吉村光夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よしむら みつお
吉村 光夫
Yoshimura Mitsuo.jpg
1952年
プロフィール
愛称 ロングおじさん
ロンちゃん
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
兵庫県神戸市生まれ)
生年月日 (1926-02-14) 1926年2月14日
没年月日 (2011-01-03) 2011年1月3日(満84歳没)
最終学歴 慶應義塾大学工学部電気工学科卒業
職歴 NHKアナウンサー
KRT→TBSアナウンサー(1951年 - 1981年)
TBSアナウンス部副部長
TBSテレビ本部編成局番組宣伝部部長
TBSテレビ本部編成局番組宣伝部専門職部長
活動期間 1948年 - ?
ジャンル 情報番組
配偶者 あり
出演番組・活動
過去 ミルキークイズ
こども音楽コンクール
なぜなぜロンちゃん
まんがはじめて物語
夕やけロンちゃん
その他 鉄道関係の執筆活動あり。
備考
吉村 忠晃」「ロングおじさん」の名義を使用する場合もあり。

吉村 光夫(よしむら みつお、1926年2月14日 - 2011年1月3日[1])は、日本のアナウンサー鉄道ライター。愛称は「ロングおじさん」、「ロンちゃん」。

兵庫県神戸市出生[2][3]神奈川県横浜市出身[1][4]東京都千代田区育ち。

吉村 忠晃」の名義を使用する場合もあった[5]。2女あり[6]

来歴・人物[編集]

1937年千代田区立九段中等教育学校(当時・第一東京市立一中学校)に入学。1942年千代田区立九段中等教育学校(当時・第一東京市立一中学校)を卒業[7]1948年慶應義塾大学工学部電気工学科(当時・藤原工業大学)を卒業し[7]、NHK入局[3]。鹿児島放送局(現:NHK鹿児島放送局)に勤務した[3]のち[8]1951年10月に当時開局を控えたラジオ東京(KRT。後のTBS[注釈 1])へ経験者採用として入社(文献によってはテスト生として入社の記述あり[9]。)[10]。ラジオ時代には『ドレミファゲーム』司会、『ジャズの歴史』DJと、人気番組で活躍[9]1959年に皇太子成婚の実況放送を担当[7]1962年4月にラジオ編成局放送実施部へ異動しアナウンス職から離れるが、1965年2月にアナウンス部へ復帰[8]1969年3月よりテレビ編成局放送部、1970年8月よりテレビ本部編成局番組宣伝部で勤務[8]。その間アナウンス部副部長やテレビ本部編成局番組宣伝部部長[3]、テレビ本部編成局番組宣伝部専門職部長[6]を務めた。

当時としては珍しい長身 (178cm) であることから、「ロングおじさん」または「ロンちゃん」のニックネームで親しまれ[11][12]1970年代は出演番組のタイトル・出演者名義に使用された[12]

1981年2月にTBSを定年退職[8]。TBSを退職後は、引き続きTBSの番組に出演する一方、鉄道関係の執筆活動も行っていた。

2011年1月3日京浜急行電鉄(京急)に乗車し、川崎大師に初詣に行った直後に心臓ペースメーカーの電気的トラブルが発生。これにより体調を崩し[13]急性心不全により死去[4][12][14][15][16][17][18]。84歳没。

鉄道ファンとして[編集]

高校では工芸部に所属、地下工作室の電動工作機を放課後自由に使って[19]、鉄道模型作りに熱中する[7]

大学では鉄道研究会に所属していたことがあり、同会卒業生組織の「鉄研三田会」第3代会長を務める[3][13]鉄道ファンとして知られており[4][12][11]鉄道友の会にはTBS在職当時から会員(番組宣伝部所属当時、東京支部長も務めた[20])として在籍し理事を務めた(2006年9月辞任)ほか、特定非営利活動法人日本鉄道模型の会」の会長を務めていた(2006年2月退任)。

TBSでは部署は違うものの、後輩の実相寺昭雄(実相寺は吉村とは同じ大学の後輩にも当たる)とともに鉄道ファンとして社内でも知られており、鉄道と自動車の知識の深さに定評があり[6]、TBS在職当時の社内報では「カークラブ代表幹事」「全国に響くSLマニア」とも紹介された[20]。趣味の鉄道分野での取材・執筆活動を行い[9]、特に京急の愛好者として知られており、京急に関する著作も多数存在する。

1981年3月にフリー以降は『鉄道ジャーナル』誌や『鉄道ファン』誌に寄稿していた。特に後者では日本国有鉄道(国鉄)・私鉄JRに当時登場した新型車両の試乗記や日本国外の鉄道に関するレポートを多数掲載。晩年は『鉄道ファン』誌への寄稿を中心に活動していた。

没後の2011年8月、自身が撮影した京急の写真集『京浜急行昭和の記憶 品川・川崎・横浜・三浦半島を駆け抜けた赤い電車の想い出』が発売された。

遺骨の一部は、京急の他に愛好していたスイスの鉄道沿線のアルプスの山々が見渡せる場所に散骨された[21]

エピソード[編集]

  • 吉村の結婚披露宴の際、司会を依頼していた同僚のアナウンサーが急遽欠席となり、吉村自身も司会を兼務していたこともあったという[13]

詳細情報[編集]

出演番組[編集]

※()内の年度は、特記ない限り『TBS50年史』資料編または『TBSアナウンサーの動き』からのもの。

ラジオ
  • ミルキークイズ(1951年。ラジオ東京最初のクイズ番組)[8]
  • ドレミファゲーム(1952年)司会[8][9]
  • LPコンサート(1954年)[8]
  • ちえのわクラブ(1954年)[8]
  • ジャズの歴史(1955年)DJ[8][9]
  • この人たち(1957年)[8]
  • みんなのマイク(1957年)[8]
  • 歌謡曲ベストテン(1960年)[8]
  • ゴールデンパレード(1961年)[8]
  • こども音楽コンクール(1961年)[8]
  • モーニング・パトロール(1968年頃) - 「吉村忠晃」名義で担当[5]
テレビ

映画[編集]

著作[編集]

※特記ない限り、著書。

  • 日本の私鉄14 京浜急行(『カラーブックス』565。1982年1月、保育社ISBN 4586505656
  • 特急国鉄の本(『ワイド版のりものアルバム』。1986年2月、講談社ISBN 4062026813。「広田尚敬写真」のクレジットあり)
  • ブルートレインの本(『ワイド版のりものアルバム』。1986年2月、講談社。ISBN 4062026821。※「広田尚敬写真」のクレジットあり)
  • 日本の私鉄3(『カラーブックス』776。1989年4月、保育社。ISBN 4586507764
  • 京浜急行今昔物語(1995年5月、多摩川新聞社。ISBN 4924882143
  • 京急おもしろ運転徹底探見(『キャンDVDブックス』。2006年12月、JTBパブリッシングISBN 4533065929。写真・文:佐藤良介。※同梱DVDのナビゲーターを担当)
  • 京浜急行昭和の記憶 品川・川崎・横浜・三浦半島を駆け抜けた赤い電車の想い出(2011年8月、彩流社。文:高井薫平ISBN 9784779117107。※吉村撮影の写真掲載)

注釈[編集]

  1. ^ 会社法人としては、現在の東京放送ホールディングス。放送局としては、現在のTBSラジオTBSテレビ。TBSの略称は、2009年3月まで東京放送のものであったが、同年4月以降はTBSテレビのものとなっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 外部リンク(allcinema)参照。
  2. ^ 『日本の私鉄14 京浜急行』
  3. ^ a b c d e 参考:各通販サイトにおける、『京浜急行昭和の記憶』商品情報ページ内著者情報
  4. ^ a b c 47NEWS 吉村光夫氏死去 元TBSアナウンサー”. 2011年1月4日閲覧。
  5. ^ a b TBSラジオ番組表(1968年4月)の『モーニング・パトロール』(月曜 - 土曜の7:45 - 8:00)を参照。…外部リンク:当時の番組表をスキャンしたPDFファイル - 『ラジオ東京スピリッツ』より。
  6. ^ a b c “吉村光夫_顔”. 朝日新聞東京夕刊: p. 10. (1980年7月18日) 
  7. ^ a b c d 中15 吉村光男氏を偲ぶ会 (PDF) 」 、『菊友會報』第90号、菊友会、2013年1月1日、 7頁、2014年9月8日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、1頁。「吉村 光夫…<NHK鹿児島>…[62.4R編成局放送実施部][65.2 アナウンス部復帰][66.1 R局放送部兼TV編成局アナウンス部][66.4TV編成局アナウンス部][R局放送指揮室][69.3TV編成局放送部][70.8TV本部編成局番組宣伝部][81.2 定年]  R「ミルキークイズ(51)<最初のクイズ番組>」「ドレミファゲーム(52)」「LPコンサート(54)」「ちえのわクラブ(54)」「ジャズの歴史(55)」「この人たち(57)」「みんなのマイク(57)」「歌謡曲ベストテン(60)」「ゴールデンパレード(61)」「こども音楽コンクール(61)」 TV「なぜなぜロンちゃん(77)」「まんが、はじめて物語(78)」「夕やけロンちゃん(78)」」
  9. ^ a b c d e 『現代物故者事典 2009〜2011』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2012年3月26日、670頁。ISBN 978-4-8169-2357-9
  10. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、1-2頁。「51.10 <経験者>8人入社(男6・女2) 上松康郎…<NHK第一期生> 小高芳雄…<大連、奉天中央放送局> 平野貞一…<NHK> 安田一雄…<NHK> 吉村光夫…<NHK鹿児島> 渡辺仁三…<満州放送総局> 植村二三子…<新京放送局> 高橋百合子…<宝塚歌劇団〜女優・歌手〜新京放送局>」
  11. ^ a b ロングおじさんは本当に「ロング」だったのか?[リンク切れ] - 東スポWEB内『高木マニア堂』2011年3月29日(原典:東スポ携帯サイト2011年1月掲載記事)より。
  12. ^ a b c d 「夕やけロンちゃん」吉村光夫さん死去…84歳急性心不全:芸能特集:スポーツ報知 - ウェイバックマシン(2011年1月19日アーカイブ分) - スポーツ報知2011年1月5日付ウェブ記事
  13. ^ a b c 月刊『Rail Magazine』編集長・名取紀之公式ブログ「編集長敬白」吉村光夫さんを偲んで...。 2012年1月11日 23時59分掲載。
  14. ^ 訃報:吉村光夫氏=元TBSアナウンサー - ウェイバックマシン(2011年1月12日アーカイブ分)読売新聞、2011年1月4日
  15. ^ asahi.com(朝日新聞社):元TBSアナウンサーの吉村光夫さん死去 - テレビ・ラジオ - 映画・音楽・芸能 - ウェイバックマシン(2011年1月7日アーカイブ分) - 朝日新聞2011年1月4日付ウェブ記事
  16. ^ “「夕やけロンちゃん」の吉村光夫さん死去”. スポーツニッポン. (2011年1月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/01/05/kiji/K20110105Z00002860.html 
  17. ^ JAM Homepage - 訃報 吉村光夫氏 享年84歳 - 日本鉄道模型の会ホームページ内2011年1月4日付投稿記事
  18. ^ 元TBSアナウンサーの吉村光夫氏が死去 - ウェイバックマシン(2011年1月7日アーカイブ分)サンケイスポーツ、2011年1月4日
  19. ^ 菊友会通信 - 菊友会大会などの会員情報を発信 至大荘懇親会に90人”. 菊友会 (2005年1月1日). 2014年9月8日閲覧。 “工作部員だった吉村先輩は「地下工作室の電動工作機を放課後自由に使って、電気機関車の模型作りに夢中になった。」”
  20. ^ a b 「TBS紳士録」、『TBS社報』NO.432、1976年7月12日、 11-12頁。
  21. ^ 1月8日(日曜日): レイルマン中井の1日1鉄!” (2012年1月8日). 2014年7月2日閲覧。

参考資料[編集]

  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 資料編
    • 付録DVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録のPDFファイル
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書)
      • 『TBS社報』NO.432(1976年7月12日発行)掲載記事『TBS紳士録』(TBSに勤務する社員を各部署別に紹介した記事)の再録
  • ラジオ東京スピリッツ
TBSラジオ開局60周年記念ウェブサイト。過去のTBSラジオ番組表(一部)をPDFファイル化した上で配信。
  • 『吉村光夫_顔』朝日新聞東京夕刊1980年7月18日号、10面。
  • 『現代物故者事典 2009〜2011』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2012年3月26日ISBN 978-4-8169-2357-9
  • 外部リンク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]