koppy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こっぴー
koppy
プロフィール
別名義 小平 舞(本名、旧活動名)
生年月日 1986年11月22日
現年齢 31歳
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 158 cm / kg
靴のサイズ 24.5 cm
活動
ジャンル タレント漫画家
モデル内容 モデル
備考 レースクイーンイメージガール
その他の記録
2007年「プリンセス関西」特別賞受賞、2010年「ジャンプスクエア」Supreme GAG 大賞・佳作入賞[1]
モデル: テンプレート - カテゴリ

koppy(こっぴー、1986年11月22日 - )は大阪府大阪市出身のタレント。現役の漫画家としての一面もある。以前は本名の小平舞の名前で活動をしていた。2013年より松竹芸能に所属。桃山学院大学社会学部卒業。

来歴[編集]

  • 大学在籍時よりレースクイーンやイベントコンパニオンとして活躍。2007年に出場したミス・コンテスト『プリンセス関西』において特別賞を受賞。企業のイメージモデル、タレントとしての活動も徐々に増える。
  • 2007年にブログを開始。ざっくばらんで気取りのない内容や変顔の写真を惜しげもなくアップするなど、モデルとして活躍出来る容姿とのギャップに読者数が増え始める。
  • 2009年3月、大学卒業を以って所属事務所フロンティアコーポレーションを辞め、タレント活動から身を引く。4月、一般企業に就職したがおよそ1年で退職し、再び芸能事務所に所属。
  • 2011年月刊漫画雑誌ジャンプスクエア』で行われた新人漫画賞「Supreme GAG 大賞」に応募した作品『もぉ〜想生活』(小平舞名義)が第6回の佳作入選。
  • 2012年8月、『ジャンプスクエア』同年9月号より自身を主人公にした日常4コマ漫画『タレント奮走記koppy』の連載を開始。
  • 2014年11月、『ジャンプスクエア』同年12月号を以て連載終了。
  • 2013年1月18日、『ニコニコ静画』内のジャンプスクエア公式チャンネル「ギャグ漫画宣言!」において『タレント奮走記koppy』を掲載開始。毎月第3金曜日に更新。こちらは4コマ漫画ではなく短編漫画となっている(2014年6月20日、最終話掲載。18話完結)。
  • 2013年2月、松竹芸能に移籍。関西圏を中心にタレント活動を展開している。

人物[編集]

  • 子どもの頃から絵を描くことが好きで、“25歳までに叶えたい将来の夢”を「漫画家」としていた。
  • 中学時代は陸上部に所属し部長を務める。高校は大阪市立汎愛高等学校体育科に進学。筋力トレーニングにめざましく、バーベルを用いるスクワットでは150kgのウエイトを持ち上げることが出来たという。現在は筋肉量はやや落ちたというが、手足の筋肉や腱などはかなりのものである[2]
  • 教員免許(公民科、福祉科)、社会福祉主事任用資格保有。書道は毛筆、硬筆ともに8段。
  • 父は元アマチュアボクシング選手で、大学時代に赤井英和からダウンを奪ったこともあるという[3]

漫画[編集]

  • 2012年より2014年まで「ジャンプスクエア」に於いて『タレント奮走記koppy』を連載した。同作品はkoppy自身の日常生活やタレント活動をしているなかで起こったさまざまな出来事をベースに、ややデフォルメした作品。そのエピソードのいくつかはブログにも掲載されているものである。
  • 漫画での自身のキャラは常にベレー帽を被っている姿。そのイメージのため、漫画関係の仕事やイベントに出演する際は同じ様にベレー帽を着用することが多い。
  • 「ジャンプスクエア」に於いて連載中の『双星の陰陽師』(助野嘉昭)TVアニメ化記念の公式スピンオフ漫画『双星の陰陽師 SD如律令!!』(原案・監修:助野嘉昭)の作画を担当。原作公式サイト[1]及び「最強ジャンプ」(2016年5月号より)誌上[2]に掲載されている。

書誌情報[編集]

  • 『タレント奮走記koppy』集英社(ジャンプコミックス)
  1. 2013年10月4日発行、ISBN 978-4088708379

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

新聞[編集]

  • 週刊釣場速報 - イメージガール「つりそくガール2013」(2013年2月 - 2014年4月)、「つりそくガール2014」(2014年4月 - )

脚注[編集]

  1. ^ 小平舞
  2. ^ KOPPY DIARY(*・ω・)♪ 2012年7月29日より
  3. ^ 美形漫画家koppyがよゐこ濱口とのサバイバル合体を熱望 東京スポーツ 2014年4月27日
  4. ^ J:COM大阪、J:COM北河内、J:COM東大阪市、J:COMかわち、J:COM南大阪

外部リンク[編集]