双星の陰陽師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
双星の陰陽師
Sōsei no Onmyōji logo.png
ジャンル 少年漫画オカルトファンタジー
バトルアクションラブコメディ
漫画
作者 助野嘉昭
出版社 集英社
掲載誌 ジャンプスクエア
レーベル ジャンプ・コミックス
(JUMP COMICS SQ.)
発表号 2013年12月号 -
巻数 既刊12巻(2017年7月現在)
漫画:双星の陰陽師 化野紅緒編
作者 助野嘉昭
出版社 集英社
掲載誌 ジャンプSQ.CROWN
発表号 2017年SUMMER -
アニメ
原作 助野嘉昭
監督 田口智久
シリーズ構成 荒川稔久
キャラクターデザイン 貞方希久子
音楽 遠藤幹雄
アニメーション制作 studioぴえろ
製作 テレビ東京NAS、ぴえろ
放送局 テレビ東京系
放送期間 2016年4月6日 - 2017年3月29日
話数 全50話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

双星の陰陽師』(そうせいのおんみょうじ)は、助野嘉昭による日本漫画。『ジャンプスクエア』(集英社2013年12月号より連載中[1]

あらすじ[編集]

陰陽師候補生の少年・焔魔堂ろくろは、幼年時代に経験した壮絶な悲劇の後、「最強の陰陽師になる」という夢を捨て、漫然と日々を過ごしていた。そんな中、ろくろは突然陰陽師の少女・化野紅緒と共に、『双星の陰陽師』の称号を与えられる。『双星』の役割とは、長きに渡る悪しき霊的存在「ケガレ」との戦いに終焉をもたらす『神子』を生むべく、夫婦として生活することだった。当然受け入れられず反発しあう二人だが、次々と現世を侵食しようとしてくるケガレとの戦いの中で、互いの過去の傷の痛みを乗り越え、自然と力を合わせ相棒同士としての絆を深めていく。

アニメオリジナルストーリー[編集]

焔魔堂ろくろは陰陽師としての意欲をなくしていたため、当初は化野紅緒に軽視されていた。また、禍野に巻き込まれるろくろに対し、天若 清弦・斑鳩 士門にも喝を入れられることとなる。そんな中、紅緒の兄である石鏡 悠斗が雛月寮の虐殺で大きな壁となり、紅緒はその行為に対してはろくろに謝罪して誤解が解けるようになる。そうして、悠斗との対戦で双星としての意識を持つようになり、陰陽師としての意識をろくろは取り戻す。悠斗をこころよく思っていなかった神威からの支援もあり、決死の攻撃で巨大な穴へ消えて消息不明でさらなる虐殺を食い止めた。しかしながら、土御門 有馬や十二天将は悠斗を倒し切れなかったことを問われ、十二天将を越えられなかったら、神子を産むことを条件とした。

列島覇乱篇
そんなある日、禍野に赴いた際、小枝が現れた。同時に「龍黒点」も大量発生した。婆娑羅も続々発生したため、双星の2人と小枝ときなこで「龍黒点」の封じるための旅をするが、次第に京都に向かっている方向であった。この旅の中で清弦以外の十二天将と相まみえ、婆娑羅との闘いで双星の2人は十二天将との力量の差を思い知らされることとなる。そして、京都では「巨大龍黒点」が闇無によって発生するが、『白虎』が欠員となっている十二天将では被害を最小限にするのが手一杯であった。双星の2人を見ていた小枝は巨樹型結界「天御柱」に戻り、「龍黒点」を完全に封じることができた。
天地鳴動篇
しかしながら、土御門 有馬が力量の多さが仇で闇無の策略にはまり、行方不明となる。土御門 御影からは「お隠れになりました」と御神託が降ったため、十二天将は有馬捜索と共に闇無を中心とした敵対する婆娑羅退治をすることとなる。その中、有力な陰陽師が吸い込まれるように消えていった異常事態から、十二天将が再結集される。だが、事態の収集ができないまま婆裟羅の闇無による次なる作戦が発動する。鳴神町が丸ごと宙に浮き、住人の呪力が奪われ出す。それを阻止するべく、十二天将は六壬神課の儀式を発動する。婆裟羅の山門や巨大ケガレの妨害に遭いつつも、双星が鳴神町を浮かせていた超巨大ケガレを倒したこともあり、鳴神町は無事に元通り着地に成功した。その瞬間、消耗しきった十二天将を狙った闇無の罠が発動し、清弦・繭良を除く十二天将が闇無に囚われた。
破星篇
十二天将のほとんどを捕獲した闇無であったが、石鏡 悠斗も捕らえておりそれを利用しようとした。しかし逆に悠斗に利用されて闇無を取り込んだ。双星の2人は悠斗との対峙することとなるが、悠斗に太刀打ち出来ない所か天御柱の陰の気を結界を破った上で利用し遂には焔魔堂 ろくろを「破星王」に変化させていった。この時の悠斗は安倍晴明の望みである「破星王」を生み出した。化野 紅緒も「破星王」の元に向かったが安倍晴明は自らの理想である「けがれの無き世」を見せた。紅緒はその理想を否定し、天御柱の陽の気を使いろくろを元に戻して欲しいを願った。安倍晴明は説得の末に「破星王」をろくろに戻した。そして、元の世に戻してアニメ版の幕は閉じることとなる。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

焔魔堂 ろくろ(えんまどう ろくろ)
- 花江夏樹
本作の主人公。14→16歳。誕生日は6月6日(清弦と出会った日)。157→162cm。
私立鳴神学園の1年生で、星火寮で暮らす陰陽師候補生の少年。十二天将・清弦の弟子。名前の由来は清弦に拾われた日から来ている。清弦曰く「5秒で考えた名前だからな」とのこと。得意教科は美術で、苦手科目は数学と英語。
幼い頃、禍野のとある場所で倒れている所を清弦に発見され、記憶がなく身元もわからなかったことから雛月寮で保護される。その後「雛月の悲劇」で仲間たちと右腕を喪いケガレ堕ちしかけながらも、呪いに打ち勝ち一人だけ生き残った。
事件以降、悠斗を未然に止めることも仲間たちを救うこともできなかった自責の念から陰陽師になることを頑なに拒んでいた。だが他の仲間との縁を切れずにいたり、いざという時はケガレによって危機に陥った仲間や民間人を助けるのも辞さないなど、「陰陽師になりきることも、陰陽師を捨てることもできない、どっちつかずの半端者」と評されるという状態であったが、紅緒との出会いによって心を動かされ、再び陰陽師を目指すようになる。
陰陽師の資質には恵まれているものの、「雛月の悲劇」以降修行を拒んでいたため実力は並。ただし、「双星」と右腕の能力を用いることで大型のケガレをも倒すほどの力を発揮することができる。
悠斗との邂逅以降は紅緒や清弦の協力のもと修行を再開し、右腕の応用や紅緒との連携も考慮した戦い方を身につけている。所有する符は、自身のケガレの右腕に直接呪装する星装顕符・焔、重奏陰陽術式『星方舞装(アストラルディザスター)』。
原作での見極めの儀によって判明した呪護者は『安倍晴明』。
土御門島での修行で自分の式神『焼きおはぎマン』を創出し、さらにその式神を腕に呪装することで『双天破神焔魔炎撃拳(ツインバスターフランベルジェ)』を発動。フルで使えるのは10分ほどだがその間は最強の天将鵜宮天馬にも匹敵する戦闘力を得られる。
アニメ版
「列島覇乱篇」では高校生へと成長し、陰陽師としても非常に成長している。
「破星篇」においては天御柱が収集した陰の気を凝集して生み出した、人間を全て消し去ることができる陰の気の塊、「破星王」である。
化野 紅緒(あだしの べにお)
声 - 潘めぐみ
本作のヒロイン。14→16歳。155→160cm。誕生日は4月16日。
私立鳴神学園の転入生で、陰陽師の名門・化野家の次期統主。十二天将である御幣島すばるの弟子で、現在最高六つまで連装ができる。得意教科は天文学。おはぎが大好物。
8歳の頃から両親に同行して島の禍野に入っていた。幼少時代は天真爛漫な明るい子だったが、両親を婆娑羅・神威に殺された怒りから心を閉ざし、仇を討つべく日々鍛錬に明け暮れていた。ろくろとは第一印象から反発し合っていたが、同棲生活やケガレとの闘いを重ねていくうちに心を通わせるようになる。
普段はクールで凛とした佇まいの美少女だが、家事が苦手で部屋が片付けられない等生活能力が非常に低い。そのことに関してろくろから度々小言を言われているため、対抗心から特に苦手な料理に挑戦したりと「妻」としても日々奮闘している。
悠斗の本性を知り、なおかつ彼こそが「雛月の悲劇」を引き起こしたその人であることを知り、そしてそれをろくろに知られたこともあって、自らろくろに対して土下座して謝罪するが、ろくろからはこれまで通りに仲間として共にいることを認められた。
その後、悠斗との闘いで両脚を負傷し戦えなくなるが、神威によって両脚にケガレを宿し、陰陽師としても新たな力を手に入れる。ケガレ化した両脚の名は『白凛闘牙』(びゃくりんとうき)。
見極めの儀で具現化した呪護者は『法師殿』と呼ばれている。
原作においては見極めの儀によって、褐色の肌に九字を持つ婆裟羅に酷似した姿になり、戦闘力が爆発的に向上。陰陽師が用いた場合は大蛇の様な物が相手を縛り付ける止縛法が、骸骨の群れが相手を押さえつけるという禍々しい物に変化していた。またその姿を見て婆裟羅の第九位「氷鉋」が「最初から我々の側の人間だったのだな」と発言している。
聖丸との戦闘後に起こった葛の葉との激突で呪力を失い、その事によって土御門島に行けなくなった。
アニメ版
「列島覇乱篇」ではろくろと同様に高校生に成長している。
「破星篇」においては破星王と対をなす、天御柱から流れてきた巨大な陽の気を受けた存在である。
化野 紅緒編
呪力を失った後、本土で様々な努力をしたが呪力は戻らず、懊悩の日々を送る。
ある時ケガレによって禍野に引き込まれ危機に陥るが神威によって救われ、彼より最強の婆裟羅「千怒(ちぬ)」ならば呪力を戻せるかもしれないと聞き、神威と共に千怒を探す旅にでる。
音海 繭良(おとみ まゆら)
声 - 芹澤優
14→16歳。誕生日は2月14日。156→161cm。
ろくろや紅緒のクラスメイトで、クラス委員長。星火寮の長・音海善吉の孫で、十二天将・清弦の実の娘。幼馴染であるろくろに好意を寄せている 。巨乳がコンプレックスで、運動は苦手。
非常に強い呪力を持ち、ケガレに襲われないためにお守りを肌身離さず身に付けている。戦いの中で傷ついていくろくろや紅緒、周囲の大切な人たちを守りたいという想いから自身も陰陽師を志すようになる。素質には恵まれているものの、生来の心の優しさや気の弱さを清弦や士門から危惧されている。
九位の婆娑羅「氷鉋」との戦いの最中、清弦に渡された霊符(白虎)と契約を交わし、十二天将となり清弦の後を継ぎ白虎となる(アニメでは闇無のゲームに巻き込まれた母、紫を救うべく白虎の天将となった)。
原作においては未だに、ろくろに強い未練を持っているが、アニメ版の繭良は早々に吹っ切って、むしろ士門に関心を持っている。
斑鳩 士門(いかるが しもん)
声 - 石川界人松本沙羅(幼少期)
十二天将の一人『朱雀』(すざく)の称号を有する陰陽師。斑鳩家の分家出身。16→18歳。誕生日は9月13日。174→176cm。
ろくろらよりも2歳年上ながら、14歳で十二天将に至った天才。師匠である清弦のことを尊敬している。
石鏡悠斗討伐に勘久郎・新・美玖と共に参加する。実の妹では無いが、小夜のことを実の妹のように可愛がっている。小夜が婆娑羅に連れ去られた時も、一度は十二天将として「双星を戦わせる訳には行かない」と小夜を諦めながらも、本心では救出に行くことを望んでいた。
結果、ろくろや紅緒に頭を下げ、小夜の救出への助力を頼み込んだ。乗り物酔いする体質で、『朱染雀羽』使用時も例外ではない(そのため使用する一時間前に酔い止めの薬を服用している)。
専用の朱色の霊符の名前は天翔顕符『朱染雀羽』(てんしょうげんぷ『しゅぜんざっぱ』)。戦闘では数ある陰陽術の中で唯一、飛行を実現する呪装。

総覇陰陽連 陰陽師[編集]

土御門 有馬(つちみかど ありま)
声 - 浪川大輔
総覇陰陽連のトップ「陰陽頭」を務める男。45歳。誕生日は12月25日。190cm。
ろくろとの初対面の時にパンツ姿だったため、ろくろからは変態扱いされ「変態パンツ男」と言われている(ただし「パンイチ」だったのは初対面の時のみ)。とは言え、いざという時には目的のためならば仲間の陰陽師の犠牲さえも厭わない非情さは持ち合わせている。
ろくろと紅緒には二人を夫婦にする(「双星」の間に生まれるであろう「神子」がケガレとの戦いを終焉に導いてくれると信じている)ため、仲を取りもったり、二年後に迫りくる「多いなる災厄」に臨し「十二天将を超えよ」との試練を与えている。清純派グラビアアイドル「SAYAKA」の大ファンで、SAYAKAの水着写真集を士門に見せびらかし閉口させたりすることも。こう見えても妻子持ち。
戦闘時は両手に金銀の爪を呪装し、その他にも飛天駿脚や砕岩獅肢などの基本的な呪装も使う。
アニメ版
「列島覇乱篇」では婆娑羅「闇無」との戦闘中、五芒星に飲み込まれて行方が分からなくなってしまう。その後、「破星篇」において再登場。闇無を取り込んだ悠斗に追い詰められる双星を救い出す。
行方不明だった間、敵によって死に追い込まれねば使えない時津利府之儀(ときつりふのぎ)によって精神を千年前におくり、晴明や双星の秘密を探っていた。この時津利府之儀の負担か破星編においては呪力の大半を失い、術が全く使えなくなったわけでは無いが対悠斗戦では戦力外となってしまう。

十二天将[編集]

総覇陰陽連の中でも最強最高の陰陽師十二人。各々に十二天将の称号を有し、安倍晴明に仕えた十二体の式神らと契約を交わしその力を借りることが出来る。それぞれ非常に個性的な性格・服装・口調などを持つ。

天若 清弦(あまわか せいげん)
声 - 諏訪部順一
十二天将の一人『白虎』(びゃっこ)の称号を有する陰陽師。天若家九代目の当主。43歳。誕生日は11月29日。179cm。
ろくろと悠斗の師匠。見た目は少年のように若々しいが繭良の実の父親。妻とはとある事情で離婚している。口が悪く、取り付き難い印象だが、心の内ではろくろ達弟子のことを案じ、その成長を願っている。陰陽師としては冷静かつ的確な判断力の持ち主。
実力は十二天将相応のもので、ただの術でもろくろや紅緒には足下にも及ばない威力で放つ。さらに『白虎』の名を冠する陰陽師として、特別な呪符が与えられており、使用することでその始祖たる式神『白虎』から力を授かり、右腕に爪のような呪装が表れ、爪による中距離まで届く鋭い斬撃が可能になる。また、その状態から呪装を全身に拡げた『纒神呪』が使用可能。
悠斗と『纒神呪』を用いて決死の覚悟で戦うが、ケガレの力を得た彼には及ばず、右腕を失い十二天将から除籍される。その後、ろくろの力になりたいと願う繭良に陰陽術の指導を行う。右腕を失った後も陰陽師としての実力は折り紙つきである。
小説版の「天縁若虎」では清弦の過去が書かれている。
専用の白い霊符の名前は獣爪顕符『白蓮虎砲』(じゅうそうげんぷ『びゃくれんこほう』)。
斑鳩 士門(いかるが しもん)
十二天将の一人『朱雀』(すざく)の称号を有する陰陽師。斑鳩家の分家出身。
#主要人物を参照。
御幣島 すばる(みてじま すばる)
声 - 沢城みゆき
十二天将の一人『天后』(てんこう)の称号を有する陰陽師。御幣島家の当主。35歳。誕生日は11月13日。167cm。
女性陰陽師で最強と言われている。紅緒の師匠にあたる人物であり、白いドレスと大きな帽子をかぶった貴婦人。京都弁を喋るほか、黒いレトロ感あふれる自動車を所有している。呪力で作った各種の銃器でケガレを祓う。
ただ普段は常に笑みを浮かべているため、何を考えているかはわからない人物である(よほど重要な事態でなければ笑みを崩すことはない)。
専用霊符は『聖后顕符』(せいごうげんぷ)、呪装能力は『天聖后爐』(てんせいこうろ)。
大気中の水分に術をかけ、大量の重火器を具現化する。
鈩(たたら)
声 - 寺島拓篤
十二天将の一人『騰蛇』(とうだ)の称号を有する陰陽師。蛇草家の当主。600歳以上。195cm。
白い陰陽服を着込み狐の耳のような髪型をしている。基本的に無口であり顔を覆っている布に顔文字という形で感情表現をしている。パンの耳がもっぱらの好物でありよく食べている。ただ実力は折り紙つきであり、紅緒曰く十二天将最凶とのこと。アニメにおける正体は式神(原作では未だ不明)。
専用霊符は不明、呪装能力は『騰幻蛇堕』(とうげんだだ)。
水度坂 勘久郎(みとさか かんくろう)
声 - 中村悠一
十二天将の一人『青龍』(せいりゅう)の称号を有する陰陽師。水度坂家の当主。27歳。誕生日は12月1日。177cm。
原作では最強の天馬と最凶の鈩に続く3番目の実力者とされている。アニメでは化け物じみた上と下に挟まれる谷間世代であるような口振りだった。
鼻の粘膜が弱く殆どマスクを付けている。普段は白衣を着ており、陰陽師の医者をしている。憲剛と同年代で仲が良い。
士門・新・美玖たちと、石鏡悠斗討伐の任務を命じられて鳴神町へとやってきた。ものぐさな性格で、悠斗と一戦交えられなかったことを「戦わずに済んでありがたかった」とこぼした。
専用霊符は龍鱗顕符『青閃龍冴』(りゅうりんげんぷ『せいせんりゅうご』)。伸縮自在のガントレット型呪装。
呪装とは別に龍嚥之法(りゅうえんのほう)、別名:ケガレ喰いという式神『青龍』の能力を行使する秘術を受け継いでいるが、7年前に現に侵入した真蛇を祓う為に幼い患者達を犠牲にして以来、その秘術を封じている。
雲林院 憲剛(うじい けんご)
声 - 小西克幸
十二天将の一人『玄武』(げんぶ)の称号を有する陰陽師。雲林院家の当主。26歳。誕生日は2月3日。178cm。
勘久郎と仲が良い。守銭奴と呼ばれるほどにお金が大好き。何時もそろばんを持ち歩き、呪をかけて術を発動する。防御系の術に秀でているが、高圧水流による攻撃技も持っている。戦闘の後は守ってやった対価として料金を請求することも。
専用霊符は鋼殻顕符『玄帝武鬮』(こうかくげんぷ『げんていぶきゅう』)。
嗎 新(いななき あらた)     
声 - 鳥海浩輔
十二天将の一人『太裳』(たいじょう)の称号を有する陰陽師。嗎家の当主。42歳。誕生日は1月3日。191cm。
十二天将の中でも特に切れ者で博学で有馬や女性を「タン」付けで呼ぶ。ただ静かな見た目とは裏腹に重度のオタクで、好きな作品は『魔法少女ボンボンビーナ』。黒い詰襟の上着の中に『ボンボンビーナ』Tシャツを着込み、作品への愛をアピールしている。
清弦や鳴海、有馬とは高校(青陽院)時代からの親友である。石鏡悠斗討伐の命を受け、士門・美玖・勘久郎とともに本土へとやってきた。
式神は「魔法少女サリリウム(人間名:夢乃坂心愛(ゆめのさかここあ))」とそのライバル「ダークブルーム」。見た目は可愛らしい魔法少女ルックの少女達だが戦闘力はかなり高い。
専用霊符は百識顕符(ひゃくしきげんぷ)で呪装能力は『太訓裳蠱』(たいくんじょうこ)。仲間の陰陽師に呪装をかけるという能力を持ち、調子がいいときは100人以上に4~5個の呪装を掛けられる。ゲーム的な表現をすればバフ(ステータス向上呪文)に長けたサポート魔術師に該当する。
五百蔵 鳴海 (いおろい なるみ)
声 - 高塚正也
十二天将の一人『勾陳』(こうちん)の称号を有する陰陽師。五百蔵家の当主。45歳。誕生日は5月5日。205cm。
清弦や有馬とは昔からの知り合い。十二天将で最も常識人で包容力がある。普段は農業に従事しており、愛機はトラクター。子沢山。清弦、新、有馬とは学生時代からの付き合い。
専用霊符は星震顕符『勾殿陳坐』(せいしんげんぷ『こうでんちんざ』)。大地を操るハンマー型呪装。
今でこそ十二天将一の巨漢だが、幼い頃はチビで呪力の扱いも下手だったので近所の悪ガキに良くいじめられていた。そんな彼を助けて更に諭したのが妻となる珠美である。
勝神 コーデリア (かすかみ こーでりあ)
声 - 安野希世乃
十二天将の一人『天空』(てんくう)の称号を有する陰陽師。勝神家の当主。21歳。誕生日は4月2日。
見た目は幼いが、かなりの実力者。感情や表情を表に出さないが、無表情で他人をからかうことがある。口調はアルファベットや漢字を文字単位に簡潔分割した独特の喋り方(例:「C・U・T・E」(キュート))。
専用霊符は闘神顕符『天元空我』(とうしんげんぷ『てんげんくうが』)。巨大ロボット型呪装でコーデリア自身が乗り込んで使用する。アニメ版オリジナルエピソード「列島覇乱篇」ではコレに乗り込み、山門が操る巨大ケガレと戦闘を繰り広げた。
蹉跎 桜(さだ さくら)
声 - Lynn
十二天将の一人『六合』(りくごう)の称号を有する陰陽師。蹉跎家の当主。23歳。誕生日は6月30日。172cm。
誰より規律や模範を重んじる体育会系で、猪突猛進な性格。また声も大きく、よくペアを組む美玖からは鬱陶しがられることも。アニメ版オリジナルエピソード「天地鳴動篇」で美玖のかつてのパートナーであった椿の実の娘であることが判明。父が婆娑羅・師に殺されたことをきっかけに陰陽師を志すようになり、努力の末、現在の地位まで上り詰めた。
専用霊符は断罪顕符(だんざいげんぷ)、呪装能力は『六華合獄』(りっかごうごく)。先代が死なねば継承できない特殊な式神で歴代継承者が呪護者となり、その力を借りることが出来る。桜で41代目なので桜は40人の呪護者を持つ。その強大さの代償に力の解放は寿命を削ることと同義。アニメでは大鎌状の武器で戦っていたが、原作では拳を用いた肉弾戦で戦う。
膳所 美玖(ぜぜ みく)  
声 - 小倉唯
十二天将の一人『大陰』(だいおん)の称号を有する陰陽師。膳所家の当主。56歳。誕生日は10月9日。155cm。
姫様のような容姿をしているが、十二天将最年長という噂がある(一人称は「わし」)。口が悪く、よく小声で毒舌を吐いている。人形に呪をかけ戦う。陰陽連の頂点に立つ有馬への敬意は相当なもののようで、無礼な振る舞いをしたろくろに対して即座に怒りをあらわにした。
士門・新・勘久郎とともに、悠斗討伐任務のため本土にきた。
アニメ「天地鳴動篇」では回想の中で、桜の父親・椿が独身時代の頃に共にケガレと戦ったこと、そして婆娑羅・師に椿を倒され彼に娘・桜を託された経緯が描れている。椿の形をした人形を作るほど椿に惚れていたことが伺える。また椿のことになると、すぐに顔に出る。椿の娘である桜に対しては、なんやかんや毒を吐きつつも彼女なりに気にかけている様子。
専用霊符は魔軍顕符(まぐんげんぷ)、呪装能力は『大戯陰葬』(だいぎおんそう)。人形を自在に操り巨大化させることなども可能。
鸕宮 天馬(うのみや てんま)     
声 - 下野紘
十二天将の一人『貴人』(きじん)の称号を有する陰陽師。鸕宮家の当主。19歳。誕生日は8月20日。161cm。
小柄な体躯だが、現陰陽連の中では彼が最強ではないのかと言われている。左右の目の色が違うオッド眼で、容姿は女性に見えるがれっきとした男性。他人にすぐあだ名をつける癖があり、若干傲慢な態度をとることがある。
ただ十二天将最強と言われるだけあって実力は本物で、呪文も霊符も無しに術や呪装を使いこなすなどあらゆる点で規格外。天才と言われた士門が1年かけてようやく可能とした纏神呪の5分間維持も、修行開始から一週間で達成した。
また剣術に長け、アニメでは婆娑羅の鬼無里を一太刀で真っ二つに切り殺した。
専用霊符は不明、能力は『貴嚇人義』(きかくじんぎ)と思われる。(原作6巻カバー下のラフより。ただし、同じカバー下ラフで六合が六道合○となっていたが本編登場時は六華合獄に変更されていたように貴人の呪装も本編で変更される可能性がある)
音海 繭良(おとみ まゆら)
十二天将となり清弦の後を継ぎ『白虎』となる。#主要人物を参照。

土御門宗家[編集]

土御門 有主(つちみかど ありもり)
有馬の子。小学生でありながら高校に該当する青陽院に飛び級で入り、既に三千の術を習得し100の式神を従えるなど卓越した実力を持つ。が、それでも有馬に比べれば数段劣るらしく、有馬を含む周囲の失望をかっている。
「主」は「す」とも読めるので「ありす」という愛称で呼ばれることが多い。
SD如律令では何故か「有守」と書いて「ありもり」になっている。
土御門 真魚(つちみかど まな)
有馬の妻。故人。
土御門 御影(つちみかど みかげ)
声 - 小野大輔
アニメオリジナルキャラクター(「列島覇乱篇」・「天地鳴動篇」・「破星篇」に登場)。
陰陽頭である有馬のそばに仕え補佐をしている。有馬が行方不明になったことから陰陽頭代行を務めることになる。
正体は安倍 晴明

天将十二家[編集]

斑鳩 小夜(いかるが さよ)
土御門島を拠点とする陰陽師の名家・斑鳩家本家の嫡子。斑鳩家に受け継がれる、晴明の母とされる『葛の葉』とその眷族合計48体を呪護者としてその身に宿している。
だが、それら強大な呪護者をその身一身に宿すため、顔以外の全身に呪印が施されている。この呪印をもってしても、人である小夜の体の成長ともに呪護者の呪力も大きくなっていくため、今の状態では小夜は20歳になる前に死を向かえるとされている。
斑鳩 峯治(いかるが ほうじ)
斑鳩家当主。士門の義父。士門の実父の兄でもある。
斑鳩 恵治(いかるが けいじ)
斑鳩家長男、士門の義兄。血縁的には従兄弟。
天若 夕弦(あまわか ゆづる)
清弦の従姉妹で天若家の当主代行。繭良を天若家十代目当主として迎え入れている。
膳所 斎(ぜぜ いつき)  
声 - 不明
美玖の叔父。
蹉跎 椿(さだ つばき)
声 - 竹内栄治
桜の父親。アニメ版では故人。生前は実に声が大きくて無駄に明るく、娘・桜に其の個性が受け継がれていることが伺える。

星火寮[編集]

椥辻 亮悟(なぎつじ りょうご)
声 - 前野智昭
陰陽師の青年。陰陽師の中では年長であり、纏め役を担うリーダー的な存在。「雛月の悲劇」を期に陰陽師への道を諦めたろくろの才能を惜しみ、彼を再び陰陽師の道に戻そうとしている。柏原遥に一目惚れするが、お互いに両想いだったことで、付き合い始める。そしてアニメでは結婚した。
国崎 慎之助(くざき しんのすけ)
声 - 山下大輝
陰陽師で、亮悟の後輩。クールで鋭いツッコミ役。常に冷静沈着で口数は少ない。
額塚 篤(すくまづか あつし)
声 - 村田太志
陰陽師で、亮悟の後輩。明朗快活な行動派で、考えるよりも先に行動に出る。天然なところがある。
音海 善吉(おとみ ぜんきち)
声 - 赤城進
繭良の祖父。星火寮の長で、周りに起きてる怪事件を亮悟達に任せている。
生琉里 絹(ふるさと きぬ)
声 - 磯辺万沙子
紅緒のお付きの老婆。善吉の友人。化野家から紅緒と一緒に、星火寮に住むようになる。雛月の悲劇について知っていたが、ろくろが最後の生き残りであることは善吉から聞くまでは知らなかった。
柏原 遥(かいばら はるか)
声 - 冨岡美沙子
罧原から亮悟を紹介してもらった女性の陰陽師。絵の勉強でスペインに留学していたが、日本に帰国し菖蒲市陰陽連支部に配属された。積極的に亮悟をデートに誘ったりキスを待ったりと結構大胆な性格。アニメにおいて悠斗の事件から2年後には星火寮に住んでいる。
実は原作にも登場しているがアニメとは若干外見が異なり、ややキツめのポニーテール美女。もちろん亮悟の見合い相手であり、ろくろの見送りにもやってきて亮悟と話していたことから付き合っているものと思われる。

化野家[編集]

きなこ
声 - 福山潤
紅緒が使役する紅緒が作った式神(原作では36話の終盤で初めて登場)。かわいらしい外見とは裏腹に関西弁を喋り、首に赤いスカーフを巻いている。普段は形代(カタシロ)の姿で紅緒の首から下げられており、依代さえあれば変幻自在。
アニメ版
アニメ版では年月を相応に経た「プロ式神」という立ち位置で様々な陰陽師に仕えていたという設定。紅緒が両親を喪った頃の幼女時代に絹の計らいで彼女の式神になった。「列島覇乱篇」では全国各地を巡る旅に出るためキャンピングカーに憑依し「きなこカー」となって移動手段となる(この際は声が低くなり、男らしい感じの声に変わる)。
化野 沙貴(あだしの さき)
声 - 竹村知美
紅緒の母。故人。6年前の神威との戦いで戦死。娘は母親似で、髪型や容姿も似ている。料理が得意だった。
化野 豹牙(あだしの ひょうが)
声 - 竹内栄治
紅緒の父。故人。6年前の神威との戦いで戦死。娘同様におはぎが大好物で、辛いのは苦手。

その他陰陽師[編集]

罧原 徹(ふしはら とおる)
声 - 竹内栄治
菖蒲市陰陽連支部のエースで、保育士としても働いていた。亮悟の友人で、陰陽師の実力は亮悟より上だが、ある時悠斗によりケガレ落ちにさせられ清弦に倒された。
霧ヶ峰 清水(きりがみね きよみ)
声 - 中原麻衣
アニメオリジナルキャラクターの女性陰陽師。
神稲(くましろ)
声 - 竹内栄治
アニメオリジナルキャラクターの陰陽師。

伝説の陰陽師[編集]

安倍晴明(あべ の せいめい)
古の時代より、あまたの伝説が語り継がれてきた最強の陰陽師。実は女性であり、世間に流布している男性の安倍晴明像は、晴明の名を継いだ彼女の弟子『童子丸』のものである。
千年前に突然現れた穢れの王を封じるために禍野を作って穢れの王を幽閉し、最深部で決戦を挑むも敗北。穢れの王を現世に戻さないために自分ごと穢れの王を封じた。
ろくろを『我が子』と呼ぶ。
アニメ版の安倍晴明
声 - 小野大輔
アニメにおいては設定は大きく異なり、伝承通りの男性土御門 御影で世の中の災いは陰の気によるものと考えて天御柱を生み出して異界を作り上げ、そこに陰の気を隔離した。
その陰の気で充満した異界のなれの果てが禍野であり、禍野から現れる穢れに対抗するために陰陽連や十二天将を組織し、未来において禍野を消すべく双星や神子を準備、さらには陰の気の増大が進んだ場合に備えて陰の気の源である人間を消し去る破星王をも用意した。
童子丸(どうじまる)
晴明の名を継いだ彼女の弟子。

ケガレ[編集]

穢れの王
千年前の京都に現れた巨大な怪物で人間を穢れのような怪物に変えることができる。天馬たちは穢れの王が生き物なのか悪霊の類いなのかはわかってないというが、ろくろは穢れの王の姿を見てどこかで見たことがあると感じていた。
アニメには登場していない。
石鏡 悠斗(いじか ゆうと)
声 - 村瀬歩
十二天将・清弦の元弟子。化野家に生まれ、両親の死を機に石鏡家に引き取られた、紅緒の双子の兄。紅緒からは家族思いの兄と思われていたが、両親と紅緒のことを「弱くて力の無い者」として見下し汚らわしく思っていた。
「雛月の悲劇」を起こした張本人であり、ろくろの右腕がケガレ化した原因でもある。 「雛月の悲劇」の際、唯一ケガレの力を制御したろくろに祓われたと思われていたが、2年後再びろくろの前に姿を現した。なお、「雛月の悲劇」の真相がごく一部の者にしか知られていない影響で(生き残りのろくろでさえ物語開始時点では全く知らなかった)、これだけのことをしでかした者の妹という理由で紅緒がいわゆる「人殺しの妹」や「犯罪者の身内」として迫害される様子は第一部では無かった。ただ、アニメ版ではアニメオリジナルキャラの神稲に一方的な敵意を向けられており、原作でも第二部以降は土御門島において裏切り者を生んだ家系として迫害の対象となっている。
2年間で強大な力を身に付けており、既に人としての姿は呪力を押さえ込んだ姿でしかなく、ろくろの腕のように全身がケガレ化した「玄胎」という姿が真の姿である。ろくろ、紅緒との決戦では二人の共振の力とろくろの「星装顕符・焔」、そして紅緒が得たケガレの力に相当なダメージを受けたが倒すには足りず、ろくろの謎の覚醒とそれとの一騎討ちの末、深傷を負う。「島に戻る」と言い残して去った。
自分同様にケガレ落ちの力を物にしたろくろに執着し、傘下に加わるようにしつこく要求する一方で、同じくケガレ落ちの力を我が物にした紅緒のことは過剰に嫌い排斥しようとする。
アニメ版
アニメ版では顛末が異なり、ろくろと紅緒の決死の攻撃で力尽き、巨大な穴へ消え消息不明となる。その後、十二天将の力を奪った闇無の体を奪い、復活した。
アニメにおけるその正体は、双子の妹である紅緒が天御柱から放たれた陽の気を受けた双星だったため母親の胎内でその逆位相=巨大な陰の気の塊=破星王の模造品と化してしまった人間である。ろくろへの異常な執着は彼が自分と同じ陰の気の塊であったことを無意識に察していたため。

婆娑羅(バサラ)[編集]

人の言葉を話し人に似た姿を持つケガレの上位種。外見のみならず「食事を取る」「睡眠をとる」「性的欲求もある」など人間に酷似した生態を持つ。 また、真蛇以下のケガレと違って陰陽師に祓われても消えてしまうことなく遺体が残る。

神威(かむい)
声 - 小野友樹
「婆娑羅(バサラ)」の一人。陰陽師が付けた順位は「第十一位」。見た目は青年の男性。
8年前までは巨大な一角鬼の姿の真蛇だったが紅緒の両親を殺害し、2人の呪力を取り込むことで婆裟羅となった。
より強い陰陽師との闘いを望んでいる。人間に選択を強いて反応を見るのが趣味。呪符により、両脚に強力な呪装(纏死穢)を施すことが出来る。石鏡悠斗の実力は認めているが、力をひけらかす態度は快く思っていない。
ろくろ、紅緒と悠斗との決戦の際、両足を失った紅緒にケガレ堕ちと似た力を与え、ろくろや悠斗と同じようなケガレの一部のような高速移動の両足を与えた。
使う札のようなもので発動する纒死穢は「断神闇脚(だんしんあんぎゃ)」。超振動によってガード無効の蹴りを放つ。
強い相手との戦いだけが喜びというバトルジャンキーだったが、戦う力を無くした紅緒に執着をみせて、押し倒して陵辱しようとするに至る。
氷鉋(ひがの)
「婆娑羅(バサラ)」の一人。陰陽師が付けた順位は「第九位」。常に沈着冷静。雷攻撃を得意とする。
最下級の泥眼だったころから聖丸(当時は真蛇)と行動を共にし、彼を王にするべく陰陽師達の呪力を捧げてきた。聖丸への友情とも忠誠心ともつかない想いは強固で、彼の危機には身を挺して助けるほど。
「纏死穢」で「紫電孤虐(しでんこぎゃく)」を発動でき、圧倒的スピードで攻撃する。
聖丸(ひじりまる)
「婆娑羅(バサラ)」の一人。陰陽師が付けた順位は「第四位」。常にハイテンションにして高圧的で残虐。大気中の塵や埃に呪を掛けてつなぎ合わせて糸を作り出し、その糸で相手を切り刻む。フルパワーになれば高層ビルを賽の目切りに出きるほどの威力がある。
序列2・3位の無悪・加布羅に対抗心を燃やしている様子。十二天将「朱雀」を冠する斑鳩士門を圧倒するほどの実力を有している。士門の妹である小夜を誘拐した張本人。目的は十二天将・双星の陰陽師・葛の葉の膨大な呪力を得て「あの男」を倒し禍野を解放すること。
纏死穢は「斬礁無形(ざんしょうむぎょう)」。
千怒(ちぬ)
「婆裟羅(バサラ)」の一人。陰陽師の付けた順位は「第1位」。千年以上存在する最初に誕生した最強のケガレ。
安倍晴明に酷似した姿をしており、他の婆裟羅と違って顔のひび割れが無く、両目とも普通の形をしている。
土御門島ではなく本土の京都に居り、現から紛れ込んできた物品を漁るなどして過ごしている。
赫夜(かぐや)
「婆裟羅(バサラ)」の一人。陰陽師のつけた順位は聖丸存命時は「第6位」。聖丸が散った今は繰り上がって「第5位」と思われる。
婦警風とも女性軍人風ともとれるミニスカート姿の女性型の婆裟羅。
放送禁止用語連発の汚く乱暴な言葉使いだが、ダーリンの前では恋する乙女のようなしゃべり方になる。そのダーリンとは、ミイラ化した陰陽師の死体である。
「第2位」の婆裟羅、無悪(さかなし)によって禍野に紅緒が居ることを教えられ、呪力を狙って彼女を捜している。

アニメオリジナル[編集]

アニメに登場する、オリジナルキャラクターのケガレ。順位は今のところ全員不明。

闇無(くらなし)
声 - 井上和彦
仮面を付けた男性らしき婆娑羅。全国各地に穿たれた「龍黒点(りゅうこくてん)」と呼ばれる特殊な結界(通称「穴」)の事案に深く関与している模様。自身で百道を殺害しながら双星のせいと偽り、千々石の憎しみを煽るなど、搦め手からの行動が多い。
天地鳴動編終盤で白虎を除く十二天将を捕縛し、続く破星編で天将10名の呪力を奪って強大化するも、最凶の鈩の捨て身の反撃で深手を負い、傷を癒やすべく協力者だった悠斗を取り込もうとしたところ、逆に吸収されてしまった。
珠洲(すず)
声 - 若井友希
一見すると人間のギャルのような風貌の女性婆裟羅。眼鏡を掛けピンクの髪を黒いリボンで纏めたツインテールに赤い浴衣を黒帯で纏め常に赤い浴衣の上半身をはだけてブラジャーを見せ青い半ズボンのジーパンに黒い靴を着用している。
論理的な口調の後にイカレた口調で「じゃ~ん」という語尾を付けるのが特徴。引き連れている3匹の(婆裟羅よりも一段階下位の)ケガレ「真蛇(しんじゃ)」と共に時折デスラップを歌う。
闇無の企みにはあまり興味が無く、積極的な加担もしていないようで、双星の二人に対しても抹殺対象というより個人的な興味を持っている程度のもの。一度デスラップを歌ってる最中に紅緒の発案で、ろくろと2人でRAPに合わせて踊った時も喜びを見せた程度でそれ以上のことは何もしなかった。
師(もろ)
声 - 大原さやか
女性の婆裟羅で花魁言葉を使う(一人称は「わち」)。豊満な体を貫頭衣で簡素に包む。ろくろ一行が龍黒点発生を解消するための全国を巡る旅で最初に出会った。キス、または食べることにより呪力を奪い、人を殺すこともできる。
元来は呪力を喰らいたいという本能が異常に旺盛な一介のケガレに過ぎなかったが、闇無に見出され、才能ある陰陽師を多数殺し呪力を得たことで婆裟羅になった。その恩義により闇無には忠を尽くしている。
彼女が倒した陰陽師の中には十二天将・桜の父親もおり、彼と共に戦った美玖や娘の桜にとっても彼女は「仇」ということになる。桜と美玖によって討たれる。
山門(やまと)
声 - KENN
スポーティーな風貌で、メタリックゴーグルを着用している男性婆裟羅。婆裟羅の中でも群を抜いて凶暴で、暴力こそが至高という考えを持つ。下級のケガレを集めて融合させ、巨大なケガレを生み出して十二天将・コーデリアと死闘を演じる。
後一歩というところまでコーデリアを追いつめるも、龍黒点を消されてケガレの補充が出来なくなり弱体化したところを狙われ敗北。捨て台詞と共に逃亡した。
その後、天地鳴動編で宙に浮かんだ鳴神町を戻そうとする十二天将を妨害するべく巨大融合穢れと共に出撃。十二天将の勘久郎と憲剛の前に敗れる。
千々石(ちぢわ)/ 百道(ももち)
声 - 松岡禎丞
本来は一体だったが二体に分離した青年婆裟羅(燕尾服を着る)。闇無の依頼により双星に挑み、見事なコンビネーションで追いつめるも、さえの不思議な力で好機を潰され、激昂した双星の前に敗北。痛打を受ける。
その後、闇無に回収されるが特に傷の深い百道はそのまま闇無にとどめを刺されてしまう。千々石はその際まだ気絶していたため、本当に百道を滅したのが闇無とは知らず受け取った呪力で傷を癒やし、双星への復讐を誓う。
闇無より得たローエンガイムにより現でも活動できるようになり、鳴神学園の生徒を人質に双星に挑むも十二天将の士門に致命傷を負わされ、みなを巻き込んでの自爆を計るもろくろの新技「金烏天衝弾(ゴルト・スマッシュ)」に阻まれ絶命する。
鬼無里(きなさ)
声 - 山本匠馬
執事服とモノクルを身に着けた男性の婆裟羅。口調こそ丁寧だが、双星の二人を「おもてなし」と称し殺そうとしていた。が、十二天将の天馬になす術もなく真っ二つに切られ殺された。
麗穏(れおん)
声 - 佐藤晴男
婆裟羅ではなく「真蛇」クラスのケガレ(便宜上この節に記載)。獅子頭の大男の姿をしている。「綺麗」を探して龍黒点を通って現世を訪れ、そこで出会ったさえと心を通わせるも瘴気に汚染された現世では綺麗な物を見つけられず、現世はケガレのいるべき場所ではないと悟った後、十二天将、蹉跎桜が起動させた遊園地のアトラクションと、彼女が放った退魔の術で浄化される自身を見て「綺麗」を知り、散った。

その他の人物[編集]

音海 紫(おとみ ゆかり)
声 - 冨岡美沙子
繭良の母親、清弦の妻。
清弦との出会いは小説『天縁若虎』で描かれた。兄・音海理士を殺されたことで、その仇討ちのため学術調査と偽って島を訪れた。
見た目に反しサバイバリティな女性で、寝袋などを用意していたが有馬の計らいで清弦と生活を共にした。
小枝(さえ)
声 - 咲々木瞳
アニメオリジナルキャラクターの幼女(「列島覇乱篇」に登場)。
ろくろたちがケガレを祓うため禍野に赴いた際、平然と一人きりで佇んでいるところを保護された。記憶が漠然としており名前すらハッキリ覚えていなかったため、ろくろと紅緒が仮の名前として「さえ」と名付け、両親が見つかるまでの間ふたりと一緒に住んでいた。直後、ろくろと紅緒が婆娑羅が原因と思われる「龍黒点」を封じる旅に出たことや、さえを婆娑羅が注視していると思われる節があったため、その旅に同行させている。
その正体は陰陽師の総本山である京都深山の最深部に据えられた、日本列島の霊的エネルギーが収束する巨樹型結界「天御柱(あめのみはしら)」の一枝が何らかの理由で折れ、仮初に人の形を成した存在。
旅の過程でおぼろげながら思い出した衝動に従い、本体のある京へ向かうように紅緒・ろくろにお願いしていた(二人は京に着いた段階で、すばるから正体を聞かされる)。十二天将全員の力でも完全に防げなかった「龍黒点」大量発生を塞ぐため霊樹へと還る決意を固め、二人に絵本形式の「お別れのことば」を残していった。

雛月寮[編集]

  • 2年前の雛月の悲劇により壊滅した。
破石 テツジ(はせき テツジ)
声 - 逢沢ゆりか
優しい少年。悠斗の儀式の準備を手伝った。
名越 亜美(なごし あみ)
声 - 咲々木瞳
るりと親しい。大人しい少女で、悠斗の儀式に不安に思っていた。ろくろと一緒にケガレ払いするのが夢だった。
杏 るり(あん るり)
声 - ふじたまみ
天真爛漫な少女。亜美と親しい。
泉原 千絵子(くりはら ちえこ)
声 - 竹村知美
ヒカリと親しい。眼鏡をかけた文学少女。本が好き。だが、その大半が少女漫画。
愛川 優奈(あいかわ ゆうな)
声 - 戸田めぐみ
金髪の少女。気が強い。悠斗の儀式を止めようと、ろくろに危機を知らせた直後ケガレ堕ちしてしまう。
三木閉 ヒカリ(みきとじ ヒカリ)
声 - 冨岡美沙子
ポニーテールの少女。ろくろや千絵子と親しい。気が強く夜の外出(連帯責任で怒られるため)には厳しい。ろくろが夜の外出をするため彼女と衝突することがあった。
余部 克典(あまるべ かつのり)
声 - 花藤蓮
少しわんぱくな少年。気が短く優奈と一緒に悠斗の儀式にはっぱをかけた。

私立鳴神学園[編集]

千晶(ちあき)
声 - 熊谷海麗
繭良の友人。中学生の頃、一度はろくろを振るが、高校生になると、中学生の頃とはかなり違う彼が好きになったため、同じクラスになったときは嬉しがった。
さらに、思い切って告白をするが、ろくろには他に好きな人がいるという理由で振られてしまった。
小釜本 千由梨(こかもと ちゆり)
声 - 熊谷海麗
繭良の友人で、奏の親友。
柴島 奏(くにじま みなと)
声 - 冨岡美沙子
繭良の友人で、千由梨の親友。
安楽島 祥太郎(あらしま しょうたろう)
声 - 徳石勝大
ろくろの友人で、智則と愁の親友。
縞田 智則(しまだ とものり)
声 - 赤坂征之
ろくろの友人で、祥太郎の親友の一人。
生野 愁(しょうの しゅう)
声 - 山谷祥生
ろくろの友人で、祥太郎の親友の一人。

ゲームオリジナルキャラクター[編集]

葛上 藍(かつじょうあい)
声 - 小清水亜美
才能ある女性陰陽師。
本名は賀茂 藍。賀茂 彩人の姉であり、先祖である賀茂 光栄の霊に操られる弟を助けるべく鳴神町にやってきた。
悠斗により周囲の人間の記憶を操るという能力を与えられており、その能力で「双星の選び直しが行われている。自分は双星候補の1人」という偽りの記憶を周囲の人間に植え付けて入り込んできた。
ゲーム内での双星の選び直しや新たな双星候補というのは全て彼女の記憶操作による欺瞞である。
天王寺 璃睦(てんのうじ りむ)
声 - 花澤香菜
男勝りで勝気な性格。一人称は「オレ」。
正体は賀茂 光栄と手を組んだ石鏡 悠斗が送り込んだ刺客。
生野 蘭(いくの らん)
声 - 山本希望
謎が多い天然少女。
かつて雛月寮にいた亜美の遠縁であるらしい。
賀茂 彩人(かもの さいと)
声 - 神谷浩史
知的で温厚な性格の青年陰陽師。
かつて陰陽道の宗家だった賀茂家の末裔。土御門家を宗家の座を奪ったと恨む先祖、賀茂 光栄の霊が呪護者としてついていて、半ば光栄の操り人形となっている。

用語[編集]

陰陽師(おんみょうじ)
ケガレと戦い、祓う使命を背負った人間の総称。陰陽師となる素質のある人間には、呪護者と呼ばれる守護霊が憑いており、呪護者に陰陽師がついていることが陰陽師を名乗る絶対条件。呪護者とは呪力そのものであり、呪力の成長の仕方や資質、大きさなども呪護者によって決まってくる。
十二天将(じゅうにてんしょう)
晴明に仕えた十二の式神から肖(あやか)った、武術、呪力、知識戦闘経験に秀でた最強最高ランクの陰陽師の総称。
双星の陰陽師(そうせいのおんみょうじ)
神託により導かれた、最強の陰陽師である「神子(みこ)」を産むことを運命づけられた最強の陰陽師の夫婦に与えられる称号。
アニメにおいては天御柱が生み出した巨大な陰の気の塊である破星王とその対になる陽の気の塊である女性を指し、2人が結ばれることで生まれる陰と陽を兼ね備えた子供が神子である。
ケガレ
禍野と呼ばれる異世界の住人。地上の武器や兵器は一切通用せず、ケガレの力はどんなに強固な通常装備でも防ぐことは不可能とされる。形、大きさは様々であり、一定ごとにランクで格付けされている。胸や腹にあたる部位に九字紋が刻まれている。
ランクは能で用いる鬼女面のものが使われており、弱い順から
D級:泥眼(でいがん)< C級:般若(はんにゃ)< B級:蛇(じゃ)< A級:真蛇(しんじゃ)< S級:婆裟羅(ばさら)
人や物にも取り憑き、総じて奇怪な笑い声を発する。
人間を禍野に引きずり込み、呪力を奪い、条件を満たしたケガレが上位種である婆娑羅へと変貌する。
婆娑羅(バサラ)
通常のケガレが一定以上の呪力を取り込んだことにより進化したケガレの総称。現在は11体が確認されている。
褐色の肌を持つ人間の姿をしており、それぞれが個々に自我を確立していることに加え、高い知能と戦闘能力を有している。
更に陰陽師が使う札のようなもので『纒死穢(マトイマカルサワリ)』という術を使うと、体のどこかの部位(神威なら両足)が呪装したような状態になり強化される。呪力を手に入れるためケガレを祓うこともある。
呪装(じゅそう)
陰陽師が体内に宿す呪力を武器や防具に纏わせたもの。ケガレに対抗する唯一の手段。体の部位、武器等、それぞれに呪装させることが可能。
複数同時に呪装した状態は「連装」と呼ばれ、鍛錬を積めばより複数の呪装を連装させることが可能となる。
形状、性能は様々であり、また、当人の呪力の量が多ければ効力は比例する。
霊符(れいふ)
陰陽師が使用する。呪力の開放や、禍野の行き来に使われ、基本的に書くことで補充されるが、一生使うことができるものも多く存在する。霊符は筆を使って書き、上手く出来なければ無駄な呪力がこもって非常に心細い霊符となってしまうが、逆に上手く出来れば強力な霊符となる。
また、霊符は使用者の心情をくみ取って力を発揮するため、下手をすれば自分に術がかかってしまうこともある。
禍野(まがの)
特殊な霊符を使うことにより行き来することが出来る異世界。沢山のケガレが棲んでおり、稀に人間の世界に漏れ出して来る。廃墟と険しい崖で構成されている。
土御門島(つちみかどじま)
全てのケガレが行きつくとされる、通称【南海トラフの島】。1000年以上続くケガレとの戦いにおける最前線の島。陰陽連の本部もここにおかれている。
日本政府から自治を認められており、島独自の法律がある。島の禍野の最深部では今も晴明が穢れの王を封じ続けている。
アニメでは島の存在が言及されることはなく、有馬や十二天将も京都に駐在していることなどから土御門島は存在しない模様。
おはぎマン(おはぎまん)
紅緒の自作絵物語。およびそれに登場する喋る「おはぎ」(声 - 浪川大輔)。お腹が空いて困っている人々に自分の身体を千切って分け与える。仲間に「ぼたもちマン」(声 - 浪川大輔)「おしるこマン」(声 - 浪川大輔)がいる。
元は紅緒が気分転換に書いた落書き。
原作4コマには仲間として「苺大福ガール」(巨乳で世話焼きの幼なじみ)や「桜餅シスター」(わがままを言って困らせる妹)、「みたらしレディース」(三姉妹)、さらには永遠のライバル「泥まんじゅう仮面」(実はおはぎマンの兄)などが登場する。
天御柱(あめのみはしら)
陰陽連本部にある結界の根幹。
天曺地府祭(てんちゅうちふさい)
十二天将が行う6箇所に分かれて結界の綻びを塞ぐ儀式。

書誌情報[編集]

漫画[編集]

小説[編集]

テレビアニメ[編集]

2016年4月6日より2017年3月29日まで、テレビ東京系の水曜18時25分 - 18時55分にて放送された。アニメーション制作はstudioぴえろ

第20話までは原作を基本としたストーリーが展開し(ただし、ストーリーの順番を入れ替えたり、アニメオリジナルエピソードがいくつか追加されたりしている箇所はある)、第21話からはアニメオリジナルストーリーが展開する。

基本設定などは原作と大きく異なる。例えば、原作における陰陽師の本拠地であり、穢れと陰陽師の戦いの最前線にして穢れの王の封印の地でもある土御門島の設定はアニメには存在せず、京都が本拠地で各重要施設が存在することになっている。また、原作ではヒロインである紅緒が陰側の存在であると語られたがアニメにはその設定は無く、逆にろくろが陰の気の塊であると設定されている、など。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ
「Valkyrie-戦乙女-」(第2話 - 第13話)
作詞・作曲 - 亜沙 / 編曲 - 倉内達矢 / 歌 - 和楽器バンド
第1話、第50話ではエンディングテーマとして使用。
オープニングアニメーション (OP) の絵コンテ・演出・作画監督を担当した梅津泰臣によれば、OPのコンセプトは「王道・少年少女バトル熱血元気アニメ」であり、プロデューサーの岩瀬からも「動くOPにして欲しい」と要望されたため、作画枚数は過去にOPを担当してきた作品で一番多くなったという[2]
Re:Call」(第14話 - 第26話)
作詞・作曲・編曲 - 馬渕直純 / 歌 - i☆Ris
sync」(第27話 - 第40話)
作詞 - back-on / 作曲・編曲 - michael james / 歌 - lol
「カナデアイ」(第41話 - 第50話)
作詞・作曲 - 伊東歌詞太郎 / 編曲 - 宮田“レフティ”リョウ / 歌 - イトヲカシ
エンディングテーマ
「アイズ」(第2話 - 第13話)
作詞・歌 - 加治ひとみ / 作曲 - 山口寛雄 / 編曲 - 久保田真伍、栗原
「宿り星」(第14話 - 第26話)
作詞・作曲・編曲・歌 - イトヲカシ
「Hide & Seek」(第27話 - 第29話、第31話 - 第40話)
作詞 - SAKIKA / 作曲・歌 - GIRLFRIEND
「15」(第30話)
作詞 - SAKIKA / 作曲・歌 - GIRLFRIEND
「蛍火」(第41話 - 第49話)
作詞・作曲 - 町屋 / 歌 - 和楽器バンド
挿入歌
「激おこ☆Guilty」(第22話)[3]
作詞・作曲 - 亜沙 / 歌 - 珠洲(若井友希
「Re:Call」(第43話)
作詞・作曲・編曲 - 馬渕直純 / 歌 - i☆Ris
「それはキ・ズ・ナ」(第48話)
作詞 - 荒川稔久 / 作曲・編曲 - 石塚玲依 / 歌 - 珠洲(若井友希)
「蛍火」(第50話)
作詞・作曲 - 町屋 / 歌 - 和楽器バンド

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル シナリオ 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
第1話 運命の二人
BOY MEETS GIRL
荒川稔久 田口智久
五十嵐達也
熨斗谷充孝
五十嵐達也
田口智久
竹田逸子、松下郁子、刃間田雅俊
林あすか、相馬満、砂川貴哉
貞方希久子
第2話 双星交差
A FATEFUL FIGHT
あきとし
神谷純
浅見松雄 冨田美文、下島誠、南伸一郎
森田実、山本翔
竹田逸子
第3話 すれ違い
A HERO'S WORTH
大知慶一郎 影山楙倫
ユキヒロマツシタ
畠山茂樹 岡辰也、臼田美夫 貞方希久子
第4話 禍野の音
BOTHERSOME TWOSOME
村山桂 神谷純
田口智久
migmi 古賀誠藤田まり子、青木昭仁
西村彩、清水勝祐、田中宏紀
竹田逸子
第5話 十二天将 朱雀
THE GUARDIAN SHIMON
成田良美 今西隆志 吉田徹、西村真理子、谷口繁則 貞方希久子
窪詔之
第6話 紅緒と繭良
GIRLS' PARTY
山田靖智 ユキヒロマツシタ
三宅和男
西村博昭 下島誠、斎藤和也、大塚八愛
刃間田雅俊、富田美文
竹田逸子
第7話 新たなる試練
UNBELIEVABLE GAME
荒川稔久 神谷純
影山楙倫
浅見松雄 徳倉栄一、森田実、白石悟
南伸一郎、小橋陽介
佐野陽子、木下由美子
貞方希久子
下島誠
砂川貴哉
第8話 ろくろの気持ち
SHOCKING CONFESSION
大知慶一郎 小高義規
ユキヒロマツシタ
鳥井聖美 上竹哲郎 竹田逸子
第9話 交錯する悲劇
TRAGEDY COMES WITHSMILE
村山桂 増田俊彦 熨斗谷充孝 窪詔之、牛屋琴乃、関本美穂
田村里美、山本翔
JIWOO ANIMATION PRODUCTION
貞方希久子
富田美文
第10話 すばるの修行
THE BEWITCHING GUARDIAN
成田良美 神谷純
三宅和男
関大 飯飼一幸、Zang One、An TaeKun
松竹徳幸(アクション)
竹田逸子
第11話 新婚さんおきばりやす
FANTASTIC MOMENTS
山田靖智 ユキヒロマツシタ 鈴木拓磨 谷口繁則、吉田徹、たかおかきいち
金正男、柴田海、三井麻美
貞方希久子
牛屋琴乃
田村里美
第12話 勘弁しろし
BASARA BOY KAMUI
村山桂 影山楙倫 清水明 中野祐貴 竹田逸子
第13話 君の勇気 私の勇気
ZERO MILLIMETERS APART
成田良美 神谷純
三宅和男
西村博昭 大竹紀子、斎藤和也、砂川貴哉
長谷川享雄、下島誠
貞方希久子
竹田逸子
第14話 浴衣と星と願い事
TANABATA SPECIAL
大知慶一郎 田口智久 笹原嘉文 富田美文、田村里美、関本美穂 竹田逸子
第15話 ひとりぼっちにさようなら
THE AWAKENING OF LOVE
村山桂 ユキヒロマツシタ 玉田博 武内啓、小田多恵子、重松晋一
徳田夢之介、森田実、鈴木恵
貞方希久子
下島誠
第16話 陰陽師として
SALVATION THEN WAILING
玉井☆豪 影山楙倫
三宅和男
浅見松雄
五十嵐達也
九鬼朱、小橋陽介、佐野陽子
白石悟、徳倉栄一、中山初絵
南伸一郎、森悦史、山本翔
竹田逸子
富田美文
第17話 師がくれた赤い証
THE TALISMAN FROM MASTER
山田靖智 ユキヒロマツシタ 熨斗谷充孝 下島誠、斎藤和也、松下郁子
JIWOO ANIMATION PRODUCTION
貞方希久子
崎本さゆり
第18話 決戦前夜
TRIUMPH OVER FEAR
成田良美 影山楙倫
木村隆一
玉田博 武内啓、徳田夢之介、重松晋一
小田多恵子、鈴木恵
竹田逸子
松下郁子
第19話 罪もけがれも
THE 10 SECONDS DECISION
大知慶一郎 神谷純
増田俊彦
墨石荒吽 石田啓一、飯飼一幸、服部益実 貞方希久子
崎本さゆり
第20話 ふたりの道
TO THE FUTURE WITH US TWO
荒川稔久 ユキヒロマツシタ
五十嵐達也
影山楙倫
西村博昭 大竹紀子、南伸一郎、飯飼一幸
山本翔、Yu BongHyun
JIWOO ANIMATION PRODUCTION
竹田逸子
貞方希久子
崎本さゆり
列島覇乱篇
第21話 双星新生
SWEETIE FAIRY
荒川稔久 田口智久
笹原嘉文
政木伸一
笹原嘉文 下島誠、斎藤和也、富田美文
関本美穂、刃間田雅俊、小田真弓
貞方希久子
崎本さゆり
第22話 ケガれてんじゃ~ん
PHILOSOPHICAL FILTHY SERAPHIM
村山桂 神谷純
ユキヒロマツシタ
清水明 飯飼一幸、服部益実 竹田逸子
富田美文
第23話 双星 西へ
HARD TO BE MOTHER
大知慶一郎 影山楙倫
今千秋
浅見松雄 徳倉栄一、森田実、白石悟
南伸一郎、飯飼一幸、森悦史
貞方希久子
崎本さゆり
第24話 ケガレの見た夢
WHAT IS BEAUTIFULL?
山田靖智 ユキヒロマツシタ
増田俊彦
鈴木拓磨 Yu BongHyun、谷口繁則
たかおかきいち、金正男、鮫島寿志
牛屋琴乃
第25話 天・元・空・我
COME BACK! SOUTHPAW
玉井☆豪 神谷純
今千秋
熨斗谷充孝 斎藤和也、関本美穂、富田美文
刃間田雅俊、徳田夢之介、下島誠
貞方希久子
崎本さゆり
第26話 双星 VS 双生
BASARA TWINS' STRINGS
成田良美 影山楙倫
三宅和男
荻原露光 高橋直樹、鈴木信一、飯飼一幸 竹田逸子
第27話 ひみつの繭良ちゃん
MAYURA'S SECRET LESSON
大知慶一郎 ユキヒロマツシタ
増田俊彦
清水明 横松雄馬、飯飼一幸、服部益実 貞方希久子
崎本さゆり
第28話 鸕宮天馬
TRANSCENDENCE
村山桂 三宅和男
田口智久
五十嵐達也
浅見松雄
田口智久
五十嵐達也
佐野陽子、白石悟、徳倉栄一
中山初絵、福島豊明、南伸一郎
飯飼一幸、森悦人、林隆祥
高橋恒星
第29話 さえとの約束
MISSING EXORCIST MASTER
成田良美 小高義規
ユキヒロマツシタ
西村博昭 大竹紀子、斎藤和也、山本翔
関本美徳、林あすか
JIWOO ANIMATION PRODUCTION
貞方希久子
崎本さゆり
第30話 いつまでも笑顔で
LOVELY SMILE FOREVER
荒川稔久 増田俊彦
ユキヒロマツシタ
田口智久
いとがしんたろー
五十嵐達也
下島誠、富田美文、高橋恒星
牛屋琴乃、刃間田雅俊、和田伸一
糸島雅彦、服部憲次
竹田逸子
第31話 そばにいるから
WAI WA KINAKO YA!
山田靖智 神谷純
影山楙倫
高橋順 重松晋一、白石悟、宇都木勇
坪田慎太郎、藤原利恵
貞方希久子
崎本さゆり
天地鳴動篇
第32話 混沌の中に
SEEKING THE PAST, SEEKING THE FUTURE
村山桂 三宅和男
政木伸一
種村綾隆 高橋恒星、徳倉栄一、平良哲朗 高橋恒星
第33話 師の恩返し
I WANT YOU TO EAT ME
大知慶一郎 ユキヒロマツシタ 清水明 山本径子、飯飼一幸、J-cube 貞方希久子
崎本さゆり
第34話 名コンビじゃねぇ!
WACHI vs WASHI & WATASHI
玉井☆豪 影山楙倫
神谷純
五十嵐達也
神原雄二
荻原露光
堀内直樹
高橋直樹、鈴木信一、飯飼一幸 竹田逸子
第35話 復讐の傀儡師
I AM NOT ALONE
成田良美 ユキヒロマツシタ
三宅和男
村山靖 川口弘明、飯飼一幸、横松悠馬
鈴木伸一、桝井一平
貞方希久子
崎本さゆり
第36話 守るべきもの
WHAT IS REALLY IMPORTANT?
増田俊彦
影山楙倫
西村博昭
五十嵐達也
斎藤和也、竹田逸子、下島誠
山本翔、たかおかきいち、関本美穂
JIWOO ANIMATION PRODUCTION
高橋恒星
第37話 恋の町 舞い上がる
TELL ME HONEST FEELINGS
山田靖智 ユキヒロマツシタ まつきけいいち 飯飼一幸、白石悟、藤原利恵 貞方希久子
崎本さゆり
第38話 鳴神町最凶の日
NO WAY TO RUN, NO PLACE TO HIDE
村山桂 神谷純
三宅和男
清水明 鈴木伸一、J-cube 竹田逸子
第39話 慈愛の霊獣
DAUGHTER'S FIGHT! FATHER'S DELIGHT
大知慶一郎 増田俊彦
影山楙倫
藤本義孝 池原百合子、木下由美子、興石暁
白石悟、南伸一郎、森悦史
貞方希久子
崎本さゆり
第40話 双星ときめく
FINALY THEY KISSED?
荒川稔久 田口智久
神谷純
熨斗谷充孝 下島誠、富田美文、たかおかきいち
斎藤和也
竹田逸子
破星篇
第41話 十二天将、堕つ!
HAVE A NICE NIGHTMARE, 12GUARDIANS
玉井☆豪 ユキヒロマツシタ 種村綾隆 徳倉栄一、高橋恒星、平良哲朗 貞方希久子
松下郁子
第42話 故郷は禍野
SAY IT AIN'TSO, ROKURO!
成田良美 影山楙倫 左藤洋二 徳田夢之介、佐藤元、服部憲治 下島誠
高橋恒星
第43話 千年の夢
MELANCHOLIC MISANTHROPE
村山桂 増田俊彦 清水明 鈴木伸一、J-cube 貞方希久子
松下郁子
第44話 愛すれど遠く
FAREWELL, MY PRECIOUS
山田靖智 神谷純
三宅和男
まつきけいいち 飯飼一幸、白石悟、藤原利恵 竹田逸子
第45話 ひとりきりの二人
LONELY TWIN EXORCIST
成田良美 ユキヒロマツシタ 藤本義孝 木下由美子、飯飼一幸、白石悟
南伸一郎、森悦史
貞方希久子
松下郁子
第46話 悠斗
DESTINY
大知慶一郎 影山楙倫 いとがしんたろー 下島誠、斎藤和也、田村里美
大竹紀子、たかおかきいち、山本翔
富田美文、竹田逸子
高橋恒星
第47話 紅緒
POSITIVE
荒川稔久 三宅和男
塚田夏央
荻原露光 吉田肇、飯飼一幸、服部憲知 貞方希久子
松下郁子
第48話 団結
SOLIDARITY
神谷純 種村綾隆 徳倉栄一、高橋直樹 高橋恒星
第49話 復活
RESTORATION
五十嵐達也 五十嵐達也
清水明
鈴木伸一、飯飼一幸 竹田逸子
第50話 双星
TWINS
田口智久 富田美文、下島誠、大竹紀子
立川聖治、斎藤和也、貞方希久子
貞方希久子
松下郁子

放送局[編集]

テレビ東京系列*を除く) / 放送期間および放送時間[4]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [5] 備考
2016年4月6日 - 2017年3月29日 水曜 18:25 - 18:55 テレビ東京 関東広域圏 製作局
テレビ北海道 北海道
テレビ愛知 愛知県
テレビ大阪 大阪府
テレビせとうち 岡山県・香川県
TVQ九州放送 福岡県
2016年4月9日 - 2017年4月1日 土曜 23:30 - 日曜 0:00 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり[6]
2016年4月21日 - 木曜 17:30 - 18:00 テレビ和歌山* 和歌山県
テレビ東京系列は同時ネットで尚且つ字幕放送
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[7]
配信期間 配信時間 配信サイト
2016年4月7日 - 木曜 12:00 更新 あにてれしあたー
2016年4月7日 - 水曜 12:00 更新 楽天ショウタイム / ビデオマーケット
2016年4月13日 - 水曜 0:00(火曜深夜) 更新 GYAO! / バンダイチャンネル / Hulu
水曜 0:30 - 1:00(火曜深夜) ニコニコ生放送
水曜 1:00(火曜深夜) 更新 ニコニコチャンネル
水曜 12:00 更新 U-NEXT / アニメ放題 / dアニメストア
2016年4月14日 - 木曜 12:00 更新 GYAO!ストア / dTV / ゲオチャンネル
2016年4月15日 - 金曜 0:00(木曜深夜) 更新 UULA

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2016年6月24日 第1話 - 第4話 EYXA-11026 EYBA-11013
2 2016年7月29日 第5話 - 第8話 EYXA-11027 EYBA-11014
3 2016年8月26日 第9話 - 第12話 EYXA-11028 EYBA-11015
4 2016年9月30日 第13話 - 第16話 EYXA-11029 EYBA-11016
5 2016年10月28日 第17話 - 第20話 EYXA-11030 EYBA-11017
6 2016年11月25日 第21話 - 第24話 EYXA-11031 EYBA-11018
7 2016年12月30日 第25話 - 第28話 EYXA-11032 EYBA-11019
8 2017年2月24日 第29話 - 第31話 EYXA-11033 EYBA-11020
天地鳴動篇 2017年3月31日 第32話 - 第40話 EYXA-11313/4 EYBA-11311/2
破星篇 2017年6月30日 第41話 - 第50話 EYXA-11317/8 EYBA-11315/6

Webラジオ[編集]

双星の陰陽師ラジオ〜ろくろ・紅緒の一つ屋根の下〜』は、2016年4月7日から2017年3月9日までHiBiKi Radio Stationにて月1回木曜日に配信された番組[8]。3月31日に第0回が配信された。パーソナリティは焔魔堂ろくろ役の花江夏樹と化野紅緒役の潘めぐみ

テレビ東京系列 水曜18:25 - 18:55枠
前番組 番組名 次番組
銀魂゜
※18:00 - 18:30
(2015年4月8日 - 2016年3月30日)
バトルスピリッツ 烈火魂
※18:30 - 18:57
(2015年4月1日 - 2016年3月30日)
双星の陰陽師
(2016年4月6日 - 2017年3月29日)

コラボレーション[編集]

叡山電鉄
京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)に関連して、本作のヘッドマークを装着、車内にラッピングを施したデオ720形電車が、2016年9月17日から2017年2月16日まで運行された[9][10]

スピンオフ作品[編集]

『双星の陰陽師 SD如律令!!』
TVアニメ化記念公式スピンオフ漫画。公式Webサイト内および最強ジャンプ誌上に掲載。原案・監修は助野嘉昭、作画はkoppy

出典[編集]

  1. ^ SQ.創刊6周年!「キン肉マン」アシュラマンの読切を掲載”. コミックナタリー (2013年11月2日). 2016年1月9日閲覧。
  2. ^ 双星の陰陽師・OP”. 梅座流星群 (2016年4月13日). 2016年5月13日閲覧。
  3. ^ 「激おこ☆Guilty」配信決定!”. TVアニメ「双星の陰陽師」公式サイト (2015年10月5日). 2017年3月15日閲覧。
  4. ^ ONAIR”. TVアニメ「双星の陰陽師」公式サイト. 2016年3月10日閲覧。
  5. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  6. ^ 双星の陰陽師”. AT-X. 2016年3月10日閲覧。
  7. ^ ONAIR”. TVアニメ「双星の陰陽師」公式サイト. 2016年4月20日閲覧。
  8. ^ 双星の陰陽師ラジオ~ろくろ・紅緒の一つ屋根の下~”. HiBiKi Radio Station. 2016年4月7日閲覧。
  9. ^ アニメ「双星の陰陽師」×叡山電車 コラボ企画について (PDF)”. 叡山電鉄 (2016年9月12日). 2016年9月19日閲覧。
  10. ^ 叡山電鉄デオ721に「双星の陰陽師」ラッピング”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年9月18日). 2016年12月13日閲覧。

以下の出典は『集英社BOOK NAVI』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ 双星の陰陽師/1|助野 嘉昭|ジャンプコミックス”. 2014年5月18日閲覧。
  2. ^ 双星の陰陽師/2|助野 嘉昭|ジャンプコミックス”. 2014年6月4日閲覧。
  3. ^ 双星の陰陽師/3|助野 嘉昭|ジャンプコミックス”. 2014年10月3日閲覧。
  4. ^ 双星の陰陽師/4|助野 嘉昭|ジャンプコミックス”. 2015年1月5日閲覧。
  5. ^ 双星の陰陽師/5|助野 嘉昭|ジャンプコミックス”. 2015年4月30日閲覧。
  6. ^ 双星の陰陽師/6|助野 嘉昭|ジャンプコミックス”. 2015年9月4日閲覧。
  7. ^ 双星の陰陽師/7|助野 嘉昭|ジャンプコミックス”. 2016年1月4日閲覧。
  8. ^ 双星の陰陽師/8|助野 嘉昭|ジャンプコミックス”. 2016年4月4日閲覧。
  9. ^ 双星の陰陽師/9|助野 嘉昭|ジャンプコミックス”. 2016年8月4日閲覧。
  10. ^ 双星の陰陽師/10|助野 嘉昭|ジャンプコミックス”. 2016年12月2日閲覧。
  11. ^ 双星の陰陽師/11|助野 嘉昭|ジャンプコミックス”. 2017年3月3日閲覧。
  12. ^ 双星の陰陽師/12|助野 嘉昭|ジャンプコミックス”. 2017年7月4日閲覧。
  13. ^ 双星の陰陽師 SD如律令!!|koppy/助野嘉昭|ジャンプコミックス”. 2017年3月13日閲覧。
  14. ^ 双星の陰陽師 ―天縁若虎―|田中創/助野嘉昭|JUMP jBOOKS”. 2017年3月13日閲覧。
  15. ^ 双星の陰陽師 ―士牙繭闢―|田中創/助野嘉昭|JUMP jBOOKS”. 2017年3月13日閲覧。

外部リンク[編集]