リップヴァンウィンクルの花嫁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リップヴァンウィンクルの花嫁』(リップヴァンウィンクルのはなよめ)は、岩井俊二による日本の小説。文藝春秋より出版された[1]。物語は、映画で主演を務めた黒木華2012年にCMのオーディションで出会ったのをきっかけに、彼女をイメージして執筆された[2]

また、同じく岩井俊二脚本・監督による同名の映画が2016年3月26日に公開された[3]詳細節参照)。

あらすじ[編集]

派遣教師の皆川七海は「教師」という仕事が好きではありながらも、情熱を持てずに働いていた。 ある日、彼女はSNSで出会った鶴岡鉄也と結婚することになる。 それはインターネットでモノを買うようにあまりにもあっさりとしたことだった。

結婚式をすることになった七海と鉄也。 しかし友人が多い鉄也に比べ、七海には結婚式に出席してくれる親戚も友人も少なかった。 鉄也に“見栄えがしないからどうにかして欲しいと”頼まれた七海。 困った挙げ句「なんでも屋」の安室行舛に代理出席を依頼した。 そして無事に結婚式を終えたものの、すぐに鉄也の浮気が発覚した。 続けて七海も鉄也の母であるカヤ子から浮気の罪をかぶせられてしまい、家から追い出され、ついには鉄也と離婚する。 家と夫を同時に失い、窮地に立たされた七海に「なんでも屋」の安室は奇妙なバイトを提案する。 最初は結婚式の代理出席であった。そこで里中真白と出会う。 そして次のバイトはオーナーが不在の間、住み込みで屋敷を管理する「メイド」であった。 報酬100万円という額に困惑しながらも七海はこの仕事を受けることにした。 屋敷にはすでに結婚式の代理出席バイトで知り合った真白が住み込んでいた。 真白は七海と異なり自由で破天荒な性格であったが、 そんな彼女に七海は好感を持っていった。

そしてふたりの奇妙な生活が始まった。

登場人物[編集]

皆川 七海(みながわ ななみ)
安室 行舛(あむろ ゆきます)
里中 真白(さとなか ましろ)
鶴岡 カヤ子(つるおか かやこ)
鶴岡 鉄也(つるおか てつや)
高嶋 優人(たかしま ゆうと)
皆川 博徳(みながわ ひろのり)
皆川 晴海(みながわ はるみ)
滑(なめり)
恒吉 冴子(つねよし さえこ)
里中 珠代(さとなか たまよ)

書誌情報[編集]

映画[編集]

リップヴァンウィンクルの花嫁
監督 岩井俊二
脚本 岩井俊二
原作 岩井俊二
製作 宮川朋之
水野昌
紀伊宗之
製作総指揮 杉田成道
出演者 黒木華
綾野剛
Cocco
音楽 桑原まこ
撮影 神戸千木
編集 岩井俊二
制作会社 ロックウェルアイズ
製作会社 RVWフィルムパートナーズ
配給 東映
公開 日本の旗 2016年3月26日
上映時間 180分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

映画作品が2016年3月26日公開。脚本・監督は岩井俊二。黒木華の単独初主演作品[3]。配給は東映[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連作品[編集]

テレビドラマ
  • リップヴァンウィンクルの花嫁 serial edition <全6話>』(リップヴァンウィンクルのはなよめ シリアルエディション ぜん6わ)が、2016年4月1日よりBSスカパー!で放送。映画版とキャストは同じだが、ストーリーは異なる全6話構成された[5]
写真集
映像作品
  • DVD/Blu-ray版 - 2016年9月2日発売。映画メイキングとテレビドラマ版の映像を含めた4枚組のプレミアムボックス(Blu-ray版のみ)も同時発売。

受賞[編集]

映画
    • 日本映画ベスト・テン 第6位

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]