畑健二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
畑 健二郎
生誕 1975年10月19日(41歳)[1]
日本の旗 日本 福岡県[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2002年(平成14年) -
ジャンル 少年漫画ギャグ漫画
代表作 ハヤテのごとく!
公式サイト 畑健二郎&あさのますみのサークル「はじめまして。」
それが声優WEB
まんが家BACKSTAGE 畑健二郎
テンプレートを表示

畑 健二郎(はた けんじろう、1975年10月19日[1] - )は、日本男性漫画家

福岡県出身[1][2]。血液型A型[1]。代表作は『ハヤテのごとく!』。

略歴[編集]

福岡県に生まれ、小学4年生頃に兵庫県芦屋市へ転居。兵庫県立芦屋南高等学校(現・兵庫県立国際高等学校)在学中、アニメーターを目指してスタジオジブリの入社試験を受け、鈴木敏夫による面接試験を受けたが、不合格となった。

大学受験の勉強はあまりしていなかったが[3]、当時ライトノベルに影響を受けていたことから、小説の試験科目があった大阪芸術大学芸術学部に入学。入学後、富士見書房ファンタジア長編小説大賞に2度投稿するも落選。その後、大学に行かずに半年間かけて漫画を仕上げる[4]

その頃、小学館から『かってに改蔵』のアシスタントの話が入り、大学を中退して上京、第1話から久米田康治のアシスタントとして働く。また時期は不明だが、武内直子のアシスタントをしていたこともある[5]

2002年、『少年サンデー特別増刊R』(小学館)に「神様にRocket Punch!!」が掲載され、漫画家デビューを果たす[1]

2004年、『週刊少年サンデー』(小学館)に読切「ハヤテの如く」が掲載されるが、作品中に『こちとら「ときメモファンド」の借金で首も回わらねぇんだ!!!』というセリフがあり、コナミから「ゲームファンド ときめきメモリアルについての記述に事実と異なる不適切な点がある」として抗議を受ける[6]。小学館は『週刊少年サンデー』3月10日号に謝罪記事を掲載した。畑はこの騒動について後にツイッター上で「正直、漫画家人生が始まる前に終わったと思いました」と発言しているが、騒動をものともせず、同年45号より、読切から設定を引き継いだ『ハヤテのごとく!』の連載を開始、現在も連載中である。

2007年、『ハヤテのごとく!』がテレビアニメ化された[7]。 2009年春には、テレビアニメ第2期が放送され、2011年に劇場アニメが公開。 2012年秋には、劇場版の要素を取り入れた、第1・2期とは違ったテレビアニメ第3作が放送された。

2013年春には、テレビアニメ第4作が放送された。

また、2011年冬に、同人サークルはじめまして。を立ち上げ、声優あるあるを題材にした同人誌『それが声優!』を制作(声優の浅野真澄がネーム原作を担当)。年2回開催されているコミックマーケットで毎回新作を発表しており、2015年夏にはテレビアニメ化された。 公式ブログでは毎週『それが声優』の4コマ漫画の更新をしている。

2015年秋には『アド アストラ ペル アスペラ』を月イチで連載開始。

作風[編集]

執筆する漫画作品は、そのほとんどが同一世界(もしくは類似する平行世界)上の出来事としてストーリーが組まれており、『ODORU LEGENDシリーズ』のような自筆他作品間のハイパーリンクが各所に仕込まれている。一見サブキャラに見えるキャラクターにも重厚な裏設定として「そのキャラクターを主人公とした別漫画」が用意されている場合がある。

師匠である久米田と同じく、「ギャグは身近な人がボケた方がおもしろい」を信条とし、アニメなどのサブカルチャーを基としたマニアックなネタを多く取り入れている。また読者に対するサービス精神も旺盛で、単行本ではオマケページをかなり充実させている。

『ハヤテのごとく!』のキャラクターの一人として、女装した主人公「綾崎ハーマイオニー」を誕生させたが、これは尊敬する漫画家が言った「まんが家は読者がひくくらいの事をしなくてはダメだ」という言葉に従った結果誕生した[8]

作品リスト[編集]

イラスト[編集]

出演[編集]

関連人物[編集]

漫画関係者[編集]

久米田康治
師匠。『かってに改蔵』には第1話からアシスタントとして参加し[10]、作中のオタクネタや虎馬ウォーカー(読者投稿ページ)を担当。作中に登場するアキハバラマップの作成に多大な貢献をした。
久米田が『週刊少年マガジン』に移籍した以降も交流は続いている。弟弟子である前田君からは「久米田先生と畑さんの関係にはとてもなれない」と言われるほど師弟仲は良く、「まんが家BACKSTAGE」でもそれが窺える。ただし久米田が講談社漫画賞を受賞した際、サイン会などによる多忙で、授賞式や二次会(生前葬)に出席することができなかった。
また、「井上麻里奈[11]さんに言われたから」という理由で、約1年ぶりに久米田に連絡をとった。畑は久米田を訪問しようとしたが、原稿の締め切りに追われていた久米田から門前払いを食らってしまった、という逸話もある。
前田君
『かってに改蔵』時代のアシスタント仲間で、畑にとっては弟弟子に当たる。
高田康太郎
元アシスタント[12]。『ゲッサン』で『ハレルヤオーバードライブ!』を連載。
後藤隼平
元アシスタント。『クラブサンデー』で『銀塩少年』を連載。
高橋忠志
元アシスタント。
森多ヒロ
元アシスタント。作中の同人誌の作画を担当したこともある。『週刊少年サンデー』で『キリヲテリブレ』を連載。
大柿ロクロウ
元アシスタント。『サンデーS増刊』で『THE UNLIMITED 兵部京介(原作:椎名高志)』を連載。

家族[編集]

畑律子
母親。茶道家であり、筆字に長けている。『ハヤテのごとく!』単行本では毎巻オマケコーナーの題字を書いている。テレビアニメ第1期では、各話のサブタイトルの後ろに書かれている題字・第5話以降の「次回予告」の題字・「執事通信」の題字を担当した(英語版でも同様に“RITSUKO HATA(MOTHER)”名義で書いている)。単行本第32巻からのロゴデザインも手がけている。
畑信太郎
兄。セガソニックチーム)のゲーム『ファンタシースターオンライン』、『ファンタシースターユニバース』でプランナーを務める。

エピソード[編集]

  • 現在に至るまで、漫画賞の受賞歴はない。
  • 現在の居住地は東京都内としか明かされていないが、仕事場は東京都練馬区に構えている。
  • 『週刊少年サンデー』公式サイト内の「まんが家BACKSTAGE」を毎週更新し続けており[13]、2位以下に圧倒的な差を付けた更新回数記録を持つ。
  • アシスタント時代、「Az」というPNで同人活動を行なっていた。機動戦艦ナデシコの同人誌は2,500部を売り上げた。
  • かつてメガネをかけていたが、2008年末にレーシック手術を受けて視力が回復したため、現在はメガネをかけていない。
  • 声優・林原めぐみのファンであり、ラジオ『林原めぐみのHeartful Station』を第1回放送を含めて自身が東京に出るまでのほぼ全ての回を録音してあるほどであった[14]。そうしたことから、作品中でも関連した小ネタを用いることが多い。例としては『ハヤテのごとく!』でヒロインの三千院ナギがカラオケで歌った唄が同ラジオのテーマソング「虹色のSneaker」であり[15]、その背景には「七色の声を持つ…声優さんの姿が!!」とされる人が『七つ海のレミ』(『七つの海のティコ』+『家なき子レミ』。共に林原が出演している世界名作劇場作品)という台本を持っている描写がある(第5巻第7話)。あるいはサブタイトル(第5巻第9話『RAGING WAVES』、第6巻第8話『黄昏よりも暗き者 血の流れよりも赤くしてやる』、第9巻第3話『SUCCESSFUL MISSION』、他)など。また師匠の久米田康治も『かってに改蔵』の中で、そのことをネタにしたことがある(第22巻第10話)。
  • 2006年1月15日大阪ドームで開催された第23回次世代ワールドホビーフェア以降、第29回までの同イベントにて毎回サイン会を行なっていた(全て応募ハガキによる抽選)[16]
  • 『ハヤテのごとく!』の主人公・綾崎ハヤテの不憫な設定は、畑自身が「(子供の頃から)『世界名作劇場』が好きすぎであったため」と同作コミックスやインタビュー等でコメントしている(特に『トラップ一家物語』が好きらしい)。
  • 高校時代にはアニメイト三宮店に通い詰めており、その縁もあって後に三宮店から『ハヤテ』単行本第14巻のアニメイト特典イラストカードのリクエストを貰っている。
  • 本人が『ハヤテのごとく!』内で一番好きなキャラはアニメ版全話に出てくる人物らしい。(サンデー王国のサイン会のトークショーにて発言)
  • 普段は声優のラジオを聴きながら仕事をしていることが、白石涼子を通して明かされている。また、浅野真澄によれば、文化放送の番組『A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜』のリスナーでもあり、同番組のジングルを『ハヤテのごとく!』のサブタイトル(コミックス第16巻の第8話)に用いたり、また、第256回(2009年2月21日)では成り行きから冒頭のみ出演した。
  • 『ハヤテのごとく!』のアニメ第1期第10話のOP曲冒頭では、自身も声優として参加しており、さらに『懺・さよなら絶望先生』第5話においても声優として本人役で参加している。
  • お笑い芸人チョップリンとは中学校の同級生[17]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「Interview the combat butler」『少年サンデー公式ガイド ハヤテのごとく!』80頁,"pop style"vol.265,『読売新聞』夕刊,2011年9月14日
  2. ^ 畑健二郎 アーティストページ TSUTAYA online
  3. ^ 畑健二郎 (2010年2月20日). “しかし、このウィキペディア、読めば読むほどあれだなぁ……。”. Twitter. 2013年7月21日閲覧。
  4. ^ 「STUDIO VOICE」2006年9月号
  5. ^ 「畑先生のちょっとオタ話 その(3)[アニメ]」『少年サンデー公式ガイド ハヤテのごとく!』80頁
  6. ^ 「少年サンデー」誌における「ゲームファンド ときめきメモリアル」についての不適切な表現について(コナミのコメント、WebArchiveより)
  7. ^ アニメ化に際し、コナミがスポンサーになっている。
  8. ^ 単行本第9巻の巻末ページより。
  9. ^ 週刊少年サンデー掲載時に問題となったセリフは修正されている。
  10. ^ バックステージVol.77 2006年5月3日
  11. ^ 声優。『ハヤテのごとく!』には橘ワタル役、『さよなら絶望先生』には木津千里役で出演している。
  12. ^ 唐木元 (2009年11月12日). “Power Push - ハレルヤオーバードライブ!”. コミックナタリー. コミックナタリー. 2009年12月5日閲覧。
  13. ^ 2006年GW合併号以降は、合併号の週も更新している。
  14. ^ 畑健二郎 (2005年9月21日). “まんが家BACKSTAGE 畑健二郎 Vol.47 第48話/それはスニーカーの紐を結ぶように”. 週刊少年サンデー公式サイト「WEBサンデー」. 2012年2月18日閲覧。
  15. ^ その後実際に、アルバム『「ハヤテのごとく!」キャラクターカバーCD 〜選曲:畑健二郎〜』の中で三千院ナギ(釘宮理恵)によって「虹色のSneaker」がカバーされている。
  16. ^ 第28回では不参加だった代わりに、2008年8月24日に開催された週刊少年サンデー創刊50周年記念イベント「サンデー王国」にて次世代WHFと同じ内容のサイン会を行い、さらに「コミックマーケット74」と「サンデー王国」の各イベントにおいて、シリアルNo.が入った直筆サイン入りのプリマグラフィ(複製原画)が100枚ずつ販売された。
  17. ^ 西野恭之介 (2009年7月27日). “へ〜”. タバコとアイスとコーヒー. サイバーエージェント. 2013年7月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]