日本作編曲家協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般社団法人日本作編曲家協会(にほんさくへんきょくかきょうかい、: Japan Composers & Arrangers Association)は、ニューミュージック・ポップス系の編曲家作曲家業界団体。略称「JCAA」。

毎年、「JCAAアレンジャーズサミット」を東京[1]や地方都市[2]で開催している。

現在、会長は服部克久[注釈 1]、副会長は小六禮次郎三枝成彰

沿革[編集]

  • 1970年(昭和45年) - 日本アレンジャー協会設立。
  • 1977年(昭和52年)6月 - (社)日本芸能実演家団体協議会(芸団協)に加盟、名称を「日本アレンジャーズ&パフォーマーズ協会」に改称[3]
  • 1986年(昭和61年)4月 - 日本音楽作家団体協議会(FCA)設立に参加[4]
  • 1989年(平成元年)9月 - アレンジャーズ1stコンサートを昭和人見記念講堂にて開催[3]
  • 1993年(平成5年)11月 - 名称を「日本作編曲家協会」に改称[3]
  • 1995年(平成7年)9月 - 編曲著作権に関する宣言を発表。
  • 2003年(平成15年)
    • 3月 - アレンジャーズサミット「JCAA meets Jerry Goldsmith」開催。
    • 10月 - 第1回「母と子の♪♪〜はじめてのコンサート〜」開催[3]。これ以降継続的に開催される[5]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 服部は会長在職のまま、2020年(令和2年)6月11日に逝去。後任会長は未定。
出典

外部リンク[編集]