エムナマエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペンネーム エムナマエ
誕生 生江雅則
(1948-09-01) 1948年9月1日
東京都新宿区信濃町
死没 (2019-03-06) 2019年3月6日(70歳没)
東京都目黒区
職業 イラストレーター児童文学作家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 慶應義塾志木高等学校卒業
慶應義塾大学中退
ジャンル 挿絵絵本童話
主な受賞歴 児童文芸新人賞
公式サイト http://www.emunamae.com/
テンプレートを表示

エム ナマエ(本名:生江雅則(なまえ・まさのり)、男性、1948年9月1日[2] - 2019年3月6日[3])は、日本画家児童文学作家

来歴・人物[編集]

東京都新宿区信濃町に生まれる。1961年:千代田区立永田町小学校(現・千代田区立麹町小学校)卒業。千代田区立麹町中学校入学。1964年慶應義塾志木高等学校入学。1967年慶應義塾大学法学部に入学。

1969年:初の個展『空』を開催。1970年:イラストレーターとしてデビュー。当時のレギュラー雑誌は『女学生の友』、『中学二年コース』など。1971年:慶應義塾大学図書館情報学科で渡辺茂男の授業を受け専門的な絵本学習を行う。 1973年:初の児童向け単行本『みつや君のマークX』を渡辺茂男と共著で出版。イラストレーターに専念するため大学を中退。1974年:絵本作家太田大八の勧めで絵本作家集団『童美連』に入会。初の絵本『ざっくり ぶうぶう がたがた ごろろ』大型絵本『機関車』など絵本作家としての活動を開始。この後、絵本作家として失明までに約60冊の児童図書を手がける。1983年:視力と体調の低下のため受診すると糖尿病と診断され、将来の失明を宣告される。 1986年:完全に失明。文筆家に転じ、初の長編童話『宇宙からきたネコ博士』の執筆を開始。 1988年:初の長編童話『UFOリンゴと宇宙ネコ』(『宇宙からきたネコ博士』から改題)を出版。 1989年:『UFOリンゴと宇宙ネコ』で第18回児童文芸新人賞を受賞。 1990年:イラストレーターとしての活動を再開。第2回障害者アートバンク大賞を受賞。童話『ナクーラ伝説の森』を出版。 1991年:失明後初の詩画集『夢の翼をはばたいて』を出版。 1992年:「サンリオ美術賞」を受賞。 1998年:ニューヨークで個展を開催。アメリカの子供服メーカー、カーターズ社に社外アーティストとして採用される。 2000年:月刊誌『さかえ』に『失明地平線』連載開始。ジョン・レノン・ミュージアムでジョン・レノンの追悼公式コンサート(現在の「ジョン・レノン・スーパー・ライブ」の原形)に出演する。 2001年:個展開催。絵本『幼い瞳のふるさとカメラ』を出版。慶應義塾連合三田会のチケットおよびプログラムの美術を担当。再びジョン・レノン・ミュージアムでの公式追悼コンサートに出演。歌手おおたか静流の朗読コンサートにミュージカル童話『ミズムシの歌』執筆。樹原涼子と『野に咲く花』を発表。 2002年:単行本『失明地平線』絵本『道~road~』画集『夢の力』を出版。長谷川きよしCDジャケットの美術を担当。個展『夢の力』を開催。 2003年日本児童文芸家協会賞特別賞を受賞。 2004年NHKラジオ番組ラジオ深夜便』の15周年記念マスコット「ゆめぞう君」をデザイン。

2019年3月6日、心不全により東京都目黒区の病院で死去した。70歳没[4][5][6]

主な著作[編集]

挿絵[編集]

その他[編集]

  • 『UFOリンゴと宇宙ネコ』(絵:ヒサクニヒコあかね書房1988年
  • 『ナクーラ伝説の森』(絵:太田大八、教育画劇、1990年)
  • 『いつか誰でも』(愛育社、2002年)
  • 『失明地平線』(祥伝社、2002年)
  • 『とんでけホルモ』(小学館、2004年)
  • 『エンジェルピッグのおはなし まちがしあわせになったよる』(毎日新聞社2007年

脚注[編集]

  1. ^ イラストレーター エムナマエの作品展 見えない色のファンタジー”. Internet Museum. 丹青社 (2004年). 2019年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月18日閲覧。
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.474
  3. ^ 全盲のイラストレーター、エムナマエさん死去 70歳」『時事ドットコム』(時事通信)、2019年3月13日。2019年3月18日閲覧。, オリジナルの2019-3-13時点によるアーカイブ。
  4. ^ 全盲のイラストレーター、エムナマエさん死去 70歳」『毎日新聞』、2019年3月13日。2019年3月18日閲覧。, オリジナルの2019-3-17時点によるアーカイブ。
  5. ^ Henri Kenji OIKAWA (2019年3月17日). “「全盲のイラストレーター」エムナマエさんが死去”. 日仏共同テレビ局フランス10. 2019年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月18日閲覧。
  6. ^ エムナマエ氏死去 イラストレーター」『山陽新聞』、2019年3月13日。2019年3月18日閲覧。, オリジナルの2019-3-17時点によるアーカイブ。

外部リンク[編集]