街の灯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
街の灯
City Lights
City Lights (1931 theatrical poster - retouched).jpg
監督 チャールズ・チャップリン
脚本 チャールズ・チャップリン
製作 チャールズ・チャップリン
出演者 チャールズ・チャップリン
ヴァージニア・チェリル
音楽 アルフレッド・ニューマン
チャールズ・チャップリン
撮影 ローランド・トザロー
ゴードン・ポロック
編集 チャールズ・チャップリン
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1931年1月30日
日本の旗 1934年1月13日
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 150万ドル
配給収入 世界の旗 $4,250,000(世界配給収入)[1]
日本の旗 3億2000万円(1973年リバイバル)[2]
テンプレートを表示

街の灯』(まちのひ、City Lights)は、1931年アメリカ合衆国の映画チャールズ・チャップリンが監督・脚本・製作・主演したコメディ映画サイレント映画だが音楽付きのサウンド版として公開された。

前作『サーカス』に引き続きユナイテッド・アーティスツで製作・配給した作品で、製作に3年余りの時間を要した。冒頭には「コメディ・ロマンス・イン・パントマイム」というタイトルを掲げている。本作はトーキー映画反対論者であったチャールズ・チャップリンが、基本的にサイレントだが伴奏音楽と音響が入ったサウンド版として製作した初めての作品である。ある浮浪者が盲目の花売り娘の目を治すためにあれこれ奮闘する物語で、ユーモアペーソスが織り交ぜられたコメディ映画となっている。現在もチャップリンの代表作として高く評価されている。1991年アメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

あらすじ[編集]

主人公はとある浮浪者の男。

ある日、男は街角で盲目の花売り娘から花を買う。夜、男は泥酔して自殺しようとしていた富豪を助ける。富豪は男を命の恩人として家に呼び酒を酌み交わす。二人は街へ繰り出し朝まで店で飲み明かす。朝になって富豪の家に戻ると、その家の近くの街角で盲目の娘が花を売っている。男は富豪からもらった金で娘の花をすべて買った上、富豪の高級車に娘を乗せて家まで送り、手を握って別れる。娘は男を親切な金持ちと思い込んで慕うようになる。

一方、酔いの醒めた富豪は昨夜のことをすっかり忘れていて男を追い出してしまう。その夜、また酒に酔った富豪と街で偶然再会すると彼は男を覚えていて歓待するが、その翌日はまた男のことを忘れていて追い出す。

娘は体の弱い老婆と共に狭い部屋で暮らしているが、彼女が家賃を滞納して立ち退きを迫られていることを知った男は、その金を工面しようとしてボクシングの試合に出場するがあえなく敗れてしまう。

男が途方に暮れていると、街で偶然酒に酔った富豪とまた再会する。酔ったときだけ男を覚えている富豪は喜んで男を自宅に招いた上、娘の事情を聴くと気前よく1,000ドルもの大金を手渡してくれる。しかし室内には2人組の強盗たちも居合わせており、富豪は強盗たちに頭を強打されて気を失う。男は大慌てで警察を呼ぶが、警官が到着した時には強盗たちは逃げてしまい、男が犯人と勘違いされてしまう。意識を取り戻した富豪も男のことをすっかり忘れていて弁護してくれない。なんとか富豪の家から逃げ出した男は娘の家に行き、1,000ドルを手渡して立ち去るが、その直後、街で刑事に見つかって逮捕されてしまう。

時は流れ、娘は手術により視力を取り戻し、花屋の店を開いて幸せに暮らしていた。花を買いに来るお金持ちの男性を見ては、あの人ではないかと考えてしまう日々を送っていた。

一方、刑務所から出てますますみすぼらしい姿になった男はあてもなく街を歩いていた。偶然その花屋の前を通りかかり、ショーウィンドー越しに娘の姿を見かけて立ちすくんでしまう。みすぼらしい恰好の男を見て最初は笑っていた娘だが、自分をじっと見つめる男に対して哀れみの気持ちから男を呼び止め、一輪の花と小銭を手渡そうとする。しかし、小銭を握らせるために男の手を取ったその感触から、娘はこの浮浪者こそが自分の恩人であることに気づき、男も恥ずかしそうに笑みを浮かべるのだった。

キャスト[編集]

娘の目を早く治したい一心で、懸賞金付きのボクシング試合に参加。抱腹絶倒の珍ファイトが繰り広げられる。
ロサンゼルスでのプレミア。アルベルト・アインシュタインとともに。

その他、レストランのシーンでは、ブレイク前のジーン・ハーロウも出演している[3]

製作[編集]

1928年5月に準備が行われ、同年12月に撮影が開始された。しかし、1929年6月に水に飛び込もうとする富豪役を演じていたヘンリー・クライブ英語版が水に飛び込むことを躊躇したため、チャップリンは彼を解雇し、代わりにハリー・マイヤーズ英語版を立てて登場シーンの撮り直しが行われた。さらに同年11月、盲目の花売り娘を演じていたヴァージニア・チェリルが「美容院に行くから」と言って撮影を早退したため、チャップリンは激怒し彼女を解雇した。代わりに『黄金狂時代』でヒロインを演じたジョージア・ヘイルが盲目の花売り娘を演じることになったが、側近の忠告で10日後にヴァージニアを復帰させることになった(この件の顛末についてはヴァージニア・チェリル#映画界が詳しい)。

完璧主義者のチャップリンは、ヴァージニア演じる花売り娘との出会いのシーン(正味3分ほど)に342回のNGを出し、1年以上かけて撮り直しされた(撮影日数534日のうち、このシーンの撮影だけで368日をかけている)。喜劇映画研究会の新野敏也は、「【オープニング・タイトルのCITY LIGHTとクレジットされる夜の街】と【オープニング・シークエンスで彫像の除幕式が行われる朝の街】は同じセットでほぼ同じカメラ・アングルながらも、【オープニング・タイトル】では題名に合わせて街路灯が左端に配置されている」、「オープニング・シークエンスの彫像で繰り広げられるチャップリンのパントマイムでは、足捌きに合わせて靴裏のあたる彫像の部位が削られ微調整されている」などの事例を挙げて、この画面構成を「数限りなくリハーサルや撮り直しを繰り返した事が推察され、商業映画の製作コストをまるっきり無視した、完璧以上を求める天才ぶり」と表現している[要出典]。結局撮影を完了したのが1930年10月5日のことで、2年以上の月日が費やされた。さらに編集と作曲作業に3か月をかけた。音楽は20タイトル以上を作曲した[4]

1931年1月30日ロサンゼルスの劇場でプレミア公開された。その際チャップリンの隣りにはアルベルト・アインシュタインが座った。本作の製作経緯、残存するNGシーンについてドキュメンタリー『知られざるチャップリン英語版』で紹介されている(#外部リンク参照)。

スタッフ[編集]

評価[編集]

1931年2月6日に封切られ、映画は大ヒット。興収は500万ドルに達した。 1934年1月13日には日本でも封切られ、人気作となった。同年度のキネマ旬報ベストテンでは第10位にランクインされた。

2005年の米タイム誌の「ベスト映画100本英語版」(ランキング形式ではなく100作品のリストアップ)の1本に選出された[5]

2012年の英エンパイア誌は、「最高のスラップスティックシーン16」(16 Of Cinema’s Greatest Slapstick Moments)の一つに本作のボクシングシーンを挙げている[6]

ランキング[編集]

以下は日本でのランキング

  • 1934年 第11回「キネマ旬報ベストテン・外国映画」(キネマ旬報発表)第10位[23]
  • 1988年 「大アンケートによる洋画ベスト150」(文藝春秋発表)第27位
  • 1999年 「映画人が選ぶオールタイムベスト100・外国映画編(キネマ旬報創刊80周年記念)」(キネマ旬報発表)第68位
  • 2009年 「映画人が選ぶオールタイムベスト100・外国映画編(キネ旬創刊90周年記念)」(キネ旬発表)第19位

日本での公開[編集]

1934年(昭和9年)1月13日、オープン直後の日本劇場で特別料金(上から5円、3円、1円50銭、1円)で封切られた。その際、活動弁士を務めたのは徳川夢声山野一郎だった。

同年1月30日に映画を見た古川ロッパ日記にこう記している。

要するにチャップリンものとしては筋が持廻(もってまわ)りすぎてゐる。然(しか)し、チャップリンの横顔見てたら何となく涙が出さうになった。 — 「一月三十日(火曜)」『古川ロッパ昭和日記〈戦前篇〉』(晶文社、2007年)新装版[24]

また、2月2日に昭和天皇香淳皇后とともに鑑賞したと『昭和天皇実録』に記述がある[25]

その後、1970年代のリバイバル・ブーム到来まで陽の目を見ることがなかったため、幻の名作とされていた。1973年にリバイバル上映され興行的に成功した(この年の洋画配給収入第5位。「1973年の映画#日本配給収入ランキング」参照)。このときのキャッチコピーは「街角に咲く一輪のバラが灯した恋の灯!笑いとペーソスに描くチャップリン名作!」[26]

翻案作品[編集]

日本[編集]

韓国[編集]

関連作品[編集]

  • 「街の灯」 - 淡谷のり子の歌謡曲。作詞:浜田広介、作曲:古賀政男。映画『街の灯』をモチーフにしている[41]。1932年コロムビアより発売。
  • 「街の灯」 - 淡谷のり子の歌謡曲。作詞:浜田広介、作曲:杉田良造、編曲:奥山貞吉。1934年コロムビアより発売[42]。先述の楽曲とは作曲者が異なる。後述の「花賣娘」と同じ盤のB面。
  • 「花賣娘」- 川畑文子の歌謡曲。作詞:森岩雄、作曲:パディラ英語版、編曲:デユフオール。映画『街の灯』で流れる「ラ・ヴィオレテラ」(La Violetera (Who'll Buy my Violets) )の日本語版カバー曲[43][44]。1934年コロムビアより発売。前述の「街の灯」(1934年版)と同じ盤のA面。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ “Biggest Money Pictures” (英語). Variety: p. 62. (1932年6月21日). https://archive.org/details/variety106-1932-06/page/n181/mode/1up?view=theater&q=City+Lights 2022年10月14日閲覧。 
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)312頁
  3. ^ CITY LIGHTS, Jean Harlow, (far left), Harry Myers, Charlie Chaplin, 1931 Courtesy Everett Collection PUBL” (英語). Alamy. 2022年10月28日閲覧。
  4. ^ 大野裕之「第2章 謎解きチャップリン映画」 『ビジネスと人生に効く 教養としてのチャップリン』大和書房、2022年11月4日。ISBN 978-4-4793-9396-2 
  5. ^ “Is Full List one of the All-TIME 100 Best Movies?” (英語). Time. ISSN 0040-781X. https://entertainment.time.com/2005/02/12/all-time-100-movies/slide/all/ 2023年1月7日閲覧。 
  6. ^ Plumb, Alastair (2012年8月22日). “16 Of Cinema’s Greatest Slapstick Moments”. Empire. Bauer Media Group. 2023年1月28日閲覧。
  7. ^ The Greatest Films of All Time… in 1952” (英語). BFI. 2022年12月24日閲覧。
  8. ^ The Greatest Films of All Time… in 1962” (英語). BFI. 2022年12月24日閲覧。
  9. ^ Directors’ top 100”. bfi.org.uk. BFI. 2023年1月5日閲覧。
  10. ^ Critics’ top 100”. bfi.org.uk. BFI. 2022年12月24日閲覧。
  11. ^ Directors’ 100 Greatest Films of All Time” (英語). BFI. 2022年12月4日閲覧。
  12. ^ The Greatest Films of All Time” (英語). BFI. 2022年12月4日閲覧。
  13. ^ 100 Best Films - Village Voice”. www.filmsite.org. 2022年12月24日閲覧。[信頼性要検証]
  14. ^ Cahiers du cinéma’s 100 Greatest Films” (英語). The Pendragon Society. 2022年12月23日閲覧。
  15. ^ Thompson, Anne (2010年12月17日). “Toronto Film Festival’s Essential 100 List” (英語). IndieWire. 2022年12月23日閲覧。
  16. ^ The 100 greatest comedies of all time” (英語). www.bbc.com. 2022年12月18日閲覧。
  17. ^ Burgin, Michael; Paste Movies Staff (2018年5月22日). “The 100 Best Comedies of All Time” (英語). pastemagazine.com. 2022年12月24日閲覧。
  18. ^ 100 best films of all time, according to critics”. Chicago Tribune (2021年5月1日). 2022年12月24日閲覧。
  19. ^ de Semlyen, Phil; Rothkopf, Joshua (2022年12月6日). “100 Best Movies of All Time That You Should Watch Immediately” (英語). Time Out Worldwide. https://www.timeout.com/film/best-movies-of-all-time 2022年12月24日閲覧。 
  20. ^ Kryza, Andy; de Semlyen, Phil (2022年7月26日). “The 100 most romantic films ever made” (英語). Time Out Worldwide. https://www.timeout.com/film/the-100-best-romantic-movies 2022年12月25日閲覧。 
  21. ^ Debruge, Peter; Gleiberman, Owen; Kennedy, Lisa; Kiang, Jessica; Laffly, Tomris; Lodge, Guy; Nicholson, Amy. “The 100 Greatest Movies of All Time” (英語). Variety. https://variety.com/lists/best-movies-of-all-time/ 2022年12月24日閲覧。 
  22. ^ R. Murrian, Samuel (2022年12月12日). “We Ranked the 100 Best Movies of All Time!” (英語). Parade. 2022年12月25日閲覧。
  23. ^ キネマ旬報 ベスト・テン 1934年・第11回 外国映画”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2022年12月24日閲覧。
  24. ^ 『古川ロッパ昭和日記』:新字旧仮名 - 青空文庫
  25. ^ 宮内庁 編 『昭和天皇実録 第六(昭和7年 - 昭和10年)』東京書籍、2016年3月30日、436頁。ISBN 978-4-487-74406-0。"ご夕餐後、皇后と共に、「皇太子殿下御誕生奉祝実況」「街の灯」等をご覧になる。内大臣以下側近奉仕者が陪覧する。"。 
  26. ^ 街の灯 の映画情報”. Yahoo!映画. Yahoo! JAPAN. 2022年10月27日閲覧。
  27. ^ a b 五十嵐由香「チャップリンの『街の灯』と二つの翻案歌舞伎『蝙蝠の安さん』」『東洋大学人間科学総合研究所紀要』第23巻、東洋大学人間科学総合研究所、2021年3月19日、 75-95頁、 doi:10.34428/00012356ISSN 1349-2276
  28. ^ 沢野未来 (2019年12月4日). “【深掘り 蝙蝠の安さん〈上〉】映画は上映前?! 新聞小説が歌舞伎になった「安さん」と戦前のチャップリン熱狂時代”. 紡ぐプロジェクト. 読売新聞社. 2022年10月26日閲覧。
  29. ^ 沢野未来 (2019年12月5日). “【深掘り 蝙蝠の安さん〈下〉】幸四郎さんの想いを形に……お人よしだがズルくて弱い「安さん」が、歌舞伎にいざなう”. 紡ぐプロジェクト. 読売新聞社. 2022年10月27日閲覧。
  30. ^ 歌舞伎「蝙蝠の安さん」、チャプリンの四男が東京で観劇”. 産経新聞. 産経新聞社 (2019年12月16日). 2022年10月22日閲覧。
  31. ^ 国立劇場12月歌舞伎『近江源氏先陣館―盛綱陣屋―』『蝙蝠の安さん』特設サイト”. 国立劇場12月歌舞伎『近江源氏先陣館―盛綱陣屋―』『蝙蝠の安さん』特設サイト. 2022年10月27日閲覧。
  32. ^ 蝙蝠の安さん”. 松竹. 2022年10月27日閲覧。
  33. ^ 『おそ松くん』エピソード 赤塚先生お気に入り『おそ松くん』2 - 「イヤミはひとり風の中」”. 赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!. 2022年10月27日閲覧。
  34. ^ 国立国会図書館サーチR100000004-I000368291-00国立国会図書館サーチR100000002-I000000803668-00
  35. ^ 株式会社ぴえろ 公式サイト”. ぴえろ 公式サイト. 2022年10月27日閲覧。
  36. ^ たまごまご (2018年2月12日). “「おそ松さん」2期18話 原作傑作回 イヤミと少女の戦後浪花節をよくぞ作ってくれた”. エキサイトニュース. 2022年10月27日閲覧。
  37. ^ 秘密結社 鷹の爪MAX #6 街の灯”. GYAO!. Yahoo! JAPAN. 2022年10月27日閲覧。
  38. ^ 第4話|ストーリー|相棒 season21|テレビ朝日”. www.tv-asahi.co.jp. テレビ朝日. 2022年11月13日閲覧。
  39. ^ <相棒season21>第4話「最後の晩餐」が「神回」と話題 ゲスト矢柴俊博の好演にも称賛の声続々(MANTANWEB)”. MANTANWEB(まんたんウェブ). MANTAN (2022年11月5日). 2022年11月14日閲覧。
  40. ^ 映画『きみの瞳が問いかけている』 公式サイト”. 映画『きみの瞳が問いかけている』 公式サイト. GAGA. 2022年11月14日閲覧。
  41. ^ 街の灯(淡谷のり子) - jac-rec1925 Museum”. ミューゼオ(MUUSEO). 2022年10月29日閲覧。
  42. ^ 流行歌:街の灯”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 国立国会図書館. 2022年10月29日閲覧。
  43. ^ 戦前SPレコード 川畑文子/花売娘「中古」の落札価格”. オークファン(aucfan.com). 2022年10月29日閲覧。
  44. ^ 流行歌:花売娘”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 国立国会図書館. 2022年10月29日閲覧。

外部リンク[編集]