AI崩壊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
AI崩壊
監督 入江悠
脚本 入江悠
製作 北島直明(企画・プロデューサー)
製作総指揮 伊藤響
松橋真三
出演者 大沢たかお
賀来賢人
広瀬アリス
岩田剛典
髙嶋政宏
芦名星
玉城ティナ
余貴美子
松嶋菜々子
三浦友和
音楽 横山克
主題歌 AI『僕らを待つ場所』
撮影 阿藤正一
編集 今井剛
制作会社 CREDEUS
製作会社 映画「AI崩壊」製作委員会
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 日本の旗 2020年1月31日
上映時間 131分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

AI崩壊』(えーあいほうかい)は、2020年1月31日に全国公開された日本SFパニック映画。『22年目の告白 -私が殺人犯です-』の監督・入江悠によるオリジナル脚本。主演は大沢たかお[1]。2030年の日本を舞台に、突如として暴走を始めたAIとそれを阻止しようと奔走する天才科学者の攻防を描く[2]

キャッチコピーは「その日、AIが命の選別を始めた」。

あらすじ[編集]

舞台は(公開時点から10年後の)2030年高齢化格差社会が進展し、人口の4割が高齢者と生活保護者となり、医療人工知能 (AI) 「のぞみ」が全国民の個人情報等を管理していた。そんなある日、「のぞみ」が突如として暴走を開始、“人間の生きる価値”を勝手に選別し始め、生きる価値がないと判定された人間の殺戮を開始した。警察は「のぞみ」を暴走させたテロリストが「のぞみ」の開発者である天才科学者・桐生浩介だと断定。逃亡する桐生をAI監視システムを駆使して追跡する。事件のカギを握るのは、桐生と、「のぞみ」を管理していた桐生の義弟・西村悟。桐生は警察の追っ手から逃れながら、AIの暴走を阻止しようと奔走する[2]

登場人物[編集]

桐生浩介
演 - 大沢たかお
画期的なAI「のぞみ」を開発した天才科学者。AIの不認可故に妻を失い娘を連れてシンガポールへ移住。
西村悟
演 - 賀来賢人[1]
浩介の義弟。浩介の開発したAIの運営と管理を行っているHOPE社の代表取締役。
奥瀬久未
演 - 広瀬アリス[1]
警視庁捜査一課の新米の刑事。合田とペアを組む。
桜庭誠
演 - 岩田剛典[1]
警察庁警備局の理事官。サイバー犯罪対策課を指揮する。
望月剣
演 - 髙嶋政宏
サイバー犯罪対策課係長。桜庭の部下。
林原舞花
演 - 芦名星
サイバー犯罪対策課捜査官。桜庭の部下。
飯田眞子
演 - 玉城ティナ
HOPE社の社員で、有能な広報担当。
橋本翔太
演 - 中野剛
田中英子
演 - 余貴美子
初の女性内閣総理大臣
岸謙作
演 - 酒向芳
副総理。田中総理死去直後に総理に就任。国家保安法案を推し進めている。
桐生心
演 - 田牧そら
浩介の一人娘。日本への帰国を切望していた。
桐生望
演 - 松嶋菜々子[3]
浩介の妻。悟の実姉。浩介と一緒にAI「のぞみ」の研究をしていたがガンにより死去。生存中にAI「のぞみ」が認可されていれば治療法が発見されて生きながらえた可能性があるとされる。
合田京一
演 - 三浦友和[1]
定年が近い所轄のベテラン刑事。奥瀬とペアを組む。桜庭とは捜査方針で対立する。
前川健吾
演 - 野間口徹[4]
HOPE社データセンター所長。
大河原宏
演 - マギー[5]
HOPE社の広報担当。
一ノ瀬湊
演 - 黒田大輔[6]
HOPE社の天才エンジニア。
富永英人
演 - 毎熊克哉[7]
デイリーポストの編集者。

スタッフ[編集]

製作[編集]

脚本
監督の入江は「人工知能とはどういうものなのかを知ってもらう」ことが本作を製作することとなったきっかけであると語り、前後10年で1番インパクトのある技術的発展である人工知能を、ハリウッド映画のターミネーターのような姿にせず生活に身近なものとして捉えることで、人工知能の持つポテンシャルや怖さを実感できるのではないかと考えたという[9]
日本を代表するAI研究者への取材などを重ね、20稿に及ぶ改稿が行われた[10]。また、厚生労働省が発表する高齢化・少子化に関する10年後の予測数値を参考にするなど、より現実的な未来が描かれている[11]
撮影
舞台となる2030年代の日本を表現するにあたり、格差の広がりと超高齢化社会を想定し、街中の歩行者などに高齢者やホームレスを多く配置するなど時代観の工夫が凝らされた[12]。CGや千葉県内の倉庫に組み立てられた巨大なセットを使った撮影のみならず、名古屋や大阪での追跡劇など各地でのロケにもこだわりをみせた[13]。また、入江は自ら人工知能学会に入会して取材を行うなど、リアリティと緻密さにこだわり「『現代と少し先の未来はこういうところが変わっているのか』と気づいてもらえるよう努力した」と述べている[12]
2018年12月22日にクランクインし[10]、2019年2月26日にクランクアップした[12]
主題歌
主題歌にはAIが起用され、楽曲『僕らを待つ場所』が本作のために書き下ろされた。AIはこの曲について「温かい生の声を伝えるために今までの曲の中でも最もシンプルな音にし、映画のイメージがもつ機械的な音を避けた」と述べている[8]。また、監督の入江はAIを起用した理由について、「『AI VS 人間』ではなく『AIを取り扱う人間』が描かれる本作において、ソウルフルなシンガーであるAIの力強い歌声が必要だった」と語っている[8]

封切り[編集]

2020年1月31日に公開され、全国346スクリーンで上映された[14] 。興行通信社の映画動員ランキングでは初登場1位で、1月31日・2月1日の2日間での動員は16万5000人、興収は2億2500万円を記録した[15]

評価[編集]

キネマ旬報社が運営するKINENOTEの「キネ旬Review」では、映画評論家の川口敦子は「往年のハリウッドB級映画にいたような要となる脇役、老いぼれ+新米刑事コンビがもひとつぴりりと小気味よく機能してこない」と評価、佐野亨は本作公開日直前に人種差別発言が問題視され、AIが原因であると主張するも東京大学を懲戒解雇された工学者大澤昇平と重ねて言及した[16]

関連商品[編集]

日本国内 動画配信サービス[編集]

AI崩壊(邦画/2020)U-NEXT[17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e “大沢たかお×入江悠「AI崩壊」初映像公開、賀来賢人や岩田剛典の姿も”. 映画ナタリー. (2019年7月2日). https://natalie.mu/eiga/news/337968 2019年7月2日閲覧。 
  2. ^ a b “『AI崩壊』特報、大沢たかおが暴走するAIに翻弄される 賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリスらの姿も”. Real Sound. (2019年7月2日). https://realsound.jp/movie/2019/07/post-383574.html 2019年7月2日閲覧。 
  3. ^ “松嶋菜々子、5度目の共演・大沢たかおと初の夫婦役「私のことが好きで指名してるでしょ」”. ORICON NEWS. (2019年10月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2146104/full/ 2019年10月8日閲覧。 
  4. ^ 映画『AI崩壊』公式 [@AI_houkai]. "日本映画界を代表する豪華実力派・個性派キャストがAI崩壊に集結" (ツイート). Twitterより2020年2月16日閲覧
  5. ^ 映画『AI崩壊』公式 [@AI_houkai]. "日本映画界を代表する豪華実力派・個性派キャストがAI崩壊に集結" (ツイート). Twitterより2020年2月16日閲覧
  6. ^ 映画『AI崩壊』公式 [@AI_houkai]. "日本映画界を代表する豪華実力派・個性派キャストがAI崩壊に集結" (ツイート). Twitterより2020年2月16日閲覧
  7. ^ 映画『AI崩壊』公式 [@AI_houkai]. "日本映画界を代表する豪華実力派・個性派キャストがAI崩壊に集結" (ツイート). Twitterより2020年2月16日閲覧
  8. ^ a b c “大沢たかおを岩田剛典が追い詰める「AI崩壊」予告、主題歌はAIが担当”. 映画ナタリー. (2019年10月28日). https://natalie.mu/eiga/news/352915 2019年10月28日閲覧。 
  9. ^ 「自分の生活に身近なものとして捉えてくれたら」 入江悠監督、オリジナル脚本で挑んだ“日常の延長線上”にある「AI崩壊」”. ねとらぼエンタ (2020年1月31日). 2020年1月31日閲覧。
  10. ^ a b 大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典らが入江悠の新作「AI崩壊」で共演”. 映画ナタリー (2018年12月15日). 2019年11月5日閲覧。
  11. ^ 映画『AI崩壊』公式 [@AI_houkai]. "#AI崩壊 のここがスゴイ!" (ツイート). Twitterより2019年12月23日閲覧
  12. ^ a b c 大沢たかお主演「AI崩壊」の巨大セットに潜入、入江悠は「念願が叶いました」”. 映画ナタリー (2019年11月5日). 2019年11月5日閲覧。
  13. ^ 大沢たかお、2年の休業経て主演した「AI崩壊」は「俳優生命をかけてぶつかった」”. 映画.com (2019年12月17日). 2019年12月22日閲覧。
  14. ^ 『AI崩壊』が動員ランキング初登場1位に。『パラサイト』は3位に!”. ぴあ映画生活 (2020年2月3日). 2020年2月3日閲覧。
  15. ^ 『AI崩壊』が初登場1位を獲得!『バッドボーイズ〜』が6位、『ナイブズ・アウト〜』が8位、『嘘八百〜』が9位に初登場”. 興行通信社 (2020年2月3日). 2020年2月3日閲覧。
  16. ^ キネ旬 Review ~キネマ旬報映画レビュアーによる新作映画20本のレビュー”. キネマ旬報. 2020年3月9日閲覧。
  17. ^ U-NEXT

外部リンク[編集]