ZABADAK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ZABADAK
出身地 日本の旗 日本
ジャンル プログレッシブ・ロック
ポップ・ロック
ワールドミュージック
活動期間 1985年 -
レーベル 東芝EMI
MMG
BIOSPHERE RECORDS
ポリスター
ネビュラプロジェクト
GARGOYLE
事務所 トランスフォーマー→ZABADAK OFFICE→Penelope
共同作業者 難波弘之ほか
公式サイト ZABADAK OFFICIAL HOMEPAGE
メンバー 吉良知彦
小峰公子 2011年3月 -
旧メンバー 松田克志 結成時 - 1987年
上野洋子 結成時 - 1993年

ZABADAK(ザバダック)は、日本のロックユニット

1985年吉良知彦上野洋子松田克志の3人で結成し[1]、翌1986年東芝EMIよりLPレコード『ZABADAK-I』でデビューした。1993年以降は吉良によるソロユニットとして活動し、2011年3月、小峰公子が正式メンバーとして加入して二人組ユニットとなった[2][3]。2016年7月に吉良が死去して以降は、小峰とサポートメンバーにより活動を続けている。

メンバー[編集]

吉良知彦(きら ともひこ、1959年12月6日 - 2016年7月3日[4]
バンドリーダー。プロデュース(zabadakとして)、作曲編曲作詞、ヴォーカル、ギター、ベース、キーボード etc.
2016年7月3日、56歳で没[4]
小峰公子(こみね こうこ)
ヴォーカル、アコーディオン、作詞 etc.
音楽ユニットKARAK(活動休止中)のメンバー。1987年以降よりzabadakに多数の歌詞を提供し、ライブサポートも務めた。2011年3月、アルバム『ひと』発表と共に、zabadakに正式加入した[3]
私生活では吉良の妻である[3]

旧メンバー[編集]

上野洋子(うえの ようこ、1963年10月11日 - )
プロデュース(zabadakとして)、作曲・編曲・作詞、ヴォーカル、ピアノ、キーボード、プログラミング etc.
1993年まで在籍。
松田克志(まつだ かつし、1963年 - )
作詞、ドラムス、パーカッションetc.
北海道帯広市出身。1987年まで在籍。ZABADAK在籍時は作詞も担当し、2009年の『平行世界』以降ふたたび歌詞提供をしている。現在は岩手県を拠点にプログレッシブ・ロック・バンド「Otaria's Bloc(k)(オタリアズ・ブロック)」などで活動[5]

略歴[編集]

デビューから「のれん分け」まで[編集]

1984年、いわゆる「ハコバン」(ライブハウス付きのバンド)で活動していた吉良知彦がケイト・ブッシュの『DREAMING』にインスピレーションを受けて自主製作盤『AFTER THE MATTER』を制作した。この時に、音楽学校での仲間で後のメンバーとなる上野洋子、松田克志が参加。1985年、吉良名義で「第3回PARCOオルガン坂大賞」に応募し、入賞。グランプリは逃したが、審査員の一人であった立川直樹の推薦もあり、上野・松田とのバンドとして東芝EMIからのデビューが決まる[1][3]。初期は株式会社トランスフォーマーに所属した[6]

1986年、東芝EMIの新設レーベル・POPSIZE(ポップサイズ)設立第1弾のひとつとして発売されたミニアルバム『ZABADAK-1』でデビュー[7]。仮の名前として「プロジェクトK」と呼ばれていたグループ名を正式にZABADAKと命名した。この名の由来は、デビュー直前になってもバンド名が決められず、レコード会社スタッフに早く決めるよう催促され、目に留まったレコードから名を採ったことによる。スタジオ内で数十枚のレコードを適当に探していたところ、"Zabadak英語版" という曲名のレコードが見つかり「なんとなく字面が面白いな」という理由で決まった[1]。"ZABADAK" は、デイヴ・ディー・グループによる1967年のヒット曲で、このタイトルは"just a meaningless word(意味を持たない単語)"[8]である。同年はアイシクル・ワークス英語版の来日ツアーでオープニングアクトも務めた[7]

バンドとしての活動のかたわら、デビュー当初よりCM音楽制作者として注目されるようになり[7]、多数のCM曲や映画音楽などを手掛け、一部はオリジナル作品としてアルバムに収録された[9]

1987年に松田克志が脱退。松田在籍時のアルバムは『ZABADAK-I』『銀の三角』および、この2枚を後に再編集した『WATER GARDEN』のみである。

1989年に事務所をレコーディングスタジオ経営会社マグネット内のZABADAK OFFICEに、レコード会社をMOON RECORDSレーベル(アルファ・ムーン)に移籍した[10]

この時期は、上野洋子の透明感ある歌声と吉良知彦の美しいメロディ、および緻密なサウンドで人気を博した[11]

1993年9月25日日比谷野外音楽堂でのコンサートをもって上野洋子が脱退し、これを「のれん分け」と称した[11]。同日にはベスト・アルバム『decade』も発売された。以降、吉良知彦は「自分だけのために」作る音楽をZABADAK名義とし、商業音楽家としての活動を吉良名義として使い分けながら[12]、2011年までZABADAKを吉良知彦のソロユニット(ワンマンバンド)として継続した[11]

ソロユニットから第2次デュオ期へ[編集]

その後、マグネット運営のインディーズ・レーベル・BIOSPHERE RECORDSとメジャーのポリスターから作品を発表する傍ら、演劇集団キャラメルボックスの音楽も担当[11]

2001年に所属事務所のZABADAK OFFICEとBIOSPHERE RECORDSから独立、新事務所Penelope、新レーベルGargoyleを設立した。

2009年に発表したアルバム『平行世界』には、松田克志が作詞を行った曲「樹海 -umi-」が収録された。

2011年3月、アルバム『ひと』の発表と共に、吉良の妻であり長年にわたりZABADAKに作詞、ヴォーカルなどで参加してきた小峰公子が正式加入した[11]

その他、吉良はプレイステーションRPGクロノ・クロス』(1999年)でギター・ブズーキの演奏を担当したり、NHK『おかあさんといっしょ』に楽曲を提供したりするなどした。

吉良知彦の死去とその後[編集]

2016年7月3日、吉良知彦が死去し[11]、同年7月6日にオフィシャルサイトで発表された[4]。同年3月のステージの際に体調を崩したが、療養後活動を再開し、企画ライブやツアーの予定を立てていた矢先だった[4]。吉良の訃報は音楽ニュースサイトナタリーなどでも報じられ[13]、同サイトでは報道直後の週(7月7日 - 7月13日)の1週間における記事のうち、このニュースがアクセスランキング1位となった[14]。ファンのための「お別れの会」は「〜katami wake〜かたみわけ」と題して同年8月7日、演劇集団キャラメルボックスの協力によりサンシャイン劇場で行なわれた[15]

その後のzabadakの活動は、小峰公子とサポートメンバーによって継続されると発表された[16][17]

2017年には小峰が作詩、上野洋子が編曲を担当して完成させた吉良の未発表曲が糸奇はなのデビュー曲「環-cycle-」(アニメ『魔法使いの嫁』エンディングテーマ)として発表された[18]

サポートメンバー[編集]

zabadakは吉良を中心とするユニットとして活動するが、特にライブ演奏ではサポートメンバーが多く参加し、彼らに支えられた不定形な形態となっている[12]

主要パートは以下のとおり。

ギター
吉良知彦のパートである。アコースティック・ギターとサンバーストのストラトキャスターを使いわけている。
またゲストとして鬼怒無月ほかが担当。
ヴォーカル、リコーダーアンデス25アコーディオン
男性・女性両方のヴォーカル曲が存在する。吉良ソロユニット時代は小峰公子、高井萌、新居昭乃柚楽弥衣みとせのりこほかをゲストに迎えた。
またリコーダー・アンデスが多用され、zabadak側からの求めにより、観客がこれらで演奏に参加する場合もあり、この形態が風部と呼ばれている[15]
ヴァイオリン
太田恵資斎藤ネコ壷井彰久向島ゆり子らが参加。
マリンバ
藤井珠緒など。
ベース
渡辺等、吉田誠など。
ドラムス、パーカッション
仙波清彦楠均佐藤正治宮田繁男など。
キーボード
難波弘之丸尾めぐみなど。

作品[編集]

アルバム[編集]

なお、複数のレーベルからアルバムが出ている事や、再発・サントラ・ソロ・ミニ・カバー等の理由でアルバムの枚数の数え方には諸説あり、下記の数え方は便宜上である。

iTunes StoreAmazon.co.jp着うたフルなどでの音楽配信については省略する。

トリオ期[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 レーベル 備考
1st 1986年3月20日 ZABADAK-I 東芝EMI ミニ・アナログ・アルバム
2nd 1987年2月4日 銀の三角 ミニ・アナログ・アルバム
1st+2nd 1987年8月26日 WATER GARDEN CA32-1539 『ZABADAK-I』と『銀の三角』の編集盤。
CD化にあたりメンバーによって曲順が再構成されている。
1st+2nd 1991年2月14日 ZABADAK TOCT-6003 『ZABADAK-I』と『銀の三角』の編集盤。
『WATER GARDEN』と違いアナログ盤発売時の曲順そのままとなっている。
1984年
2001年3月29日 (再発)
AFTER THE MATTER HARV-0002 penelope ZABADAKデビュー前に自主制作された1984年の吉良ソロアルバムだが、上野・松田も参加している。
「ポーランド」「オハイオ殺人事件」のオリジナルバージョンが収録されている。

デュオ期[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 レーベル 備考
3rd 1987年11月5日 ウェルカム・トゥ・ザバダック CT32-5024 東芝EMI CMタイアップ曲が多数含まれる。詳細は個別記事を参照
4th 1989年11月1日 飛行夢 32XM-97 MMG
5th 1990年10月25日 遠い音楽 AMCM-4084
1st live 1991年4月25日
2013年10月1日 (再発)
Live
live -1991/1/11渋谷シアターコクーン- (再発)
AMCM-4098
BRIDGE217/218 (再発)
2013年にDVD付きでリマスター再発
6th 1991年10月25日 私は羊 AMCM-4115
best 1992年6月24日
1996年12月11日 (再発)
創世紀 〜ザ・ベスト・オブ・ザバダック〜
創世紀 +2 (再発)
TOCT-9737 東芝EMI 東芝EMI時代の3枚からのベスト。1996年に2曲を加え再発売。
7th 1992年7月13日 十二月の午後、河原で僕は夏の風景を思い出していた。 BICL-2002 BIOSPHERE RECORDS ミニインストゥルメンタルアルバム
8th 1993年1月25日 AMCM-4156 MMG
best 1993年9月25日 decade AMCM-4175 MMG デュオ期集大成ベストの第1弾
2nd live 1994年8月20日 prunus zabadak in concert ZA-0004 BIOSPHERE RECORDS 1993年3月1日に行われた中野サンプラザでのコンサートを収録したライブアルバム
best 1996年8月25日 Remains ZA-0013 MMG時代に発売した5枚のシングルをまとめたもの
best 1996年10月25日 Pieces of The Moon AMCM-4273 MMG デュオ期集大成ベストの第2弾
ボックスセット 2012年12月12日 MOON YEARS BRIDGE-208〜212 ブリッジ アルファムーン時代のアルバム『飛行夢』『遠い音楽』『私は羊』『桜』とボーナスディスクのリマスタリングSHMCD計5枚組ボックスセット。限定1000セットで発売された。

ソロ期[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 レーベル 備考
9th 1994年10月25日 BICL-5009 BIOSPHERE RECORDS
10th 1995年9月21日 賢治の幻燈 PSCN-5032 NTT出版/POLYSTAR 宮沢賢治の童話を題材としたコンセプチュアル・アルバム[3]。吉良知彦[ZABADAK] Music: ZABADAK名義
11th 1996年9月11日 SOMETHING IN THE AIR PSCR-5527 POLYSTAR
12th 1996年10月14日 光降る朝 PSCR-5536
13th 1997年8月25日 TRiO PSCR-5636 アコースティックアルバム
14th 1997年9月18日 LiFE PSCR-5637
15th 1998年9月2日 はちみつ白書 PSCR-5709 クマのプーさん』をモチーフとしている[1]。12曲のうち女性ボーカル曲が6曲ありMOE(高井萌)が歌を担当。
best 1999年9月15日 STORIES PSCR-5796 1994年から1999年の曲を中心にまとめたベスト。
16th 2000年1月20日 IKON〜遠い旅の記憶〜 ZA-0019 BIOSPHERE RECORDS 鈴木光司の小説『楽園』に影響を受けて制作されたアルバム[1]
2000年10月1日 Saito NEKO quartet plays ZABADAK with KIRA tomohiko/斎藤ネコカルテット ZA-0021 斎藤ネコカルテットとのコラボレーションによるZABADAKのカバーアルバム
Soundtrack 2001年4月8日
2009年8月4日 (再発)
風を継ぐ者
駆け抜ける風のように -Original Soundtrack for『風を継ぐ者』2009- (再発)
CBST-00011
CBST-00063 (再発)
ネビュラプロジェクト 演劇集団キャラメルボックスの演劇『風を継ぐ者』のサウンドトラック[3]
2009年盤はオリジナルと若干だが収録曲が異なる。
17th 2001年11月1日 COLORS HARV-0003 GARGOYLE
Soundtrack 2001年11月24日 ブリザード・ミュージック ネビュラプロジェクト 演劇集団キャラメルボックスの同名劇のサウンドトラック
18th 2002年11月7日 SIGNAL HARV-0005 GARGOYLE
Soundtrack 2003.11.26 彗星はいつも一人 CBST00026 ネビュラプロジェクト ミニアルバム
演劇集団キャラメルボックスの同名劇のサウンドトラック
19th 2004年1月21日 Wonderful Life HARV-0006 GARGOYLE
3rd live 2004年8月 wonderful live 2004.3.5 @ club citta'& signal live 2003.1.11 @ nakano zero ライブCDとDVDのセット
20th 2004年11月11日 空ノ色 HARV-0008 劇団ひまわりミュージカル『空色勾玉』のサウンドトラック
2004年12月08日 クリスマスソングス HARV-0009 新曲2曲&Remixのクリスマスミニアルバム
best 2006年7月19日
2010年1月20日 (再発)
20th PSCR-6175/6
ZQCS-1003/4 (再発)
POLYSTAR
ユニバーサル (再発)
レコード会社の枠を超えた、デビューからの集大成
21st 2007年3月14日 回転劇場 HARV-0010 GARGOYLE
2007年9月19日 宇宙のラジヲ HARV-0012 アコースティックセルフカバーアルバム
22nd 2009年2月15日 平行世界 HARV-0013
best
Soundtrack
2009年7月11日 CARAMELBOX SOUNDBOOK【GREEN】 CBST-00062 ネビュラプロジェクト
best 2011年9月7日 GOLDEN BEST WPCL-10986 ワーナーミュージック・ジャパン
best 2011年9月7日 Platinum HARV-0015 GARGOYLE

第2次デュオ期[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 レーベル 備考
23rd 2011年3月14日 ひと HARV-0014 GARGOYLE
Soundtrack 2011年8月20日 降りそそぐ百万粒の雨さえも CBST-00078 ネビュラプロジェクト 演劇集団キャラメルボックスの同名劇のサウンドトラック
24th 2013年4月8日 いのちの記憶 HARV-0016A(初回限定盤)
HARV-0016B(通常盤)
GARGOYLE ミニアルバム。NHKみんなのうた』2013年4月・5月放送曲。
25th 2013年6月15日 Лето јесен зима пролеће - 夏 秋 冬 春 - HARV-0017
4th live 2014年10月20日 プログレナイト 2014 HARV0018 500枚限定/通販、ライヴ会場のみ取扱いのDVD付き限定盤あり
26th 2015年7月24日 ここが奈落なら、きみは天使 HARV0019

シングル[編集]

  • 美チャンス-妖しい輪舞- [1987年9月25日/東芝EMI] シングルレコード
  • 水のルネス/シェラフィータ [1987年10月5日/東芝EMI] シングルレコード
  • FOLLOW YOUR DREAMS [1989年3月10日/MMG] 8センチCD
  • LET THERE BE LIGHT [1989年6月25日/MMG] 8センチCD
  • harvest rain (豊穣の雨) [1990年6月25日/MMG] 8センチCD
  • 遠い音楽 [1990年9月25日/MMG] 8センチCD
  • 椎葉の春節 [1993年1月25日/MMG] 8センチCD
  • MERRY GO ROUNDみたいな君 [1998年9月2日/ポリスター] 8センチCD
  • 夏至南風(カーチバイ)[2000年10月28日/penelope] 8センチCD

映像作品[編集]

  • live [1991年4月25日 MMG/VHS・LD]
  • noren wake(のれん分け)[1993年12月5日/VHS] [2005年2月14日 BIOSPHERE RECORDS/DVD]
  • noren wake ...plus [1994年5月5日 BIOSPHERE RECORDS /LD]
    • 『noren wake』にボーナストラックを加えたレーザーディスク。
  • “OTO” LIVE 12.28,1994 at ON AIR WEST TOKYO[1995年12月25日 ZABADAK OFFICE/VHS][2005年2月14日/DVD]
  • zabadak 10566[2000年11月12日 BIOSPHERE RECORDS /VHS][2005年2月14日/DVD]
  • ZABADAK ACOUSTIC LIVE[2002年7月14日 GARGOYLE/VHS]
  • still I'm fine[2003年1月11日 GARGOYLE/VHS]
  • biosphere years 1988-2000 zabadak special DVD box[2003年6月30日 BIOSPHERE RECORDS/DVD]
    • 通販のみ、500セット限定で発売されたDVD BOX。『noren wake』『“OTO”LIVE』『zabadak 10566』と下記2作品を収録。
  • 1986-1993 SPECIAL EDITION[2005年2月14日 BIOSPHERE RECORDS/DVD]
    • プロモーション・クリップとLDに収録されていた『noren wake』のボーナストラック。
  • “trio”at ON AIR EAST 1997.6.1[2005年2月14日 BIOSPHERE RECORDS/DVD]
  • ZABADAK 2006〜2007@CLUB CITTA’[2007年12月20日 GARGOYLE/DVD]
  • ZABADAK a Paris[2008年7月19日 GARGOYLE/DVD]
  • ZABADAK 新春月光夜會[2010年6月24日 GARGOYLE/DVD]

CM曲[編集]

楽曲提供[編集]

  • サウンドトラック
    • 白虎社ビデオ作品『光の王国』『KIMELLA』ほか(1986年 - 1987年)[19]
  • 作曲

参加作品[編集]

出演[編集]

  • POP SALAD Part.2 BO-GA (FM愛知) 1992年4月 – 9月 - レギュラー番組

影響[編集]

音楽家への影響[編集]

カバーしたアーティスト[編集]

その他の影響[編集]

  • アニメ『灰羽連盟』の第一話タイトル「繭・空を落ちる夢・オールドホーム」は、ZABADAKの「飛行夢(そら・とぶ・ゆめ)」を原作者の安倍吉俊が高校時代に聞いていたことからアイデアを得ている[20]
  • 西川秀明の漫画『Z MAN』の最終巻(第11巻)で「休まない翼」が引用されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e moment 吉良知彦インタビュー 2010年5月29日参照
  2. ^ moment zabadakインタビュー 2011年2月28日参照
  3. ^ a b c d e f Profile、ZABADAK公式サイト、2013年5月10日閲覧。
  4. ^ a b c d “重要なお知らせ” (プレスリリース), ZABADAK公式サイト, (2016年7月6日), http://www.zabadak.net/information/2016/0402_20160706_notice.html 2016年7月7日閲覧。 
  5. ^ Otaria's Bloc(k)Otaria's Bloc(k)公式サイトプロフィール
  6. ^ アルバム『ウォーター・ガーデン』歌詞カードなど。
  7. ^ a b c 宝島』1986年4月号、JICC出版局、p.142。
  8. ^ Zabadak(BBC)2014年12月17日閲覧。
  9. ^ アルバム『Welcome to Zabadak』など
  10. ^ アルバム『飛行夢』ブックレット。
  11. ^ a b c d e f ZABADAK - CDJournal、CDジャーナル、2016年8月3日閲覧。
  12. ^ a b 吉良知彦. “今月の作家”. 日本作編曲家協会. 2016年7月31日閲覧。
  13. ^ ZABADAKの吉良知彦が逝去”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年7月6日). 2016年7月15日閲覧。
  14. ^ [今週のナタリー]ヒッキー、ついに本格再開”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年7月16日). 2016年7月15日閲覧。
  15. ^ a b 「ZABADAK 吉良知彦 〜katami wake〜 かたみわけ」のお知らせ”. zabadak公式サイト (2016年7月19日). 2016年9月1日閲覧。
  16. ^ 小峰公子 (2016年7月15日). “おしらせ”. 小峰公子の脳内外旅行記. 2016年7月20日閲覧。
  17. ^ ZABADAK・吉良知彦 お別れの会を8/7に実施”. musicman.net. エフ・ビー・コミュニケーションズ (2016年7月19日). 2016年7月20日閲覧。
  18. ^ 秋アニメ「魔法使いの嫁」、糸奇はなが歌うEDテーマ「環-cycle-」のMVが公開! 作詞を手がけたzabadak 小峰公子のコメントも”. アキバ総研. カカクコム (2017年10月11日). 2017年10月24日閲覧。
  19. ^ ザバダック / 十二月の午後、河原で僕は夏の風景を思い出していた。 [再発]、CDジャーナル、2016年8月20日閲覧。
  20. ^ 『灰羽連盟脚本集』第一巻 2004年8月15日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]