1980 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1980(イチキューハチマル)は、ケラリーノ・サンドロヴィッチが監督した日本映画2003年12月6日公開。

概要[編集]

ケラリーノ・サンドロヴィッチが、初の映画監督を務めた映画。

1980年を舞台に、三姉妹(ともさかりえ犬山イヌコ蒼井優)の恋愛模様や生活を描いたコメディー。

忌野清志郎がカメオ出演している。音楽番組で共演した及川光博が収録終了後に撮影現場へ向かう際に、『俺も行こうかな。』とついてきたのがキッカケ。現場にて及川が監督へ直訴し出演が決定した。

あらすじ[編集]

1980年12月9日。東京の星隆高校にアイドルの一之江キリナ、本名・羽柴レイコが現われる。彼女は、これまで1年間失踪し、芸能生活に見切りをつけ、この母校で英語の教師に就くため教育実習にやって来たのだった。この突然の事態に、レイコを知る姉で同校教師の歌川カナエとレイコの妹で同校2年のリカは、不安を覚える。そんな三姉妹はそれぞれに問題を抱えていた。リカはボーイフレンドに頼まれて出演した映研の映画で最終日にヌード・シーンが待っていた。カナエは夫のノーパン喫茶通いに怒り、そしてレイコは元マネージャー瀬戸と揉め事を起こしていた。

キャスト[編集]

橋本真実峯村リエ三宅弘城松永玲子勝地涼大倉孝二閔東旭ほか

スタッフ[編集]

  • プロデュース:林哲次、榎本憲男
  • 脚本、監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
  • 音楽:岸野雄一
  • 劇中挿画:蛭子能収
  • シナリオ協力:榎本憲男

外部リンク[編集]