森下くるみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森下 くるみ(もりした くるみ、1980年3月4日 - )は日本の文筆家女優、元AV女優秋田県秋田市出身[1]

略歴・人物[編集]

1998年9月にソフト・オン・デマンドにてデビューし、当時としては異例であった12本の出演契約を結ぶ[2]。インディーズAVメーカー初の専属女優であり、ロリータ系AV女優としてAVに加え、写真集を含むグラビアでも活動した。2002年にはソフト・オン・デマンドを離れ、TOHJIROが設立したドグマの専属女優となった[3]

10年ほど人気を博す[2][4]ものの、要求される内容がどんどんハードになってきたことから、2008年にAV女優を引退[2][4]。 AV女優引退後は主に文筆家として活動している[5][4]

2011年に映画、2014年には舞台に出演する[6]

その後、2018年11月に「今後の活動のためにひと区切りつけたい」との理由からAV人権倫理機構に「作品販売等停止申請」を行い、AV女優としての全出演作品の販売・インターネット配信の停止がなされたことを明らかにした[7]。これらは業界に嫌悪したり、自身の過去の否定ではなく、むしろソフト・オン・デマンドでデビューしているからこそ日本的なポルノの文化的特性を理解しており、資料的な意味合いで残すという意味においては賛同している[3]

AVが原因となる偏見問題は女優側でなく、本来「版元であるメーカーや所属事務所がすべき」という意見を持つ[8]

趣味[編集]

公式ブログを通じて自身の趣味を公表している[9]。それによれば、好みの映画監督は小津安二郎成瀬巳喜男川島雄三伊丹十三森崎東チャップリンスティーヴン・スピルバーグアンドレイ・タルコフスキーボリス・バルネットヴィットリオ・デ・シーカフェデリコ・フェリーニマルコ・ベロッキオアルフレッド・ヒッチコックジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌラウル・セルヴェジョン・ウォーターズなど。ミュージシャンではキング・クリムゾンZABADAKGAUZE平沢進などを挙げている。

また旅行も趣味であり、これまでにカナダ・イタリア・フランス・ベルギー・オランダ・ドイツ・チェコ・スペイン・インド・タイ・ベトナム・ラオス・マレーシア・シンガポール・インドネシア・台湾・香港・韓国・チベット中国(北京、上海、杭州、紹興、黄山、南京、景徳鎮、泰山、成都)などを訪れている。

作品[編集]

著書等[編集]

アダルト写真集[編集]

エッセイ[編集]

対談集[編集]

小説[編集]

  • 『硫化水銀』(小説現代 2008年2月号掲載)
  • 『ダリア』(エソラ〔小説現代増刊〕 VOL.5掲載)
  • 『ヴィオラ』(小説現代 2011.4月号掲載)
  • 『バニラ』(ソニー・デジタルエンタテインメント 2011年11月発売)
  • 『MOSAIC』(綜合図書 2012年)
  • 『川反』(季刊誌「東京荒野」第2号 2015年8月27日発売)

電子書籍[編集]

  • 『虫食いの家(うち)』(Kindle Single) Kindle版[10]
  • 『すべては「裸になる」から始まって』(Kindle Single) Kindle版[11]

連載[編集]

  • 季刊誌「東京荒野」第6号~15号 『中国回遊録』 ISBN 9784909798015
  • 季刊誌「東京荒野」第18号~連載中 『ちったい、にゅうにゅう』ISBN 9784909798046
  • 『未明02 (ポエジィとアートを連絡する叢書) 』「食べびと。」ISBN 9784990990213
  • 『聖なる悪女の覚え書き』[12]

寄稿[編集]

出演[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • OFFICE SHIKA PRODUCE「山犬」(2014年8月7日~17日 座・高円寺1、8月21日~24日 大阪 ABCホール)ユキ役[18]
  • 勝田演劇事務所プロデュース№25 アラバール二本立て「ファンドとリス」(2015年11月26日~30日、日暮里d-倉庫)リス役[19]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 【プロフィール】」『森下くるみの間』2015年6月9日http://blog.livedoor.jp/morisitakurumi/archives/51922821.html 
  2. ^ a b c 伝説AV嬢 1本のギャラは「小さな国産車程度しか買えない」」『週刊ポスト』2011年10月28日、小学館、2011年10月21日http://www.news-postseven.com/archives/20111021_65687.html 
  3. ^ a b 拡, 構成=松島 (2019年5月26日). “AVにおけるエンタメ性とは…文筆家・森下くるみと考える「健全化されたあとのAV業界」”. ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る. 2022年1月29日閲覧。
  4. ^ a b c 『森下くるみが見たAV界の“今”』2012年11月16日、2頁https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/55000/2/ 
  5. ^ a b 『死んでもいいの 百年恋して』東映ビデオ株式会社https://www.toei-video.co.jp/catalog/duzs07337/ 
  6. ^ 森下くるみとしての活動が今年で丸々20年になったので。|森下くるみ|note” (2018年12月31日). 2019年2月5日閲覧。
  7. ^ AV人権倫理機構へ「作品販売等停止依頼」をしました。”. note. 2019年1月30日閲覧。
  8. ^ バブルから平成、伝説のAV女優は今 消せない過去も「後悔したくはない」“女神”たちが語る未来” (Japanese). 神戸新聞NEXT (2021年10月31日). 2022年1月29日閲覧。
  9. ^ MyFavourite” (日本語). 2018年12月12日閲覧。
  10. ^ 虫食いの家(うち) - Amazon.co.jp
  11. ^ すべては「裸になる」から始まって - Amazon.co.jp
  12. ^ 森下くるみ「聖なる悪女」『森下くるみの間』2017年10月29日http://blog.livedoor.jp/morisitakurumi/archives/51976150.html 
  13. ^ 壬生智裕「「神聖かまってちゃん」伝説のセクシーアイドル森下くるみ、映画初出演もこの先女優を続けるかは不明」『シネマトゥデイ』2011年8月27日https://www.cinematoday.jp/news/N0034942 
  14. ^ トテチータ・チキチータ (2011)」『シネマトゥデイ』2012年4月7日https://www.cinematoday.jp/movie/T0011614 
  15. ^ インターミッション (2012)」『シネマトゥデイ』2013年2月23日https://www.cinematoday.jp/movie/T0015713 
  16. ^ 高橋アツシ「奇妙な味を聞いた夜−−『ユートピアサウンズ』」『映画エンタメ情報 Cinema Colors』、シネマカラーズ、2013年3月8日http://eigairo.com/?p=20802 
  17. ^ リップヴァンウィンクルの花嫁(2016)」『allcinema』、Stingrayhttps://www.allcinema.net/cinema/354841 
  18. ^ 06年の伝説のホラー舞台「山犬」が、オフィス鹿プロデュース公演第2弾として上演中」『Walker+』、KADOKAWAhttps://www.walkerplus.com/article/49396/ 
  19. ^ 「ファンドとリス」始動しました!」『勝田演劇事務所ブログ』2015年8月30日http://sherlockinblack.blog.fc2.com/blog-date-201508.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]