俺、ツインテールになります。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
俺、ツインテールになります。
ジャンル 変身ヒロインギャグ
ラブコメディアクション
小説
著者 水沢夢
イラスト 春日歩
出版社 小学館
レーベル ガガガ文庫
刊行期間 2012年6月19日 -
巻数 既刊16巻(2018年10月現在)
漫画:俺、ツインテールになります。π
原作・原案など 水沢夢(原作)
春日歩(キャラクター原案)
作画 柚木涼太
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 月刊ビッグガンガン
発表号 2014年Vol.9 - 2015年Vol.07
巻数 全2巻
アニメ
原作 水沢夢
監督 神戸洋行
シリーズ構成 荒川稔久
脚本 荒川稔久、和智正喜
キャラクターデザイン 森田和明
音楽 高梨康治
アニメーション制作 プロダクションアイムズ
製作 製作委員会はツインテール
になります。、TBS
放送局 TBS他
放送期間 2014年10月 - 12月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

俺、ツインテールになります。』(おれ ツインテールになります)は、水沢夢による日本ライトノベルイラスト春日歩が担当している。2012年6月から、ガガガ文庫小学館)より刊行されている。通称『俺ツイ[1]

概要[編集]

本作品は、少女向けの髪型「ツインテール」をこよなく愛する高校1年生男子・観束総二が、ツインテールの幼女戦士「テイルレッド」に変身して、地球の平和を守るために戦う物語である。2012年3月[2]、「第6回小学館ライトノベル大賞」審査員特別賞を受賞し[3]、同年6月、文庫本として刊行された。授賞時の作品名は『それは、ついんてーるの異世界』であったが[3]、刊行時に現在のタイトルに改められた。水沢夢のデビュー作である[4]

「第6回小学館ライトノベル大賞」においてゲスト審査員を務めた漫画家・畑健二郎は、「読み終わった瞬間の感想は『もうこのまま出版するといいよ。もしくは来週からアニメ化とかするといいよ』という感じ。笑いました。小説を読みながら声を出して笑ったのは久しぶり」と述べ、本作品を激賞した[注釈 1][3]。また、アイディアのはじけ方に比して目立たないが、文章や構成が非常にうまいと評し、その一例として、「こういうハイテンションでおバカなお話」は読者を飽きさせずに最後までテンションを維持していくのが非常に難しいものだが、この作品は、緩急の付け方が巧妙なため、それに成功している点を挙げている[3]。そして、「軽快な文章と勢い、笑いのセンスが個人的にもかなりツボだった」と述べ、作品を審査員特別賞に推薦した[3]。また、一般の読者の反応も好意的だったが[4]、しっかりとしたストーリーと戦闘もある熱い展開ながらも、ツインテールだらけの内容や敵キャラを含む登場人物たちの変態性から「バカ小説」「変態小説」と評されている[4]。そうした評価に対して、ガガガ文庫編集部は「最高の褒め言葉として受け止めている」と応じている[4]

2015年2月には「日本ツインテール協会」が定める「ツインテールアワード2015」の特別賞を授与されている[6]

あらすじ[編集]

1巻・2巻
ツインテールをこよなく愛する少年・観束総二は、幼馴染の津辺愛香と共に高校の入学式の日を迎えていた。その帰り道、彼は異世界からやって来た美少女・トゥアールから奇妙なブレスレットを押し付けられる。ツインテールの危機と聞かされ、わけも分からずブレスレットを受け取った総二。その直後、各種のフェティシズムから生まれる精神エネルギー属性力を糧とする異世界の(残念な)怪物・エレメリアンが来襲。最高の属性力とされるツインテールを無差別に収集し始めた。襲われた者はツインテールを失い倒れてしまう。そして、美しいツインテールを持つ生徒会長・神堂慧理那も襲われそうになった時、総二はブレスレットの力で空想装甲(テイルギア)を装着。ツインテールの幼女戦士・テイルレッドとなってエレメリアンを撃退する。一方で事態を重く見たエレメリアンの侵略軍団・アルティメギルは地球侵攻を本格化、さらなる属性力と残念さを持った刺客を次々に送り込んできた。
愛香が変身する(過剰防衛気味の)戦士・テイルブルー、慧理那が変身する(露出狂かつマゾの気を持った)戦士・テイルイエローを仲間に加えた総二は、日に日にアイドル視されていくテイルレッドと敵味方双方の残念さに頭を抱えつつ、愛するツインテールを守るため敵に立ち向かうこととなる。
3巻・4巻
ツインテイルズはアルティメギル首領直属の処刑人・ダークグラスパーと遭遇する。レッドはダークグラスパーを打ち破り丸裸にするが、彼女は去り際にレッドにキスして帰る。そこで女性への愛とツインテールへの愛を混同してしまった総二は男性の姿に戻れなくなり、ソーラ・ミートゥカとして暮らすことになる。しかし、女性への愛とツインテールへの愛は異なることを知り、自らの力を強化して戻って来れた。
5巻
総二は夢を通して異世界の少女リルナロエルに出会う。2人の世界で合宿をすることになったツインテイルズはそこで皆がポニーテールであることに気づく。そこはエレメリアンの侵攻によりツインテールが禁止され、ポニーテールが強制された世界だった。そんな世界で2人は合体してロロリーとして戦っているのだった。そこで彼らは貴の三葉と戦うことになる。しかしポニーテール属性をこの世界に広めたのはリルナとロエルだった。さらにツインテイルズはポニーテール属性を極限まで高め、人間化したフェニックスギルディと相対する。
6巻
ダークグラスパーであるイースナは組織から反逆者の烙印を押され、相棒のメガ・ネプチューン=Mk.IIも破壊されアルティメギルを追放される。そしてイースナとメガ・ネはテイルブラックテイルシルバー[注釈 2]としてツインテイルズに加わることになる。
7巻
慧理那は自らがパワーアップできないことに悩み、自らの殻に閉じ籠ってしまう。その結果イエローはシャドウイエローとして暴走してしまう。しかしイエローは自らのマゾヒスト性に目覚め、アブソリュート・チェインを会得する。
8巻
愛香は総二が愛しているのが愛香自身なのか、愛香のツインテールなのか分からず悩んでいた。愛香を思って決してツインテールにしなかった姉の恋香は愛香が総二に想いを伝えたと思い、ツインテールにする。そしてツインテールに自信をなくした愛香は、慧理奈のメイドの桜川尊にテイルブレスを預ける。無防備な愛香に死の二菱のトリケラトップギルディが襲いかかり、愛香は暴走したトリケラトップギルディの力により10年前に飛ばされてしまう。しかし5歳の総二や自分に会ったことでツインテールに自信を取り戻し、エターナルチェインを会得してトリケラトップギルディを倒す。
9巻
ツインテイルズは連戦から来る疲労と無理な強化による弊害に苦しみ始める。そんな中、死の二菱の隊長・ティラノギルディが総二らの世界にやってくるが、ティラノギルディは属性力を奪うのではなくツインテイルズ同士でのキスを実現させるためツインテイルズと接触するが、テイルレッドが男だと知ったティラノギルディは絶望する。その後総二は結翼唯乃とデートすることになり、唯乃は最後に、総二が究極的に強くなった場合「究極のツインテール」となって全ての世界を滅ぼしてしまうと告げる。その結果総二はフェニックスギルディと戦うことになる。
10巻
フェニックスギルディに敗れ、隙をつかれティラノギルディに属性力を奪われた総二はツインテールを愛することができず空ろな日々を送る。一方他のツインテイルズのメンバーは戦えなくなった総二の代わりに力を尽くすが、力の差は歴然としていた。そんな中ティラノギルディはついにこの世界への総攻撃を始める。様々な場所で同時多発的に起こる攻撃に総二を欠いたツインテイルズは劣勢を強いられる。一方総二はデック・ニールソンと出会って自らのツインテールへの愛が力とは関係ないことに気づき、属性力を取り戻したことで最終形態を手に入れティラノギルディを倒す。
11巻
死の二菱を撃破したツインテイルズの前に、 神の一剣の交渉人を名乗るグリフォギルディが現れ、「ツインテイルズのアルティメギルへの参入を条件に、この世界への侵攻を止める」ことを伝える。神の一剣の恐ろしさを知っているテイルブラックは、自らを差し出すことで神の一剣の侵攻を阻止しようとしたが、ブラックを止めるためにテイルイエローが立ち塞がった。
12巻
神の一剣の戦士も着々と撃破するツインテイルズには、僅かな油断が生じていた。そんな中、ドラグギルディの混成部隊の残存兵であるカメレオギルディが現れる。 マーメイドギルディの手で強化されたカメレオギルディの能力で、ツインテイルズは色と性格をシャッフルされてしまった。その混乱のさなか、神の一剣の恐怖を体現する存在であり、ツインテールの天敵といえる属性を持った戦士がついに出撃する。

登場人物[編集]

「声」はテレビアニメ版の担当声優。「声」の下はキャラクター名鑑、テレビアニメ版の公式サイトの「キャラクター」及び「エレメリアン図鑑」に掲載されているプロフィール。

ツインテイルズ[編集]

観束 総二(みつか そうじ) / テイルレッド
声 - 島﨑信長上坂すみれ(女体化時)
性別 - 男 / 年齢 - 15歳 / 誕生日 - 2月2日 / 身長 - 164cm / 体重 - 52kg
本作の主人公。私立陽月学園高等部の1年生[7]。ツインテールを愛してやまない男子高校生。世界最強のツインテール属性(=愛情)を持っており、その愛は入りたい部活動の質問用紙に無意識に「ツインテール部」と書いてしまうほど。
基本的には優しい性格で、正義感あふれるヒーロー気質だが、ツインテールに対して極大の愛を持つが故に、それに纏わる事柄には世間とズレた感性を持っている。その影響で、性欲の大半がツインテールへの執着に転換されており、恋愛ごとには非常に淡白である。しかし、それ以外は常識的な思考の持ち主であり、日々行き過ぎた暴力の絶えない愛香、変態的な言動の多いトゥアール、中二病丸出しの未春に対してはツッコミ要員となって奮闘している。
愛香とは幼馴染であり、家族ぐるみの付き合い。そのため、愛香を家族のように思っており、「気兼ねなく話し合える友人」「親友」として信頼している。
テイルレッド
身長 - 129cm / 体重 - 26kg / スリーサイズ - B61・W48・H64 / 武器 - 炎の剣ブレイザーブレイド / 必殺技 - グランドブレイザー
総二がトゥアールから託されたテイルギアを装着し、変身した姿。変身すると完全に女体化するが、姿が幼女なのはトゥアールの趣味である。アルティメギルからは「究極のツインテール」とみなされており、自身も「見事なツインテール」と評している。公衆で活躍する彼女の人気は瞬く間に世界レベルになり、ヒーローというよりアイドルのような扱いをされている。
ソーラ・ミートゥカ
身長 - 146cm / 体重 - 40kg / スリーサイズ - B83・W54・H78
第4巻にて総二が女体化の解除が出来なくなった姿。トゥアールによれば総二が女性として成長した姿で、テイルレッドが大きくなった姿をしている。身長は慧理那と同程度だが胸囲はDカップと大きく、愛香の嫉妬の対象となっている。また、感度がいい。男女問わず人気があり、ファンクラブもできるほど。この姿の際、総二はツインテルエンザ治療のため、海外に行ったことにされていた。テレビアニメ版では慧理那がそう提言し、この偽名を与えた。
この姿になった原因は、イースナにキスされて女性の愛を知ったことでツインテール愛が薄れるのではないかという恐怖心だったが、自身の内なるツインテール(声 - 池田秀一)との対話によって、その2つが別物だと気付き元の姿に戻れるようになった。その結果、攻撃とスピードにそれぞれ能力バランスを振り分けた2つの新形態、ライザーチェインフォーラーチェインを手に入れた。
第9巻では、ティラノギルディにツインテール属性を奪われテイルレッドに変身出来なくなった総二の心の中に現れ、自身が彼のツインテール属性のストッパーであることを告白。彼がツインテールのために闘い続ける覚悟を認め、自身のツインテールのリボンを託して消えていった。それにより第10巻で「やはりツインテールが好きだ」という結論に辿り着き、その結果、総二は自身の属性力を自在に操れるようになり、取り戻した自らの属性力をツインテイルギアにすることが可能となった。そして元から身に付けていたトゥアールのテイルギアを合わせることで、最強形態アルティメットチェインへの変身が可能となった。なお、ソーラ自体は総二から発生したものではなく、外的な要因により総二に宿っていたものらしい。
津辺 愛香(つべ あいか) / テイルブルー
声 - 相坂優歌
性別 - 女 / 年齢 - 15歳 / 誕生日 - 8月8日 / 身長 - 157cm / 体重 - 42kg / スリーサイズ - B72・W56・H80
本作のヒロインの1人で、総二の幼馴染。私立陽月学園高等部の1年生。腰まで伸ばした左右均等の青色ツインテールが特徴で、総二からは「貧乳を除けば完璧」と評されている。総二とは自宅が隣同士であり、彼の部屋とは向かい合い、空き幅も狭いために窓をまたいで行き来ができる。祖父が武術家で、幼いころから稽古をつけられて育ったこともあり、格闘戦の実力が異常に高い。
おしとやかでプロポーション抜群の姉がおり、そのことが体型へのコンプレックスに繋がっている。両親は海外出張のため、姉と2人暮らし。
同じ相手に恋心を抱いているトゥアールを煙たがり、毎晩のように総二へ夜這いをかけるトゥアールを撃退する日々を送っている。その一方で、トゥアールに対して徐々に友情のような感情を抱くようになる。同級生からの人気が高く、総二に対する恋心も女子生徒には見抜かれていて応援されている。
テイルブルー
武器 - 水の槍ウェイブランス / 必殺技 - エグゼキュートウェイブ
愛香がトゥアールから奪ったテイルギアで変身した姿。家族や友人想いだが、敵に対しては恐ろしい勢いで牙を剥き、アルティメギルからは「二足歩行するケモノ」「鬼神」として恐れられている。また、作中の報道でも評価は劣悪で、世間一般からも酷評され、猛獣やアルティメギルより凶暴な存在として認知されている。トゥアールが命名した、自身のキレた状態である「貧乳凶獣状態」(バーサーカーモード)は敵が逃げたりすると近くの巨乳(変身中のイエロー)に襲いかかる危険な状態である。
第8巻で過去に飛ばされた際には、幼い総二に出会ったことで改めて自分の気持ちに向き合えたこと、そして幼い総二からもらった胸パッドで強化形態「エターナルチェイン」を会得した。
神堂 慧理那(しんどう えりな)
声 - 赤﨑千夏
性別 - 女 / 年齢 - 16歳 / 誕生日 - 12月21日 / 身長 - 143cm / 体重 - 40kg[注釈 3] / スリーサイズ - B69・W53・H72
本作のヒロインの1人。私立陽月学園高等部の2年生。学園の生徒会長であり、生徒すべての名前を覚えている。先端にカールがかかったツインテールが特徴であり、総二からは「高貴」「麗しい」と評されている。神堂家ではツインテールが家訓となっているため、母親の命令で幼少期から強制的にツインテールにされていた。このこともあり、実はツインテールを憎んでいた。ヒーローに憧れており、学園を挙げてツインテイルズの応援をしていたが、後に自身もツインテイルズの一員となって戦う。
テイルイエロー
身長 - 163cm / 体重 - 46kg / スリーサイズ - B87・W57・H85 / 武器 - 雷の銃ヴォルテックスブラスター、合身巨大砲(ユナイトウェポン) / 必殺技 - ヴォルテックジャジメント
慧理那が託されたテイルギアで変身した姿。変身すると身長が伸び、グラマーな体型に変わる(変身後はEカップ)。自身のテイルギアは、ツインテール属性と巨乳属性を組み合わせたハイブリッドタイプであり、本来は愛香が使うはずだったが、ブルーとしての戦いを経験した彼女には使えなかったために託された。当初は、変身しても満足に戦えなかったが、トゥアールの入れ知恵でレッドに叱咤されたことで、うちに秘めていたM属性が解放され、自分の実力を発揮出来るようになった。
未春の提案により、銃を武器とする後方支援型になるはずだったが、ヒーロー趣味により前線へ突撃する上に、攻撃をするたびに武装を脱いでいくため、仲間からは悩みの種となっている。しかし、攻撃の糸口を見つけることもあるため、完全に趣味が役に立っていないわけではない。また、脱衣などのせいで世間一般では変態扱いされている。全身の武装を一気に発射する「完全脱衣形態」(フルブラストモード)では、ツインテールをアンカーロックにして支えている。
シャドウイエロー
第7巻にて、フェニックスギルディの一言をきっかけに信念を揺るがされ、自分の殻に閉じ籠り発動させた暴走形態。普段のイエローを反転させたようなサディスティックな言動(ブラックによると『テイルエロ』)と、高らかなお嬢さま笑いが特徴。鬱屈のままにレッドに襲いかかるが、ブラックの助力で自分の心象世界に突入した総二の説得を受け変身が解除され、結果として強化形態「アブソリュートチェイン」を会得した。
トゥアール / 観束 トゥアール(みつか トゥアール) / 仮面ツインテール / テイルホワイト
声 - 内田真礼[注釈 4]
性別 - 女 / 年齢・誕生日 - 非公開 / 身長 - 161cm / 体重 - 50kg[注釈 5] / スリーサイズ - B90、W57、H85
異世界からやって来た美少女。白髪のロングヘアが特徴で、常に特製の白衣を身に着けている。故郷がアルティメギルに侵略され、仇を討つためにかつて自身が持っていたツインテール属性をコアにしたテイルギアを作り、総二達に託した。そのため、自身はツインテールを結ぶことができない。
非常にテンションが高く悪ノリしやすい性格のため、愛香との相性は悪いが、彼女のことを気遣ったりするなど徐々に友情のような関係が芽生えてきている。一目ぼれした総二に時折熱烈なアタックを仕掛けるが、悉く愛香の鉄拳制裁を食らっている。幼女好きであり痴女だが、普通の恋愛感情を抱かせる場面になると途端に純情になる一面もある。
第2巻にて陽月学園に編入しており、学園では「観束 トゥアール」と名乗り、総二の親戚の外国人として振舞っている。アルティメギルの前ではフルフェイスマスクを着け「仮面ツインテール」と名乗ることもあるが、直接戦うことはなく、後方支援を担当している。
テイルホワイト
第16巻にてトゥアールがテイルブレスレボリューションを得て復活した姿。
イースナ / テイルブラック / ダークグラスパー / 善沙闇子(いいすな あんこ)
声 - 日笠陽子
性別 - 女 / 年齢 - 12歳 / 誕生日 - 非公開 / 身長 - 150cm / 体重 - 43kg / スリーサイズ - B71・W53・H74
武器 - 闇の鎌(ダークネスグレイブ)、ダークネスグレイブメビウス、メビウスストライカー、メビウスクラッシャー、そのほか多数の全身武装 / 必殺技 - カオシックインフィニット、ダークネスバニッシャー、セラフィックインフィニット、インフィニットバニッシャー
トゥアールと同郷の異世界出身の少女。黒髪と眼鏡が特徴。トゥアールに対して、ストーカーになるほど重度のファンであり、敬愛している彼女に近づくため、「眼鏡属性」(グラス)で駆動する強化服「グラスギア」を開発し、自ら着装する。
アルティメギルにより故郷の属性力が奪いつくされ、またトゥアールも姿を消したあと、自分なりのやり方で世界を守るため、みずからアルティメギルの一員「ダークグラスパー」となっていた。その後は首領直属の処刑人という地位にまで上り詰めるが、ツインテイルズとの邂逅やトゥアールとの再会、首領の無慈悲な仕打ちなどを経てアルティメギルから離反し、「テイルブラック」としてメガ・ネ共々ツインテイルズに協力することになる。世間での評価はレッド以外のメンバー同様に悪い。地球ではアイドル・善沙闇子としても活動している。

ツインテイルズの関係者[編集]

メガ・ネプチューン=Mk.II / メガ・ネ / テイルシルバー
声 - 田村ゆかり
身長 - 199cm / 体重 - 481kg / 属性 - 眼鏡属性(グラス)
イースナの相棒であるロボット。Mk.IIとあるが一号機。屈強なフォルムで、V字型の頭部には眼鏡を思わせるディティールとツインテール、背には小さな片翼を持つ。人型のほか、ジェット形態・戦闘機形態(メガネウィンガー)、バイク形態・爆走機形態(メガネストライカー)と三種の形態に変形できる。思考などの性別は女性。キャラクター作りをしたような関西弁が特徴で、何かとイースナの世話を焼くことが多い。
第6巻にて、首領に粛清を受け頭部を残して破壊されるが、イースナの呼びかけに応えて復活し、彼女の強化装甲として合体し、文字通り一心同体の活躍をみせた。その後もツインテイルズを支援する存在として登場し、世間からは初めのレッドの正統派な仲間として、ブラックと違い高い人気を獲得した。
メガネドン
性別 - いちおう雌 / 身長 - 205cm / 体重 - 489kg
メガ・ネが扮する、サメマスコットキャラクター。イースナが闇子として活動する際に共に活動することがあるが、その人気・知名度は闇子を凌ぎつつある。
観束 未春(みつか みはる)
声 - 五十嵐裕美
性別 - 女 / 年齢 - 36歳 / 誕生日 - 10月2日 / 身長 - 161cm / 体重 - 49kg
総二の母。アドレシェンツァを経営しているが、気分次第で店を閉めて外出することも多い。重度の中二病であり、「とうとうこの時がきたのね」などの独り言を幼少期から呟き続けている。夫とは死別しているが、その夫もかなりの中二病だった。
総二たちの活躍を知っており、トゥアールの造った秘密基地の内部も誰よりも熟知している。自作の特撮・悪の女幹部的ボンデージコスプレを着用し、トゥアールからは「未春将軍」と呼ばれる。彼女の助言はツインテイルズの成長のカギとなることも多い。
桜川 尊(さくらがわ みこと)
声 - M・A・O
性別 - 女 / 年齢 - 28歳 / 誕生日 - 9月15日 / 身長 - 162cm / 体重 - 51kg / スリーサイズ - B84・W56・H82
慧理那の専属メイド兼護衛。メイド長なだけあって、身体能力は高い。護衛として陽月学園に潜入していたが、慧理那が気を遣ったため、非常勤の体育教師(テレビアニメ版では総二・愛香のクラスの副担任)として学園に赴任する。未春と同じくツインテイルズの正体を知る人物であり、彼女らの手助けをしている。
婚期を逃して結婚を焦るあまり、男性に手あたり次第に婚姻届を配布しており、それは生徒達も例外ではない。また、寂しがり屋。総二に執心している節があるが、その理由は「押しに弱そうなので」と明言している。
第8巻では、愛香の不調により一時的にブルーの代役となった。
神堂 慧夢(しんどう えむ)
声 - 井上喜久子
性別 - 女 / 年齢 - 35歳 / 誕生日 - 7月6日 / 身長 - 159cm / 体重 - 50kg
慧理那の母で、私立陽月学園の理事長。一見クールな物腰に見えるが、陽月学園在学時の出会いにて、内なるドMを開花させている。家の掟にしたがって18歳で結婚したが、夫もドMであったため、仕方なく交互にドSを演じることで円満な夫婦生活を送ることになる。
未春は高校時代の先輩であったのと同時に主従関係を結んでおり、ドM心を満たせた幸せな高校生活を送っていた。その後、第7巻にて未春と再会、また慧理那がイエローであることを知り、親娘の関係はより円満になった。
津辺 恋香(つべ れんか)
性別 - 女 / 年齢 - 19歳 / 誕生日 - 4月1日 / 身長 - 159cm / 体重 - 49kg / スリーサイズ - B88、W57、H84
愛香の姉で、私立陽月学園大学部の2年生。優しく家庭的で、スタイル抜群。黒いストレートロングの美しい髪だが、妹の気持ちに配慮して、ツインテールにはしていない。総二が絡むと意味ありげな言動をみせることがあるが、総二と愛香には気づかれていない。また、シスコンの気がある。喫茶店アドレシェンツァの常連客でもある。
ロエル
総二たちとは違う世界を統治している、王家の双子姫の姉。世界よりツインテールを守ろうとする総二と異なり、国民第一で自ら正体を明かし戦うことで、国が活気になると信じている。
妹と反対に純真無垢な子供だが、強かな面も併せ持ち、男性の総二に興味津々で彼を「おにいちゃん」と慕う。彼女の腹黒さは、トゥアールと愛香には看破された。
その後、リルナとともに総二の夢の中に侵入する方法を身に付けた。
リルナ
ロエルの妹で、国民から愛されている。姉への溺愛ぶりなら、トゥアールたちに勝るとも劣らない変態。覗き・忍び込みは当たり前。姉に対するセクハラは日に日にエスカレートしていく。また、総二に対してもツンデレな恋心を抱いているが、姉のロエルほど性に露骨ではない。
ロロリー
誕生日・年齢 - 非公開 / 身長 - 137cm / 体重 - 31kg / スリーサイズ - B64・W50・H69
「ツイン・コネクト」によって、ロエルとリルナが合体した姿。テイルギアとは技術体系が異なるため、魔法少女を思わせる外見を持つ。なお、ツインテールの戦士に選ばれたのはロエルだけだが、リルナの補佐によってさらに大きな力を発揮できる。

アルティメギル[編集]

首領
第6巻から登場。全ての属性力を支配するといわれる、アルティメギルにおける絶対の存在。迷宮のような構造の多次元宇宙空間の、ベールに包まれた玉座に座している。その正体は誰も知らず、声も老若男女が合わさったようなものとなっている。メガ・ネを一撃でバラバラにするほどの強さを持つ。その発言はあまりにも痛くかつ意味不明で、幹部ですらあまり理解出来ない。

アルティメギル四頂軍[編集]

美の四心[編集]
ビートルギルディ
身長 - 295cm / 体重 - 402kg / 属性力 - 恋愛属性(ラブ)
第5巻から登場。美の四心の隊長。カブトムシのようなエレメリアン。神域の画力をもつイラストレーターで、おしとやかな恋が好き。テイルブルー対策として「テイルブルーのイラストを模写せず描き上げる」試練を課す。
テレビアニメ版では両者とも台詞は無いものの、スタッグギルディとともに1シーンのみ描写された。
ヘラクレスギルディ
身長 - 15m / 体重 - 推定3900t
ビートルギルディの最終闘体。ツインテイルズとの最終決戦時に、倒されたスタッグギルディの属性力と融合したことで誕生した。
スタッグギルディ
身長 - 284cm / 体重 - 338kg / 属性力 - 恋愛属性
第5巻から登場。美の四心の副官の1体。クワガタムシのようなエレメリアン。ビートルギルディと義兄弟の誓いを立てている。積極的な恋が好きで、人間の告白シーンを出歯亀していた。ペイントソフト開発から専用タブレット制作、さらにはフィギュア原型に至るまで、ビートルギルディの画業を陰で支える。
アラクネギルディ
声 - 速水奨
身長 - 207cm / 体重 - 236kg / 属性力 - 男の娘属性(ガールズボーイ)
第4巻に登場。美の四心の副官の1体。半人半クモのような姿で、名刀「男の娘の棒」(アマノムラクモ)の使い手。長らく自身は前線に出向かず、後進育成に努め多くの弟子に慕われていた。
スパイダギルディ
アラクネギルディの若き日の姿。奥義「男の娘の楽園」(パ=ラ=ダンシ)は、この姿の映し身を群体で使役する技である。
テレビアニメ版では初登場時はこの姿で登場し、修練後に脱皮するように変身しアラクネギルディとなっている。
パピヨンギルディ
声 - 三木眞一郎
身長 - 248cm / 体重 - 225kg / 属性力 - 属性(リップ) / 武器 - 唇奪取銅版(リップレリーフ) / 必殺技 - レリーフ乱舞
第3巻に登場。チョウのようなエレメリアン。ダークグラスパーによって連れて来られ、美の四心の先鋒として登場した。
ホッパーギルディ
属性力 - 不明
第4巻に登場。バッタのようなエレメリアン。美の四心の参謀格。
スネイルギルディ
声 - 神奈延年
属性力 - 性転換属性(トランスセクシャル)
第4巻に登場。カタツムリのようなエレメリアン。背負った殻の防御力は美の四心最強。
スラグギルディ
ナメクジのようなエレメリアン。スネイルギルディが武装脱衣したイエローに感銘を受け、自ら殻を脱いだ姿。アニメには未登場。
フリイギルディ
声 - 楠大典
属性力 - 属性(レッグ)
第4巻に登場。ノミのようなエレメリアン。甲殻で全身を覆われている。自身の属性力故に、ブルーに踏まれ悦んでしまった。
マンティスギルディ
属性力 - 不明
第4巻に登場。カマキリのようなエレメリアン。
ワームギルディ
声 - かないみか
属性力 - 男の娘属性
第4巻に登場。ミミズのようなエレメリアン。その属性から彼に恋心を抱いているエレメリアンも多い。気弱ながらもブルーを男の娘と誤解したことで命運尽きる。
シルクウォームギルディ
属性力 - 不明
テレビアニメ版オリジナルキャラクター。カイコのようなエレメリアン。同作の監督を務める神戸洋行によって名前と設定を与えられた。同作の数々のシーンにモブキャラクターとして登場しており、オープニング映像ではエレメリアンの軍勢の先頭に描写されている。
センチピードギルディ
属性力 - 不明
テレビアニメ版オリジナルキャラクター。ムカデのようなエレメリアン。スネイルギルディやワームギルディと会話していたため、組織内の地位は高い。
貴の三葉[編集]
ユグドラシルギルディ
身長 - 68cm→154m / 体重 - 42kg→30万t / 属性力 - 教師属性(ティーチャー)
第5巻に登場。貴の三葉の隊長。問題児ぞろいの貴の三葉において、部隊員から「先生」と慕われる人格者。
チェリーブロギルディ
属性力 - 属性(スロバー)
第5巻に登場。総二たちと遭遇するが、敵意を向けることはなかった。その後、ロロリーに倒される。
ラフレシアギルディ
属性力 - 匂い属性(フレグランス)
第5巻に登場。香料によらない生の匂い(彼女によると「生命」〈ライブ〉)にこだわり、上質な匂いを発するブルーと死闘をくり広げる。
マンドラゴラギルディ
属性力 - 被虐属性(マゾヒスティック)
第5巻に登場。ドMならではの攻撃吸収能力をもって、イエローの前に立ち塞がる。
カクタスギルディ
属性力 - 邪険属性(クルール)
第5巻に登場。「とりあえず拒否る」を信条としている。戦いの最中、乱入して来たフェニックスギルディに倒される。
死の二菱[編集]
ティラノギルディ
属性力 - 百合属性(ガールズラブ)
死の二菱の隊長。自らを「帝王」と呼ぶなど傲慢な素振りを見せるが、内心は小心者。しかし心の弱さを裏返せば、自らの誇りよりも勝利を優先する覚悟を持ち優れた洞察力を持つ強力な戦士となる。五大究極試練であるナニイー・テモス・ヴェイルを修めているが、それ以前に元から空気を読めないため、周りからの人望は薄い。
首領より「相手の属性力を奪うことで無限に強くなる」力を授けられている。その力でレッドから属性力を奪い、赤いツインテールを生やし念願の人望を手に入れるが、奪い返された際に「奪われる悲しみ」を知る。そしてそれを否定する葛藤の果て、ドラグギルディと同じくツインテールを生やした最終闘体へと変身する。
トリケラトップギルディ
属性力 - 幼馴染属性(チャイルドフッド)
死の二菱の「左牙の副官」(レフト・ファング)。時間移動能力を持つ。あらゆる意味で個性的なティラノギルディをなだめすかすなど見事な副官としての手腕を見せる。
オーガギルディ
身長 - 629cm / 体重 - 82t
トリケラトップギルディの最終闘体。頭部を破壊されたことで発動した。
プテラギルディ
身長 - 209cm / 体重 - 149kg / 属性力 - 属性(マザー)
第6巻に登場。死の二菱の「右牙の副官」(ライト・ファング)。高速飛行能力を有する。ダークグラスパーの処刑を首領より直々に命令され彼女を追う。赤の他人の人間の母親に無理やり甘えたり無理矢理親孝行し、結果的に荒んだ人間親子の関係を良好にするという行為を全国で繰り返した。
メガネウラギルディ
属性力 - 属性(アームピット)
死の二菱の先鋒として登場。4m以上の巨大な体躯を誇る。
アンモナギルディ
属性力 - 濡れ透け属性(クリアウェット)
携帯ゲームのキャラクターと結婚するという死亡フラグを立て、見事に散った。
トリロバギルディ
属性力 - 属性(スウェット)
アンモナギルディの兄弟子。アンモナギルディと同様に昔の漫画などにおけるお約束の塊。
コックロチギルディ
属性力 - お漏らし属性(ピーイング)
自分の属性力に劣等感を感じている故にやる気がなかった。
ブラキオギルディ
属性力 - 方言属性(ディアレクト)
訛りがきつい巨漢のエレメリアン。ネット動画にゲーム実況を投稿している。マイペースで戦闘中に勝手に帰るなどの行動をしていたが、ティラノギルディの懇願で自らの命を捨てる決死の作戦に参加する。
マンモギルディ
属性力 - 曲線属性(カーブ)
テイルレッドのツインテールを生やしたティラノギルディの髪を触る権利のために出撃したが、自らの属性の良さを伝える間もなく倒された。
ロンギスギルディ
属性力 - お転婆属性(トムボーイ)
ロンギスクアマのエレメリアン。お転婆な幼子と闘いたいという自らの願望があるが、それ以外は無力な人間は傷つけたくないといった心を持つ誇り高い戦士。
ハルキゲギルディ
属性力 - 虚ろ目属性(ホロウアイ)
ハルキゲニアのエレメリアン。ダークグラスパーの濁っていた眼を気に入っていた。ブラックのギャラリーも逃げ出す精神攻撃に倒された。
アンフィコギルディ
属性力 - 不明
アンフィコエリアスのエレメリアン。ティラノギルディに逆らい彼のために散ると決めた死の二菱達の最後の1体。最終闘体で登場し、その身長は推定60m強。
神の一剣[編集]
マーメイドギルディ
身長 - 179cm / 体重 - 227kg / 属性力 - 男子愛属性(ボーイズラブ
神の一剣の「最高科学者」。人魚のような女性エレメリアン。エレメリアン及び戦闘員を強力な副作用と引き換えに強化する装置「首領の息吹」(ゴッド・ブレス)などを開発している。穏やかな雰囲気を漂わせているが内面はマッドサイエンティストであり、他者を実験材料としか見ていない。ユグドラシルギルディとは友人であり、貴の三葉をボーイズラブ一色に染めたのも彼女である。
エンジェルギルディ
マーメイドギルディの最終闘体。
グリフォギルディ
身長 - 307cm / 体重 - 289kg / 属性力 - 属性(ヒップ)
神の一剣の「交渉人」。グリフォンのようなエレメリアン。他者を見下しており、首領から神の一剣に命じられた「テイルレッドをアルティメギルに引き入れる」という指令を自身のみで行おうとする。尻属性は、この世界において王道にして難関である属性力と言われているが、その行動は他のエレメリアン以上に変態的である。
ヒドラギルディ
属性力 - 運動着属性(ジャージ)
マーメイドギルディが9体のエレメリアンを合体させて作った人造エレメリアン。基本属性力は上記の通りだが、他のエレメリアンの属性も混ぜられているため、嗜好が乱れることがあり、言語もたどたどしい。
ワイバギルディ
属性力 - 非穿属性(ノーパンツ)
ワイバーンのようなエレメリアン。ノーパンを愛し、その哲学は常人には理解できないレベルに到達しているが、実際にノーパンを見たことはなかった。
ヴァルキリアギルディ
身長 - 218cm / 体重 - 255kg / 属性力 - 無毛属性(アトリキア)
戦女神の姿を彷彿とさせる女性のエレメリアン。ハゲを愛する禁忌の属性を持つが故、自らの存在意義に苦悩していたが、首領より「アルティメギルに牙剥くツインテールを刈る」という使命を与えられ、以降首領を崇拝しその意向の元行動する。その強さは幹部をも上回り、更に神の一剣の恐怖を体現する恐るべき能力を有している。
12巻終盤にてフェニックスギルディの完全再生能力と自身の能力を合わせ、ツインテイルズがこれまで倒してきたエレメリアンを「無毛で勇ましき者」(エインヘリアル)として復活させる「死して尚変態」(ヴァルハラ)を完成させた。
13巻では首領へ恋心を抱いていることが判明した。無毛で勇ましき者がツインテイルズを倒せないのに業を煮やし総出撃し、ブルーと一騎打ちをするも敗北する。
ガイアギルディ
ヴァルキリアギルディの最終闘体。彼女の敗北後、マーメイドギルディの策略により生み出された。心なき漆黒の戦士「ホロウエレメリアン」を生み出す。

幹部[編集]

ドラグギルディ
声 - 稲田徹
身長 - 282cm / 体重 - 322kg / 属性力 - ツインテール属性 / 武器 - 乱れ刃の大剣 / 必殺技 - ツインテールの竜翼陣
第1巻に登場。総二達の世界を最初に侵略しに来た「ドラグギルディ部隊」の隊長。知勇兼備で、他のエレメリアンを圧倒する戦闘力を備える。また、五大究極試練の1つ、スケテイル・アマ・ゾーンを修めている。
レッドとは敵対しながらも、ツインテールをこよなく愛する者同士であるため意気投合し、互いに敵同士として出会ったことを惜しんでいた。倒された後もフェニックスギルディや他の幹部から強者として扱われている。
第12巻ではヴァルキリアギルディの力で復活し、倒された四軍の隊長達と話し合った結果、ネオアルティメギルを結成する。
ゴッドドラグギルディ
ドラグギルディの最終闘体。
タイガギルディ
声 - 松田健一郎
属性力 - 学校水着属性(スクールスイム)
第1、2巻に登場。トラのようなエレメリアン。ドラグギルディ部隊へ援軍として駆けつけた「タイガギルディ部隊」の隊長。テイルブルーに暴言を吐いたことで、無言のままにとどめを刺される。
スパロウギルディ
声 - チョー
身長 - 225cm / 体重 - 274kg / 属性力 - 軍服属性 / 武器 - たすきの軍鞭 / 必殺技 - アーミーアーミー
第2巻から登場。スズメのようなエレメリアン。ドラグギルディの側近を長く務めていたため、彼の死後、ドラグギルディ部隊の全権を引き継ぐ。しかし、増援で部隊を率いてきたタイガギルディがすぐにやられたためタイガギルディ部隊も指揮することになるが、戦闘力に自信を持っておらず、ツインテイルズに勝機を見出せずに苦慮している。更にその後派遣されてきた戦士や尊敬できる幹部達が次々と討たれるのを見て苦悩している。
リヴァイアギルディ
声 - 大川透
身長 - 276cm / 体重 - 307kg / 属性力 - 巨乳属性(ラージバスト) / 武器 - 股間の触手(やり) / 必殺技 - 神速の股間触手刺突
第2巻に登場。ドラグギルディの死後、援軍として駆けつけた「リヴァイアギルディ部隊」の隊長。周囲には冷酷な態度で振る舞い時には死んだ同僚も冒涜するが、内心では悲しんでいる等実際は優しい性格である。貧乳属性のクラーケギルディとは折り合いが悪いが、最期はブルーに攻撃されそうになった彼を庇い倒された。
クラーケギルディ
声 - 小杉十郎太
身長 - 292cm[注釈 6] / 体重 - 285kg / 属性力 - 貧乳属性(スモールバスト) / 武器 - 貧乳の剣 / 必殺技 - 求婚の触手全展開
第2巻に登場。リヴァイアギルディ部隊と同時に派遣された「クラーケギルディ部隊」の隊長。巨乳属性のリヴァイアギルディとは犬猿の仲だが、彼が倒された際は「よくも我が戦友を手に掛けてくれたな!」と激昂した。テイルブルーを一目見て「貧乳の姫」と呼ぶほど非常に気に入ったが、「貧乳」を連呼したため、かえって彼女を激怒させた。
リヴァイアクラーケギルディ
属性力 - 巨乳属性、貧乳属性
第2巻に登場。リヴァイアギルディとクラーケギルディの死体が合体し復活した姿。テレビアニメ版には未登場。
ケルベロスギルディ
声 - 山本兼平
身長 - 289cm / 体重 - 345kg / 属性力 - 三つ編み属性(トライブライド)
第3巻に登場。ケルベロスのようなエレメリアン。オネエであることを隠しているが、周囲には露見している。ツインテールとの共存が難しい属性力を持っていた故に隠居していたが、ダークグラスパーの誘いで戦線復帰した。3体分離能力を持ち、なおかつその分身体の1体でも残れば完全回復するという能力でツインテイルズを苦しめる。

構成員[編集]

リザドギルディ
声 - 玄田哲章
身長 - 268cm / 体重 - 317kg / 属性力 - 人形属性(ドール) / 武器 - 追尾式の針背ビレ / 必殺技 - 毎回名称が変わるスパークボール
第1巻に登場。総二達の世界に始めて襲来したエレメリアンで、レッドの初陣の相手。ある目的のために究極のツインテール属性を持った人間を探していた。
タトルギルディ
声 - 黒田崇矢
身長 - 263cm / 体重 - 319kg / 属性力 - 体操服属性(ブルマ) / 武器 - 攻防一体の甲羅 / 必殺技 - 硬化甲羅
第1巻に登場。カメのようなエレメリアン。ブルマを使用している隣町の高校へ襲撃に行くが、レッドに瞬殺される。
フォクスギルディ
声 - 関俊彦
身長 - 225cm / 体重 - 265kg / 属性力 - 髪紐属性(リボン)、人形属性 / 武器 - トレーサーリボン / 必殺技 - 妄想実体化
第1巻に登場。キツネのようなエレメリアン。声優のようないい声をしている。隊長であるドラグギルディに一目置かれるほどの空想力を持ち、それによりレッドを精神的に追いつめるも、レッドを助けるためブルーに変身した愛香に倒される。
スワンギルディ
声 - 檜山修之
身長 - 241cm / 体重 - 274kg / 属性力 - 看護服属性(ナース) / 武器 - お注射レイピア / 必殺技 - これから会得します(本人談)
第1巻から登場。ハクチョウのようなエレメリアン。「看護服属性の申し子」「神童」と謳われる。ドラグギルディの死後は覇気を失っていたが、意思を継ぐためにスケテイル・アマ・ゾーンに挑むことを決める。
ダークグラスパーのメールアドレスを受け取ることに二の足を踏む仲間達の中から名乗り出る。しかし、アドレスだけでなくスリーサイズを含めた個人情報も渡された上、携帯電話をビーズアートでデコレーションされるという苦境に立たされる。
第7巻でついに出撃するも敗北。死亡したかに見えたが、フェニックスギルディに助けられ、彼(彼女)に師事し修行に励む。
ラビットギルディ
属性力 - 兎耳属性(ラビット)
第1巻に登場。ウサギのようなエレメリアン。ドラグギルディに先んじてレッドに挑むも瞬殺される。テレビアニメ版では出撃していないため生存した。
クラブギルディ
声 - 島﨑信長
身長 - 282cm / 体重 - 261kg / 属性力 - 項後属性(ネープ) / 武器 - ツインシザース / 必殺技 - うなじ見たさの残像移動
第2巻に登場。カニのようなエレメリアン。うなじを見るために残像を残すスピードで相手の後ろに回る。執拗なまでにレッドの後ろを取り続けるも、うなじを見るだけで攻撃をすることはなく、逆にその習性を利用されて敗れる。
バッファローギルディ
声 - 竹内良太
身長 - 301cm / 体重 - 407kg / 属性力 - 巨乳属性 / 武器 - 尻尾のモーニングスター / 必殺技 - 巨乳突き
第2巻に登場。バッファローのようなエレメリアン。闘牛のような鋭く大きな角を持つ。戦闘態勢に入らず、巨乳について熱く語っている最中に巨乳属性を欲したブルーに問答無用で倒される。
フェンリルギルディ
属性力 - 下着属性(アンダーウェアー)
第2巻に登場。フェンリルのようなエレメリアン。野心を持って旧ドラグギルディ部隊へ合流したが、ツインテール属性を軽視していたため、ダークグラスパーに処刑された。
ブルギルディ
属性力 - 貧乳属性
第2巻に登場。ウシのようなエレメリアン。バッファローギルディとは違い、角は無い。乳にまつわる全てを滅ぼす破壊神と化したブルーに瞬殺された。
オウルギルディ
声 - 岩田光央
属性力 - 文学属性(ブック)
第3巻に登場。フクロウのようなエレメリアン。滅びゆく文学を憂いている。
アリゲギルディ
声 - 竹本英史
属性力 - 耳たぶ
第3巻に登場。ワニのようなエレメリアン。作戦会議の名を借りたレッド観賞会の進行を務める。
ヘッジホッグギルディ
声 - 佐々健太
属性力 - 不明
テレビアニメ版オリジナルキャラクター。ハリネズミのようなエレメリアン。棘が無数に付いた鎧で体を覆っている。
ベアギルディ
属性力 - 病的加虐嗜好ヒロイン
第3巻に登場。クマのようなエレメリアン。ダークグラスパー着任による結団式の会場の中でエロゲーをプレイすることを強いられる。
シーラカンスギルディ
属性力 - 割腹筋属性(シックスパック)
第4巻に登場。シーラカンスのようなエレメリアン。リヴァイアギルディ部隊の生き残りの老兵。出撃したものの途中で力尽き、そのまま波にさらわれて神堂家プライベートビーチへ流れ着く。
ライノセラギルディ
属性力 - 鎖骨属性(クラピクル)
第5巻に登場。ビートルギルディからイラストの修練を受け、イラスト投稿サイトで高評価を得られるほど成長した。
シケーダギルディ
属性力 - 仮装属性(コスプレ
第6巻に登場。モスキートギルティとともにコミケに参戦。
モスキートギルディ
属性力 - 仮装属性
第6巻に登場。ネチネチした口調で戦闘中にブルーを挑発し続けたため、惨殺された。
アメーバギルディ
属性力 - 閉所属性(リミットスペース)
第6巻に登場。
フラミンゴギルディ
属性力 - 腰属性
第6巻に登場。
モウラギルディ
属性力 - 属性(パフ)
第7巻に登場。愛香の代理でブルーに変身した尊によって倒される。
カメレオギルディ
身長 - 209cm / 体重 - 236kg / 属性力 - 赤髪属性(レッドヘアー)、青髪属性(ブルーヘアー)、金髪属性(ゴールドヘアー)、黒髪属性(ブラックヘアー)
第12巻に登場。カメレオンのようなエレメリアン。ドラグギルディが率いていた混成部隊の最古参兵士の1人。相手の色と性格を入れ替える能力を持つ。出撃の機会を逃し続ける屈辱に日々に耐えかね、マーメイドギルディの強化兵士計画の被験者となる。その結果、元々は赤髪属性のみであったのが4つの属性を持つようになったが、強化の代償として苦痛に蝕まれ続ける体となった。
カンガギルディ
属性力 - 絶対領域属性(アブソルティフィールド)
第12巻に登場。カンガルーのようなエレメリアン。下膨れした体型を持つ。
シープギルディ
属性力 - 眠り属性(スリープ)
特典小説及び第4.5巻に登場。ヒツジのようなエレメリアン。フォクスギルディ同様の特殊能力特化型で、羊毛で相手を包み込んで睡眠へ誘う技「年々航路利用」(ネンネン=コーロリヨー)を繰り出す。前夜のトゥアールと愛香の愚行によって睡眠不足に陥っていたレッドとブルーを一瞬で熟睡状態に陥れた。眠りに落ちたレッドを弄り回そうとするが、理性のタガを外したイエローに殲滅された。

反逆者[編集]

フェニックスギルディ
身長 - 226cm / 体重 - 218kg / 属性力 - ポニーテール属性
第5巻から登場。モチーフの通り不死身の特性を有しており、なおかつ組織内では裏切り者として首領直々に封印されていた。正義の味方を自称しているが、ツインテールへの犠牲をいとわぬ強引な態度から総二と対立する。その後は結翼唯乃として行動している。
結翼 唯乃(いわばね ゆの)
身長 - 159cm / 体重 - 50kg / スリーサイズ - B84・W57・H81
フェニックスギルディが自身の属性力の研鑽した結果、属性力の極みに到達し少女の肉体を得た姿。肉体はおろか、人格や性的嗜好も女性のそれに変容している。この変化は不可逆なものであるらしく、エレメリアン形態に戻っても彼女は女性のままである。
この状態でも強靭な戦闘力を誇るが、第7巻ではテイルギアTYPE-Pを装着し、圧倒的な力をもってツインテイルズの前に立ち塞がる。
ふとしたきっかけでアドレシェンツァを訪れるようになり、未春との会話により強引な性格が徐々に軟化するようになっていく。またツインテイルズの戦いを影から見届けていた結果、総二に対して特別な感情が芽生えるとともに、彼の強過ぎるツインテール属性に危機感を抱くようになった。
ペガサスギルディ
属性力 - ポニーテール属性
第5巻に登場。フェニックスギルディの親友にして、属性力を研究する科学者。エレメリアンでありながら、とある人間の少女を慕っていた。ほかにもトゥアールと面識があるらしき描写がみられる。
人間側に流出させるための属性力の技術を開発した人物であるが、かねてより他者の属性力に依存しなければ生きていけない自分たちの生物としての在り方に疑問を持ち、ある少女に惹かれたことをきっかけに本格的に別の道を模索し始める。
あらゆる可能性を試すため、通常流出させる以上の技術をトゥアールに譲渡した結果、危険分子と判断され組織から追われ始める。フェニックスギルディの援護を受けながら研究を続けてはいたが、未完成の変身コアのテイルレインフォーサーを残し処刑された。

戦闘員[編集]

戦闘員(アルティロイド)
声 - 酒井広大
身長 - およそ145~170cm / 体重 - およそ50~70kg / 属性力 - 特になし / 武器 - 優しく拘束するバズーカなど / 必殺技 - 一致団結アタック
属性力の搾りかすのようなものから生み出される、無個性な黒づくめ姿のアルティメギル量産型戦闘員。意思疎通は「モケー」。戦闘補助、撮影、買い出しなど、エレメリアンの指示を忠実にこなす。うまく武器を扱えない相手に対して憐憫の情をもって応えたりする優しい側面もある。バリエーションとして貴の三葉が使役する赤い種類の他、上位種の存在も示唆されている。

その他の登場人物[編集]

樽井 ことり(たるい ことり)
声 - 山口立花子
総二と愛香のクラスの担任である女性教師。教師として全くやる気が無いが、サボることに関しては行動力があるらしい。
デック・ニールソン
性別 - 男 / 年齢 - 32歳 / 誕生日 - 10月7日 / 身長 - 182cm / 体重 - 73kg
ツインテイルズのハリウッド映画でブルーを演じるアクション俳優。ブルーの大ファンで、愛香が知った初めてのブルーのファンでもある。役作りに妥協しない役者根性の持ち主。片言ながらも日本語を話せる。
第6巻にて極秘来日。同人誌イベントでスキンヘッドにサングラス姿の友人のスペースにて売り子を手伝う。
ストロベリーツイン
声 - 釘宮理恵
テレビアニメ版オリジナルキャラクター。総二達の先輩で、本名は不明。リザドギルディによってツインテール属性を奪われたが、彼が倒されたため元に戻った。

用語[編集]

喫茶『アドレシェンツァ』(きっさ アドレシェンツァ)
総ニの自宅で営業されている喫茶店。道楽経営のため不定休。
地下にツインテイルズの秘密基地がある。地球がエレメリアンに狙われたことに端を発し、中二病喫茶へと変容していく。
店名であるアドレシェンツァ (adolescenza) はイタリア語で「青年期」や「思春期」を意味する。
陽月学園(ようげつ がくえん)
総二達が通学する私立学校。生徒数の多いマンモス校である。初等部から大学部まで一貫進学が可能。
属性力(エレメーラ)
ある事物に対する感情の高ぶり、情熱や興奮、愛着といった思い入れに相当するもの。いわゆる心の力、未知のエネルギー。多少失われる程度なら問題はないのだが、エレメリアンはこれを大きく超えるほどの量を必要としており、一気にこのレベルの量を失ってしまうと二度とその人間はその属性に対してアプローチが出来なくなる。具体的には、その属性を自力で作り出せなくなり、その属性で感情が動かされることがなくなる。属性力を奪われると過去の歴史にも影響し、過去のトゥアールの写真ではツインテールのはずのトゥアールがすべて現在の髪型に改編されている。各属性で強弱が決まっており、その中で最も大きなエネルギーがツインテールである。
究極のツインテール
アルティメギルが属性力の収集のために技術を流出させ、ツインテールの戦士を作り出し、戦わせることでツインテール属性の拡大を図っているとされていたが、実際にはこの存在を作り出すための作戦であることが9巻で言及された。
異世界で一人だけがこの境地にたどり着くことができ、一旦こうなってしまったら、周囲が望む望まないにかかわらず、あふれるツインテール属性によってツインテールに目覚めていき、やがてその世界の人間すべてにツインテールが芽生える。
が、それだけにとどまらず、この拡大は次元を超え全異世界にツインテールを芽生えさせることになる。こうなればアルティメギルは、世界の数に対する属性力の量を気にすることなく一斉に侵略を開始することが可能となる。フェニックスギルディはこの事態を危惧し、戦いをやめろと総二に忠告した(実際にはその前に属性力を奪われてしまった)。
10巻において総二は究極のツインテールになってしまうが、上記のケースは属性力の制御ができていない場合であり、正しく制御ができていれば、生まれ持った属性力とは別に属性力を内に増産し続けるいわば補助炉心としてツインテール属性を与え続ける。この時、あふれる属性力は究極物質ツインテリウムとなってテイルレッドの体から吹き上がる。
さらに、この究極のツインテールという存在は一度属性力を完全に奪われた人間に対しても、新たにツインテールを目覚めさせる可能性を示唆されている。

テイルギア関連用語[編集]

テイルブレスから生成されるテイルギア。通常はブレスレットの形態で腕に装着されているが、他者に認識されない。変身の掛け声(変身機構起動略語・スタートアップワード)は「テイルオン!」。なお、口にしなくても変身可能である。体力が尽きると変身は自動的に解除されるのだが、エネルギーが切れた場合は例外でその場に倒れこむだけであり、変身も自動的に解除されない。

実はエレメリアンが流出させた技術で、意図的に性能限界が作られているものだったが、ペガサスギルディが独断で技術をトゥアールに譲渡。その結果作られた現在のテイルギアは使用者の属性力とは別個に属性力を使用し、二つの属性力を共鳴させることでエレメリアンが調節した限界を大きく超える性能を獲得した。属性力の共鳴自体は知られていた現象であるが、安定性に難があった。実用までもっていったのはトゥアールが初。このテイルギアのシステムをいわば逆輸入した結果がグラスギアやテイルギアTYPE-Pである。

テイルギア
ツインテール属性を核として装着者の属性力と共鳴し生成される対エレメリアン用強化武装。深海や宇宙空間でも変わりなく運用出来る。
フォトンサークル
首に装着。認識攪乱(イマジンチャフ)を展開する。
フォースリヴォン
髪飾り型デバイス。装着者の属性力の高まりに呼応して武器を生成する。また、ギア(≒ツインテール)の維持もこれで行っており、破壊されるとギアが解除され、実質的に再装着出来なくなる。
フォトンヴェイル
全身を覆う、テイルギアの構成素材である極軟性金属。
スピリティカフィンガー
握力を強化するグローブ。パンチ力は100トン以上。
スピリティカレッグ
膝下から足首まで覆うパーツ。キック力は150トン以上。
テイルブレス
普段は手首に装着されており、変身時にギア一式の形成を、変身後はテイルギアの出力安定装置となる。基地のメインコンピュータと連動し、稼働状況をタイムラグ無しで伝送。
属性玉変換機構(エレメンタリーション)
左腕にジョイントした属性玉の力を引き出す特殊装備。変換された属性玉の力は実体化してテイルギア各部に装填される。
エクセリオンブースト
属性力を収束・開放する、腰に展開する増幅装置。
エクセリオンショウツ
長期戦用機能。素早く吸収、分子分解、大気に拡散が出来るが、諸々の事情により詳細は割愛されている。4巻で使用されそうになるが未遂に終わる。
フォトンアブソーバー
テイルギアを取り巻く精神エネルギーの防護膜。
属性玉(エレメーラオーブ)
エレメリアンが爆発四散の後、残す「属性力」の玉。テイルギアに装着することで機能拡張ができるが、必ずしも名称と効力が一致するわけでない。
属性玉一覧
名称 効力 エレメリアン 使用者
人形属性(ドール) 敵の作った人形を無力化する。 リザドギルディ、フォクスギルディ ブルー
体操服属性(ブルマ) 簡単な重力制御が出来る。 タトルギルディ ブルー
髪紐属性(リボン) テイルギアのリボンを翼に変形させる。 フォクスギルディ ブルー、イエロー
兎耳属性(ラビット) 跳躍力を強化する。 ラビットギルディ ブルー
学校水着属性(スクールスイム) 地面を水のように泳げるようにする。 タイガギルディ ブルー
項後属性(ネープ) 髪の毛を精密に操る。 クラブギルディ
巨乳属性(ラージバスト) 極限の弾力で攻撃の威力を倍加して跳ね返す。貧乳属性との同時使用で〈リフレクション・バースト〉を発動。 リヴァイアギルディ イエロー
貧乳属性(スモールバスト) 鉄壁の防御膜を展開する。巨乳属性との同時使用で〈リフレクション・バースト〉を発動。 クラーケギルディ ブルー
唇属性(リップ) 不明 パピヨンギルディ
文学属性(ブック) 敵の弱点を顔の前のスクリーンに映す。 オウルギルディ イエロー
三つ編み属性(トライブライド) 各人の武器を合体させた必殺の巨砲、フュージョニックバスターを作る。 ケルベロスギルディ レッド
脚属性(レッグ) 脚力を強化する。 フリイギルディ レッド、ブルー、イエロー
男の娘属性(ガールズボーイ) 属性玉多重変換機構(エレメアディッション)を起動する。 アラクネギルディ イエロー
性転換属性(トランスセクシャル) 属性玉多重変換機構(エレメアディッション)を起動する。 スネイルギルディ ブルー
割腹筋属性(シックスパック) 物質を硬化させる。 シーラカンスギルディ
涎属性(スロバー) 不明 チェリーブロギルディ
邪険属性(クルール) カクタスギルディ
匂い属性(フレグランス) ラフレシアギルディ
被虐属性(マゾヒスティック) マンドラゴラギルディ
教師属性(ティーチャー) ユグドラシルギルディ イエロー
仮装属性(コスプレ) シケーダギルディ、モスキートギルディ
閉所属性(リミットスペース) アメーバギルディ
母属性(マザー) 超スピードで移動できる。しかし制御が難しい。 プテラギルディ
腰属性 不明 フラミンゴギルディ
複合
脚属性 + 兎耳属性 必殺技〈ヴォルティックジャッジメント・クレセント〉を発動。 - イエロー
貧乳属性 + 邪険属性 物質を感知させなくできる特性により、〈リフレクション・バースト〉を不可視の罠へと強化する。 ブルー
巨乳属性 + 邪険属性 イエロー
唇属性 + 涎属性 口から光線を発射する。 ブルー
項後属性 + 割腹筋属性 髪の毛で敵を拘束する。
プログレスバレッター
テイルレッド独自の強化武装。第4巻で装備。
かつてツインテール戦士だったトゥアールの使っていたアクセサリ。菱形で左右を引っ張ると三角になる一対の髪留め。薄く優しい銀色で、主張の強くない程度に柄が彫られている。普通のバレッタと異なり、ツインテールを結わえやすい作り。
変身の解けなくなった総二は美しいツインテールを維持するためにたゆまぬ努力を惜しまず、心身ともにさらなる高みへと到達。自らの内なるツインテールとの対話により、トゥアールのアクセサリをもって新たなる力を得る。フォースリヴォンと合体、テイルギアのツインテール属性の変換・流動システムに干渉し、「攻撃特化」と「速度特化」の二極集中進化をもたらす。また、プログレスバレッター自体も状況によって四つのモードに変形する。下記の2形態の他にフォーライザーチェインという形態もある。
ライザーチェイン
上結びツインテール攻撃特化戦闘形態。ツインテール属性力の循環を止めて上体に集中させることで攻撃力を増幅。一方で、ギアの防御力は属性力の循環により発生していたため防御力が下がる。
武器:ブレイザーブレイドツインブレイザーエッジプログレスバレッター
必殺技:ライジングブレイザー(フォーラーチェインとの複合技)。
フォーラーチェイン
下結びツインテール速度特化戦闘形態。ツインテール属性力の循環を止めて下体に集中させることで脚力を増幅。さらにツインテールの毛先が地面についてしまうのを嫌う総二のこだわりにより、超加速を実現。しかしライザーと同じく循環が停止するので、防御力が下がる。両形態にいえることだが、循環が22秒以上止まってしまうとギアが暴走し、最悪使用者ごと爆発する。
武器:ブレイザーブレイドツインブレイザーセイバープログレスバレッター
必殺技:ライジングブレイザー(ライザーチェインとの複合技)。
プログレスバレッター・各モード
プログレスモード
中心から二つに分割、フォースリヴォンと合体。
シールドモード
小型の盾。左腕に装着。
ブレイドマイティモード
二刀のブレイザーブレイドと合体、ブレイザーブレイドツインへとパワーアップ。
スラッシュモード
炎の刃をまとったブーメラン。ブレイドマイティモードから分割、角度をつけて投げ放つ。
アルティメットチェイン
総二が自身の属性力で生み出したテイルギア「ツインテイルギア」、トゥアールの属性力が籠められたテイルギアの2つを合わせることで変身する最強形態。一撃でエレメリアンを倒すほど攻撃力が増している。武器は、背中の6枚の翼のようなテイルレッドと分離可能な支援機「テイルレガリア」と、複数の属性力を組み合わせて使用できる大剣「テイルカリバー」。さらにその全身はツインテールの形状をした原子「ツインテリウム」をまとっており、究極のツインテールの力は完全に制御されている。
また、究極のツインテールの性質として、ツインテールの属性力の正確な探知が可能となった。エレメリアンはツインテール属性を必ずもって生まれるので、ティラノギルディはこの能力を「天敵(アンチ)エレメリアン」と評した。
武器:テイルレガリアテイルカリバー
必殺技:ファイナルブレイザー
属性玉多重変換機構(エレメアディッション)
属性玉変換機構(エレメンタリーション)を改造。第2巻で研究開発、第5巻で実装。
一度に一つずつしか使用出来なかった属性玉を、二つ同時に発動させることを実現。組み合わせで強化される場合もあれば、その逆もありうる。テイルギアへの負荷が高くなるので、使用は一日一回の切り札。
アラクネギルディの属性玉・男の娘属性(ガールズボーイ)と、スネイルギルディの属性玉・性転換属性(トランスセクシャル)、二つの属性が互いに補完し合い、属性力のハイブリッドとして強化を可能にした。テイルブルーとテイルイエローのテイルギアにこれを改造、実装。
なお、独自進化したテイルレッドのテイルギアは未知の領域が多いので改造を見送られる。
絶対服従首輪(アブソリュートリング)
テイルイエロー独自の強化武装。7巻で装着。慧理那の心の内で総二に着けてもらった首輪が具現化した物。
アブソリュートチェイン
迷いを振り切った慧理那が会得した強化形態。激烈なエネルギー消費と引き換えに、圧倒的な火力とパージ時における大胆な露出度を実現した。不足するエネルギーは、アブソリュートリングから延びるリードを介してテイルレッドより供給可能(そしてその分レッドが消耗する)。
武器:ヴォルティックブラスターフォートレス超合身巨大砲(スーパーユナイトウェポン)
必殺技:コズミックジャッジメント
エターナルパッド
テイルブルーの進化装備(エヴォルヴアームズ)。8巻で装着。自身のツインテールの起源を知り、これからの自身の在り方の覚悟を決めたとき、過去の総二からもらった胸パッドが変化したもの。
エターナルチェイン
精神的により強くなった愛香が会得した強化形態。胸の装甲はそのままだが、手足とリボンにブレードのような装備が付き、より攻撃的なスタイルになった。エターナルチェイン状態では、基礎性能が派手に上昇したわけではないが、属性玉多重変換機構が計7箇所、最大7種同時発動が即座に可能なうえ、対峙する相手の属性力を自分の力として使用することも可能となる。しかし極度に疲労する副作用があり、現状3種同時発動より上は現実的ではない。
武器:ウェイブランスエクシード
必殺技:エクストリームウェーブ
エレメリアルバインダー
テイルレッドの進化装備(エヴォルヴアームズ)。13巻で装備。
エレメリアチェイン
未知の強化形態。エレメリアンの全武装、全能力を使うことができる。
武器:ブレイザーブレイドブレイカーエレメリアセイバー
必殺技:ドラゴニックブレイザー

トゥアールの発明[編集]

トゥアールが作成したツインテイルズ支援用の発明。発明品のほとんどに、「トゥアール」がついている。トゥアールの趣味で変なオプションがついているものが多いが、それらが改正されることはほぼない。

トゥアルフォン
ツインテイルズが連絡を取り合うためのガジェット。形状はスマートフォンのようであり、会話の内容は部外者には違った音として認識させることが可能。
アンチアイカシステム (AAS)
愛香を捉えるためにトゥアールが発明するも、目的を果たすまでもなく幾度となく破壊される。番号は漢数字算用数字混在。1巻につき一号登場するが、8巻では愛香が過去へと飛ばされる事件が発生したため、八号は欠番となっている。
一号・アンチアイカ一号
熱線銃。「ファイアー」の掛け声で発射。第1巻登場。
アニメ版一号・アイカフットバース
某家庭用ロボットを思わせる外見の格闘ロボット。アニメ版3話で登場。
二号・アイカトラエール
肘掛け付きの拘束椅子。リモコン操作で手足の拘束枷が出現。第2巻登場。
三号・アイカカタメール
拘束スプレー。噴射すると爆発的に体積を増し、弾力を持つ水飴状となって対象を固める。第3巻登場。
四号・アイカネムラセール
時限式噴霧型超強力催眠ガス装置。学生鞄に仕込めるサイズ。リモートで動作確認が出来る。第4巻登場。
五号・アイカニュルニュール
携帯型触手キット。ティッシュ箱程度のサイズ。第5巻登場。
六号・アイカウタワセール
盗み採りした愛香の声を合成して彼女の声で歌を歌わせる一種のボーカロイドのようなもの。第6巻登場。
七号・アイカウチアゲール
スニーカー型。履けば成層圏まで打ち上げられる。第7巻登場。
九号・アイカニコワサレルマエニニゲール
総二の部屋の扉を改造。愛香とトゥアールが突撃してくる前に、扉に足が生えてどこかへ逃走する。第9巻登場。
十号・アイカヌガセール
光線銃。当たればエロアニメのように服だけ燃える。当然のように回避された。第10巻登場。
十一号・アイカオサナクスール
牛乳パックのような容器に入った飲み物。愛香を幼女にするというトゥアールの欲望の元作られたが、飲ませることができなかったため効果があったかは不明。
十二号・アイカフヤース
帽子とゴーグルがあわさった様な機械で、これを被った人間は脳内の興奮物質を活性化されて暴力的になり、網膜を通したサブリミナルで愛香的な嗜好を植え付ける。深夜のノリで作った発明。
フュージョニックバスター
ツインテイルズ3人の個人武装を合体させた大型砲。外見は各武器を無理やりくっつけたような感も否めないものの実際に合体武器のお約束として攻撃力は増加している。
人工衛星「ようじょ」
ツインテイルズサポートの要となる人工衛星。第3巻登場。
地表総てをカバーするため、総二達に出会う前にトゥアールが打ち上げたメイン1基にサブ3基の計4基。
エレメリアンの出現の察知、位置の特定を可能とする。内容の一部は「Y」と名付けられた極秘ファイルに保管されている。
スタートゥアール号
トゥアールが異世界を渡るのに使っていた戦艦。第5巻登場。
翼を付けたようなライトバンのようなフォルム。
双房合体トゥアールオー
超巨大エレメリアン迎撃用という建前の巨大ロボ。第5巻登場。
開発コードネームAASF (Anti-Aika-System-Final)、構想のみで未完成。三機のメカが合体する。
赤いジェット戦闘機の「スカイトゥアール」、巨大なツインドリルと大小様々な火器で武装された黄色い戦車の「ランドトゥアール」、潜水艦だが水圧対策(という建前)でやむなく冷蔵庫を横に並べただけのようなぞんざいな意匠の青い「アクアトゥアール」。これら「テイルマシン」が合体してトゥアールを模した顔を持つ巨大ロボ「双房合体トゥアールオー」になる。
他に「スタートゥアール号」を改造し支援・単独変形の二号ロボ化、更に「トゥアールオー」と合体し「グレートトゥアールオー」となる構想もあるとのこと。

エレメリアン関連用語[編集]

エレメリアン
属性力の化身である精神生命体。個々の名称は「モチーフになった生物名」+「ギルディ」といった体裁であり、モチーフは虫、植物など幅広い。属性力を糧とし、無くなると消滅する。知能や情緒が人間と同等に発達している。往々にして大仰な言いまわしを好むが、話の中身は高尚からほど遠い「冒涜的」なこともしばしば。その恐ろしい姿に反して、騎士道、武士道的なものや人情的な部分を重んじている。自身が司っている属性力の属性に応じた趣味や嗜好、性癖を有しており、その様は人間で言うところの「萌えオタク」そのもの。戦士としての矜持や覚悟を示す儀式なども、それらを暴露される絶望と屈辱に耐えるという内容のものが多い。一見するとコミカルだが、彼らが己の司る属性に懸ける覚悟は本物であり、そのためには時として命を投げ出すことも厭わないが、逆にそれ故に本来の目的を忘れて個人の趣味に固執してしまうことも多い。
属性力の回収には「属性力の技術を与え、ヒーローを成長させ、属性が拡散しきってから回収」という戦略を用いており、幾多の世界を侵略している。属性力が奪われた世界は何の趣味嗜好もない無味乾燥した世界となる。人間からは属性力を奪うが、傷つけることは禁忌とされている。属性力を奪い尽くすことによって自分達が被る弊害(ツインテール属性ならば、ツインテールの実物が見られなくなってしまう等)についても関知しているが、生き延びるためにはやむを得ないこととして冷徹に割り切っている。
アルティメギル
エレメリアンで構成された組織。各部隊で行動している。首領の存在は謎に包まれており、上層部のものですらその真の姿を知らない。
アルティメギル四頂軍( - しちょうぐん)
首領直轄の4つの精鋭部隊。構成員は強いものが多い反面、問題児と呼ばれるものも多い。
美の四心(ビー・ティフル・ハート)
をモチーフにしたエレメリアンの部隊。リヴァイアギルディ、クラーケギルディの敗北後、ダークグラスパーとともに派遣された。
貴の三葉(ノー・ブル・クラブ)
植物をモチーフにしたエレメリアンの部隊。男性がメインのエレメリアンの中でも珍しく女性のみで構成されている。全員が同僚をネタにしたボーイズラブをたしなんでいる。問題児ばかりのため、一部隊としてダークグラスパーがまとめ直轄とした。しかしそのダークグラスパーをして、「すべてのエレメリアンをかけ算してしまう恐るべき女傑の集まり」といわしめる。
死の二菱(ダー・イノ・ランヴァス)
古生物をモチーフにしたエレメリアンの部隊。敵勢力の討伐を主な任とする。美の四心の壊滅後、総二たちの世界の侵攻部隊としてやってきた。希有な属性力を核にして生まれたため、その力を制御できなかった者が集う、貴の三葉に負けず劣らぬ問題児部隊。
神の一剣(ゴー・デイア・ソード[注釈 7]
伝説の生物をモチーフにしたエレメリアンの部隊。首領自ら「最大最強の部隊」と呼ぶ。構成員全員が白いローブをまとっており、幹部級クラスの戦闘力を持つ。この部隊が出動するとその世界は滅ぶとさえ言われ、事実この部隊の目的は侵略した世界をエレメリアンの拠点とすることである。
五大究極試練
アルティメギルが行う修練の中でも修めるのが非常に困難なものの総称。
スケテイル・アマ・ゾーン
通販で買ったものが1年間、透明な箱で梱包され届けられる修練。
ナニイー・テモス・ヴェイル
言うことなすこと全て滑らせ、周囲をしらけさせ、孤立する修練。
メロゲイマ・アニトゥラー
自分自身を題材にした創作作品を作り、他人に批評される修練。スワンギルディは自分を私立探偵にした小説を書いたが、フェニックスギルディの音読・校閲に堪えられず爆発四散しかけた。
テイルギアTYPE-P
トゥアールのテイルギア(現在のブルーのものと思われる)を見たペガサスギルディが開発したテイルレインフォーサーを核に、フェニックスギルディが自身の武器を変身デバイスとして装着する、ポニーテール属性で駆動するテイルギア。Pの文字には「phoenix」、「ponytail」、そして「prototype」と3つの意味が込められている。その意味の通り唯乃ことフェニックスギルディに受け継がれ、レッド、ブルー、イエローをまとめて圧倒するほどの戦闘力を発揮する。一方で試作品ゆえに安定性と稼働時間に難があり、唯乃の気力でそれを補っている。

既刊一覧[編集]

出典:[8]

書籍は全て小学館より「ガガガ文庫」レーベルとして刊行されている。既刊16巻(2018年10月18日現在)。

巻数 初版発行日
(発売日)
ISBN 表紙 キャラクター名鑑[注釈 8] 設定資料[注釈 9] ぼくのかんがえた
エレメリアンのコーナー[注釈 10]
1 2012年
6月24日
(6月19日)
ISBN 978-4-09-451346-2 テイルレッド 001:観束総二
002:津辺愛香
003:トゥアール
004:観束未春
005:神堂慧理那
006:ドラグギルディ
テイルギア設定資料01:テイルレッド[注釈 11]
テイルギア設定資料02:テイルブルー
-
2 11月25日
(11月20日)
ISBN 978-4-09-451375-2 テイルブルー 007:桜川尊
008:リヴァイアギルディ
009:クラーケギルディ
テイルギア設定資料03:テイルイエロー
合身巨大砲(ユナイトウェポン)
001:フェンリルギルディ
3 2013年
3月24日
(3月19日)
ISBN 978-4-09-451398-1 テイルイエロー 010:イースナ
011:善沙闇子
012:ケルベロスギルディ
013:神堂慧夢
グラスギア設定資料01:ダークグラスパー 002:パピヨンギルディ
4 7月23日
(7月18日)
ISBN 978-4-09-451424-7 トゥアール 014:メガ・ネプチューン=Mk.II
015:ソーラ
016[注釈 12]:アラクネギルディ
テイルギア設定資料04:テイルレッド・ライザーチェイン
テイルギア設定資料05:フォーラーチェイン
003:シーラカンスギルディ
5 12月23日
(12月18日)
ISBN 978-4-09-451454-4 テイルレッド 017:津辺恋香
018:ロエル
019:リルナ
020:ロロリー
021:フェニックスギルディ
022:ユグドラシルギルディ
テイルギア設定資料06:テイルレッド・プログレスバレッター
グラスギア設定資料02:メガ・ネプチューン=Mk.II・変形機構
004:カクタスギルディ[注釈 13]
6 2014年
6月23日
(6月18日)
ISBN 978-4-09-451491-9 イースナ 023:フェニックスギルディ人間体
024:戦闘員 / アルティロイド
025:メガネドン
026:プテラギルディ
グラスギア設定資料03:テイルブラック・インフィニティチェイン 005:アメーバギルディ(腰属性)
ガルーダギルディ(細腰属性)
7 9月23日
(9月18日)
ISBN 978-4-09-451508-4 結翼唯乃 027:ビートルギルディ
028:スダッグギルディ
029:ヘラクレスギルディ
テイルギア設定資料07:結翼唯乃+テイルギアTYPE-P
テイルギア設定資料08:テイルイエロー・アブソリュートチェイン
-
8(通常版) 12月23日
(12月18日)
ISBN 978-4-09-451524-4 テイルイエロー 030:オーガギルディ テイルギア設定資料09:テイルブルー・エターナルチェイン -
8(特装版)
[注釈 14]
ISBN 978-4-09-451528-2 津辺愛香、ソーラ
9 2015年
4月22日
(4月18日)
ISBN 978-4-09-451543-5 テイルブルー 031:ティラノギルディ テイルギア設定補足02:テイルギア
テイルギア設定資料10:テイルレッド・フォーラーザチェイン
006:ブラキオギルディ
10 10月25日
(10月20日)
ISBN 978-4-09-451576-3 総二、ソーラ 032:デック・ニールソン テイルギア設定補足03:属性玉変形機構
テイルギア設定資料11:テイルレッド・アルティメットチェイン
007:ロンギスギルディ
マンモギルディ[注釈 15]
ハルキゲギルディ(虚ろ目属性)[注釈 16]
ケントロギルディ(多弁属性)[注釈 17]
11 2016年
3月23日
(3月18日)
ISBN 978-4-09-451599-2 イースナ 033:マーメイドギルディ
034:グリフォギルディ
テイルギア設定補足04:テイルギア・各種武器 008:ヒドラギルディ[注釈 18]
ヤマタノオロチギルディ[注釈 19]
12 10月23日
(10月18日)
ISBN 978-4-09-451635-7 愛香、トゥアール 035:カメレオギルディ
036:ヴァルキリアギルディ
4.5[注釈 20] 2017年
3月22日
(3月18日)
ISBN 978-4-09-451662-3 テイルレッド EX01:キャットギルディ
EX02:イッカクギルディ
EX03:シープギルディ
EX04:ハムスターギルディ
EX05:ナイトメアギルディ
テイルギア設定資料EX01:テイルイエロー武装
テイルギア設定資料EX02:フュージョニックバスター
EX-001:イッカクギルディ
13 8月23日
(8月18日)
ISBN 978-4-09-451692-0
14 12月22日
(12月19日)
ISBN 978-4-09-451711-8
15 2018年
4月23日
(4月18日)
ISBN 978-4-09-451729-3
16 10月23日
(10月18日)
ISBN 978-4-09-451754-5

漫画[編集]

月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス)2014年Vol.09から2015年Vol.07まで、『俺、ツインテールになります。π』(おれ ツインテールになります パイ)のタイトルで連載された[10]。水沢夢(原作)、柚木涼太(作画)、春日歩(キャラクター原案)。

巻数 初版発行日(発売日) ISBN
1 2014年12月18日(12月18日) ISBN 978-4-7575-4495-6
2 (2015年8月25日) ISBN 978-4-7575-4726-1

テレビアニメ[編集]

2014年10月より12月まで放送された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ギミー!レボリューション
作詞 - こだまさおり / 作曲 - 田淵智也 / 編曲 - やしきん / 歌 - 内田真礼
エンディングテーマ「ツインテール・ドリーマー!」
作詞・作曲・編曲 - papiyon / 歌 - ツインテイルズ[テイルレッド(上坂すみれ)、テイルブルー(相坂優歌)、テイルイエロー(赤﨑千夏)]
挿入歌
「恋のメガネ」(第9話、第11話)
作詞・作曲・編曲 - ふわりP / 歌 - 善沙闇子(日笠陽子
「テイルオン!ツインテイルズ」(第9話、第12話)
作詞 - 荒川稔久 / 作曲 - 渡辺宙明 / 編曲 - 高梨康治 / 歌 - ツインテイルズ[テイルレッド(上坂すみれ)、テイルブルー(相坂優歌)、テイルイエロー(赤﨑千夏)]

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル シナリオ 絵コンテ 演出 作画監督 原作巻
第1話 地球はツインテールの星 荒川稔久 神戸洋行 喜多幡徹 森前和也、滝川和男
中島美子、今井雅美
青野厚司
第1巻
第2話 ツインテールな謎!? 平野俊貴 石屋義政 松本文男
第3話 青き怒濤!テイルブルー 吉田英俊 松本マサユキ 飯飼一幸、Hwang Sung Won
第4話 激烈ツインバトル! 平野俊貴 阿部雅司 山根まさひろ、青野厚司
滝川和男
森田和明(ゲーム画面)
第5話 三人目の戦士(ツインテール)! 和智正喜 石屋義政 松本文男 第2巻
第6話 完全解放(ブレイクレリーズ)!!テイルイエロー 吉田英俊 渡部周 油井徹太郎、安田周平
谷拓也
第7話 熱烈見参(デビュー)!!暗黒眼鏡女子(ダークグラスパー) 荒川稔久 沖田宮奈 松本マサユキ Whang Soung Won 第3巻
第8話 慧理那、はじめての…
  • 慧理那、えろほんを買う
  • アルティメギル、文学を語る
  • 慧理那のお見合いをぶっこわせ[11]
和智正喜 真心一人 南川達馬
喜多幡徹
渡辺浩二、滝川和男
松岡秀明
第9話 打ち破れ!!暗黒幻夢(カオシック・インフィニット) 荒川稔久 沖田宮奈 橋口洋介 Whang Soung Won
第10話 なぜだ!?俺、絶不調 和智正喜 吉田英俊 阿部雅司 興石暁、青木真理子
武藤和浩、雨宮英雄
李周鉉
第4巻
第11話 レッド絶体絶命 石屋義政 松本文男
第12話 ツインテールよ永遠に 荒川稔久 真心一人 喜多幡徹
神戸洋行
渡辺浩二、滝川和男
松岡秀明、森田和明
西尾公伯、北村淳一
古川博之、馬場竜一

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[12]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [13] 備考
2014年10月10日 - 12月26日 金曜 1:46 - 2:16(木曜深夜) TBSテレビ 関東広域圏 製作局
金曜 2:51 - 3:21(木曜深夜) CBCテレビ 中京広域圏
2014年10月12日 - 12月28日 日曜 1:00 - 1:30(土曜深夜) BS-TBS 日本全域 BS放送
2014年10月13日 - 12月29日 月曜 1:30 - 2:00(日曜深夜) サンテレビ 兵庫県
2014年11月3日 - 2015年1月19日 TBSチャンネル1 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
2015年8月5日 - 10月21日 水曜 23:00 - 23:30 AT-X[14] 日本全域 CS放送 / リピート放送あり

なおBS-TBSでは2015年4月5日1:00 - 1:30(土曜深夜)に振り返りトークなどで構成する「特別編」を放送した。

日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[15]
配信期間 配信時間 配信サイト 備考
2014年10月14日 - 12月30日 火曜 12:00 更新 バンダイチャンネル
2014年10月15日 - 12月31日 水曜 23:30 - 木曜 0:00 ニコニコ生放送 [16]
2014年10月16日 - 2015年1月1日 木曜 0:00(水曜深夜) 更新 ニコニコチャンネル 初回のみ水曜23:00 更新[16]
第1話のみ無期限無料
第2話以降は72時間無料後削除

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番 オーディオコメンタリー出演
BD DVD
1 2014年12月26日 第1話 - 第2話 PCXE-50491 PCBE-54721 島﨑信長、相坂優歌、内田真礼
2 2015年1月30日 第3話 - 第4話 PCXE-50492 PCBE-54722 相坂優歌、内田真礼、稲田徹
3 2015年2月27日 第5話 - 第6話 PCXE-50493 PCBE-54723 赤﨑千夏、M・A・O、水沢夢
4 2015年3月20日 第7話 - 第8話 PCXE-50494 PCBE-54724 赤﨑千夏、日笠陽子、五十嵐裕美
5 2015年4月24日 第9話 - 第10話 PCXE-50495 PCBE-54725 島﨑信長、相坂優歌、内田真礼
6 2015年5月22日 第11話 - 第12話 PCXE-50496 PCBE-54726 島﨑信長、相坂優歌、上坂すみれ

インターネット番組[編集]

ニコ生でツインテールになります!「生ツイ!」』は、2014年9月24日から2015年1月28日までニコニコ生放送にて生放送で配信されていたインターネット番組。隔週水曜日配信。生放送の翌週火曜日に音泉にてアーカイブ音声配信される。パーソナリティは相坂優歌(津辺愛香 役)、M・A・O(桜川尊 役)。

webラジオ[編集]

ラジオでツインテールになります!「ラジツイ!」』は、2014年10月7日から2015年2月10日まで音泉にて配信されていたwebラジオ番組。隔週火曜日配信。パーソナリティは赤﨑千夏(神堂慧理那 役)、M・A・O(桜川尊 役)。

ラジオCDで、ツインテールになります。
発売日 新規撮り下ろしラジオ内容
(DISC1)
過去配信回
(DISC2)
規格品番
1 2015年1月28日 『上坂すみれのラジオCDで、ツインテールになります。』
『相坂優歌とM・A・OのラジオCDで、ツインテールになります。』
『赤﨑千夏とM・A・OのラジオCDで、ツインテールになります。』
第1回 - 第10回 TBZR-0333/0334
2 2015年3月25日 『相坂優歌と赤﨑千夏とM・A・OのラジオCDで、ツインテールになります。』 第11回 - 第20回 TBZR-0411/0412

主なイベント[編集]

俺、ツインテールになります。ツインテールの日前夜祭?集え!属性力!俺のツインテールは無限だ!?
2015年2月1日中野サンプラザにて「ツインの部(昼)」「テールの部(夜)」の2部公演で開催された。出演は島﨑信長、五十嵐裕美、上坂すみれ、相坂優歌、赤﨑千夏、内田真礼、日笠陽子。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 畑健二郎はTwitterでも、「この『俺、ツインテールになります。』って小説なのですが、本当に面白いので、是非、読んで欲しい。審査を忘れて、読んでる間、とにかく、ずっと笑ってたよ(笑)」と述べ、繰り返し称賛している[5]
  2. ^ 周囲が呼んでいるだけで本人の宣言ではない。
  3. ^ テレビアニメ版公式サイトでは「37kg」。
  4. ^ テレビアニメ版のオープニングテーマも担当。
  5. ^ テレビアニメ版公式サイトでは「48kg」。
  6. ^ テレビアニメ版公式サイトでは「291cm」。
  7. ^ 「ゴー・デア・ソード」とも表記される。
  8. ^ 巻の途中に収録。年齢、誕生日、身長、体重、スリーサイズ(少女のキャラクターのみ)などが紹介されている。
  9. ^ 巻の途中または巻末に収録。
  10. ^ 巻末に収録されている、読者参加企画。
  11. ^ 文庫版ではモノクロで収録されているが、『ガガガ編集部ログ』ではカラーバージョンが公開されている[9]
  12. ^ 223ページでの表記は「015」。
  13. ^ 応募時の名前はサボテンギルディ
  14. ^ イラスト集が付いた限定特装版。
  15. ^ 応募時の名前はマンモスギルディ
  16. ^ 応募時の名前はハルキゲニアギルディ。
  17. ^ 属性のみの応募。
  18. ^ テキストのみの応募。
  19. ^ ヴィジュアルのみの紹介。
  20. ^ 文庫未収録だったBD-BOX特典小説を加筆・修正し、文字通り「4巻と5巻を繋ぐ話」として再編集したもの。
  21. ^ 第7話では「生徒B」役で声の出演もしている。
  22. ^ 第7話では「ディレクター」役で声の出演もしている。
  23. ^ 水沢夢、小学館、第一興商、ポニーキャニオン、ダックスプロダクション、プロダクションアイムズ、レイ

出典[編集]

  1. ^ アニメ『俺ツイ』10月開始 声優に島崎信長ら”. ORICON STYLE (2014年8月11日). 2015年7月26日閲覧。
  2. ^ @gagaga_bunko (2012-03-15). "【第6回小学館ライトノベル大賞】 応募総数829本の中から…" (ツイート). 2015年7月26日閲覧Twitterより. 
  3. ^ a b c d e 第6回小学館ライトノベル大賞 最終選考結果発表・ゲスト審査員講評・編集部講評”. 小学館 ガガガ文庫公式サイト. 2015年7月26日閲覧。
  4. ^ a b c d 明日のツインテールは君だ!”. ガガガ編集部ログ (2012年6月26日). 2012年10月27日閲覧。
  5. ^ @hatakenjiro (2012-06-18). "この『俺、ツインテールになります。』って小説なのですが…" (ツイート). 2015年7月26日閲覧Twitterより. 
  6. ^ アイドルもモデルも観客もツインテール女子だらけの「日本ツインテールアワード2015」”. マイナビニュース. 2018年11月15日閲覧。
  7. ^ キャラクター”. 2015年7月26日閲覧。
  8. ^ 水沢夢 ミズサワユメ”. 小学館公式サイト. 2018年5月1日閲覧。
  9. ^ 『俺、ツインテールになります。』のラフ画を公開!!”. ガガガ編集部ログ (2012年6月14日). 2012年10月27日閲覧。
  10. ^ 『月刊ビッグガンガン』2014年Vol.09”. 月刊BIG GANGAN. 2014年10月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月17日閲覧。
  11. ^ @masakiwachiex (2014-11-27). "【お知らせ】アニメ『俺、ツインテールになります。』第8話「慧理那、はじめての……」、本日深夜に放送、今回はシナリオ担当しています。「慧理那、えろほんを買う」「アルティメギル、文学を語る」「慧理那のお見合いをぶっこわせ」の三本でお届け" (ツイート). 2015年7月26日閲覧Twitterより. 
  12. ^ イントロダクション”. TBSテレビ:俺、ツインテールになります。 公式ホームページ. 2014年10月5日閲覧。
  13. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  14. ^ 俺、ツインテールになります。”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2015年7月10日閲覧。
  15. ^ 放送情報の出典
  16. ^ a b 俺、ツインテールになります。 [最新話無料] - ニコニコチャンネル:アニメ”. ニコニコチャンネル 俺、ツインテールになります。. ニコニコチャンネル. 2014年10月16日閲覧。

外部リンク[編集]

TBS 金曜1:46(木曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
俺、ツインテールになります。