めしばな刑事タチバナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
めしばな刑事タチバナ
ジャンル 料理・グルメ漫画
漫画
作者 原作:坂戸佐兵衛
作画:旅井とり
出版社 徳間書店
掲載誌 週刊アサヒ芸能
発表号 2010年12月30日+2011年1月6日合併号 -
巻数 既巻18巻
既刊4巻(文庫版)
テンプレート - ノート

めしばな刑事タチバナ』(めしばなでかタチバナ)は、原作:坂戸佐兵衛、作画:旅井とりによる日本料理・グルメ漫画作品である。食品・飲料の商品名やメーカー名が全て実名で登場する。『週刊アサヒ芸能』(徳間書店)で2010年12月30日+2011年1月6日合併号から連載されており、2015年6月現在既刊18巻。話数表記は「第○ばな」。

2013年4月にテレビ東京系でテレビドラマ化された。

ストーリー[編集]

城西署の刑事であるタチバナが、牛丼カップ焼きそばなどB級・C級グルメについて幅広い薀蓄を熱く語っていく。

従来のグルメ漫画と趣を異にするのは、素材・栄養・調理法などに触れることが非常に少なく、店のサービス体制や歴史、あるいはその食品のコンセプト・価格・登場した時代背景や変遷に焦点をあて、さらには食べるシチュエーション・食べ方・食感にまで言及しておきながら味のことにはほとんど触れず、題材となる食材への「愛情」を語り尽くす点にある。

登場人物[編集]

城西署[編集]

刑事課[編集]

立花(たちばな)
この漫画の主人公。城西署刑事課警部。元は本庁勤務のエリートだったが、あることが原因で城西署へ左遷された。40代で独身。自身のめしばな論を広げるために休日は全国各地を回って散財しているため、貯蓄はあまりない。村中・並木たち婦警が結成した「甘味部」の名誉顧問でもあるが、時々損な役目をさせられることがある。なお、ドラマ版では最終回で警視庁に復職した。
本作品の「めしばな」の大部分を一手に引き受けて語る語り部である。抑えているジャンルは幅広く、ファストフードチェーンやB級グルメや冷凍食品や、ご当地グルメ・駄菓子・スイーツに加え、コンビニやスーパーに売っている即席料理系の差異や「ちょい足し」、ファミリーレストランの展開の歴史的経緯を踏まえたメニューの変遷、自身の食べ歩きの記憶に基づいたラーメンブームの研究から、果てはファストフードチェーンの海外展開や海外独自のインスタントラーメンブームについてまで、実食した体験を踏まえて大いに語ることができる。食事として興味を持った物はそれに関するウンチクも調べるため、その知識量も膨大。さらに、ほぼどんな食品に関しても「好みには合わない」と言うことはあっても酷評することはないため、城西署の人間からはその食の知識に対する信頼は厚い。その知識のみならず話しぶりにも人を引き込む力がある。
弱点としては、上記通り様々な食べ歩きや、気になったジャンルの食品を食べ比べるために店頭でのまとめ買い(本人は「食っ引く」と呼ぶ)などを繰り返すためやや金欠気味で、高級料理には年齢に反して未食が多い。時々まとまった金を使うこともあるのだがそれも「高級料理を食べる」ではなく「海外に行ってファストフードの研究をする」といった使い方である。
五島(ごとう)
タチバナの同僚の若手警部補。タチバナへの突っ込み役。高級料理が好きなおぼっちゃまで、時おり高級料理について語ろうとするが、タチバナたちに理解されず、途中で遮られる。
生まれも育ちも良いためタチバナ達と話が合わないことも多々あるが、学生時代にファミリーレストランに通った思い出を持つなど、歳相応のめしばなはできる。タチバナが城西署に赴任した日からの付き合いであるためつい話が長くなりがちなタチバナの話の打ち切り方も一番心得ており、並木に「あしらい方が敏腕キャバ嬢レベル」と言わせるほど。
村中
女性警官。的確かつ冷静な意見を突き出し、五島とともにタチバナに対する突っ込み役の双璧を成す。署内で活動する甘味部の設立メンバー。もとは陸上部の経験を活かし、タチバナのダイエット活動の面倒をみることもある。九州出身で九州の食ネタには鋭く反応する。
韮沢(にらさわ)
城西署の刑事課長。時折原理主義と皮肉られるように、頑固で食事のこだわりに関しては一歩も譲らないため、しばしばタチバナと対立することがあるが、時には意気投合し一緒に食事に出かけることもある。「食事は時間をかけないほど美味い(良い)」という信条から即席麺は時間短縮派。痔持ちなので辛い食べ物は苦手。妻子とは別居中。
独身かつ平刑事であるのをいいことに好き放題食べて散財するタチバナとは対極的に、限られた予算や時間の中でいかにストレスなく食生活を満足させるかという方向に造形が深い。さらには暖かい家庭から別居による独身生活に戻されるという独自の境遇から、タチバナと同じ「独り飯」でありながらより「中年男性の悲哀」を感じさせるめしばなが多い。とはいえ、タチバナとは同世代かつ食への飽くなき探求心という点では同類であるため、本質的な点ではタチバナと一致し気が合うことが多い。
今野
城西署副署長。他の面々の知識や熱狂的な思い入れについていけないことが多く、言うことがしばしば空振る。出世欲は強く、本庁などのお偉方に非常に低姿勢。
タチバナや韮沢ほどのこだわりを持って日々の食生活を送ってはいなかったが、タチバナが赴任したことによる影響は少なくないようで、タチバナからの受け売りであるめしばなを家で妻に披露するなどしている。また、タチバナが挙げた商品や店舗名で世代的にストライクなものにもきっちり反応する。
志波(しば)
刑事課の同僚。無類のアイス好きで、タチバナからは親しみを込めてアイスの志波さんと呼ばれる。甘党で下戸だが激辛系も得意。関西の食ネタに強い。
タチバナがよくめしばなを披露していた五島や村中、韮沢たちと比較すると「世代」「味覚」「地域」いずれもマイノリティ側になるため初期は積極的にめしばなに入っては来なかった。しかしタチバナがそれら全てをカバーできるほど広範な知識を有しさらに食の好みにも共通点が多いことが分かってからはかなり仲良くなり、先のマイノリティ性をむしろキャラクターとして押し出してめしばなに参加するようになった。
丸山
刑事課の同僚。タチバナと好みが合うことが多い。取引で相当な損害を出したらしく倹約中で1円単位で割り勘にするため、陰で「ケチマル」と呼ばれているらしい。
「お金に困っている」キャラクターで、「庶民的」を通り越して「貧乏臭い」レベルのめしばなを語るため、志波などには多少疎まれている。

刑事課以外[編集]

並木
生活安全課の婦警。村中の親友で、よくデザートを食べに店を転々としている内に立花とも共感し、署内サークルとして甘味部を結成した。大食いでもあり、その実力はタチバナですら敬服する「超」が付くほどのもの。
代々木
交通課の婦警。村中、並木と共に甘味部のメンバー。器量良しだが合気道の有段者で「売られたケンカは買う」と公言するなど気が強い。度々同じ甘味部の並木と「めしばな」で対立することがある。
中沢
地域課の警官。昔見たテレビドラマ『刑事コジャック』で刑事に憧れて、刑事を志望する交番勤務。出身は香川県で、うどんに関しては一家言もっている。刑事課の人間ともそれなりに交流がある。

その他の登場人物[編集]

児玉
ヤクザで、事件で逮捕されて城西署でタチバナと知り合って以来、丼もの飲食店系のめしばなについて語り合う。刑務所を出所してカタギになった後は、檀家(情報提供者)としてときおりタチバナのもとへ現れ、丼ものチェーン店の話題に花を咲かす。牛丼屋はすき家派。15巻で沖縄に引っ越していたことが判明した。
竹原
怪しげな稼業を営む立花の檀家だがどちらかというと趣味友達に近く、捜査にはまるで役に立っていない。天下一品やラーメンについてタチバナと語る。天一ラーメンに関してはこってり派で、タチバナと「こってり一筋」を貫き通すと誓い合ったほどだったが、とある切っ掛けで意図せず「あっさり」を食したことを懺悔していた。
ドラマでは女装趣味のおネエキャラに変更され、山田うどんを始めとした様々な飲食チェーン店の限定メニューについてタチバナと情報交換し、日本各地を食べ回っている。ドラマ版の竹原が天下一品に通っているという事実は確認できない。
早川
メーカー系の営業職に務めるタチバナの友人。通称「カレーの早川くん」。年間300食以上カレーを食する。カレーに対して並々ならぬ知識を持ち、その有用性はタチバナに「彼の死は日本カレー界の損失」と言わしめるほど。ストイックな性格で、原作ではその顔を描かれない。
富岡
化石採掘の仕事をしているタチバナの友人。通称「トミー」。料理チェーンなどでは無く断続的に1つの素材の商品をひたすら食べ比べるが、研究や考察をする訳でもなく、殆ど何も考えていないため詳しくはなっていない。15巻でタチバナの冗談でかけた催眠術にかかってからは全国のご当地パン巡りをしている。並木から一方的に好かれている。

書誌情報[編集]

  1. 立ち食いそば大論争 2011年3月30日発売 ISBN 978-4-19-780487-0
  2. 牛丼サミット再び 2011年7月30日発売 ISBN 978-4-19-780504-4
  3. カップ焼きそば選手権 2011年10月8日発売 ISBN 978-4-19-780508-2
  4. アイス捜査網 2012年2月9日発売 ISBN 978-4-19-780519-8
  5. ほか弁ウォーズ 2012年4月4日発売 ISBN 978-4-19-780522-8
  6. ポテトチップス紛争 2012年8月4日発売 ISBN 978-4-19-780546-4
  7. うどん百景 2012年11月7日発売 ISBN 978-4-19-780550-1
  8. ああ激辛ブーム 2013年2月5日発売 ISBN 978-4-19-780552-5
  9. ラーメン・サバイバー 2013年4月2日発売 ISBN 978-4-19-780555-6
  10. 駄菓子ズム 2013年9月30日発売 ISBN 978-4-19-780558-7
  11. 朝食研究会 2013年11月30日発売 ISBN 978-4-19-780559-4
  12. ファミレス ナウ&ゼン 2014年2月4日発売 ISBN 978-4-19-780561-7
  13. スパゲティ・アラカルト 2014年4月3日発売 ISBN 978-4-19-780569-3
  14. チャーハン大会議 2014年7月31日発売 ISBN 978-4-19-780572-3
  15. ふりかけ・ブラボー! 2014年10月31日発売 ISBN 978-4-19-780586-0
  16. 俺の魚肉ソーセージ 2015年1月31日発売 ISBN 978-4-19-780588-4
  17. 冷凍食品オールスターズ 2015年3月31日発売 ISBN 978-4-19-780590-7
  18. ピザ・PIZZA・ピッツァ 2015年6月30日発売 ISBN 978-4-19-780591-4
文庫版
  1. 立ちそば 2014年9月27日発売 ISBN 978-4-19-780581-5
  2. 牛丼 2014年9月27日発売 ISBN 978-4-19-780582-2
  3. カップ焼きそば 2014年9月27日発売 ISBN 978-4-19-780583-9
  4. ほか弁 2014年9月27日発売 ISBN 978-4-19-780584-6

テレビドラマ[編集]

めしばな刑事タチバナ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜23:58 - 24:45(47分)
放送期間 2013年4月10日 - 7月3日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
監督 宝来忠昭
桑島憲司
矢部宏光
原作 坂戸佐兵衛・旅井とり
『めしばな刑事タチバナ』
脚本 田口佳宏
小峯裕之
プロデューサー 矢部宏光
吉見健士
出演者 佐藤二朗
小沢仁志
河西智美
鈴木身来
温水洋一
オープニング クレイジーケンバンド
「SOUL FOOD」
エンディング 河西智美
Mine
外部リンク 公式サイト

特記事項:
第2話は『やりすぎ都市伝説2013春』が拡大放送により24:23 - 25:10放送。
2013年5月15日は世界卓球2013放送のため休止。
テンプレートを表示

2013年4月10日から7月3日まで水曜23:58 - 24:45にテレビ東京系の『ソコアゲ★ナイト』水曜枠で放送された[1][2]。番組内にて飲食店の説明をするときにはウィキペディアのパロディであるメシペディアが登場している。第9話までは竹原が限定メニュー体験を話す「めしばなタレこみ」、婦警達がスイーツを食べる甘味部のコーナーがあった。

キャスト[編集]

城西警察署
その他
  • 竹原(めしばな情報屋) - 梅垣義明(第1 - 9・12話)
ゲスト
複数話登場の場合は括弧()内に表記

スタッフ[編集]

  • 原作 - 坂戸佐兵衛・旅井とり『めしばな刑事タチバナ』(週刊アサヒ芸能連載 / 徳間書店)
  • 脚本 - 田口佳宏、小峯裕之
  • 音楽 - 岩崎太整
  • 監督 - 宝来忠昭、桑島憲司、矢部宏光
  • オープニングテーマ - クレイジーケンバンド「SOUL FOOD」(ダブルジョイインターナショナル / ユニバーサルシグマ
  • エンディングテーマ - 河西智美「Mine」(CROWN GOLD[4]
  • オープニングナレーション - 阿座上洋平
  • 演出補 - 菊池武博
  • 題字 - 山口亜希
  • 技術協力 - 漣
  • 照明協力 - アペックス
  • 美術協力 - フジアール
  • プロデューサー - 矢部宏光(テレビ東京)、吉見健士(共同テレビ)
  • アソシエイトプロデューサー - 倉松誠司
  • プロデュース補 - 鈴木美奈子
  • AD - 助川美穂、北尾賢人、村上遥香
  • 制作協力 - 共同テレビ
  • 製作著作 - テレビ東京

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第一ばな 4月10日 立ち食いそば大論争 田口佳宏 宝来忠昭
第二ばな 4月17日 袋入りラーメン大捜査線
第三ばな 4月24日 カンヅメ大舌戦 小峯裕之
第四ばな 5月01日 カップ焼そば大捕物
第五ばな 5月08日 名古屋めし包囲網 田口佳宏 宝来忠昭
第六ばな 5月22日 ポテトチップス紛争
第七ばな 5月29日 牛丼サミット 桑島憲司
第八ばな 6月05日 レトルトカレー捜査網 小峯裕之 矢部宏光
第九ばな 6月12日 中華チェーン緊急配備 田口佳宏 宝来忠昭
第十ばな 6月19日 東京みやげ一斉捜査 小峯裕之
第十一ばな 6月26日 うどん広域手配
第十二ばな 7月03日 コンビニアイス大捜索 田口佳宏

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送期間 備考
関東広域圏 テレビ東京(TX) テレビ東京系列 水曜 23:58 - 24:45 2013年4月10日 - 7月3日 制作局
北海道 テレビ北海道(TVh) 同時ネット
愛知県 テレビ愛知(TVA)
大阪府 テレビ大阪(TVO)
岡山県・香川県 テレビせとうち(TSC)
福岡県 TVQ九州放送(TVQ)
滋賀県 びわ湖放送(BBC) JAITS
和歌山県 テレビ和歌山(WTV)
山形県 テレビユー山形(TUY) TBS系列 木曜 25:23 - 26:10 2013年5月2日 - 7月18日 22日遅れ
宮城県 仙台放送(OX) フジテレビ系列 金曜 14:58 - 15:48 2013年7月5日 - <ごごバラ>枠
約3カ月遅れ
鹿児島県 南日本放送(MBC) TBS系列 月 - 木曜 14:30 - 15:20 2013年7月25日 - 8月21日[5] <ひるドラII>枠
広島県 広島テレビ(HTV) 日本テレビ系列 金曜 25:04 - 25:54 2013年8月2日 - 10月18日 約4カ月遅れ
熊本県 テレビ熊本(TKU) フジテレビ系列 月1回深夜 2013年8月20日 -
テレビ東京 水曜23:58 - 24:45枠(『ソコアゲ★ナイト』水曜枠)
前番組 番組名 次番組
YOUは何しに日本へ?
【月曜18:30 - 19:54枠に移動・37分拡大して継続】
めしばな刑事タチバナ
(2013.4.10 - 2013.7.3)
孤独のグルメ Season3
(2013.7.10 - )

脚注・出典[編集]

  1. ^ めしばな刑事タチバナ:異色のB級グルメマンガが佐藤二朗主演でドラマ化”. 毎日新聞 (2013年2月21日). 2013年2月21日閲覧。
  2. ^ 佐藤二朗主演でグルメ漫画『めしばな刑事タチバナ』ドラマ化”. ORICON STYLE (2013年2月21日). 2013年2月21日閲覧。
  3. ^ a b c “AKB河西、女性警察官役で連ドラ単独初出演 ED曲も歌う”. ORICON STYLE. (2013年3月25日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2022916/full/ 2013年3月25日閲覧。 
  4. ^ 「照れくさい!」とも〜みちゃんの2ndシングルが発売決定!!”. web ザテレビジョン (2013年4月24日). 2013年4月25日閲覧。
  5. ^ 8月12日から15日は『2013世界陸上モスクワ大会』のため休止。

外部リンク[編集]