亜沙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
亜沙
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 昭和音楽大学作曲学科中退
ジャンル ロック (音楽)
ポップ・ロック
職業 ベーシスト
シンガーソングライター
担当楽器 ベース
ボーカル
レーベル ポニーキャニオン
(2013年 - )
事務所 EXIT TUNES
共同作業者 和楽器バンド
公式サイト http://bassasa.com/

亜沙(アサ、1987年12月18日 -[1] )は、日本ミュージシャンVOCALOIDを使用した楽曲動画投稿者(P)の一人で、和楽器バンドベーシスト作詞家作曲家

経歴(和楽器バンド)[編集]

  • 2013年 鈴華ゆう子with和楽器バンドを結成。
  • 2014年 メジャーデビューアルバム『ボカロ三昧』をリリース。
  • 2015年 テレビ朝日『ミュージックステーション 』出演。
  • 2015年 セカンドアルバム『八奏絵巻』をリリース。オリコンウィークリーチャート首位を獲得する。
  • 2016年 初の日本武道館単独公演を行う。
  • 2017年 初の東京体育館単独公演を2days行う。
  • 2018年 初の横浜アリーナ単独公演を行う。
  • 2019年 初のさいたまスーパーアリーナ単独公演を2days行う。

和楽器バンドでは自身が作曲した「吉原ラメント」のサイドボーカルを担当している。

その他和楽器バンドの曲を多数書いている。

経歴(ソロ)[編集]

  • 2012年 UTAU曲、重音テト『吉原ラメント』を投稿。同楽曲は小林幸子がカバーするほか、楽曲を原作にノベライズ(アルファポリス)やドラマCD化(CV.小野友樹)も果たした。
  • 2013年 1stアルバム『吉原ラメント〜唄い手盤〜』をリリース。
  • 2014年 2ndアルバム『吉原ラメント~UTAU盤~』をリリース。
  • 2015年 「EXIT TUNES ACADEMY 日本武道館 2015」に出演。
  • 2016年 3rdアルバム『明正フィロソフィア』をリリース。本人歌唱による初のフルアルバム。[2]
  • 2017年
    • 4thアルバム『麗人オートマタ』をリリース。
    • 個人のアクセサリーブランド『Automata Crown』を開設[3]
  • 2018年 ベストアルバム『1987』をリリース。

人物[編集]

  • 髪が長く、名前やルックスで女性と思われがちだが男性である。
  • 一人称は俺、僕、亜沙さん。
  • ソロ活動では、ベースだけでなくボーカルもこなしている。
  • 和楽器バンドのメンバーに眠っている姿をよく撮影されており、ファンの間では「寝ることが好き」というイメージが定着している。[4]
  • 見た目に反し、声が非常に低い。喋っている声が低すぎて若干聞きづらさを感じることもある。自作の「吉原ラメント」を歌う際のキーは-6。
  • 身長は173㎝前後である。女性的なルックスではあるが、鈴華ゆう子・蜷川べにと並ぶとかなりの差が生まれる。

ベーシストとして[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2013年10月26日 吉原ラメント〜唄い手盤〜 QWCE-00304 15曲入
2nd 2014年02月04日 吉原ラメント〜UTAU盤〜 QWCE-00303 14曲入
3rd 2016年01月06日 明正フィロソフィア QWCE-00551 13曲入
4th 2017年02月15日 麗人オートマタ QWCE-00625 11曲入
ベスト 2018年09月19日 1987 QWCE-00695 23曲入

楽曲提供[編集]

  • 浦島坂田船 (センラ)
    色恋(作詞・作曲・編曲)
  • ツインレッド(CV:上坂すみれ)
    レッドブレイバー(作詞・作曲・編曲)テレビアニメ『俺、ツインテールになります。』キャラクターソング
  • 櫟井唯(CV:津田美波)
    friends(作詞・作曲・編曲)テレビアニメ『ゆゆ式』キャラクターソング
  • Daisy×Daisy
    水面(作詞・作曲・編曲)
    きっと宇宙の片隅で(作詞・作曲・編曲)

ソロ活動 (亜沙バンド)メンバー[編集]

ライブはサポートメンバーを加えたバンド編成で行われ、ライブの都度メンバーが変化する。

ギター[編集]

  • 広末慧
    全ライブに参加。ライブでは主にリードギターを担当。
    ソロ活動において、ほとんどの楽曲のギターレコーディングも担当している。
  • 坂本光久
  • 町屋(和楽器バンド)
  • KO-TA(SWANKY DANK
  • ポンデ王子

ドラム[編集]

  • 山葵(和楽器バンド)
    『明正フィロソフィア』収録『明正フィロソフィー』『吉原ラメント』のレコーディングも担当。
  • 優一 (ex.shulla)
  • 山田祐大 (ex.Runners-Hi)

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2014年 - 亜沙Solo Live 乙炎上
  • 2014年 - 亜沙バースデー企画 花魁道中膝栗毛
  • 2015年 - 亜沙バースデーライブ 明正革命〜維新の宴〜
  • 2016年
    • 明正フィロソフィア リリースパーティー
    • 明鏡止水
  • 2017年
    • 麗人オートマタ リリース記念
    • 愁久哀歌  
    • 亜沙バースデーライブ 明正モダニズム
  • 2018年 - 東名阪ツアー 鏡花水月
  • 2019年 - 東名阪+福岡ツアー ~あなたの乗る電車を待っていた~

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]