」でなければいけない。」と考えており、「それでもバラエティ番組で初めて「外来種」や環境問題を学べる事もある。ただ面白いという理由だけでやってはいけない。視聴者は「もっと面白いもの」「もっと珍しいもの」「もっと勉強になること」を望んでいる。テレビ業界はそれに気付くのが遅かった。しかしこれから追求していっても遅くはない」と語った。

2019年6月25日付で一部の番組がチーフプロデューサーとして昇格した。

担当番組[編集]

現在の担当番組[編集]

チーフプロデューサー[編集]

総合プロデューサー[編集]

プロデューサー[編集]

過去の担当番組[編集]

関連項目[編集]

  • 太田哲夫(伊藤の上司・前:取締役、元:制作局長)
  • 加藤正敏(伊藤の上司・現:制作局長、元:制作局次長兼CP)- 伊藤がプロデュースする番組全般のCPを担当していた。
  • 髙野学(現:総合編成局長、元:制作局次長兼CP)
  • 澤井伸之(現:BSテレビ東京編成局次長兼部長、元:制作局CP制作チーム部長兼CP)
  • 越山進(現:制作局CP制作チーム部長兼CP)- 髙野〜越山の3人は伊藤がプロデュースする番組のCPを担当している。(加藤正敏から引き継いだCP)
  • 小平英希(伊藤の元部下・現:「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」演出・プロデューサー、元:「空から日本を見てみよう」担当ディレクター、「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」総合演出)
  • 中田麻紀子(『モヤさま』ディレクター・極東電視台所属)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “twitter”. 伊藤隆行(itoh p)on Twitter. (2010年5月30日). http://twitter.com/itoh_p/status/15061535099 
  2. ^ “twitter”. 伊藤隆行(itoh p)on Twitter. (2010年8月3日). http://twitter.com/itoh_p/status/20192718922 
  3. ^ a b 映画「お墓に泊まろう! 」公式サイト”. 2010年8月6日閲覧。
  4. ^ 「次世代ヒットメーカーはどいつだ?▽テレビクリエイター 深夜の作り手は「深く狭く」でブームを生む」『日経エンタテインメント!』第12巻第5号、日経BP社、2008年4月、 pp.121。
  5. ^ “「モヤさま」の「ユルくてマジメ」な舞台裏 伊藤隆行プロデューサーに聞く”. 東洋経済オンライン. (2013年6月10日). http://toyokeizai.net/articles/-/14237 2013年12月30日閲覧。 
  6. ^ 「バラエティプロデューサー対談 加地倫三テレビ朝日)×伊藤隆行(テレビ東京)」『QuickJapan』第76号、太田出版
  7. ^ “放送作家集団アングルのトークライブに潜入!テレビ界の名物プロデューサーが本音を激白?”. 日経トレンディネット. (2008年12月9日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20081205/1021595/?P=2 
  8. ^ “『モヤさま』の伊藤P緊急インタビュー!!”. QuickJapan. (2010年). http://www.ohtabooks.com/quickjapan/special/001_08.html 

外部リンク[編集]