罪とか罰とか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
罪とか罰とか
監督 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
脚本 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演者 成海璃子
永山絢斗
山崎一
音楽 安田芙充央
主題歌 Sowelu
MATERIAL WORLD
撮影 釘宮慎治
編集 高橋幸一
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 2009年2月28日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

罪とか罰とか』(つみとかばつとか)は、2009年公開の日本映画成海璃子主演、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)監督。

概要[編集]

監督を務めたKERAが主宰する劇団「ナイロン100℃」の1996年公演(9th SESSION)『ビフテキと暴走』を原案として、映画作品にアレンジ。

ストーリー[編集]

万引きで捕まったことからなぜか一日警察署長をやるはめになった、B級グラビアアイドルのアヤメ(成海璃子)。そこで、刑事として働く元恋人の春樹(永山絢斗)に再会。何と春樹は殺人鬼で、この日も恋人(佐藤江梨子)を殺していた。しかし、今でも春樹を思うアヤメは、目撃者(段田安則)から受け取った証拠の品を隠そうとする。

キャスト・登場人物[編集]

売れない崖っぷちのグラビアアイドル。自分の載っている雑誌「Nadeshiko」を万引きしようとしたことから一日警察署長をさせられる。

刑事。アヤメの初恋の相手。実はシリアルキラー。

サラリーマン。趣味は通勤電車でのソフト痴漢行為。いつものコンビニでアルバイトに人違いをされて不必要なものばかりを買わされるが言い出せない。殺人の現場に遭遇し殺人犯の顔を目撃するがトラックにはねられる。

アヤメとモモのマネージャー。売れなくて落ち込むアヤメとわがままなモモに手を焼いている。デビュー直前のアヤメとモモの芸名をうっかり取り違えている。

  • 安藤サクラ 耳川モモ(売れっ子のグラビアアイドル)

アヤメの高校の友だち。どちらかというと「おくて」だったが、アヤメと一緒にスカウトされて売れっ子になると性格ががらりとかわってしまった。

コンビニ襲撃犯
警察署
芸能プロダクション・グラビア業界
コンビニ

スタッフ[編集]

記録[編集]

  • 2009年1月8日 - ノベライズ本発売
  • 2009年2月28日 - 公開、初日舞台挨拶(ケラリーノ・サンドロヴィッチ、成海璃子、犬山イヌコ、山崎一、奥菜恵、安藤サクラ)
  • 2009年8月7日 - DVD発売

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]