福間健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福間 健二(ふくま けんじ 1949年3月10日[1] - )は新潟県出身の詩人翻訳家映画評論家映画監督首都大学東京名誉教授。

東京都立大学(現首都大学東京)人文学部英文学科卒業。同大学院人文科学研究科修士課程修了。岡山大学教養部講師、東京都立大学助教授、教授、2005年首都大学東京人文科学研究科教授。2013年定年退官、名誉教授。

略歴[編集]

中学時代から映画少年で、高校3年から若松プロに出入りするようになり、若松プロの作品に出演する。 東京都立大学在学中に、自主映画『青春伝説序論』を監督。また、詩・小説も書くようになり、柴田翔らによって評価される。 以降、イギリス現代詩の研究を行いながら、詩人、映画評論家として活動。また、映画脚本、映画監督も手がけている。 2011年、詩集「青い家」で第19回萩原朔太郎賞および第49回藤村記念歴程賞受賞。

著書[編集]

  • 『明後日は十七歳』三一書房 1968
  • 『最後の授業/カントリー・ライフ 福間健二詩集 1972~1983』私家版 1983
  • 『急にたどりついてしまう』ミッドナイト・プレス 1988
  • 『結婚入門』雀社 1989
  • 『地上のぬくもり Poems 1990』雀社 1990
  • 『行儀のわるいミス・ブラウン』雀社 1991
  • 『きみたちは美人だ 21 poems』ワイズ出版 1992
  • 『旧世界』思潮社 1994
  • ピンク・ヌーヴェルヴァーグ 佐藤寿保佐野和宏サトウトシキ瀬々敬久の挑戦』ワイズ出版 1996
  • 『福間健二詩集』現代詩文庫 思潮社 1999
  • 『秋の理由』思潮社 2000
  • 『侵入し、通過してゆく my favorite things』思潮社 2005
  • 『詩は生きている』五柳書院 2005
  • 『青い家』思潮社 2011
  • 佐藤泰志 そこに彼はいた』河出書房新社 2014
  • 『あと少しだけ』思潮社 2015
  • 『会いたい人』思潮社 2016

共編著[編集]

翻訳[編集]

映画[編集]

  • 性犯罪(1967) - 出演  (監督:若松孝二
  • 腹貸し女(1968) - 出演  (監督:若松孝二)
  • 女学生ゲリラ(1969) - 出演  (監督:足立正生
  • 通り魔の告白 現代性犯罪暗黒篇(1969) - 主演、脚本  (監督:若松孝二)
  • 青春伝説序論(1969) - 監督
  • 悶絶本番 ぶちこむ!!(1995) - 脚本(立花信次名義)  (監督:サトウトシキ
  • 無頼平野(1995) - 出演  (監督:石井輝男
  • 急にたどりついてしまう(1995) - 制作、脚本、監督
  • 岡山の娘(2008) - 制作、脚本、監督
  • わたしたちの夏(2011) - 脚本、監督
  • あるいは佐々木ユキ(2013) - 脚本、監督
  • 秋の理由(2016年) - 監督、脚本(高田亮との共同脚本)[2]

論文[編集]

脚注[編集]