助野嘉昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

助野 嘉昭(すけの よしあき、1981年7月23日[1] - )は、日本の男性漫画家和歌山県出身、大阪府在住[2]血液型B型[3]

人物[編集]

和歌山県私立開智中学校・高等学校卒。

京都精華大学芸術学部マンガ学科ストーリーマンガコース卒[4]。同期生には同業者の阿部洋一などがいた[4]

2006年、『帰って下さい。』で第71回(平成18年度上半期)手塚賞入選。

2008年には、『ジャンプスクエア』(集英社)にて『ハイド博士の実験ノート』を発表、そのわずか2か月後に同誌にて『貧乏神が!』を連載開始。また、連載開始から7か月連続でカラーページを受け持ったという異例づくしの漫画家である。

2010年6月には『貧乏神が!』がVOMIC化。声優を決める際、2日間で全話を観たほどのファンである『交響詩篇エウレカセブン』の三瓶由布子名塚佳織を希望したところ、実際に起用されることが決定した。

2012年1月、平成23年度和歌山県文化表彰を受賞[5]

作品リスト[編集]

イラスト[編集]

出演[編集]

アニメ[編集]

  • 貧乏神が! 患者役(第1話)、ドライバー役(最終回)

師匠[編集]

単行本一覧[編集]

  • 貧乏神が! - 全16巻(2013年9月4日)
  • 双星の陰陽師 - 既刊18巻(2019年3月現在)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ジャンプスクエア』2008年5月号、作者紹介より。
  2. ^ 『貧乏神が!』第7巻より。
  3. ^ 『ジャンプスクエア』2008年5月号、作者紹介より。
  4. ^ a b 田中圭一×『双星の陰陽師』助野嘉昭先生インタビューより。
  5. ^ わかやま県政ニュース及び県民の友2月号より。
  6. ^ 『ジャンプスクエア』2009年4月号、「マンガ家直撃インタビュー! モノガタリ」より。

外部リンク[編集]