まろに☆えーる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まろに☆えーる
対象
デザイン 一葵さやか
指定日 2013年
指定者 とちぎテレビ
テンプレートを表示

まろに☆えーる』は、栃木県ご当地アイドルグループとして設定されたマスコットキャラクター。「まろに☆え〜る」と表記されることもある。

概要[編集]

2013年、とちぎテレビが自社の深夜アニメ放送枠をPRするために考案。同年7月に「とちてれ★アニメフェスタ!2013」にてお披露目[1]。名称は公募され、同年8月に決定した。

とちテレアニメ専用サイトで活動しており、ボイスコミック・WEBラジオなどを配信している。

登場人物[編集]

まろに☆えーる[編集]

栃木県を応援する(エールする)ために結成されたアイドルユニット。キャラクター3人のユニット名だけでなく、担当声優3人のユニット名としても呼ばれる。

ユニット名の由来は、栃木県の木であるトチノキの近縁種・セイヨウトチノキのフランス語名「マロニエ」と、「応援する」を意味する英単語「エール」(yell)から[2]

春崎野乃花(はるさき ののか)
- 野水伊織
まろに☆えーるのリーダー。イメージカラーは。高校2年生。イチゴ、とりわけとちおとめを広める活動をしている。
おっとりかつ天然ボケな性格でイチゴが大好物。真岡市出身であるが、地元のことはほとんど知らなかった[3]。怪談や肝試しなど、怖いものは得意だが、カエルが大の苦手[4]。イチゴのことを愛するあまり、長期間イチゴを食べられなかったり、ほんの少しでもアルコールを摂ったりする(ノンアルコールやしもつかれでも酔ってしまう)と、「ダークベリーサイド」と呼ばれる性格に変貌する[5]。言動が大人っぽくかつ色っぽくなり、誰彼構わず手を出そうとするため、愛美や瑠梨でも手が負えなくなるが、カエルを見せるなどでショックを起こすことで元に戻る(ただし、変貌している間の記憶は野乃花には残っていない)。
イチゴに限らず可愛いものが大好きで、アイドルを目指した理由も「可愛い衣装が着られて地元のアピールができる」ことに魅力を感じたため。歌は得意であるが、ダンスはやや苦手(本人は踊れているつもりではいる)。
コール&レスポンスは、「あなたも、野乃花も、苺を食べれば!」→「ベリーハッピー!」→「苺みたいな乙女を目指して! 苺をエール!! 春崎野乃花だよ!」
もおか"いちご"チアリーダー[6][7]
堤愛美(つつみ まなみ)
声 - 設楽麻美
イメージカラーは黄色。高校2年生。宇都宮餃子を全国に広めている。
しっかり者だが幼い一面もあるムードメーカー。実家は宇都宮市の餃子屋であり、餃子の調理中は周りが見えなくなるほどの集中力を見せる[8]。餃子の国内消費量1位を浜松市から奪還することを目標としている(まろに☆えーるが活動開始してから1位になった年は2013年と2017年で、他の年は全て浜松市である[9])。幼い時から店の接客を手伝っていたため、誰に対しても「さん」付けで敬語を使う[10]。「雷都」と呼ばれた宇都宮市で育ったため、雷にはめっぽう強く、宇都宮の知識も豊富で、地元愛も強い[11]
野乃花や瑠梨と比べて幼児体型、特に貧乳であることを気にしている。コミック第5話で一時的に魔法で巨乳になったものの、そこで巨乳ならではの苦労を知り、「もうこりごり」と話している。運動神経が良いためダンスは得意だが、反面歌は苦手。
コール&レスポンスは、「みんなー!らーゆーれでぃ?」→「イェーイ!」→「お野菜いっぱい! ラブいっぱい! 餃子をエール!! 堤愛美です!」
栃木SC公認サポーター [12]
瓜田瑠梨(うりた るり)
声 - 小林元子
イメージカラーは。高校2年生。かんぴょうを広める活動をしている。
努力家かつ常識的な考えの持ち主で、他の2人のツッコミ役に回ることが多い。ツンデレな性格でもあり、アイドル活動も初めは抵抗していた節もあるが、今は気合を入れて活動している[13]。実家は下野市のかんぴょう屋だが、本人は「ダサい」と思っており、表向きではかんぴょうを嫌いとしていた。しかし、その実は密かにかんぴょう料理を研究するほどのかんぴょう愛があり、かんぴょう剥きの技術は職人レベル[14]。また、家族全員が使うため、メンバーの中では最も栃木弁に精通している[15]
メンバー随一の巨乳の持ち主であり、野乃花などからは「瓜カップ」と呼ばれてセクハラ紛いの行為をされている[16]。歌・ダンス共に平均以上の実力を持ち、野乃花と愛美のコーチの役割を務めることもある。
コール&レスポンスは、「ダサいって言ったら!」→「ダサーい!」→「ウリウリしてあげる! やればできる子、嫌いじゃないわ! 干瓢をエール!! 瓜田瑠梨よ!」
下野市の観光大使[17]

その他[編集]

下野命(しもつけの みこと)
声 - 緑川光
栃木を守護する神様。ゲームが好き。
大平命(おおひらの みこと)
声 - 古川登志夫
先代の神。
足利命(あしかがの みこと)
声 - 阿部敦
神の次期候補。
下野古麻呂(しもつけの こまろ)
声 - 下野紘
アニメオリジナルキャラクター。

漫画[編集]

公式サイトでボイスコミックが2013年8月より毎月配信されている。また、単行本も出版されている。

ラジオ[編集]

まろに☆えーるのラジオ「まろらじ」』は、2013年10月24日から2017年4月24日までYouTubeとちテレアニメチャンネルにて配信していたWebラジオ番組。パーソナリティは春崎野乃花役の野水伊織、堤愛美役の設楽麻美、 瓜田瑠梨役の小林元子。2018年10月7日未明(10月6日深夜)より栃木放送にて『まろに☆え〜るのまろらじ』の番組タイトルで毎週日曜未明(土曜深夜)0時30分から0時45分の枠で放送している[19]。パーソナリティは同上。

CD[編集]

発売日 タイトル 収録曲
2016年1月17日(イベント限定)[20]
2016年2月1日(一般発売)[21]
まろに☆あるばむ 野乃花ver.
まろに☆あるばむ 愛実ver.
まろに☆あるばむ 瑠梨ver.
2017年5月4日(イベント限定)[22]
2017年6月13日(一般発売)[23]
まろに☆あるばむ2 野乃花ver.
まろに☆あるばむ2 愛実ver.
まろに☆あるばむ2 瑠梨ver.

アニメ[編集]

サクラノチカイ〜まろに☆え〜る 東の飛鳥 下野市をえーる!〜』(さくらのちかい まろに☆え〜る ひがしのあすか しもつけしをえーる)[24]の題名で短編アニメ化された[25][26]。製作は下野市が行っているため、同市のプロモーション的内容になるほか、3人の中でも特に瓜田瑠梨を主役にした内容になっている[26]

2017年12月に下野市の公式Youtubeチャンネル『プチハピしもつけ』でダイジェスト版を公開。本編は2018年1月10日23:30 - 24:00にとちぎテレビにて特別番組として放送された。本編約12分で本編の前に声優らが本編に登場する場所を紹介するミニ番組『下野エール紀行』を放送した[26]。 2018年1月14日より下野市観光協会にて、本編とキャラクターによる下野市のスポット紹介、声優へのインタビューが収録されたBlu-rayディスクが発売された[27]

スタッフ[編集]

  • 原作 - とちぎテレビ
  • 原作イラスト - 一葵さやか
  • 脚本 - 石田勝也
  • 構成 - 芳村れいな
  • 監督・絵コンテ・演出 - サトウ光敏
  • キャラクターデザイン・制作 - オペラハウス
  • 総作画監督 - 川村敏江
  • 作画監督 - 杉本幸子、北條直明、荒川絵里花
  • 美術監督 - 中村典史
  • 色彩設計 - 大槻ひろ子
  • 撮影監督 - 野上大地
  • 編集 - 本田優規
  • 音響監督 - 阿部信行
  • 音楽 - 佐藤信二
  • プロデューサー - 八木澤順平、大竹芹奈、金子隆二
  • アニメーションプロデューサー - 吉田勝、工藤博
  • アニメーション制作 - プロダクションアイムズ
  • 製作 - 下野市、とちぎテレビ

主題歌[編集]

オープニングテーマ「桜の手紙」
作詞 - 原田英尚 / 作曲 - 樋口聖典 / 編曲 - 中村皓 / 歌 - まろに☆え〜る
劇中歌「まろに☆YELL!!」
作詞 - 原田英尚 / 作曲 - 樋口聖典 / 編曲 - 宮川祐史 / 歌 - まろに☆え〜る
エンディングテーマ「緑のリボン」
作詞 - 原田英尚 / 作曲 - 樋口聖典 / 編曲 - 新井瑞季 / 歌 - 瓜田瑠梨(小林元子)

まろに☆えーるTV[編集]

まろに☆えーるTV
ジャンル バラエティ
出演者 まろに☆えーる
DB芸人
製作
制作 とちぎテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
まろに☆えーるTV〜とちぎの旅!ワクワクすっぞ!〜
放送期間 2018年2月1日 - 3月29日
放送時間 木曜 22:25 - 22:55
放送分 30分
回数 9
公式サイト
まろに☆えーるTV〜復活のM〜
配信期間 2018年7月31日8月18日9月26日
回数 3
公式サイト
まろに☆えーるTV-Z-
放送期間 2018年10月1日 - 2019年2月25日
放送時間 月曜 23:30 - 23:45
放送分 15分
回数 21
公式ウェブサイト
まろに☆えーるTV-GT
放送期間 2019年5月4日 -
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

まろに☆えーるTV〜とちぎの旅!ワクワクすっぞ!〜』(まろに☆えーるティーヴィーとちぎのたびワクワクすっぞ、以下「無印」と呼ぶ)は、上記の特別番組放送後の2018年2月 - 3月に放送されたバラエティ・紀行番組[28][29]。全9回。

続編の第2シーズンとして、『まろに☆えーるTV〜復活のM〜』( - ふっかつのエム、以下「復活のM」)が2018年7月よりWeb番組としてYouTubeで配信(全3回)。また、第3シーズンとして『まろに☆えーるTV-Z-』( - ゼット、以下「Z」)が2018年10月 - 2018年2月に地上波で放送。さらに第4シーズンとして『まろに☆えーるTV-GT』(- ジーティー、以下「GT」)が2019年5月よりYouTubeで配信されている。

出演[編集]

アニメーションパート
  • まろに☆えーる( - 野水伊織設楽麻美小林元子
    • 「無印」ではオープニング・エンディングと、VTR中のオーディオコメンタリーを担当(どちらもキャラクターとしてではなく声優本人として出演)。「復活のM」「Z」ではオープニング・エンディングのみ担当(キャラクターとして出演)。「GT」はほぼ全てVTRで構成されているため、オープニングコールと宣伝以外での実質的な出演はない。
実写VTRパート

放送時間[編集]

まろに☆えーるTV〜とちぎの旅!ワクワクすっぞ!〜[編集]

まろに☆えーるTV-Z-[編集]

  • とちぎテレビ 毎週月曜日23:30 - 23:45(2018年10月1日 - 2019年2月25日)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ とちテレのアニメキャラが萌えている!!ユニット名を大募集”. NewsWalker (2013年7月26日). 2017年12月3日閲覧。
  2. ^ ユニット名決定! -YouTube とちテレ公式チャンネル”. 2019年8月27日閲覧。
  3. ^ ボイスコミック 第52話「野乃花、もおか‘いちご’チアリーダーの初仕事!」”. 2019年8月27日閲覧。
  4. ^ ボイスコミック 第13話「湯西川温泉で肝試し!?」”. 2019年8月27日閲覧。
  5. ^ ボイスコミック 第17話「ダークベリーサイド野乃花!?」”. 2019年8月27日閲覧。
  6. ^ (真岡市ホームページ2017年9月のお知らせ https://www.city.moka.tochigi.jp/news/detail.11.34090.html 2017年12月28日閲覧→2018年3月12日リニューアルにつき2018年4月現在閲覧不可)真岡市公式ホームページ https://www.city.moka.lg.jp 真岡市観光協会 http://www.moka-kankou.org/
  7. ^ 東京新聞 アニメキャラで真岡PR「春崎野乃花」を応援キャラに任命
  8. ^ ボイスコミック 第2話「宇都宮の餃子消費量No1奪還作戦!堤愛実編」”. 2019年8月27日閲覧。
  9. ^ 平成30年の餃子消費額対決!宇都宮VS浜松の結果は?その他の都市の支出金額No.1食品もご紹介”. フィナンシャルワールド. 2019年8月27日閲覧。
  10. ^ ボイスコミック 第32話「栃木弁で栃木をエール!」”. 2019年8月27日閲覧。
  11. ^ ボイスコミック 第58話「夏の風物詩」”. 2019年8月27日閲覧。
  12. ^ 2013年8月試合情報”. 2018年4月14日閲覧。
  13. ^ ボイスコミック 第19話「カラオケ自主トレーニング!?」”. 2019年9月13日閲覧。
  14. ^ ボイスコミック 第3話「るりたん親衛隊かぴょーん!瓜田瑠梨編」”. 2019年8月27日閲覧。
  15. ^ ボイスコミック 第32話「栃木弁で栃木をエール!」”. 2019年9月13日閲覧。
  16. ^ ボイスコミック 第25話「海だあああああああああああ!」”. 2019年9月13日閲覧。
  17. ^ アイドルキャラクター「瓜田瑠梨」を観光大使に 下野市”. 下野新聞SOON (2017年1月12日). 2017年12月3日閲覧。
  18. ^ まろに☆え~る 一葵 さやか:コミック”. KADOKAWA. 2017年11月30日閲覧。
  19. ^ とちテレアニメ専用サイト”. Tochigi Television. 2018年10月22日閲覧。
  20. ^ まろに☆あるばむ発売決定!ジャケットビジュアル公開!”. 2015年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月19日閲覧。
  21. ^ とちテレSHOP・アニメイト宇都宮店で「まろに☆あるばむ」販売開始!”. とちテレアニメ専用サイト. 2017年12月3日閲覧。
  22. ^ まろに☆あるばむ2販売決定!”. とちテレ☆アニメフェスタ2017 (2017年3月31日). 2017年12月3日閲覧。
  23. ^ 6月13日よりまろに☆あるばむ2が宇都宮アニメイトにて販売決定!”. とちテレアニメ専用サイト. 2017年12月3日閲覧。
  24. ^ 【ダイジェスト版】サクラノチカイ~まろに☆え~る東の飛鳥下野市をえーる!~(プチハピしもつけ(下野市公式チャンネル)) - YouTube
  25. ^ 下野紘さん起用、下野市がアニメ制作 12月完成予定”. 下野新聞SOON (2017年11月18日). 2017年12月3日閲覧。
  26. ^ a b c 飛鳥時代の豪族・古麻呂が現代に ご当地アニメで下野市PR”. 東京新聞web. 2017年12月3日閲覧。
  27. ^ 「サクラノチカイ」Blu-rayの発売日は1月14日に決定”. サクラノチカイ特設サイト (2017年12月19日). 2018年1月11日閲覧。
  28. ^ まろに☆え~るが地上波進出決定!!”. 2018年2月1日閲覧。
  29. ^ まろに☆え~るのテレビ番組の放送がスタートします!!”. 2018年2月1日閲覧。
  30. ^ まろに☆えーるTV とちテレアニメ専用サイト”. 2019年8月26日閲覧。

外部リンク[編集]