イヤなイヤなイヤな奴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イヤなイヤなイヤな奴」(いやないやないやなやつ)は、藤子・F・不二雄(発表時は藤子不二雄名義)の読切漫画作品。1973年(昭和48年)『ビッグコミック』4月10日号に掲載された。ゴールデンコミックス『異色短編集』第4巻などのSF短編集に収録されている。

あらすじ[編集]

宇宙時代を迎えた地球宇宙船で様々なを行き来するこの時代では、宇宙船内で長期間、限られた人員が閉ざされた環境で共同生活を送る必要があった。この生活は大変過酷であり、異常な精神状態になることは避けられなかった。そのため些細な行き違いから起こる仲間割れ、反乱、暴動という悲劇がつきものとなっていた。しかし、それを乗り切る方法があったのである。

恒星間マンモスタンカーであるレビアタン号は、アルタイルでゼム油560000トンを積載し、船員6名と共に地球へ帰還する最中であった。物語はそのレビアタン号の船内から始まるのだが、なにやら雲行きが怪しい。

登場人物[編集]

ミズモリ
整備士。賭け事などには強い。得体の知れない人間と思われており、どの仲間からも嫌われているイヤな奴である。旅も後半になった頃突如謎の行動をとり始める。
キヤマ
船長の片腕の航宙士。ヒノ機関主任と対立し始め、揉め事を起こすなど問題も多い。貧乏揺すりがある。
キンダイチ
通信士。キヤマを信頼しており、キヤマと対立するヒノからはキヤマの腰巾着と言われてしまう。アルタイルから連れ帰ったアルタイル犬(ムックと名づけられている)の世話をしている。
ヒノ
機関主任。血の気が多く、やつあたりすることもある。キヤマと対立し始めている。
ドイ
機関助手で、主任のヒノに従っている。歯をせせる癖がある。
船長
三次元クロスワード(X軸、Y軸、Z軸があるクロスワード)に凝っている。石頭なところがある。