楽園 (鈴木光司の小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楽園』(らくえん)は、日本の小説家鈴木光司による小説である。

1990年の日本ファンタジーノベル大賞第2回において優秀賞となった小説である。大賞受賞作は『小説新潮』に全文が掲載されるが、この回は大賞に該当した作品がなく、同じく優秀賞を得た『英雄ラファシ伝』とともに一部が掲載された。

満ちてくる時のむこうに』のタイトルでアニメ化され、1991年6月16日に日本テレビでスペシャル番組として放送された。

あらすじ[編集]

遠い昔のモンゴルに、愛し合いながらも別れ別れになった男女がいた。2人の魂は、伝説の「赤い鹿」の精霊に守られながら、18世紀の南海の小島、現代のアメリカにと、1万年の時を越えて生まれ変わっていく。

満ちてくる時のむこうに[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テーマ曲[編集]

『満ちてくる時のむこうに』

商品[編集]

小説[編集]

  • 鈴木光司 『楽園』 新潮社、1990年12月、ISBN 4103786019
  • 鈴木光司 『楽園』 新潮社〈新潮文庫〉、1995年12月、ISBN 4101438110

アニメ[編集]

  • VHSLD『満ちてくる時のむこうに』バップ 1991年
  • 『満ちてくる時のむこうに アニメブック』新潮社、1991年10月、ISBN 4103786027
  • 『満ちてくる時のむこうに オリジナルサウンドトラック』バップ、1991年8月

オーディオブック[編集]

関連項目[編集]

  • iKON 〜遠い旅の記憶〜 - 日本の音楽ユニットZABADAKのアルバム。本作に影響を受けて制作された。

外部リンク[編集]