ただ君だけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ただ君だけ
오직 그대만
監督 ソン・イルゴン
脚本 ソン・イルゴンノ・ホンジン
製作 ムン・ボミキム・ジョンヒ
音楽 パン・ジュンソク
撮影 ホン・ギョンピョ
配給 大韓民国の旗 HBエンターテインメント/51K
日本の旗 ポニーキャニオン / コムストック・グループ
公開 大韓民国の旗 2011年10月20日
日本の旗 2012年6月30日
上映時間 105分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示
ただ君だけ
各種表記
ハングル 오직 그대만
発音 オジッ クデマン
日本語読み: ただきみだけ
題: Always
テンプレートを表示

ただ君だけ』(ただきみだけ、原題:오직 그대만、英題:Always)は、2011年公開の韓国映画チャップリンの名作『街の灯』をモチーフにしたラブストーリー。[1] 過去の過ちを抱えながら生きる元ボクサーソ・ジソプが、視力を失いながらも健気に生きる女性をハン・ヒョジュが演じた。

ストーリー[編集]

チョルミン(ソ・ジソプ)はかつては輝かしい戦歴を誇ったボクサーだったが、今はミネラルウォーターの配達や駐車場の料金所で働いている。ある日、目の見えないジョンファ(ハン・ヒョジュ)と料金所で知り合って親しくなり、ボクサーを辞めた後は借金の取り立てをしており、刑務所にも服役していた過去を告白する。ジョンファとの未来を考えボクサーに復帰しようとするチョルミンだったが、ジョンファの両親の墓参りに同行した際にジョンファの過去と思いがけない接点を持つことを知ってしまう。

キャスト[編集]

リメイク(トルコ版)[編集]

Sadece Sen』(日本語題名:「オンリー・ユー 光を求めて」)の題名で、2014年トルコでリメイク版映画が制作された。

リメイク(日本版)[編集]

きみの瞳が問いかけている
Your eyes tell
監督 三木孝浩
脚本 登米裕一
原案 映画『ただ君だけ』
(Based on "Always")
製作 松下剛
宇田充
鈴木嘉弘
製作総指揮 依田巽
小竹里美
納富聡
渡辺章仁
出演者 吉高由里子
横浜流星
やべきょうすけ
田山涼成
野間口徹
岡田義徳
奥野瑛太
般若
坂ノ上茜
森矢カンナ(友情出演)
町田啓太
風吹ジュン
音楽 mio-sotido
主題歌 BTS『Your eyes tell』
撮影 小宮山充
編集 柳沢竜也
制作会社 ドラゴンフライエンタテインメント
はちのじ
製作会社 「きみの瞳が問いかけている」製作委員会
配給 ギャガ
公開 日本の旗 2020年10月23日
シンガポールの旗 2020年10月29日
ベトナムの旗 2020年11月13日
タイ王国の旗 2021年1月21日
台湾の旗 2021年1月22日
インドネシアの旗 2021年1月27日
大韓民国の旗 2021年3月11日
マレーシアの旗 2021年4月29日
アメリカ合衆国の旗 2021年6月11日
香港の旗 2021年9月9日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 9億円[2]
テンプレートを表示

きみの瞳が問いかけている』(きみのめがといかけている、英題:Your eyes tell)のタイトルで日本映画としてリメイクされ、2020年10月23日に公開[3][4]。公開初日に第25回釜山国際映画祭でも特別上映作品として出品されていた[5]

監督は三木孝浩、W主演は吉高由里子横浜流星[3]

キャッチコピーは「輝く未来を見てほしい そこに 俺はいなくても」。

横浜が役作りのため、撮影前2カ月にわたりキックボクシングのプロに特訓を受けて、1か月かけて筋トレで10キロほど体重を増やしました[6]。映画にはキックボクサーの小笠原瑛作選手、小笠原裕典選手、栗秋祥梧選手、炎出丸選手、与座優貴選手が登場し、横浜の対戦相手を担当する[7]

公開記念舞台挨拶は横浜の提案により、全国225館のスクリーンへ中継された[8]

2020年11月6日より副音声上映開始[9]

2021年4月2日にBlu-ray&DVDリリース[10]

キャスト(日本版)[編集]

スタッフ(日本版)[編集]

  • 原案:映画『ただ君だけ』 (Based on "Always")
  • 監督:三木孝浩
  • 脚本:登米裕一
  • 音楽:mio-sotido
  • 主題歌:BTS『Your eyes tell』[4]
  • 製作総指揮:依田巽
  • エグゼクティブ・プロデューサー:小竹里美、納富聡、渡辺章仁
  • プロデューサー:松下剛宇田充鈴木嘉弘
  • アソシエイト・プロデューサー:増山紘美、荒井敬太、長尾絵理、松岡周作
  • 宣伝プロデューサー:中山佳波、竹本誠吾
  • ラインプロデューサー:樋口慎祐
  • 撮影:小宮山充
  • 照明:加藤あやこ
  • 録音:石寺健一
  • 美術:花谷秀文
  • 装飾:中村三五
  • 編集:柳沢竜也
  • VFXスーパーバイザー:鎌田康介
  • スタイリスト:望月恵
  • ヘアメイク:増田加奈
  • スタントコーディネーター:富田稔
  • 格闘技指導:山口元気
  • キャスティング:原谷亜希子
  • スクリプター:古保美友紀
  • 助監督:佃謙介
  • 制作担当:田辺正樹
  • 制作プロダクション:ドラコンフライエンタテインメント、はちのじ
  • 企画協力:アミューズ
  • 製作幹事・配給:ギャガ
  • 製作:「きみの瞳が問いかけている」製作委員会(ギャガ、アミューズ、ローソンエンタテインメント

小説・サウンドトラック[編集]

  • オリジナル・サウンドトラック(2020年10月7日)[14]
    • Rambling RECORDS、アーティスト:mio-sotido、品番 RBCP-3379

Blu-ray・DVD[編集]

  • コレクターズ・エディション Blu-ray / DVD (GABS-2283 / GADS-2284)
    • 本編:吉高由里子×横浜流星×三木孝浩監督オーディオ・コメンタリー付き ※劇場公開時、副音声として上映したもの
    • アウターケース、ポストカード3枚
    • 特典DVD:メイキング、完成報告イベント、先行上映記念舞台挨拶、公開記念舞台挨拶、大ヒット御礼舞台挨拶、アンコール舞台挨拶、公開記念特番(トーク部分)[15]、相互自撮りインタビュー
  • GAGA ONLINE STORE初回生産限定 プレミアム・エディション Blu-ray / DVD[16]
    • コレクターズ・エディションと同じ内容
    • GAGA ONLINE STORE限定特典:名シーンを切り取った 特製ブックレット、台本、B2ポスター
  • スタンダード・エディション DVD (GADS-2285)
    • 本編:吉高由里子×横浜流星×三木孝浩監督オーディオ・コメンタリー付き ※劇場公開時、副音声として上映したもの

イベント[編集]

  • 2020年9月15日 - 完成報告イベント オンライン(LINE LIVE配信)[17]
  • 2020年10月8日 - きみのめ特別授業 in 青山祭「人が人を想うとは」(青山学院大学[18]
  • 2020年10月15日 - 舞台付き特別先行上映会(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ)[19][20]
  • 2020年10月23日 - 第25回釜山国際映画祭 中継リモートQ&A [5]
  • 2020年10月24日 -
    • 公開記念舞台挨拶(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ)&全国225館同時生中継 [21][22]
    • インスタライブ(ryuseiyokohama_officialで配信) [23]
  • 2020年11月5日 -
    • 大ヒット御礼舞台挨拶(新宿バルト9)&全国129館同時生中継 [24][25]
    • 「きみのめ」を語る会@オンライン(ZOOM) [26]
  • 2020年11月20日 - 三木孝浩監督Q&Aトークイベント付上映(新宿バルト9)[27]
  • 2020年12月3日 - アンコール舞台挨拶(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ)&全国生中継 [28][29]
  • 2020年12月15日 - 三木孝浩監督Q&Aトークイベント付上映第二弾(新宿バルト9)[30]

評価[編集]

キネマ旬報社が運営するKINENOTEの「キネ旬Review」では、映画評論家の北川れい子は「今どき、ここまでベタな偶然と運命で進行するメロドラマが作られたことに、逆にカンシンする」と低評価をつけ、ライターの佐野亨は画面構成や映像の余韻を褒めるも「どこまでも愚直で類型的なため、画面に傾注しすぎるとかえって細部の空疎さが目立ってしまう」と評し、映画評論家の福間健二は「天使性ありの吉高由里子に、静と動の振幅に地力を感じさせる横浜流星。すてがたい魅力はある」と俳優陣の好演を評価した[31]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 映画公式サイト 2019年6月5日
  2. ^ 『キネマ旬報』2021年3月下旬特別号 p.37
  3. ^ a b “横浜流星&吉高由里子“無償の愛”を描く純愛映画でW主演 2020年秋公開”. ORICON NEWS. (2019年10月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2145519/full/ 2019年10月1日閲覧。 
  4. ^ a b “吉高由里子×横浜流星『きみの瞳が問いかけている』予告編公開 主題歌はBTSが書き下ろし”. Real Sound (株式会社blueprint). (2020年7月9日). https://realsound.jp/movie/2020/07/post-582368.html 2020年7月9日閲覧。 
  5. ^ a b 釜山国際映画祭で上映!『きみの瞳が問いかけている』吉高由里子×横浜流星×三木孝浩監督がリモートQ&Aイベントに出席”. screenonline.jp. 2021年7月26日閲覧。
  6. ^ 「きみの瞳が問いかけている」吉高由里子と横浜流星が身を捧げた、心揺さぶる圧倒的な“純愛”と“赦し”の物語 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2021年7月26日閲覧。
  7. ^ 横浜流星:筋トレ1カ月、10キロ増で作り上げた肉体美 「きみの瞳が問いかけている」迫力のファイトシーン公開” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2021年7月26日閲覧。
  8. ^ 吉高由里子「見ていてぶっ倒れるかもしれない」共演した横浜流星の魅力を激推し”. フジテレビュー!!. 2021年7月26日閲覧。
  9. ^ 吉高由里子×横浜流星×三木孝浩が「きみのめ」裏話聴かせます、副音声上映を実施”. 映画ナタリー. 2021年7月26日閲覧。
  10. ^ 2021.4.2 Blu-ray&DVDリリース 映画『きみの瞳が問いかけている』”. 映画『きみの瞳が問いかけている』 公式サイト. 2021年7月24日閲覧。
  11. ^ a b c d “吉高由里子×横浜流星W主演作に町田啓太、風吹ジュン、やべきょうすけ、田山涼成ら”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年3月27日). https://natalie.mu/eiga/news/372867 2020年3月27日閲覧。 
  12. ^ きみの瞳(め)が問いかけている”. 宝島社の公式WEBサイト. 2021年7月26日閲覧。
  13. ^ 『小説 映画 きみの瞳が問いかけている』(時海 結以,登米 裕一)” (日本語). 講談社BOOK倶楽部. 2021年7月26日閲覧。
  14. ^ きみの瞳が問いかけている オリジナルサウンドトラック | mio-sotido”. ORICON NEWS. 2021年7月26日閲覧。
  15. ^ 映画『きみの瞳が問いかけている』公開記念スペシャル”. 映画『きみの瞳が問いかけている』 公式サイト. 2021年7月26日閲覧。
  16. ^ 映画「きみの瞳が問いかけている」BD/DVD”. GAGA★ONLINE STORE. 2021年7月26日閲覧。
  17. ^ 吉高由里子、横浜流星の落ち着きぶりに驚き「ピンク髪のイメージが強かったから…」”. ORICON NEWS. 2021年7月26日閲覧。
  18. ^ 横浜流星、進路で迷う学生にエール「今やりたいと思う道に進んでほしいなと思います」”. WEBザテレビジョン. 2021年7月26日閲覧。
  19. ^ 吉高由里子×横浜流星『きみの瞳が問いかけている』1日限りの先行上映決定”. SCREEN ONLINE. 2021年7月26日閲覧。
  20. ^ 『きみの瞳が問いかけている』吉高由里子、横浜流星 久々に観客の前での舞台挨拶登場! 一日限りの先行上映イベント開催!”. screenonline.jp. 2021年7月26日閲覧。
  21. ^ 公開記念舞台挨拶&全国225館同時生中継”. 映画『きみの瞳が問いかけている』公式サイト (2020年10月16日). 202-10-17閲覧。
  22. ^ 吉高由里子×横浜流星×三木孝浩監督 映画『きみの瞳が問いかけている』公開記念舞台挨拶開催”. screenonline.jp. 2021年7月26日閲覧。
  23. ^ 13:45頃〜 #横浜流星 さんのアカウントにてインスタライブが行われます”. kiminome_movie. 2021年7月26日閲覧。
  24. ^ 大ヒット御礼舞台挨拶 全国同時生中継 決定!”. 映画『きみの瞳が問いかけている』 公式サイト. 2021年7月26日閲覧。
  25. ^ 「きみのめ」吉高由里子がマッサージシーン回想、横浜流星の背中は「バッキバキ」”. 映画ナタリー. 2021年7月26日閲覧。
  26. ^ 吉高由里子「キンモクセイを見たら、思い出すのかな」『きみのめ』舞台挨拶登壇”. cinemacafe.net. 2021年7月26日閲覧。
  27. ^ 吉高由里子&横浜流星から三木孝浩監督に質問も!映画『きみの瞳が問いかけている』ティーチインイベント”. screenonline.jp. 2021年7月26日閲覧。
  28. ^ アンコール舞台挨拶 全国同時生中継”. 映画『きみの瞳が問いかけている』 公式サイト. 2021年7月26日閲覧。
  29. ^ 吉高由里子×横浜流星『きみの瞳が問いかけている』大ヒットアンコール舞台挨拶で、主演の2人と監督が今年の漢字を披露!”. screenonline.jp. 2021年7月26日閲覧。
  30. ^ Q&Aトークイベント第2弾まもなく!こちらでもテキストで様子をお届けしてまいります”. kiminome_movie. 2021年7月26日閲覧。
  31. ^ キネ旬 Review ~キネマ旬報映画レビュアーによる新作映画20本のレビュー”. キネマ旬報. 2020年11月28日閲覧。

外部リンク[編集]