魔法のデザイナーファッションララ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

魔法のデザイナーファッションララ』(まほうのデザイナーファッションララ)は、かつてセイカぴえろと提携して製作していた、女児用文具のキャラクター商品である。

本稿では、前身である『ファッションララ リトルスターズ』に加え、OVA化作品である『ハーバーライト物語』についても、併せてここで扱う。

概要[編集]

ぴえろ魔法少女シリーズ第4作『魔法のアイドルパステルユーミ』終了後の1986年末に、同シリーズを製作してきたアニメ製作会社のぴえろ(当時はスタジオぴえろ)とセイカ(当時はセイカノート)により、女児用文具のキャラクターとして『ファッションララ リトルスターズ』が展開される。その後『魔法のデザイナーファッションララ』に改名して展開された。1998年にシリーズ第5弾として製作されたテレビアニメ『魔法のステージファンシーララ』の原案となった作品であり、大筋の設定や登場人物の名前は『ファンシーララ』へと受け継がれている。

テレビアニメのキャラクター商品の場合、そのキャラクターが登場するアニメの放映終了と共に視聴者である子供の興味が薄れてしまい、商品展開も下火になるという欠点があった。このため本作は「もっと息の長いシリーズとして展開できるものを」とするセイカの要望にぴえろが応じる形で製作された[1]

デザイナー志望の少女ミホが、夢の国から現れた妖精ピグとモグから魔法のライトペンをもらい、魔法のデザイナー・ファッションララに変身して活躍するという物語を設定し、塗り絵や着せ替えを中心とした女児用文房具のキャラクター商品として展開された。なお、『リトルスターズ』ではミホと一緒に登場するキャラクターはマニャーナとアエールという、背中に翅の生えた小さな少女の姿をした妖精だけであり、ロゴ表記も「ファッションララ」の部分は小さく、「リトルスターズ」の方を大きく表記したものだった。当時はセイカの文房具の販売促進のため、ぴえろのスタッフによってCM用アニメが多数製作され、ぴえろ製作のアニメ内のCM以外でも、女児向けアニメのCM内でも積極的に放送された。また、抽選でアニメ絵本(当時は「おしゃれ絵本」と呼ばれていた)が当たる応募サービスもあった。この絵本の製作もぴえろが担当している。

この時期のセイカは本作の他にも東映動画(現・東映アニメーション)と共同で『おまじないアイドル リリカルレナ』、葦プロダクション(現・プロダクション リード)との共同で『星のデュエット ファニーツイン』と、様々な女児用の文具ブランドを展開しており、ぴえろとも『ファッションララ』と一緒に『魔法のステージ アイドルココ』、『おてんば魔女 トワイライトマリー』を手がけていた。これらの中で本作はCMによる大々的なアピールや女児や女性に洋服のデザイン案を応募させるサービスを積極的に行い、その中でも秀逸なデザインの服をいち早く作中に取り込むなどの斬新なアイデアを次々と展開した。こうして『ファンシーララ』の放映が開始される1998年春に活動を休止するまでの11年間に渡って活動を続けたヒット商品となった。

また、1988年にはOVAとして『ハーバーライト物語』が製作されている(下記参照)。

ハーバーライト物語[編集]

作品解説[編集]

ハーバーライト物語(ストーリー)〜ファッションララより〜』はセイカの協力の下、ぴえろにより『ファッションララ』の設定にストーリー性を含ませたアニメとして製作されたOVAである。当時は「ぴえろ魔法少女シリーズ第5弾」として宣伝された。1988年3月11日にVHS・Betamaxビデオソフトがエスピーオーより、5月21日LDが創美映像(現・ハピネット)より発売され、それに先立ってサウンドトラックも3月5日キングレコードより発売されている。

なおこの時、「ぴえろ創立10周年記念作品」として『アイドルココ』がOVA化されることが決定していたが、『ファッションララ』のOVA化が決定されたことやキャラクターデザイン担当の高田明美が『きまぐれオレンジ☆ロード』や『機動警察パトレイバー』など、他のアニメのキャラクターデザインに深く携わっており、非常に多忙だったことから急遽製作中止となっている。よって本作は「スタジオぴえろ創立10周年記念作品」として製作されることになった経緯もある。製作中止となってしまった『アイドルココ』はその後、原案と構成を『ファッションララ』と混成することで『魔法のステージファンシーララ』となり、キャラクターデザインに高田が起用されることになった。

こうして当時「ぴえろ魔法少女シリーズ第5弾」、「スタジオぴえろ創立10周年記念作品」と銘打ち、実力派のスタッフを結集させて大々的に制作された本作であるが、後述の版権問題で現在では視聴不可能な封印作品となってしまっている。

また、制作元のぴえろは『ファッションララ』、『アイドルココ』と『魔法のステージファンシーララ』との直接的な関連性は否定している。

特色[編集]

物語は約50分で構成されている。オリジナルとは違って大幅に変更されており、デザイナー志望で苛められっ子の少女ミホが、本の中から飛び出した妖精ピグとモグの力で、一晩限りの大人の姿に変身するという、童話の『シンデレラ』をベースに、1970年代後半から80年代初頭に流行したディスコダンスを主軸とした映画『サタデー・ナイト・フィーバー』に代表される青春映画の要素を加味した物語となっている。

本作の特色としてはアイドルとのタイアップはなく、『魔法の妖精ペルシャ』同様に本職声優の山本百合子が主人公ミホ役に起用されている。山本はアニメ化以前に『ファッションララ』シリーズのCMでナレーションを担当していたが、これがきっかけで本作では主人公ミホの声を担当することになった。CMは山本の他に松井菜桜子もナレーションを務めていたが、その松井もエリナ役で参加している。その他、変身シーンではCMで使用された「ピンキーポンク・ミラクルファッション」と言うフレーズは一切使用されず、代わりに『パステルユーミ』と同じく挿入歌が使われ、このシーンの挿入歌には作曲家として著名な小杉保夫が歌う「Dream'in」が起用された。ぴえろの魔法少女シリーズで挿入歌に男性ボーカルが起用されたのは本作が初めてあり、この流れは『ファンシーララ』にも受け継がれている。その他の主題歌や挿入歌もアイドルの起用はなく、アニメソングで活躍していた増田直美や小森まなみが担当している。

玩具メーカーとのタイアップもなかったため、CMで登場した変身用の「魔法のライトペン」も省略されて妖精の力のみで変身している。また、総合商社伊藤萬が本作に参加しておりアニメーションとは無縁な企業がアニメーション製作に乗り出すなどバブル景気を反映したものとなっている。

本編は基本的にはハッピーエンドのストーリーだが、オープニング映像が主人公ミホの深層心理を表したような全体的に暗く、シルエットを多用した抽象的な表現になっていたり、内容もミホが家族から酷い虐めにあっている設定のため、CMのような明るさは少なく、全体的に暗くてシリアス色の強い悲劇型で悲壮感の漂うドラマがストーリーの大半を占めている。また、暴走族の不良キャラクターであるキッドがストーリーや主人公に深く絡み、ステージ爆破などの過激なシーンがあったり、キッドの父親と愛人の不倫シーンがあるなど、ぴえろ製作の魔法少女アニメとしては今までにない大人向けの描写が多い。

版権問題[編集]

本作は今までの『ぴえろ魔法少女シリーズ』とは違ってテレビアニメではなく完全OVA作品として発売されたことや、ぴえろとセイカとの複雑な共同版権作品であり、セイカ側が『ファッションララ』の全てのグッズの企画制作と販売を取り仕切っていた事などから、販促宣伝用のパンフレットチラシ、下敷きなどが配布されただけで本来なら発売されるべきアニメグッズやCDレーベルなどの製作が困難なため発売されなかった(他のシリーズはぴえろ単独か、ぴえろと集英社またはバンダイビジュアルとの版権作品)。ソフト化に関しても映像関係VHS版、Betamax版、LD版。音楽関係も主題歌、挿入歌、BGMを収録したサウンドトラックが1988年に発売されるに留まった。

1988年に発売されたこれらのソフト類以降は版権関係が壁となり何も発売されず、また1998年4月には片方の著作権元のセイカが『ファッションララ』の企画活動と販売を当時の新企画であった『ファンシーララ』と置き換える形で無期限休止してしまった事などにより、2003年より他のシリーズで盛んに行われている作品のデジタルメディア化(デジタルリマスターによるDVDまたはBlu-ray Discソフト化、インターネット配信)など新規グッズの製作が一切出来ないまま月日が流れた。さらに2009年3月1日をもってセイカ自体が親会社バンダイナムコホールディングスの合理化による業務縮小で解散、消滅してサンスター文具に統合され、それに伴って活動休止状態となっていた本作『ファッションララ』を含むほとんどの旧セイカオリジナルブランド作品がサンスター文具に引き継がれることなく完全に消滅してしまった。このため、現在でも著作権の関係で新たなソフト発売もインターネットによるアニメ専門動画配信サイトでの放送も不可能な状態で、実質上の封印作品孤児著作物)となっている。

そのような事情もあり、本作は現在では「なかったこと」にされており、制作元のぴえろのHPにも一切掲載されていない(かつてのスタジオぴえろ時代のHPには本作もわずかながら掲載されていたが、スタジオぴえろとぴえろプロジェクトが2002年に合併して新生ぴえろとなり、HPが全面リニューアルされた際に全て削除され、現在では完全消滅している)。

ストーリー[編集]

ある港町で、町の少女たちの中からダンスクイーンを決めるディスコダンスフェスティバルが企画されていた。主人公ミホは、ファッションデザイナーに憧れ、いろいろなデザインのドレスを作ることを夢見ている。そして今回のダンスクイーンコンテストに従姉(いとこ)の一人シュリが自分のデザインしたドレスを着て出場することになってミホは大喜び。ところが市長の息子である不良少年キッドが現れ、フェスティバルを失敗させようと妨害する。さらには叔母がミホのデザインしたドレスを切り裂いてしまった。泣き崩れてしまったミホは、妖精ピグとモグの魔法でファッションララに変身し、自分のデザインしたドレスを身にまとって街の人々を魅了する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ベテラン演出家の高橋資祐を監督に起用し、キャラクターデザインは魔法少女シリーズでお馴染みの岸義之、脚本にはファイナルファンタジーシリーズのシナリオを担当した寺田憲史、作画にはうる星やつらの作画監督であった遠藤麻未山本直子、音楽製作には本編を山本健司、主題歌や挿入歌には小杉保夫松宮恭子が起用され、さらに動画製作や絵コンテ、仕上げを京都アニメーションが担当しているなど有力なスタッフが多数参加している。

主題歌・挿入歌[編集]

主題歌はシングルCDが発売されておらず、主題歌や挿入歌を収録した本作のサウンドトラックも廃盤であるため長らく入手や視聴が困難だったが、本作の発売から15年経った2003年10月22日徳間ジャパンコミュニケーションズより発売された「アニメージュ・魔法少女コレクション」にようやくフルバージョンが収録され、現在では容易に入手出来るようになった。

オープニングテーマ - 「DESTINY LIGHT(運命の光)」
作詞 - 暮醐遊
作曲 - 小杉保夫
歌 - 増田直美
プロレスラー佐野直喜(現・佐野巧真)がテーマソングとして使用した。
エンディングテーマ - 「トワイライト・ドリーム」
作詞 - 小森まなみ
作曲 - 松宮恭子
歌 - 小森まなみ
オープニングは主人公の心理を表したと言われる減法混合を使った暗くて抽象的なイメージが強く、主人公はほとんど出てこない。反面、エンディングは白色を基調とした暖かい色合いで纏められている。
挿入歌
「Dream'in」
作詞 - 大場清美
作曲 - 小杉保夫
歌 - 小杉保夫
「Dream'in」はミホの変身シーンで使用された。
「虹のプリンセス」
作詞 - 小森まなみ
作曲 - 松宮恭子
歌 - 小森まなみ

オープニングテーマ、エンディングテーマ、挿入歌とも編曲は山本健司が担当している。

ソフト[編集]

サウンドトラックはCD版、LPレコード版、カセットテープ版の3種類が発売された。全部で12曲が収録され、レコード版とカセット版はサイドAとサイドBで各6曲ずつに分けて収録されている。

  • ビデオソフト(1988年3月11日発売 エスピーオー 11.800円)ORF205
  • レーザーディスク(1988年5月21日発売 創美映像 9.800円)LSP1113
  • オリジナルサウンドトラック(1988年3月5日発売 キングレコード)K32X-7109
    • CD版(3200円)
    • LPレコード版(2500円)
    • カセットテープ版(2500円)

脚注[編集]

  1. ^ リニューアル前の『ファンシーララ』公式サイトにあった「ファンシーララのひみつ」のページより(web魚拓のキャッシュ)[1]