小手伸也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
こて しんや
小手 伸也
生年月日 (1973-12-25) 1973年12月25日(48歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県[1]
民族 日本人
身長 176 cm[2]
血液型 B型[1]
ジャンル 俳優声優作家演出家
活動内容 舞台映像
配偶者 既婚
主な作品
テレビドラマ
真田丸
仮面ライダーエグゼイド
コンフィデンスマンJP
SUITS/スーツ』シリーズ
私のおじさん〜WATAOJI〜
集団左遷!!
なつぞら
TOKYO MER〜走る緊急救命室〜
映画
コンフィデンスマンJP』シリーズ
TANG タング
ナレーション
ハゲタカ
テンプレートを表示

小手 伸也(こて しんや、1973年〈昭和48年〉12月25日[1][3] - )は、日本俳優声優作家演出家

神奈川県出身[1]。株式会社オフィスPSC所属。

略歴・人物[編集]

東京都立竹早高校早稲田大学教育学部卒業。同大学内の演劇サークル早稲田大学演劇倶楽部・アイスホッケー同好会に所属。大学卒業後、劇団innerchildを主宰。心理学神話に特化した劇作が多く、日本神話、特に古事記に関する造詣が深い。舞台での活動が中心だったが、2016年の『真田丸』(塙団右衛門役)で注目を集めた。2018年には『コンフィデンスマンJP』『SUITS/スーツ』に出演し、アクの強い演技を見せた。

「『シンデレラボーイ』とするには年齢が高い」として「シンデレラおじさん」と自称した[4]

俳優業でのブレイクが40代半ばであったこともあり、役者業の傍ら、長らく通販番組コールセンターでのアルバイトを務めていた[4]。役者業の多忙化に伴いシフトに入れなくなり結果「解雇」となってしまったが、『コンフィデンスマンJP』『SUITS/スーツ』で大ブレイクを遂げた2019年上半期までコールセンターでのアルバイトをしていたと言う[5]

出演作品[編集]

舞台[編集]

  • 劇団innerchild全作品(1998年 - )
  • インチャイ☆サプリ 「小手伸也のよくわかる古事記」(2011年 - )
  • オハヨウのムスメVOL.4「私の世界〜気分はラヴ・ホラー〜」(1995年2月10日 - 12日、スタジオ赤坂プレイBOX)
  • カムカムミニキーナ 「鈴木の大地」(1997年5月1日 - 27日、池袋シアターグリーン)
  • ナイロン100℃ 11th SESSION「カメラ≠万年筆」(1997年7月31日 - 8月19日、下北ザ・スズナリ)
  • 東京グローブ座10周年記念公演「どぽんど(陥人)〜ヴェニスで溺れて」(1999年3月24日 - 28日、東京グローブ座)
  • 拙者ムニエル「DX寿姫」(1999年6月7日 - 13日、下北駅前劇場)
  • 劇団☆新感線「直撃!ドラゴンロック3 轟天 対 エイリアン」(2001年11月17日 - 12月23日、赤坂ACTシアター 他)
  • 野田地図(NODA・MAP)第九回公演「オイル」 (2003年4月11日 - 6月15日、bunkamuraシアター・コクーン 他)
  • 佐野瑞樹主演「コミックジャック」(2003年7月2日 - 6日、彩の国さいたま芸術劇場 小ホール)
  • 明治座再開場10周年公演「三人吉三東青春〜さんにんきちざえどのあかつき〜」(2003年11月3日 - 24日、明治座)
  • 新国立劇場「透明人間の蒸気(ゆげ)」[6](2004年3月17日 - 4月13日、新国立劇場 中劇場)
  • TEAM 発砲・B・ZIN 「ツカエナイト」(2005年1月16日 - 2月5日、下北本多劇場 他)
  • こどもの城ネルケプランニングプロデュース「南国プールの熱い砂」(2006年7月26日 - 8月6日、青山円形劇場)
  • カムカムミニキーナ+ネルケプランニングpresents「陥人どぽんど(再演)」(2006年9月6日 - 10日、東京グローブ座)
  • *pnish* vol.11「マハラジャモード」(2009年10月24日 - 11月8日、池袋サンシャイン劇場 他)
  • BQMAP「風雲天狗‐ムーンライトセレナーデ」(2011年11月30日 - 12月4日、新宿シアターサンモール)
  • Theatre劇団子 劇団創立20周年記念 第29回公演「落人たちのブロードウェイ」(2012年9月13日 - 17日、新宿紀伊國屋ホール)
  • ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」〈2012・2013〉(2012年7月・2013年7月、東京国際フォーラム ホールC 他)
  • アトリエ・ダンカンプロデュース「青春音楽活劇 詭弁・走れメロス」(2012年12月27日 - 2013年2月2日、銀座博品館劇場 他)
  • アトリエ・ダンカンプロデュース「七変化音楽劇 有頂天家族」(2014年1月16日 - 2月8日、下北本多劇場 他)
  • 美輪明宏演出主演「黒蜥蜴」(2015年4月4日 - 9月23日、新国立劇場 中劇場 他)
  • ネルケプランニングプロデュース「コミックジャック‐RETURN2016-」(2016年1月20日 - 27日、新宿紀伊国屋サザンシアター)
  • papagenoプロデュース「青春音楽活劇 詭弁・走れメロス(再演)」(2016年4月27日 - 5月14日、新宿シアターサンモール 他)
  • AKB48舞台「マジすか学園 〜Lost In The SuperMarket〜」(2016年7月25日 - 8月5日、赤坂ACTシアター)
  • ミュージカル「黒執事 〜NOAH'S ARK CIRCUS〜」(2016年11月18日 - 12月18日、TOKYO DOME CITY HALL 他) - ケルヴィン男爵 役
  • シス・カンパニー公演(作・演出:三谷幸喜) 「子供の事情」(2017年7月8日 - 8月6日、新国立劇場 中劇場)
  • PARCOステージ公演「良い子はみんなご褒美がもらえる」[7](2019年4月20日 - 5月7日、赤坂ACTシアター / 2019年5月11日・12日、フェスティバルホール) - 医者 役
  • シス・カンパニー公演(作:ニール・サイモン/上演台本・演出:三谷幸喜) 「23階の笑い」(2020年12月5日 - 27日、世田谷パブリックシアター) - マックス・プリンス 役

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

オーディオドラマ[編集]

  • BATMAN 葬られた真実(2022年、Spotify) - ドクター・ハンター 役[38]

バラエティ番組[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

脚本提供[編集]

  • TSミュージカルファンデーション「Calli〜炎の女カルメン」(2008年5月31日 - 6月8日、銀河劇場)
  • Dステ16th×TSミュージカルファンデーション「GARANTIDO(ガランチード)」(2015年5月21日 - 26日、東京芸術劇場プレイハウス 他) - 原作
  • ソラリネ。#16 「PANGEA」(2016年11月2日 - 13日、シアターノルン)
  • 梅田芸術劇場「ROMALE 〜ロマを生き抜いた女 カルメン〜」(2018年3月 - 4月/東京芸術劇場プレイハウス、シアター・ドラマシティ) - 原作

TVCM[編集]

その他映像[編集]

  • 『進研ゼミ小6講座“みるみるOK「比」まるわかりビデオ”(ヒナンジャー編)』(ベネッセ
  • 『シネマのフチ子 マナーのススメ』(109シネマズ東急レクリエーション系列映画館)
  • MV 『We Are Confidence Man』(fox capture plan) ※五十嵐として主演
  • インターシミュレーションムービー『NICE』(日産自動車) - 長官 役

ネット動画[編集]

配信[編集]

  • 田中圭24時間テレビ(2018年12月15日21時 - 12月16日21時、AbemaSPECIAL2) - 小手伸也(本人) 役[47]

講演[編集]

  • なら記紀・万葉 古代を感じるトーク&ライブ「小手伸也のよくわかる古事記(出張版)」(2019年2月16日、奈良県御所市アザレアホール)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ シリーズ第1作「桂歌丸」では中尾明慶が演じた。
  2. ^ 2022年11月25日よりParaviにて先行配信。
  3. ^ 白石、桜井は当時。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 小手伸也の解説”. goo人名事典. 2022年1月14日閲覧。
  2. ^ 小手伸也”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2022年1月14日閲覧。
  3. ^ 小手伸也のプロフィール”. 2011年10月29日閲覧。
  4. ^ a b ““シンデレラおじさん”小手伸也 ブレーク後もバイトを続ける理由「お客様から罵倒されるときも…」”. Sponichi Annex. (2019年1月29日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/29/kiji/20190129s00041000254000c.html 2019年4月15日閲覧。 
  5. ^ 小手伸也、時給1200円バイトをクビに…あす23日が最後の出勤” (日本語). デイリースポーツ (2019年4月22日). 2019年4月22日閲覧。
  6. ^ 透明人間の蒸気 新国立劇場
  7. ^ 『良い子はみんなご褒美がもらえる』稽古場レポート~堤真一×橋本良亮(A.B.C-Z)がそれぞれの「自由」を問う SPICE(2019.4.5)
  8. ^ “小手伸也、浜辺美波と対峙する“大根侍”に!「僕自身が“奇妙の正体”そのものでした」”. テレビドガッチ (株式会社プレゼントキャスト). (2019年5月29日). https://plus.tver.jp/news/63857/detail/ 2020年5月28日閲覧。 
  9. ^ “山田裕貴“戦国最強武将”本多忠勝役 女性に奥手のキャラクター 大河ドラマ『どうする家康』追加キャスト”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年4月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2231567/full/ 2022年4月15日閲覧。 
  10. ^ “松本潤主演「どうする家康」の初回放送日が明らかに、東海先行ビジュアルも到着”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年10月30日). https://natalie.mu/eiga/news/499393 2022年10月30日閲覧。 
  11. ^ 仮面ライダーエグゼイド 第25話 New game 起動!”. 東映. 2017年3月26日閲覧。
  12. ^ “「コンフィデンスマンJP」五十嵐が主演のドラマ「IG」5夜連続放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年4月15日). https://natalie.mu/eiga/news/327973 2020年5月28日閲覧。 
  13. ^ “ナレーション・小手伸也、『ハゲタカ』最終回に出演「“出たい!”と思っていた…」”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2018年9月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2118959/ 2020年5月28日閲覧。 
  14. ^ “磯村勇斗:中島裕翔の“悪友”役で“月9”初出演 小手伸也は織田裕二のライバルに”. まんたんウェブ. (2018年9月7日). https://mantan-web.jp/article/20180907dog00m200012000c.html 2018年9月8日閲覧。 
  15. ^ “小手伸也:“シンデレラおじさん”が語る抱負 2019年は「勝負の年」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年1月9日). https://mantan-web.jp/article/20190108dog00m200053000c.html 2019年2月14日閲覧。 
  16. ^ 《2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」》アニメーション編の出演者が決定!”. NHKオンライン. 2019年3月1日閲覧。
  17. ^ “ドラマ「モトカレマニア」追加キャストに山口紗弥加、小手伸也、田中みな実ら”. コミックナタリー (ナターシャ). https://amp.natalie.mu/comic/news/344162 2019年8月27日閲覧。 
  18. ^ “松下奈緒がWOWOWドラマでヘッドハンターに、監督は「コード・ブルー」の西浦正記”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年8月23日). https://amp.natalie.mu/eiga/news/344594 2019年8月27日閲覧。 
  19. ^ “<サザエさん>穴子役で小手伸也の出演が決定!「声は若干寄せてます」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年10月4日). https://thetv.jp/news/detail/207443/ 2019年10月4日閲覧。 
  20. ^ “神木隆之介の主演ドラマ「鉄の骨」に皆川猿時、橋本良亮、小手伸也、西岡徳馬”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年2月14日). https://natalie.mu/eiga/news/367084 2020年2月14日閲覧。 
  21. ^ 開局50周年記念ドラマ 「チバケンのマツモトさん。」「ドラッグストア マツモトキヨシ」創業者・松本清の生き様を描く”. チバテレビ. 2021年5月24日閲覧。
  22. ^ 鈴木亮平主演『TOKYOMER』石田ゆり子、菜々緒、仲里依紗ら豪華キャストが決定”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年5月19日). 2021年5月22日閲覧。
  23. ^ TOKYO MER終了で小手伸也の詳しすぎる手術解説も最後に…ファン寂しがる”. デイリースポーツ (2021年9月14日). 2021年9月14日閲覧。
  24. ^ 再雇用警察官3”. 月曜プレミア8 ドラマ. テレビ東京. 2021年11月22日閲覧。
  25. ^ ドラマ「笑点をつくった男 立川談志」新春に放送、駿河太郎や篠田麻里子が出演(コメントあり)”. 映画ナタリー. ナターシャ (2021年11月19日). 2021年11月22日閲覧。
  26. ^ “浜辺美波主演の医療ドラマ『ドクターホワイト』 追加キャストに柄本佑&瀧本美織ら【コメントあり】”. ORICON NEWS. (2021年11月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2214685/ 2021年11月21日閲覧。 
  27. ^ 宮田俊哉「ドクターホワイト」に出演、“宮田・ドラマ”にキスマイメンバーから反響が”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年12月9日). 2021年12月9日閲覧。
  28. ^ “浜辺美波主演『ドクターホワイト特別編』3・28放送決定 あらすじ&場面写真解禁”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年3月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2228361/full/ 2022年3月22日閲覧。 
  29. ^ “堺雅人が絶対にだませない詐欺師に、門脇麦と10億円狙うコメディドラマ放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年3月9日). https://natalie.mu/eiga/news/468669 2022年3月9日閲覧。 
  30. ^ “『捜査一課長』初回ゲストに「今日好き」石川翔鈴が登場 “時空を超えた”難事件を描く”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年4月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2231136/full/ 2022年4月12日閲覧。 
  31. ^ 江口のりこ主演『ソロ活女子のススメ2』藤原樹、佐伯大地、卓球の水谷隼らゲスト出演”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年3月11日). 2022年3月11日閲覧。
  32. ^ “「女性の楽屋にいなければいけないと思ってしまって...」小手伸也が体験した「何かおかしい」不思議な出来事”. テレ東プラス (テレビ東京). (2022年6月28日). https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/drama/entry/2022/026227.html 2022年10月15日閲覧。 
  33. ^ "『何かおかしい2』シーズン1主演の濱正悟や小手伸也、えなこ、松村沙友理ら出演!5~8話の配信日決定". TV LIFE web. ワン・パブリッシング. 4 October 2022. 2022年10月15日閲覧
  34. ^ “小手伸也&堀田真由、玉森裕太主演『祈りのカルテ』にゲスト出演決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年10月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2253991/full/ 2022年10月23日閲覧。 
  35. ^ “吉野北人が「スタンドUPスタート」で竜星涼の仲間役、高橋克実と鈴木浩介はコンビに”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年11月23日). https://natalie.mu/eiga/news/502348 2022年11月23日閲覧。 
  36. ^ 小手伸也、『死神さん』第1話にゲスト出演 田中圭との初共演に「すごく嬉しかったです」”. Real Sound (2021年8月13日). 2021年9月3日閲覧。
  37. ^ 仮面ライダーゲンムズ:「ザ・プレジデンツ」から1年 第2弾の配信決定 “天ヶ崎恋”小手伸也も登場”. まんたんウェブ (2022年4月2日). 2022年4月2日閲覧。
  38. ^ 大谷亮平、中島美嘉、岩田剛典、松井玲奈らがバットマンほかキャラクター演じる音声コンテンツ『BATMAN 葬られた真実』、Spotifyにて世界独占配信スタート”. SCREEN ONLINE. 近代映画社 (2022年5月3日). 2022年5月6日閲覧。
  39. ^ “アンタッチャブル、約10年ぶりのコンビ共演で漫才 『脱力タイムズ』での実現に柴田が大興奮”. ORICON NEWS. (2019年11月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2149811/full/ 2021年2月4日閲覧。 
  40. ^ “二宮和也主演「TANG タング」に満島ひかりら6名、京本大我は博学クセ強社員に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年3月31日). https://natalie.mu/eiga/news/471823 2022年3月31日閲覧。 
  41. ^ 鈴木亮平主演「TOKYO MER」映画化、賀来賢人や中条あやみも続投”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2022年1月5日). 2022年1月5日閲覧。
  42. ^ “「劇場版 TOKYO MER」公開は4月、横浜ランドマークタワーが炎に包まれる”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年11月3日). https://natalie.mu/eiga/news/499937 2022年11月3日閲覧。 
  43. ^ “GREAT PRETENDER:「コンフィデンスマンJP」“五十嵐”小手伸也が参戦 諏訪部順一と共演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2020年9月18日). https://mantan-web.jp/article/20200918dog00m200051000c.html 2020年9月18日閲覧。 
  44. ^ 2017年2月25日発売の単行本第29巻限定版DVDに収録。
  45. ^ 堺雅人&鈴木福、45歳&15歳の“のび太”に ソフトバンクCMで白戸家の隣にお引越し”. クランクイン! (2020年6月30日). 2020年6月30日閲覧。
  46. ^ “小手伸也、“NICOLESS”購入を検討する男性役を熱演「だよね〜」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年4月14日). https://news.mynavi.jp/article/20220414-2321321/ 2022年4月14日閲覧。 
  47. ^ Abema「田中圭24時間ドラマ」にずん飯尾、尾上寛之、小手伸也、野間口徹、橋本マナミ、六角精児ら”. スポニチ. 2018年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]