松嶋初音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつしま はつね
松嶋 初音
プロフィール
愛称 はちゅ
生年月日 1987年11月13日
現年齢 35歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
公称サイズ(2011年[2]時点)
身長 / 体重 161 cm / kg
スリーサイズ 84 - 56 - 86 cm
カップサイズ Eカップ
靴のサイズ 24 cm
活動
ジャンル タレントグラビアYouTuber
モデル内容 一般、水着
他の活動 怪談
事務所 Gオフィス
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ
はつねちゃんねる
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年 -
ジャンル ゲーム雑談調理怪談
登録者数 5.99万人
総再生回数 5,551,000 回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年1月11日時点。
テンプレートを表示
はつねちゃんち
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年 -
ジャンル ゲーム雑談
登録者数 4030人
総再生回数 190,437 回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年1月11日時点。
テンプレートを表示

松嶋 初音(まつしま はつね、本名:谷井 紀子(やつい のりこ)[3]1987年11月13日 - )は、日本タレント、元グラビアアイドル女優YouTuber東京都出身。Gオフィス所属。夫はエレキコミックやついいちろう

来歴[編集]

2004年、現役高校生として「ミスマガジン2004」の審査員特別賞を獲得し、本格的にグラビアデビュー。「はちゅ」の愛称で妹系グラビアアイドルとして活動。

2005年10月、『ミニスカポリス7ティ〜ン』の13代目ポリスに抜擢。

2006年6月、連続ドラマとしては初のレギュラーとなった深夜ドラマ『アキハバラ@DEEP』において、今までのイメージとは正反対のキャラクターである「イズム」役を演じる。

2008年9月、それまで所属していたアンセムの解散に伴い、ハーモニープロモーションに移籍。

2013年11月14日エレキコミックやついいちろうと入籍[4]

2014年4月ハーモニープロモーションとの契約満了に伴い、Gオフィスへ移籍[5]

2023年、自身が主催する怪談イベント「TEPPAN HORROR NIGHT!!!」が全7回(1月・3月・5月・7月・8月・10月・12月)で開催予定[6]

エピソード[編集]

人物[編集]

祖母は宮城県仙台市イタコ(ただし、松嶋本人によれば一般的にイメージされるイタコとは違うらしい)をしており、母や自身も霊感体質だという。その影響で、自身も幼少期より様々な心霊体験や不思議な経験をしており、それが原因で学生時代はいじめを受けていた。芸能界に入った後に自身の心霊体験を怪談として話していたが、2015年8月11日に放送された「有田チルドレン」内の企画「次世代 心霊タレントオーディション」に出演した際に、自身の怪談について悪意ある言動をされたことや、番組側から意に沿わない対応や編集をされたことに当時のマネージャーと所属事務所のスタッフが激怒し、自身も深く傷ついたことから、それ以降は事務所の意向もありしばらくはテレビ番組で怪談を話すことを辞めていた(一時は怪談を語ること自体封印していた)。しかし、2021年に開催された夫のやついいちろうが主催したイベント「YATSUI FESTIVAL! 2021」の楽屋で、当イベントに出演していた島田秀平号泣)と久々に再会した際に、島田のYouTubeチャンネルである「島田秀平のお怪談巡り」へ出演依頼をされ、「お怪談巡り」内で自身の怪談を披露したところ様々な反響が寄せられたことから、これをきっかけに封印していた怪談を解禁し、現在は自身のYouTubeチャンネルである「はつねちゃんねる」をはじめとして、テレビやイベントなど様々な媒体で怪談を語っている[7]。また、怪談を解禁した後は自身の体験談だけではなく、一般の人による体験談や創作怪談を朗読する「初音怪異談」を自身のYouTubeチャンネルで行っている。

しかし、自身の怪談が創作ではなくあくまで実体験であることから、いわゆる大会(チャンピオンシップ)のような順位や優劣をつけるイベントには懐疑的であるため、2022年6月17日に更新した「はつねちゃんねる」内の動画で、以降は順位をつけるような怪談の大会への出場は辞める主旨の発言をしている(それ以外の怪談イベントには引き続き出演するほか、過去に出場した大会も本人の意思ではなく、当時の所属事務所が決めた仕事であり、既に出場が決まった後に知らされていたことを明かしている)[8]

趣味・嗜好[編集]

無類のゲーム好きであり、10代後半からファミ通などの雑誌にも度々登場しているほか、かつては自身のブログでXbox 360フレンドを募集していたこともある。現在でも、自身のYouTubeチャンネルでゲーム配信を行っているほか、2015年からはソニー・コンピュータエンタテインメント(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメント)が主催するイベント「PlayStation Awards(現・PlayStation Partner Awards)」のアシスタントMCも務めている[9][10][11][12][13][14][15]

また、ガレージキット作りを趣味としており、こちらも自身のYouTubeチャンネルで制作の様子を投稿している[16]ほか、エフェクト・アーティストのスクリーミング・マッド・ジョージのファンであり、彼の作品を数点所有している[17]

さらに「は本当にやめられない」と発言する[18]ほどの酒好きであり、「はつねちゃんねる」で月に1度のペースで、お酒を飲みながら雑談をする生配信「スナックはつね」を行っているほか、サブチャンネルの「はつねちゃんち」ではお酒を飲みながらゲームをする、いわゆる「飲みゲー配信」も行っている。

その他[編集]

  • 芸能人女子フットサルチーム「ミスマガジン」の元メンバーであった。
  • スキューバダイビング(OWD)免許を取得しており、番組取材でもダイビングする機会が度々ある。また2015年には二級小型船舶操縦士の免許を取得している[19]
  • メディアに出ている時は軽妙な語り口であるが、グラビアアイドル時代から友達が全然作れず、同じ番組に出演していた共演者と番組中で会話をするようになっても、その番組が最終回を迎えるまで全く連絡先を交換しないまま終わったり、そもそも収録以外では一度も話をしたことがないというほど女子に対するコミュニケーション能力がないことを自称している[20]。また、収録先で用意された大部屋の楽屋内でも、誰とも喋らずに部屋の隅に居るなどしたため、後に当時の共演者と会った際に「あの時すごい怖くて……」と言われてしまった[21]
  • 一時的にテレビ番組への出演を控えていた時期があり、当時はSNS上で「消えた」「干された」と書かれたりもしていたが、これは松嶋本人によれば、当時のテレビ業界はいわゆるパワハラのようなことが堂々と行われており、自身もその被害に遭ったことで辛い思いをしたため、自身を守るために事務所にテレビに出たくない主旨の内容を伝えて、自らの意思で出演を控えていたためであった[22]
  • 怪談を辞めていた時期には自身の身のまわりでもあまり心霊現象が現れなくなっていたことから、「(そういう力は)無くなった」と各所で言っていたものの、2021年に解禁して以降はまた現れはじめてるといい、2022年に開催されたイベント「ネットホラーフェスティバル2022」に出演した際に、会場にいたお坊さんにイベントの閉会式後に相談したところ、「あなた、凄い霊感お強いでしょう?お認めになったほうがいいですよ」「(「無くなった」と周りに言うことに対して)そういうことはやめて、ちゃんと感じられる人だっていうのを認めたほうが生きやすくなりますよ」とアドバイスされた[23]
  • 前述の通り、幼少期より様々な心霊体験をしてきているが、幼少の頃は霊的な存在と遭遇してしまった際に親指を隠す癖があった(本人いわく、「霊柩車を見た時は親指を隠す」という俗信から来ているもので、視えたことを母に悟られないように堪えるためだったと語っている)。自身の怪談を話す際も、過去に心ない言葉を言われた経験から、誤解がないように事前に説明をしてから話しはじめるようにしているが、母と話す際にはそれをしなくても良いためとても楽だと語っている[17]
  • 顔の右半分に兄がいると自著「初音怪談 初音と小さなおじさんのこと」で記しており、主にお金の計算などの算数数学が絡む場面で出てくると語っているが、その様子をゲームクリエイター柴田誠が飲み会で松嶋と同席した際に目撃しており、後に「はつねちゃんねる」内の動画でゲスト出演した際にそのエピソードを語っている[24]
  • 2006年1月10日に、当時はまだ未成年だったにも関わらず、飲酒を示唆する記事をブログに投稿してしまったことで炎上し、週刊誌で取り上げられたことがある。
  • 2006年に放送されたテレビドラマ『アキハバラ@DEEP』(原作・石田衣良)において、松嶋は主要な登場人物である「イズム」役で出演している。しかし、当初は原作でも女性である「アキラ」役のオーディションを受けており、それが監督大根仁の目に留まったことから「何とかして使いたい」と、原作では男性だったイズムを女性に変更して起用された(しかし、収録初日にNGを連発してしまい、大根から「お前のことなんて呼ばなきゃよかった」と言われてしまった)[21]
  • また、『アキハバラ@DEEP』のコメンタリーで、現在使っている名前が本名であるかという話題になったが、松嶋だけ本名ではないことが発覚し、後に自身のブログやニコニコ生放送の番組にて、本名が「紀子」(のりこ)であると明かしている[25]
  • 2007年6月18日に渋谷O-crestで行われたライブ『GIRLs-RockPop stadium vol.17』に出演した際に、来場したファンの身勝手な振る舞い(「舞台上に服を投げる」「周りの人を突き飛ばす」など)について、実際に会場で怪我人も出たことから、後に自身のブログで糾弾した[26]
  • 2008年5月頃にモヤモヤ病のような症状(視界が真っ白になるほどの頭痛や失神などの脳の血行障害)を訴え、仕事を続けながら精密検査を受けた。結果としてはモヤモヤ病ではなかったが、今後も定期的に検査をするという[27]
  • 自身がMCを務めていたニコニコ生放送の番組『とりあえず生中(二杯目)』(音楽の日)の2010年2月3日放送回で、ゲストのalanから届いたメールに「ヘン顔して」というお願いがあり、松嶋自身も顔物真似「アンパンコさん」(アンパンマン)を披露した。
  • 長年顎変形症嚙み合わせが合わないことに起因する症状に悩まされており、を見ることも苦痛になるほどコンプレックスになっていた[28]が、2020年7月に左右のの長さを揃える外科手術を受けた[29]。また、手術前に行った術前矯正をした場所は、かつて夫のやついの歯並びを矯正した歯科医院と同じ場所であった[30]

現在の出演[編集]

テレビ[編集]

不定期出演

インターネット[編集]

  • ニコニコ生放送 - 主に政治系特番の司会を担当
  • 国際ニコニコ映画祭(不定期開催、ニコニコ生放送) - 審査員

過去の出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

インターネット[編集]

  • ミニスカポリス7ティ〜ン(2005年10月 - 2006年、GyaO) - 13代目ポリス
  • 溜池Now(GyaO) - 不定期、溜池会会員No.003
  • とりあえず生中(仮)(2009年4月 - 9月、ニコニコ生放送) - 火曜日パーソナリティ
  • とりあえず生中(二杯目)(2009年10月 - 2010年3月、ニコニコ生放送) - 水曜日パーソナリティ
  • 夏だ!祭りだ!コメントだ!ニコニコ動画12時間ぶっ通し生放送!!!(2009年7月30日、ニコニコ生放送)
  • 第45回衆院選開票速報!ニコニコ総選挙特番2009!(2009年8月30日、ニコニコ生放送)
  • Games for Windowsスペシャル『エイジ オブ エンパイア III』ナイト(2009年11月29日、ニコニコ生放送)
  • とりあえず生中(三杯目)(2010年4月 - 、ニコニコ生放送) - 金曜日パーソナリティ
  • ニコ厨井戸端会議(2009年 - 、ニコニコ生放送) - 毎月一回放送、MC担当
  • インスピQ - ウェイバックマシン(2006年4月8日アーカイブ分) - OCNオリジナルの脳トレできる無料動画番組
  • ファミ通ゲームチャンネル(au EZチャンネル) - 毎週金曜日に動画配信
  • 気になるアイツJuホームページ内) - 毎月5のつく日(5日・15日・25日)にコラム更新
  • コイカツ 恋愛ノウハウトークライブvol.2(2011年9月23日、マシェリバラエティマシェバラ)
  • 角谷浩一と松嶋初音のニュースバックヤード(2011年7月12日 - 2012年8月28日、ニコニコ生放送) - ラジオ風
  • 松嶋初音の放課後クラブ(2013年8月 - 12月、Youtube)
  • ニコニコ23時間テレビ(2014年7月19日 - 20日、ニコニコ生放送)
  • niconico✕LINE LIVE【参院選2016】開票特番 当確予測一斉発表(2016年7月10日、ニコニコ生放送)

DVD[編集]

ゲーム[編集]

ネットラジオ[編集]

  • 松嶋初音BONE

ネットドラマ[編集]

  • HEART BEAT FREAKS

舞台[編集]

携帯サイト[編集]

  • どっきりクイーン
  • 女子高生株塾(EZチャンネル)

作品[編集]

ドラマDVD[編集]

イメージビデオ[編集]

  • HACHU(2004年5月21日、トリコロール)
  • EIGHT(2004年8月26日、レイフル)
  • ミスマガジン2004 松嶋初音(2004年10月21日、バップ
  • はちゅろり(2005年3月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • うるるるるん(2005年6月25日、フォーサイド・ドット・コム
  • my sound(2006年2月24日、ジェネオンエンタテインメント
  • ミニスカポリス7ティ~ン 緊急指令!グラビアライブ 悩殺コスプレ編(2006年11月10日、TLIP)
  • ミニスカポリス7ティ~ン ポリスのサイパン特別任務 たっぷり水着編(2006年11月10日、TLIP)
  • 初音色(2006年12月25日、GPミュージアムソフト、監督:森敦司
  • なんだか自由に作ってみました(2007年8月、ジャパンホームビデオ)

書籍[編集]

共著[編集]

写真集[編集]

連載[編集]

  • 「アイドル井戸端コラム」BREAK Max(コアマガジン
  • 「爆笑おっぱい座談会」:出会ったグラビアアイドルの胸を全て触ってきたというほど乳に対して強い思いを持っている。2007年10号にて引用。 BREAK Max(コアマガジン)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ http://p.twpl.jp/show/large/hvqEA
  2. ^ 公式サイト
  3. ^ 私が初詣であがった神社はどこでしょな - YouTube(2023年1月11日閲覧)
  4. ^ 松嶋初音、エレコミ「やつい」と入籍 深夜のブログで「素敵な家庭を作っていけたら」”. j-castニュース (2013年11月17日). 2020年8月1日閲覧。
  5. ^ 所属事務所について
  6. ^ 【TEPPAN HORROR NIGHT!!! Vol.01】のチケット情報・予約・購入・販売 - ライヴポケット(2022年12月10日閲覧)
  7. ^ 【茶屋町怪談公式:動画版】ガチの心霊体質を持つ松嶋初音降臨、幼少期からの体験、心霊体質ゆえの壮絶体験も、心霊体質は祖母からの遺伝!?「松原タニシの恐味津々」#87【ゲスト:松嶋初音】 - YouTube(2022年12月10日閲覧)
  8. ^ 怪談大会についての想いを火鍋食べつつ語らせてください - YouTube(2022年12月10日閲覧)
  9. ^ “PlayStation Awards 2015”の公式生中継番組の放送が決定 スペシャルゲストとして鈴木史朗さんも出演 - ファミ通.com(2022年12月11日閲覧)
  10. ^ 12月13日開催“PlayStation Awards 2016”がYouTube Liveで生配信! ゲーム好き芸人を招いた公式企画番組も - ファミ通.com(2022年12月11日閲覧)
  11. ^ “PlayStation Awards 2017” 11月30日17時よりYouTubeでライブ配信が決定 - ファミ通.com(2022年12月11日閲覧)
  12. ^ “PlayStation Awards 2018”の模様がYouTube LIVEにてライブ配信決定! 司会はジョン・カビラ&松嶋初音 - ファミ通.com(2022年12月11日閲覧)
  13. ^ 2019年のプレイステーション®を盛り上げたタイトルとクリエイターの感謝祭! 「PS Awards 2019」レポート – PlayStation.Blog 日本語(2022年12月11日閲覧)
  14. ^ 「PlayStation®Partner Awards 2020 Japan Asia」本日開催! – PlayStation.Blog 日本語(2022年12月11日閲覧)
  15. ^ プレイステーション®の2022年を盛り上げたタイトルとクリエイターに感謝を! 「PS Partner Awards 2022」レポート – PlayStation.Blog 日本語(2022年12月11日閲覧)
  16. ^ 【ガレキ】インドで生きてるインドサイを頑張って再現したんだ。 - YouTube(2022年12月11日閲覧)
  17. ^ a b 実家に帰って霊感ママと久しぶりに交信した - YouTube(2022年12月10日閲覧)
  18. ^ 徐々に体積を増やし続ける女が抗う話 - YouTube(2022年12月11日閲覧)
  19. ^ “船舶免許取得!”. 公式ブログ『松嶋す。』. (2015年9月11日). https://ameblo.jp/matsushimasu/entry-12072106937.html 
  20. ^ やること満載野村萬斎の昼飯 - YouTube(2022年12月11日閲覧)
  21. ^ a b 【野水伊織ちゃん】怪談系チャンネルでよく見かける彼女と話したら共通点のオンパレードだった - YouTube(2022年12月10日閲覧)
  22. ^ 【一万人記念】誰ですか?メイクしながら質問に答えていこうとか言ったの。 - YouTube(2022年12月11日閲覧)
  23. ^ 【茶屋町怪談公式:動画版】ガチの心霊体質を持つ松嶋初音の仰天エピソードの数々、タクシー運転手がチラチラ見てくると思ったらそれは!?「松原タニシの恐味津々」第88回【ゲスト:松嶋初音】 - YouTube(2022年12月12日閲覧)
  24. ^ 【激ヤバ】私の顔半分が実は○○だったのを見た!超有名ホラーゲームディレクターと語らいました【スナックはつねはなれ#3】 - YouTube(2022年12月11日閲覧)
  25. ^ “オロゴ”. 公式ブログ『松嶋す。』. (2007年11月12日). https://ameblo.jp/matsushimasu/entry-10055053046.html 
  26. ^ “今日は”. 公式ブログ『松嶋す。』. (2007年6月18日). https://ameblo.jp/matsushimasu/entry-10037118873.html 
  27. ^ “心配かけました”. 公式ブログ『松嶋す。』. (2008年5月20日). https://ameblo.jp/matsushimasu/entry-10098473750.html 
  28. ^ 【ダウンタイム中】メイクしながら顎の話とかした。 - YouTube(2022年12月11日閲覧)
  29. ^ 【顎変形症】長年曲がってた顔を直してきました。【ルフォー+SSRO】 - YouTube(2022年12月10日閲覧)
  30. ^ 質問に答えていく!!【顎変形症】 - YouTube(2022年12月10日閲覧)
  31. ^ ホラー短歌の世界へようこそ”. NHKオンライン. NHK (2022年). 2022年8月18日閲覧。
    1分で怖いホラー短歌(3)わすれもの”. NHKオンライン. NHK (2022年8月). 2022年8月18日閲覧。
    1分で怖いホラー短歌(6)家になにかが”. NHKオンライン. NHK (2022年8月). 2022年8月18日閲覧。
  32. ^ 松嶋初音 [@HATSUNEXJAPAN] (2022年8月12日). "「NHK総合にて放送になる『ホラー短歌の世界へようこそ』という実話怪談を元にした作品に語り部として出演致します!」8月17日23:45~「わすれもの」8月23日23:45~「家になにかが」" (ツイート). Twitterより2022年8月18日閲覧
    松嶋初音 [@HATSUNEXJAPAN] (2022年8月18日). "「昨夜の放送が好評で良かったです」「オフショット投下しておきますね」第3夜 わすれもの" (ツイート). Twitterより2022年8月18日閲覧

外部リンク[編集]