吉良知彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉良 知彦
生誕 日本の旗 日本山梨県北巨摩郡長坂町(現・北杜市
1959年12月6日
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
死没 (2016-07-03) 2016年7月3日(満56歳没)
学歴 中央大学卒業
ジャンル プログレッシブ・ロック
ポップ・ロック
ワールドミュージック
職業 作曲家
編曲家
ギタリスト
歌手
担当楽器 ヴォーカル
ギターほか弦楽器
活動期間 1984年 - 2016年
レーベル GARGOYLE
事務所 penelope
共同作業者 ZABADAK
小峰公子
公式サイト ZABADAK OFFICIAL SITE
著名使用楽器
フェンダー・ストラトキャスター '78
Larrivee C-50
Button Bouzuki(フラットバック)ほか[1]

吉良 知彦 (きら ともひこ、1959年12月6日 - 2016年7月3日)は、日本ミュージシャンギタリスト歌手作曲家編曲家である。山梨県出身(愛知県名古屋市育ち)。中央大学卒業[2]1986年にデビューしたZABADAKをメインに音楽活動をしていた[3]日本作編曲家協会会員[4]

略歴・人物[編集]

山梨県の長坂(現・北杜市)にて一人っ子として誕生し、4歳で愛知県名古屋市に移住[2]。父親の所有するクラシック民族音楽のコレクションを聴いて育ち、中学生の頃からギターを始める[2]。高校時代から名古屋でバンド活動を行い、ザ・ビートルズや、イエスエマーソン・レイク・アンド・パーマーマイク・オールドフィールドなどのプログレッシブ・ロックの影響を受ける[2]

中央大学在学中よりハコバン(ライブハウスなどの専属で生演奏をするバンド)でのギター演奏の仕事をするかたわら[2]、音楽学校アン・ミュージック・スクール[2]メーザー・ハウスでギターと音楽理論などを学ぶ。

1985年上野洋子松田克志と共にZABADAKを結成、翌1986年にデビュー[2]。他のメンバーの脱退を経て1993年に吉良のソロユニットとなる[2]2011年3月、妻でありミュージシャン・作詞家小峰公子が正式メンバーとして加入し2人組ユニットとなった[3]

ZABADAKの活動とともに、吉良知彦の名義で職業音楽家として[4]映画(池田敏春監督作品が多い)、CM、TV番組などでの作曲、ギタリストとして様々なレコーディングやライブステージに参加した。

演奏家としてはエレクトリック・ギターアコースティック・ギターが中心であるが、 ピアノキーボードリコーダー打楽器なども使用するほか、ベースをはじめとした撥弦楽器全般を演奏する。特にマンドリンブズーキ三線といった民族楽器を曲調に合わせて使用する事も多かった。

趣味は昆虫採集アウトドア[2]チョウ甲虫類などのコレクションがある。

2016年7月3日、死去[5]。56歳没。同年3月のZABADAK結成30周年記念コンサートの際に体調を崩して療養していたが復帰後にはツアーを行い、秋口に公演予定のコンサートチケットが開催地によっては完売するなどの準備を進めていた矢先の死であった[6]。オフィシャルアカウント・オフィシャルサイトでは3日後の7月6日に発表され、音楽ニュースサイトナタリーなどでも報じられた[7]。同サイトでは報道直後の週(7月7日 - 7月13日)の1週間における記事のうち、このニュースがアクセスランキング1位となった[8]

ユニット活動[編集]

  • キドキラ - 鬼怒無月(Gt)×吉良知彦(Gt, Vo)
  • キドキラ+コーコ - 鬼怒無月×吉良知彦+小峰公子(Vo)
  • キドキラplus - 鬼怒無月×吉良知彦+小峰公子+楠均(Ds, Vo)+吉田誠(Ba)
  • キドキラカタン - 鬼怒無月×吉良知彦×日比谷カタン(Gt, Vo)
  • キドキラカタンレイリナンバ - 鬼怒無月×吉良知彦×日比谷カタン×玲里(Vo, Pf, AG)×難波弘之(Key)
  • マサキラ - 佐藤正治(Per)×吉良知彦
  • ユカキラリタ - 藤野由佳(Acc)×吉良知彦×Rita(Vo)
  • キラウフル - 吉良知彦×u-full(Vo,Acc)

作品[編集]

作曲家としてのクレジットはZABADAKと重なる場合も多いが、ここでは吉良個人名義の作曲の仕事を中心に挙げる。

ソロ名義[編集]

『AFTER THE MATTER』 1984年 レコード、再発CD化 2001年3月29日 HARV-0002 penelope
吉良がデビュー前に自主制作したアルバム。「ポーランド」「オハイオ殺人事件」の初期バージョンを含む。ZABADAKメンバーの上野、松田のほか、収録曲「夜」のヴォーカルに高橋久美子(後のクミコ)が参加している[9]。このアルバムで第3回PARCOオルガン坂大賞に応募し、ZABADAKデビューのきっかけとなった[2]2001年に所属事務所penelopeがCD化して再発。
『賢治の幻燈』 1995年9月21日 NTT出版/ポリスター PSCN-5032
宮沢賢治の童話を題材としたコンセプチュアル・アルバム。この作品とリリースにより、後の演劇集団キャラメルボックスとの繋がりが生まれた。一般的にはソロ名義での作品とされるが、ZABADAKの公式サイトではオリジナルアルバムの一つとして明記されている。なお、ジャケットには吉良プロデュースとあるが、帯には「Music: ZABADAK」と明記されている。
『ケンジ先生』 1998年8月27日 ネビュラプロジェクト CBST-00003
演劇集団キャラメルボックス公演「ケンジ先生」、オリジナルサウンドトラック
『怪傑三太丸』 1999年9月2日 ネビュラプロジェクト CBST-00005
演劇集団キャラメルボックス公演「怪傑三太丸」、オリジナルサウンドトラック
『La Compagnie“A-n”「祈りのあとに」オリジナルサウンドトラック』AN-0001
演劇ユニット「ラ・カンパニー アン」が1999年から2005年にかけて行った公演のサントラ。
『THE BLEEP BROTHERS』2002年3月2日 HARV-0004 GARGOYLE
映画『ピーピー兄弟』サウンドトラック

コンピレーション[編集]

『オリジナルサウンドブック「我が名は虹」』
演劇集団キャラメルボックス、サウンドブック。「黒い嵐(Instrumental)」「嵐の香(Instrumental)」収録。
『携帯電話チェックタイムのテーマ』CBST-00012
演劇集団キャラメルボックス、サントラ。「風を継ぐ者 バージョンA」「風を継ぐ者 バージョンB」を収録。
『携帯電話チェックタイムのテーマ7』2006/02/15 CBST-00038
演劇集団キャラメルボックス、サントラ。「Keitai Night(歌:Real Blend)」を収録。

TV番組[編集]

映画音楽[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『Player』1993年3月号、プレイヤー・コーポレーション、pp.267-268。
  2. ^ a b c d e f g h i j moment 吉良知彦インタビュー(2004年5月26日)、moment、2016年9月20日閲覧。
  3. ^ a b Profile、ZABADAK公式サイト、2016年7月11日閲覧。
  4. ^ a b 吉良知彦. “今月の作家”. 日本作編曲家協会. 2016年7月31日閲覧。
  5. ^ “重要なお知らせ” (プレスリリース), ZABADAK公式サイト, (2016年7月6日), http://www.zabadak.net/information/2016/0402_20160706_notice.html 2016年7月7日閲覧。 
  6. ^ ZABADAKの吉良知彦が逝去(2016年7月6日)、ナタリー、2016年7月6日閲覧。
  7. ^ ZABADAKの吉良知彦が逝去”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年7月6日). 2016年7月15日閲覧。
  8. ^ [今週のナタリー]ヒッキー、ついに本格再開”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年7月16日). 2016年7月15日閲覧。
  9. ^ 吉良知彦のうすぼんやり日記II”. ZABADAK OFFICIAL SITE (2004年2月4日). 2005年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]