片眼鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モノクルから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
眼窩にはめ込むタイプを右目に着用(サー・オースティン・チェンバレン
眼窩にはめ込むタイプを左目に着用(サー・ルイ・ナポレオン・カソール)
吊すタイプ

片眼鏡(かためがね)とは、片目での使用を前提とした単一レンズ眼鏡である。別名ではモノクル: monocle)と呼ばれる。以下、本項では、片眼鏡と対比して、一般的な両目にかける眼鏡を両眼鏡と呼ぶことにする[1]

概要[編集]

片眼鏡はそれまでにも幾度か流行と衰退を繰り返したが、19世紀末の流行期には眼窩にはめ込む方式(右側の画像)が一般的になり、手で支えたりせずに掛けられるようになり、形は殆ど丸型ばかりになった。落下に備えた安全策として、に結び付けて首に吊す(右下側の画像)ようになった[2]。鎖などを付けても眼窩から片眼鏡が外れること自体は防げないが、外れたあとの破損や紛失を防ぐことができる。現在販売されている片眼鏡にはブリッジでに掛ける方式もあるが、演劇関係者向けに眼鏡の時代考証の資料として各時代ごとの眼鏡の図版を載せた『メガネの文化史』にはこの方式の片眼鏡は見られない[3]

一般的な眼窩にはめるタイプの片眼鏡には縁なしタイプのもの、つまり眼窩にはめやすい大きさの単なるレンズもあるが、金属フレームに金属製の脚を張り出させることで、かけやすくしているものが多い。また、多くはフレームに紐・鎖を通す輪がついており、その場合環状の紐や鎖を通し、首から下げて用いる。19世紀末から20世紀前半の男性肖像写真には、片眼鏡や鼻眼鏡を首から下げているものが多く見られる。腹部、懐中時計の鎖の上辺りに眼鏡が写っているのがそうである。この眼窩にはめ込む方式は、コーカソイドのような彫りの深い顔を想定したものであるため、モンゴロイドに比較的多い平面的な顔面ではかけることが難しい。

裸眼で遠くを鮮明に見られる正視の者が老眼になった場合、適切な度数の片眼鏡をかければ、裸眼の側の眼で遠くを、片眼鏡をかけた側の眼で近くを見ることにより遠近両用レンズを使わずに遠くから近くまで見ることができる利点もあった。片目で遠くを、片目で近くを見ることで遠近両用レンズを不要とするのは、今日でもコンタクトレンズレーシック手術で、あるいは眼鏡で[4]モノビジョンと称して行われることのある方法である。遠近両用レンズと違って、上目使いで遠くを、下目使いで近くを見る視線の使い分けをしなくてよく、見え方のゆがみも少ない一方で、両目で同時に鮮明に見ることができないため遠近感や清明感に劣り、人によっては慣れられないという欠点もある。

片眼鏡は、視力矯正器具としてより、貴族階級の真似をして優美を装うための流行品として使用者から好まれた[5]。一方、眼鏡商人からは、流行するたびに必ずといってよいほど嫌われた。1824年にライプツィヒの匿名の眼鏡商が著した眼鏡に関する本もその例外ではなく、片眼鏡を両目の視力のバランスを狂わすものとして批判した。同年ロンドンのキッチナー博士は片眼鏡を有害な玩具と呼び、それを使っていると2~3年も経たぬうちに片眼または両眼の視力を不完全にしてしまうとした[6] [7]。1833年にロンドンの眼鏡商 J. T. ハドソンの著した本も、両眼鏡が片眼鏡を急速に置き換えつつあるとし、その理由を、

  • 隻眼の者より両目のある者のほうがよく見えるように、眼鏡も片眼鏡より両眼鏡のほうがよく見える。
  • 片眼鏡はどちらか決まった目にばかりかける癖になりがちなので、かけていない側の目を弱くしてしまう恐れがある。
  • 両眼鏡のほうが長時間、楽に見ることができる。
  • 両眼鏡は鼻を挟みこむようにすることで両手を自由にできる。
  • 片眼鏡は眼の周りの肉をすぼめるようにしなければ両手を自由にできない。これは非常に見苦しく、紳士や、まして淑女には真似してほしくない仕草である。
  • 両眼鏡のほうが見た目の均整が取れており、また、両のレンズを重ねて折りたたむことで拡大鏡としても使用できる。
  • 女王陛下も両眼鏡をおかけであらせられる。

と説明している[8]

英語で眼鏡を表すアイグラシズ eyeglasses やグラシズ glasses は、通常の眼鏡を指す場合、日本語の感覚で一本の眼鏡であってもレンズが2枚あることから原則として複数形で使われるが、片眼鏡はレンズが1枚であるからアイグラス eyeglass やグラス glass と単数形になる[9][10]シングル・アイグラス single eye-glass[11][12] またはシングル・グラス single glass[13] と頭にシングルを付けることもあった。

先に述べたように片眼鏡は、その流行期においても、視力矯正器具としてより流行品として使用者から好まれた[14]が、現代でも機能性のある道具というより近代ヨーロッパを象徴するレトロ文化の一種と見なされることが多い。軽量だが掛け心地の調整の余地が少なく、たとえ片目だけの視力矯正が目的であっても、コンタクトレンズの使用や、片方のレンズに度が入っていない眼鏡を掛ける方が現実的である。とはいえヨーロッパでは一般的な眼鏡店でも鼻眼鏡とともに売られているのを見ることができる。

歴史[編集]

19世紀ヨーロッパ上流階級で流行し、日本でも明治の頃やや流行した。基本的に片眼鏡を使用するのは男性で、女性がかけることは稀であった。

基本的には貴族階級がかけるものであったが、イギリス等では主人の富を象徴させるため、執事に片眼鏡をかけさせることも流行した。

フィクションにおける片眼鏡[編集]

アルセーヌ・ルパンの挿絵

元が上流階級における流行なので、ある程度地位のある男性に使われることが多い。特に、紳士のシンボルとしてシルクハットコート、片眼鏡は定番ともいえる。また、『銀河英雄伝説』に僅かであるが登場した、銀河帝国軍のエーレンベルク元帥のような、老練の軍人・官僚や『ファイブスター物語』に登場するモラード・カーバイトのような学者や医師が使用している例もある。

ピエールラフィット社から1907年に刊行された『怪盗紳士ルパン』にて、本文には片眼鏡を愛用している描写がないものの、表紙絵のアルセーヌ・ルパンに片眼鏡がかけられたことにより、怪盗のイメージとしても定着している(右下側の画像)。『名たんていカゲマン』の怪人19面相、『まじっく快斗』の怪盗キッドなどがその例である。

手塚治虫スターシステムにおける最古参の一人である花丸博士も、多くの役で片眼鏡をかけた。

片眼鏡の著名人[編集]

片眼鏡の人物が珍しくなかった時代もあるため、片眼鏡が当時これらの人物の個性と捉えられていたとは限らない。片眼鏡の流行期の著名人であれば、片眼鏡をかけていることはその人物の個性としてよりもその人物の生きていた時代の風俗として捉えるべきである。片眼鏡の流行期から大きく外れて片眼鏡をかけていた著名人としては、イギリスの天文愛好家でテレビの天文番組の司会を務めたサー・パトリック・ムーア英語版が挙げられる。

歴史上の人物[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 下記リチャード・コーソン『メガネの文化史』の邦訳にも見られる用語である
  2. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. pp. 143 
  3. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房 
  4. ^ みるも. “/ 不同視のお客様への累進レンズのお薦め”. 2018年7月28日閲覧。
  5. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. pp. 136 
  6. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. pp. 141-142 
  7. ^ Kitchiner, William (1824). The economy of the eyes : precepts for the improvement and preservation of the sight : plain rules which will enable all to judge exactly when, and what spectacles are best calculated for their eyes : observations on opera glasses and theatres, and an account of the pancratic magnifier, for double stars, and day telescopes. Boston : Wells and Lilly. p. 15. https://archive.org/details/economyofeyespre00kitc/page/14   
  8. ^ Hudson, J. T. (John Thomas) (1833). Spectaclaenia; or the sight restored, assisted, and preserved by the use of spectacles, with suggestions to spectacle wearers and others. The author; Simpkin & Marsha. p. 26-27. https://archive.org/details/b30376907 
  9. ^ Oxford English Dictionary. “eyeglass”. 2018年10月13日閲覧。
  10. ^ Oxford English Dictionary. “glass”. 2018年10月13日閲覧。
  11. ^ Hudson, J. T. (John Thomas) (1833). Spectaclaenia; or the sight restored, assisted, and preserved by the use of spectacles, with suggestions to spectacle wearers and others. The author; Simpkin & Marsha. p. 26-27. https://archive.org/details/b30376907 
  12. ^ Kitchiner, William (1824). The economy of the eyes : precepts for the improvement and preservation of the sight : plain rules which will enable all to judge exactly when, and what spectacles are best calculated for their eyes : observations on opera glasses and theatres, and an account of the pancratic magnifier, for double stars, and day telescopes. Boston : Wells and Lilly. p. 15. https://archive.org/details/economyofeyespre00kitc/page/14 
  13. ^ Kitchiner, William (1824). The economy of the eyes : precepts for the improvement and preservation of the sight : plain rules which will enable all to judge exactly when, and what spectacles are best calculated for their eyes : observations on opera glasses and theatres, and an account of the pancratic magnifier, for double stars, and day telescopes. Boston : Wells and Lilly. p. 14. https://archive.org/details/economyofeyespre00kitc/page/14   
  14. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. pp. 136 

関連項目[編集]