マイク・オールドフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mike Oldfield
マイク・オールドフィールド
Mike Oldfield NOTP 2006.jpg
(2006年)
基本情報
出生名 Michael Gordon Oldfield
生誕 (1953-05-15) 1953年5月15日(64歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
バークシャーレディング
ジャンル プログレッシブ・ロック
ニューエイジ
アンビエント
ミニマル・ミュージック
実験音楽
職業 作曲家
シンガーソングライター
プロデューサー
ゲームデザイナー
担当楽器 ギターキーボード
ボーカルベース
パーカッション など
活動期間 1967年 -
レーベル ヴァージン (1972 - 1991)
ワーナー (1992 - 2003)
マーキュリー (2005 -)
共同作業者 ケヴィン・エアーズ
デビッド・ベッドフォード
マギー・ライリー
ペッカ・ポーヨラ
ジョン・アンダーソン
公式サイト www.mikeoldfieldofficial.com/
著名使用楽器
フェンダー・ストラトキャスター
フェンダー・テレキャスター
ギブソン・SG
ギブソン・レスポール
フェアライトCMI
コルグ・M1

マイク・オールドフィールドMike Oldfield, 1953年5月15日 - )は、イギリスミュージシャン。デビューアルバム『チューブラー・ベルズ』や1983年のシングル『ムーンライト・シャドウ』のヒットで世界的に知られる。

来歴[編集]

最初期

早くから音楽に触れ、幼少時よりピアノを、10歳からギターを習い始める。1967年、姉のサリー・オールドフィールドと共にフォークデュオ「サリアンジー(The Sallyangie)」を結成し、『チルドレン・オブ・ザ・サン』(1968年)を発表。アルバム一枚でデュオは解散するが、ロンドンでのセッション活動を通じてケヴィン・エアーズデビッド・ベッドフォードと知り合い、ケヴィン・エアーズのバック・バンド「ザ・ホール・ワールド」でベースを担当。『月をうて(Shooting at the Moon)』(1970年)と『Whatevershebringswesing』(1971年)の2枚のアルバムに参加した。バンド解散後はセッション・ミュージシャンをしながら、デビッド・ベッドフォードから音楽理論を学ぶ。

デビュー

1973年5月、リチャード・ブランソン主宰のヴァージン・レコードの第一弾アーティストとして、アルバム『チューブラー・ベルズ』でデビュー。2400回もの多重録音を繰り返して制作されたこの壮大なアルバムは全英1位を記録。 特徴あるイントロのフレーズがアメリカ映画『エクソシスト』(1974年)にも使用され、さらに知名度が上がった。[1]。現在までにイギリス国内で260万枚を売り上げ、全英歴代トップ30にランクインするほどの大ヒットとなった。同作は現在でもプログレッシブ・ロックの歴史的名盤とされている[2]

続いて1974年に『ハージェスト・リッジ』(全英1位)、1975年に『オマドーン』(全英4位)とアルバムを出すも、成功によって生じた精神的重圧に苦しみ長期間の療養生活に入る。1978年に『呪文』を発表してカムバックを果たした後は、アルバムを発表するだけでなく精力的にツアーを行うようにもなり、翌1979年にはヨーロッパでのライヴの模様を収めた『エクスポーズド』をリリースしている。

1980年代

1982年5月26日、渋谷公会堂で初来日公演を行った。

  • 1日のみの公演。招聘元は、ウドー音楽事務所。公演では、主にアルバム「プラチナム」(来日時での最新作)、「チューブラー・ベルズ」、「オマドーン」などからの楽曲などを演奏。マギー・ライリー参加。(公演パンフレットの販売なし。レコードやTシャツ等の物販はあり。)

1980年代に入ってからも『ファイブ・マイルズ・アウト』(全英7位)、『クライシス』(全英7位)と優れた作品を続けて発表。

この頃から、時代の変化に合わせて従来のプログレッシブ・ロックからのアプローチをやめ、所属レコード会社であるヴァージンのイニシアティヴの下でポップ寄りの作品を発表するようになる。マギー・ライリーのボーカルによる『クライシス』収録の「ムーンライト・シャドウ」はヨーロッパ中で大ヒットし、その後アニー・ハズラムアゼリン・デビソンがカヴァーする代表曲となる。以降も様々なボーカリストを起用し、「ファミリー・マン(ホール&オーツのカバーで知られる)」、「トゥ・フランス」、「トリック・オブ・ライツ」、「シャドウ・オン・ザ・ウォール(ロジャー・チャップマンのボーカル)」、「アイランズ(ボニー・タイラーのボーカル)」、「イノセント」、「キリング・フィールドのテーマ(エチュード)」、「ヘヴンズ・オープン(マイク自身が歌う)」などのヒット曲を生み出す。

1990年代から現在

1992年ワーナーに移籍し、代表作『チューブラー・ベルズ』の続編『チューブラー・ベルズ II』を発表。同作は全英1位を記録した。1998年にはさらなる続編となる『チューブラーベルズIII』を発表。同作のワールドプレミアム公演には、かつてレーベル移籍問題で確執が取りざたされたリチャード・ブランソンが観客として会場に訪れた。

2004年にはマーキュリーに移籍。2012年にはロンドンオリンピックの開会式で演奏を行った。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 1973 Tubular Bells
  • 1974 Hergest Ridge
  • 1975 Ommadawn
  • 1978 Incantations
  • 1979 Platinum
  • 1980 QE2
  • 1982 Five Miles Out
  • 1983 Crises
  • 1984 Discovery
  • 1987 Islands
  • 1989 Earth Moving
  • 1990 Amarok
  • 1991 Heaven's Open
  • 1992 Tubular Bells II
  • 1994 The Songs of Distant Earth
  • 1996 Voyager
  • 1998 Tubular Bells III
  • 1999 Guitars
  • 1999 The Millennium Bell
  • 2002 Tr3s Lunas aka Tres Lunas
  • 2003 Tubular Bells 2003
  • 2005 Light & Shade
  • 2008 Music Of The Spheres
  • 2013 Man On The Rocks
  • 2017 Return To Ommadawn

脚注[編集]

外部リンク[編集]