小森まなみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小森 まなみ
別名 小森 眞奈美
こもり まなみ(作家活動時)
生誕 10月16日
出身地 日本の旗 日本東京都渋谷区
学歴 日本大学芸術学部放送学科卒業
ジャンル ラジオ
ポップス
アニメソング
職業 ラジオパーソナリティ
トークジョッキー
声優
歌手
作家
活動期間 1980年 - 2011年
レーベル CBS・ソニー
スターチャイルド
インターチャネル
事務所 プロ・フィット
公式サイト M's garden

小森 まなみ(こもり まなみ、10月16日 - )は、日本ラジオ番組パーソナリティ歌手声優エッセイスト血液型はB型。星座天秤座。夫はアニメーション監督の山崎理[1]

作家として小森眞奈美、童話作家としてこもりまなみとしても活動している。日本児童文芸家協会会員。NPO法人メディカルメイクアップアソシエーション認定員。日本大学藝術学部放送学科卒業。プロ・フィット声優活動時)所属。メディカルウィッグのボランティア組織アンジェリック代表。2017年現在、活動休止中。

人物紹介[編集]

東京都渋谷区生まれ。父は内科学者で、世界的な胃癌治療の第一人者だった医学博士、小黒八七郎(おぐろ やなお)。曽祖父は儒学者、祖父は医師という家系に生まれる。タイ国立がんセンターの設立に伴い家族で渡泰し、幼少時はバンコク日本人学校に通学していた。性格は天然ボケな部分があるものの、基本的に努力家で優しい。また感受性が豊かで涙腺が弱く、ハガキに感動して番組中でも涙ぐんたり、いじめに苦しむリスナーを本気で励まし続け放送終了時間を忘れ、尻切れ番組になったこともある。

ラジオ番組において、レコードを廻しながら一人で放送をおこなう「ディスクジョッキー」ならぬ、トークに重点を置いたトークジョッキーという概念を提唱し、自ら実践した。現在も歌手・作家・声優・メイクセラピストなど多くの活動のなか、パーソナリティとしての活動に重点を置いている。

ラジオ番組では「心と心のキャッチボール」を大切にし、幅広い年齢層のリスナーからマミ姉と呼ばれ、1980年代後半から2001年平成13年)のラジオ情報誌でのDJ人気投票では、11か月連続1位を記録するなど人気も高く、現在でも長きに渡ってリスナーの支持を得ている。『mamiのRADIかるコミュニケーション』は2009年平成21年)10月四半世紀を記録。(放送期間25年間)。『小森まなみのPop'n!パジャマEYE』は17年。

読売新聞の英字紙である「ザ・デイリー・ヨミウリ」(現・ジャパン・ニューズ)では、1987年(昭和62年)に日本のサブカルチャーの代表として、「ジャパニーズルッキンググラス『Angel of the Airwaves』〜日本を映す鏡・電波の天使 小森まなみ〜」で2週にわたって特集された。

特徴のある声質で、声優としては子供や少女キャラから、『サザンアイズ』のスージン・リュウメイのような低音の悪役、『おやすみポエム』『きんもくせいナイト』のような柔らかい癒しボイスまで幅が広い。ラジオ活動とあいまって、1990年代から声優ラジオが一般化する下地を作った[2]2007年平成19年)10月よりNHK教育テレビで放送のイギリスの絵本作家ルーシー・カズンズの作品『スイスイ!フィジー!』に出演した。

日本テレビ音楽学院で歌唱ダンスを学んだ高校1年には、音楽ユニット「バーズ」のメンバーに選抜され、全国高等学校サッカー選手権大会イメージソング「ふり向くな君は美しい」をリリース。学校ではフォークソング部に所属。DJになって以後も友人たちと『Nausicäa』というバンドを結成。1983年昭和58年)には秋元康プロデュースによる“業界初の5枚組シングル”で歌手としてもデビューし話題を集める。オリジナルアルバムでは自ら作詞を手がけており、1996年平成8年)8月にリリースされた全曲本人作詞のアルバム『Courage〜クゥ・ラージュ〜』は、オリコン総合チャート初登場25位を記録。初のライブビデオ『BELIEVE』は、オリコン売上6位を記録し、キングレコードよりヒット賞を受賞する。

愛・地球博ナゴヤ球場レインボーホール名古屋城をはじめとするビッグイベントでは数千人を超える動員を記録。『こころのおくすり』『こころが元気になる31のヒント』など本の出版の際に行なわれる書店のサイン会で整理券は即日完売、ベストセラー、ランキングで1位を記録するなど東海地区で絶大な支持がある。

番組や著作物を通じて「夢+努力=現実」を提唱。これは「夢の方程式」とも呼ばれ、小森が特に強調するモットーである。連載エッセイではプロ並みのイラストもこなす。近年では童話の出版や新聞連載など、活動は多岐にわたる。

1995年平成7年)1月17日阪神・淡路大震災時は自ら現地に飛びリサーチ。番組で出来ることを、と救援テレカ支援を企画。累計800万円を超える募金をラジオ関西兵庫県学童保育連絡協議会・あしなが育英会などを通じ5年間に渡り寄付。 2003年平成15年)からはタネを集めて砂漠の緑化に協力する’緑のたまごプロジェクト’を、2007年平成19年)名古屋城の夏フェスからは、ペットボトルのキャップを集めて世界の子供たちにワクチンを贈る“エコキャップレボリューション”を展開した。

また、1997年に逝去した父・八七郎の遺志を受け継ぎ、2006年平成18年)から抗がん剤の副作用に苦しむ人のためにメディカルウィッグ(医療用かつら)通信販売組織「アンジェリック」をボランティアで設立。2006年(平成18年)1月より公式サイトを立ち上げた(彼女の実質的な「盟友」でもあり、2004年にガンにより早世した岡崎律子への想いもあるという)。

2011年6月26日に自身の体調不良を理由に、6月末を持って活動休止することを発表した。2012年(平成24年)4月30日にラジオNIKKEIで放送された『「ヤロメロ」35周年記念 公開生放送』に電話出演して以来、公式には声や姿を現していない。

略歴[編集]

1976年昭和51年)
1979年(昭和54年)
1980年(昭和55年)
1982年(昭和57年)
1983年(昭和58年)
  • 4月29日 - 初の著書『ハートいっぱい抱きしめて』出版。
  • 12月1日 - CBSソニーより秋元康プロデュースでシングル『翼をつけて Love Song』と四枚組シングル『You』を発売。レコードデビューを果たす。
    • レコード関係者によるファンクラブもでき、2万人を超えたが、「ファンとアイドルの関係みたいで、ラジオのポリシーからはずれる。人気に興味ない」と1年で解散を宣言。
1983年(昭和58年)
  • 新宿ルイードにて初ライブ。チケットが即日完売したため、急遽同じ日に追加公演が決まる。
1984年(昭和59年)
1986年(昭和61年)
1989年平成元年)
  • アニメ監督の山崎理と結婚。同年秋をもって「JanJanサタデー」(静岡第一テレビ)降板
1990年(平成2年)
  • テレビ東京『桃太郎伝説』はじめてのアニメヒロイン・かぐや姫役。主題歌とエンディングテーマも「小森まなみとピーチボーイズ」で発売。
  • 男児を出産。翌年まで産休。
1991年(平成3年)
1994年(平成6年)
1996年(平成8年)
1998年(平成10年)
  • 4月 - 初のメッセージブック「こころのおくすり」主婦の友社より出版。記念に新宿紀伊国屋書店で開催されたサイン会は、整理券が即日完売。サイン用に特設ステージが設けられた。
1999年(平成11年)
2000年(平成12年)
  • 3月 - 書き下ろしエッセイ「こころが元気になる31のヒントプラス」が主婦の友社より発売。東京名古屋大阪神戸の書店でサイン会。東海地区ベストセラーランキング1位を獲得。
  • 7月 - 劇場版アニメ『おジャ魔女どれみ♯』主題歌「ぽっぷな勇気」キングレコードより発売。(初めて作詞のコンペに提出した作品)
  • 12月 - 「天使の棲むところ」主婦の友社より発売。船橋ららぽーと名古屋神戸豊橋にてサイン会が行なわれる。東海地区ベストセラーランキング1位を獲得。
2001年(平成13年)
  • 1月 - TBSのアニメ『21世紀まんがはじめて物語』主題歌「ハッピーライダー」発売。
  • 11月 - 初の書き下ろし絵本「だいじなだいじなたからもの」発売。
2002年(平成14年)
  • 7月 - この時リリースされたマキシシングル『LIFE〜上を向いて歩こう』が、Amazon.co.jp売り上げランキングで1位を獲得。
2003年(平成15年)
  • 東京の有明「有明パークビル」にできた、ウェディングチャペルのプロデュースと企画をした。また、捨ててしまう種を砂漠緑化に役立てる「緑のたまごプロジェクト」を、同年の名古屋城夏まつりより開始。種の募集は、公開録音の会場に種を入れる箱を設けたり、番組宛てに送るなどで継続。
2003年(平成15年)
  • 1月 - 初の自叙伝「どんまい魂(スピリッツ)」主婦の友社より発行。
2004年(平成16年)
  • RADIコミ20周年記念ダイジェストCD『HERTZ』シリーズが東海ラジオから発売。3部作ともすべて完売。
  • 3月 - 月刊「声優グランプリ」にて5年に渡って連載されていたエッセイをまとめた「しあわせレシピ〜今日より素敵な明日のために〜」主婦の友社より発売。名古屋神戸仙台にてサイン会が行なわれる。
2005年(平成17年)
  • 8月7日 - 愛・地球博EXPOホール、アニラジ5番組の合同イベント「東海ラジオスペシャル We Love The Earth」に参加。イベントでは「緑のたまごプロジェクト」の取り組みと、自身が震災後のタイを旅したメッセージ映像を紹介した後、イベントのために作詞した「アイノホシ〜We Love The Earth」などのライブ。
  • 7月21日 - 全曲本人作詞のアルバム「Ride on Wave」 (NECA-30138) インターチャネルよりリリース
2006年(平成18年)
  • メディカルウィッグボランティア組織「アンジェリック」を設立。
  • 6月1日 - 声優や歌手のマネージメントを、アニプレックスのマネージメント部門「VOICE&HEART」に移籍。
  • 7月 - カーセンサー東海版(リクルート)『小森まなみのドライブに連れってって』連載開始
  • 8月20日 - 名古屋城開府400年『名古屋城宵まつり・夢のチカラ+GP』参加。
  • 10月14日 - 原宿 Blue Jay Wayにて、小森まなみの初の朗読&アコースティックライブ『きんもくせいナイト〜Premium First Flight』開催。チケットが約1時間で完売されたことから、本公演前に追加公演が行われる。
2007年(平成19年)
  • 8月19日 - 名古屋城二の丸広場にて『名古屋城宵まつり・みんなのパワーだ★ちょこECOナイト!』を開催。テーマは『エコロジー』で、ペットボトルのキャップ回収やエコに力を入れたコスプレ大会。この日あつまったエコキャップは3万3852個。世界の子供たちに送られるワクチン約44人分に相当。
  • 10月 - NHK教育テレビ『スイスイ!フィジー!』に出演。
2008年(平成20年)
  • 2月1日 - 声優や歌手のマネージメントを、VOICE&HEARTから「プロ・フィット」に移籍。
  • 4月 - 北海道新聞にてエッセイ&イラスト『小森まなみの 声いろえんぴつ』連載スタート。
  • 7月23日 - 「海腹川背 サウンドトラック」 (sweeprecords SRIN-1043) 発売
  • 8月17日 - 名古屋城二の丸広場にて『名古屋城宵まつり・ちょこECO★ミラクルナイト』を開催。昨年に引き続き、ペットボトルのキャップ回収やエコに力を入れたコスプレ大会をおこなった。この日あつまったエコキャップは重量にして188.3kg(約7万5千個余り)。世界の子供たちに送られるワクチン約94人分に相当する。
2009年(平成21年)
  • 3月 - はじめての児童書『こわがりやの忍者』(ポプラ社)出版
  • 8月16日 - 名古屋城二の丸ステージにて、25周年記念イベント『mamiのRADIかるコミュニケーション25TH Anniversary HERTZコンプリートパーティ』を開催
  • 8月27日 - 『東京 社用の手みやげ洋菓子編〜 贈って喜ばれる最高のスイーツ』東洋経済新報社出版
  • 10月5 - 6日 - 『mamiのRADIかるコミュニケーション』25周年を期に終止符
  • 11月23日 - 東京大学駒場祭『小森まなみ“夢の方程式”ハッピーセミナー』出演
  • 12月 - 『クロワッサン771号』(マガジンハウス)人気連載「手みやげをひとつ」に登場
2010年(平成22年)
  • 1月 - 『日本教育』1月号「日本の未来を語る」に登場
  • 2月 - 『クロワッサン774号』(マガジンハウス)「間違っていませんか?化粧品選び」特集グラビアで、愛用のデルメッドを紹介。同月、ダイオーズコミュニケーション冊子『D-mail 25号』手みやげ特集インタビュー
  • 3月 - 児童書『夢をひろげる物語(5)空とぶ魔法おしえます』(ポプラ社)出版
  • 3月 - 毎日新聞総合エンターテインメント誌『毎日夫人3月号』で著書プレゼント
  • 4月4日 - ラジオパーソナリティデビュー30周年
  • 5月 -『月刊 自己表現5月号』“思いやりの心特集”エッセイ掲載
  • 6月 -『まみラジハッピー同窓会』開催(東京)
  • 6月 -『児童文芸6・7月号』エッセイ「その笑顔が見たいから」掲載
  • 8月8日 - 文化放送プレゼンツ『Endless Summer , Endless Radio 〜真夏のA&G同窓会〜』出演
  • 10月17日 - ラジオデビュー30周年記念公演『銀河朗読会〜Premium Anniversary』開催
  • 11月 - 児童書『夢をひろげる物語(10)恋するレインボーケーキ』(ポプラ社)出版
  • 12月 - 『クロワッサン794号』(マガジンハウス)「素肌を変える、化粧品の見つけ方」特集グラビア
2011年(平成23年)
  • 5月 - 『MEN'S EX』(世界文化社)「小森まなみが選ぶ 手みやげ部門BEST5」
  • 6月8日 - 『小森まなみ パーフェクトベスト』(キングレコード)リリース
  • 6月16日 - 『震災復興支援 Yahoo!チャリティオークション』小森まなみ激レアセット251000円で落札
  • 6月26日 - 所属事務所の公式発表および同日放送の『小森まなみのPop'n!パジャマEYE』にて体調不良により6月末を持って一旦活動休止する事を発表。これにより『小森まなみのPop'n!パジャマEYE』は当日の放送を持って放送終了となった。
2012年(平成24年)
4月30日 - ラジオNIKKEIで放送された『「ヤロメロ」35周年記念 公開生放送』に電話出演。電話越しながらも約10ヶ月ぶりの放送出演となり、パーソナリティの大橋照子、斉藤洋美とともに旧交を温めた。

エピソード[編集]

1980年代後半の『ラジオパラダイス』人気パーソナリティ投票では、女性部門1位を長きにわたり獲得。伝説のDJとして男性部門1位の小堀勝啓CBCアナウンサー)との誌上対談が実現。また、小堀勝啓の番組に生出演。アメリカザリガニ(お笑いコンビ)、漫画家種村有菜、タレント山咲トオルなど業界内でもファンが多い。

実際の年齢が“冗談としか思えない”と評される程若々しい容姿を保っており、それによるエピソードには事欠かない。イベント帰りの名古屋駅の新幹線ホームにて、家出少女と間違えられ補導されそうになった。

漫画家で友人の佐藤まり子や井潤千代美(月嶋つぐ美)らと温泉旅行に行ったときは仲居さんが気を使って子供用浴衣を持ってきた。井上喜久子と同様のパターンで「永遠の18歳」と言われる(詳しくは声優の項目を参照)。

マルベル堂から「卒業記念に一枚写真をとらない?」と言われ出したブロマイドが売り上げ4位にランクイン。マスコミが注目し、女子大生DJブームがおこる。DJランキング1位の表彰式には『FOCUS』も取材、DJでは初めてフォーカスされ話題になる。

1997年平成9年)頃から『アニラジ』ブームがおこり、アニメ・ラジオ・イベントの最前線にクローズアップされる。本人は一時的な『ブーム』にあおられることを、極めて好まないために「ラジオを聴いてほしい。これからマリモになります」と1999年(平成11年)にイベントで宣言。これがいわゆる『マリモ宣言』。2008年(平成20年)11月のブログによると、日大二高時代に放火騒ぎでおびえた際に、先輩である現:NHKアナウンサー畠山智之に、12時間にわたり電話で励まされ続けた。

後任[編集]

1990年の産休期間及び2011年の体調不良による声優活動休止後、小森の持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

音楽[編集]

特記しない限り発売元はキングレコードスターチャイルド( - 2005年平成17年)7月)/ティー ワイ エンタテインメント(2005年(平成17年)7月 - ))。

シングル[編集]

  • 『小森まなみ DAY&TALK』5枚組シリーズ(CBSソニー
    秋元康プロデュースによるもの。A面が歌・B面にトーク・5枚同時リリース。かつてない画期的なレコード販売戦略で話題になる。
    • 「翼をつけてラブソング」/「Mami's Call In The Morning」(24SH 1439、1983年昭和58年)12月1日
    • 「You」/「Park.Av.でデイト」(24SH 1446、同)
    • 「恋の余韻」/「黄昏Freeway」(24SH 1447、同)
    • 「今夜だけあなたのティンカーベル」/「さよならなんて言わないで」(24SH 1448、同)
    • 「天使たちの夜」/「Midnight Telephone」(24SH 1449、同)
      • 以上5曲は、俗に「幻の5枚組シングル」と呼ばれる。A面の歌は2004年にCD「アイドル・ミラクルバイブル・シリーズ」に収録され再リリース。(B面のトークは収録されてない)
  • 『桃変化で行こう!』c/w:ピーチボーイ・ブギウギ(091X 10022、1989年11月21日)(キングレコードスターチャイルド)
    • (アニメ『桃太郎伝説』オープニング&エンディング主題歌)
  • 『Don't Cry Baby〜天使のチャイム〜』c/w:HERTZ〜電波の天使たち〜/For You〜まみの子守唄〜(KIDS-4002、1991年平成3年)8月5日)(キングレコードスターチャイルド)
  • 『夢みるハート』c/w:ダバダバFallin' Love(KIDA-31、1991年平成3年)11月5日)(キングレコードスターチャイルド)
  • 『ハイカラ RADIコミ音頭/電光戦士マミリンダー』(KIDS-104、1992年平成4年)7月22日)(キングレコードスターチャイルド)
  • 『Fight!〜最後の天使〜』c/w:Holy Eyes〜君の夢はぼくの夢〜(KIDA-113、1995年平成7年)9月21日
    • (ゲーム『3×3 EYES〜吸精公主〜』オープニング/エンディング主題歌)(キングレコードスターチャイルド)
  • 『YELLを君に!』c/w:おやすみBaby(KIDA-14、1996年平成8年)12月21日
    • ラジオ『小森まなみのエールを君に』オープニング/エンディングテーマ曲(キングレコードスターチャイルド)
  • 『I Love You』(ジャケットイラストは全盲のイラストレーターのエムナマエラジオ大阪、OBC-9801、1998年平成10年)12月)
    • ラジオ大阪40周年記念/チャリティミュージックソン協賛曲)
  • 『ぽっぷな勇気』c/w:ひまわり(KIDA-196、2000年平成12年)7月5日
  • 『HAPPY RIDER』c/w:ひみつのコード/ミトン<Radio Groove>(KICM-3005、2001年平成13年)1月1日
  • 『Life〜上をむいて歩こう〜』c/w:青空のパッセージ(2002年平成14年)7月25日、SCRF-0004(CD&携帯ストラップセット)/SCRF-0005(CD&タオルセット)/SCRF-0006(CD&タオル&携帯ストラップセット))(キングレコードスターチャイルド)
  • カントリーガール』c/w:君色アクセル(NECM-12114、2006年平成18年)1月25日)(インターチャネル)
    • 谷山浩子のカバー、ラジオ『mamiのRADIかるコミュニケーション』エンディングテーマ曲

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

ベストアルバム[編集]

コンピレーションアルバム[編集]

DVD[編集]

ビデオ・LD[編集]

代表曲[編集]

  • HERTZ〜電波の天使たち〜
  • 夢みるハート
  • 君がそばにいれば
  • 君に逢えてボクはボクになる
  • Fight!〜最後の天使〜
  • Little Courage〜うちへおいでよ〜
  • YELLを君に!
  • I Love You
  • Presage
  • きゅんきゅんのパワー

楽曲提供[編集]

  • 『三月白書』桑江知子
  • 『青空L号』W-Face
  • 『夏色の翼』『君のイナイ季節』高橋直純
  • 『空色ジュエル』『キミに贈るボクの詩』神谷水絵

その他[編集]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

ラジオ[編集]

ラジオたんぱ(現在のラジオNIKKEI)[編集]

AM/FM[編集]

テレビ[編集]

テレビアニメ[編集]

1985年

1989年

2001年

2007年

2008年

OVA[編集]

1988年

1995年

2003年

劇場アニメ[編集]

1987年

ゲーム[編集]

1993年

  • 3×3 EYES 三只眼變成(スージン・リュウメイ)

1995年

1996年

1997年

1998年

  • 速攻生徒会(前田まなみ)
  • 64トランプコレクション 〜アリスのわくわくトランプワールド〜(アリス

1999年

2000年

2002年

2003年

2005年

  • GUILTY GEAR XX / -SLASH-(蔵土縁紗夢)

2006年

  • GUILTY GEAR XX Λ CORE -ACCENT CORE-(蔵土縁紗夢)

2012年

  • GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS R(蔵土縁紗夢)

ビデオマガジン[編集]

  • アニメビジョン(Vol.4〜Vol.20「小森まなみのインフォメーションコーナー」パーソナリティ)

講演・ステージ[編集]

  • 九州工業大学 学園祭』2000年11月25日、九州工業大学内記念講堂
  • 奈良産業大学 学園祭』2003年10月26日、奈良産業大学 中庭ステージ
  • 東海中学校・高等学校サタデープログラム「ことばの力〜夢とラジオと朗読会」2004年2月21日、東海高校大講堂
  • 世田谷区生涯学習セミナー “ことばの力〜朗読でイキイキ生活”』東京都世田谷区
  • 『『しあわせレシピ』出版記念 ジュンク堂トークセッション』2004年5月23日、ジュンク堂書店池袋店
  • 愛・地球博』「WE LOVE THE EARTH」2005年8月6日、EXPOドーム
  • アニソンカーニバル2007 IN UENO』2007年7月14日、上野公園不忍池水上音楽堂
  • 名古屋城 宵まつり』「みんなのパワーだ☆ちょこエコナイト」2007年8月19日、名古屋城二の丸ステージ
  • 『名古屋城 宵まつり』「ちょこエコ☆ミラクルナイト」2008年8月17日、名古屋城二の丸ステージ
  • 東京国際アニメフェア』「魔法のプリンセス ミンキーモモ30THアニバーサリー」2009年3月20日、東京ビッグサイト東京国際アニメフェアステージII
  • 『名古屋城 宵まつり』25周年記念『HERTZコンプリートパーティ』2009年8月16日、名古屋城二の丸ステージ
  • 星野書店近鉄パッセ『小森まなみ“東京社用の手みやげ”サイン会』‐ 2009年平成21年)9月27日
  • 東京大学駒場祭『小森まなみ“夢の方程式”ハッピーセミナー』講演会 ‐ 2009年(平成21年)11月23日
  • 2010年平成22年)8月8日 - 文化放送プレゼンツ『Endless Summer , Endless Radio 〜真夏のA&G同窓会〜』出演
  • 小森まなみ30周年記念公演 『銀河朗読会〜Premium Anniversary』2010年10月17日 アムラックスホール

その他[編集]

  • ランナバウト - プレイステーション用ソフト。背景の看板写真にて出演。

書籍[編集]

エッセイ[編集]

  • 「ハートいっぱい抱きしめて」(小森まなみ、立風書房1983年昭和58年)4月発行)
  • 「こころのおくすり」(小森まなみ、主婦の友社1998年平成10年)4月発行)ISBN 4-07-223817-1
  • 「こころが元気になる31のヒント」(小森真奈美、新声社1999年(平成11年)7月発行)
  • 「こころが元気になる31のヒントプラス」(小森真奈美、主婦の友社2000年(平成12年)3月発行)ISBN 4-07-228186-7
  • 「天使の棲むところ」(小森真奈美、主婦の友社、2000年(平成12年)12月発行)ISBN 4-07-230177-9
  • 「しあわせレシピ〜今日より素敵な明日のために〜」(小森真奈美、主婦の友社、2004年(平成16年)3月発行)ISBN 4-07-242192-8

自叙伝[編集]

絵本[編集]

  • 「だいじなだいじなたからもの」(こもりまなみ、主婦の友社、2001年平成13年)11月発行)ISBN 4-07-231863-9
  • 「じぶんを見つける物語シリーズ5『7人の忍者のドキドキなお話 〜こわがりやの忍者〜』」(小森まなみ他6名、ポプラ社2009年(平成21年)3月発行)ISBN 978-4-591-10785-0
  • 『夢をひろげる物語(5)〜空とぶ魔法おしえます』(ポプラ社、2010年(平成22年)3月発行)ISBN 978-4-591-11618-0
  • 『夢をひろげる物語(10)〜恋するレインボーケーキ』(ポプラ社、2010年11月発行)ISBN 978-4-591-12113-9

実用書[編集]

雑誌・新聞[編集]

  • ラジオマガジン」レオタードグラビア(1981年頃)
  • mamiのRADIかるコミュニケーション ハートパニック(書店売り同人誌)(花伝社/発行人・さくまあきら)(A5判 1986.11.10)
  • GORO」水着グラビア 『渚のベビーフェイス』(1983年4月28日号)
  • BOMB」(ボム) ホットパンツ、タンクトップグラビア(1983年5月号)
  • 写楽」グラビア 『声の絆〜隠れたスーパーアイドルDJ小森まなみ』撮影:沢渡朔(1984年2月号)
  • 『週刊FM』(音楽之友社)ビデオ評論レギュラー連載
  • ラジオパラダイス三才ブックス)『小森まなみの果樹園でお昼寝』レギュラー連載
  • 月刊ファンロードラポート)『すりガラスのダイアリー』(1987年8月号-1989年3月号)レギュラー連載
  • ザ・デイリー読売読売新聞社)『ジャパニーズ ルッキンググラス特集:Angel of the Airwaves 電波の天使』(1987年11月18日号、同年11月25日号)
  • 『クリニック マガジン』(株式会社クリニックマガジン:1989年9月号):『娘と私〜小黒八七郎先生と長女』特集
  • 月刊OUT(みのり書房)『おしゃべり飛行船』(1994年10月号-)レギュラー連載
  • 月刊MEGU(青磁ビブロス)『小森まなみの 夢がてん☆こもり』(1995年創刊号 - )レギュラー連載
  • ラジオ新番組速報版 春号』(三才ブックス:1996年6月15日)『3大人気パーソナリティ本音インタビュー』
  • 『MY GARDEN』(2001年1月号:マルモ出版)「心の癒しとガーデニング」対談
  • 暮しの手帖12号 『プロフェッショナルコラム・木を見る森を見る』(2004年9月)
  • 『月刊 自己表現』(芸術生活社 :2006年12月号)
  • カーセンサー東海版(リクルート)『小森まなみのドライブに連れってって』レギュラー連載(2006年7月〜)
  • 『児童文芸』(銀の鈴社:2006年2・3月号)エッセイ『心に残った一行』
  • 月刊アニラジグランプリ主婦の友社)『誌上ラジオ ラジオクローバー』レギュラー連載
  • 月刊声優グランプリ主婦の友社)『小森まなみのおしゃべりキッチン』レギュラー連載
  • ベストカー』(販売:講談社/編集:三推社 2007年7月10日号)
  • クロワッサン』(マガジンハウス:2008年2月10日特大号、2008年10月10日号)
  • 『月刊 自己表現』(芸術生活社:2008年2月号)エッセイ「ありがとうは魔法のことば」
  • 北海道新聞夕刊エッセイ「小森まなみの声いろえんぴつ」連載(月1回、原則第二土曜日に掲載。2008年-2010年4月)
  • 『児童文芸』(銀の鈴社:2009年4・5月号)エッセイ『大きく広がれ 緑のカーテン』
  • 『知的情報マガジン インサイト8月号』2009年8月
  • 2009年平成21年)12月 ‐ 『クロワッサン771号』(マガジンハウス)人気連載「手みやげをひとつ」に登場
  • 2010年(平成22年)1月 ‐ 『日本教育』1月号「日本の未来を語る」に登場
  • 2010年(平成22年)1月 ‐ 『クロワッサン774号』(マガジンハウス) 「間違っていませんか?化粧品選び」特集
  • 2010年(平成22年)2月 ‐ 毎日新聞『毎日夫人3月号』「東京社用の手みやげ 洋菓子編」プレゼント
  • 2010年(平成22年)3月 ‐ ダイオーズコミュニケーション冊子『D-Mail 25号』「オフィスの手みやげ」インタビュー
  • 2010年(平成22年)5月 ‐ 『月刊 自己表現5月号』(芸術生活社)「人を変える 思いやりの心」エッセイ掲載
  • 2010年(平成22年)5月 ‐ ミュージカルミンキーモモ〜鏡の国のプリンセス』劇場パンフレットコメント
  • 2010年(平成22年)6月 - 『児童文芸6・7月号』エッセイ「その笑顔が見たいから」
  • 2010年(平成22年)8月 - 『月刊声優グランプリ』9月号(主婦の友社)小森まなみデビュー30周年記念インタビュー
  • 2010年(平成22年)12月 ‐ 『クロワッサン794号』(マガジンハウス)「素肌を変える、化粧品の見つけ方」特集インタビューと鼎談
  • 2011年(平成23年)5月 - 『MEN'S EX 5月号』(世界文化社)「小森まなみが選ぶ 手みやげBEST5』
  • 2012年(平成24年)6月 - 『なつかしラジオ大全』(三才ブックス)「特別メッセージ 小森まなみ」

漫画[編集]

  • マンガ『ハートのKey station』(講談社 井潤千代美(月嶋つぐ美)作)- 小森まなみがモデルの漫画。mimi(講談社刊)で連載され話題を集める。DJデビューやエピソードを元に、ラジオ業界を舞台にしている。のちに『KC mimi』として全2巻の単行本化。初版2万部が即日完売のため1週間で再版。
  • 最後の一線を越えた彼氏が登場したため「モデルは誰だ?」と小森まなみの番組に問い合わせが殺到。小森の番組に作者の井潤千代美がゲストとして登場し、「ンなのいねーよ! 漫画は創作が基本!」の一言で一蹴された。
    • 1巻目は小森まなみのたんぱ時代の実話『江ノ島のボツ葉書供養』までを踏み台にしたストーリー。2巻目はオリジナルストーリーである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]